水泳
 

【水泳】JAPAN SWIM 2013(世界選手権、ユニバーシアード代表選考会) 2日目

第89回日本選手権水泳競技大会 競泳競技 
兼 第15回世界選手権大会2013代表選手選考会
兼 第27回ユニバーシアード競技大会代表選手選考会
2013年4月11日~14日
会場:新潟ダイエープロビスフェニックスプール

大会2日目。今日は主将松原を筆頭に、昨日決勝に進出した茂木、浜野などに加え、新しく入学した一年生達が出場した。昨日の課題を修正し世界への切符に近づけたのだろうか。

躍動する1年生の竹田渉瑚

試合結果

予選結果(女子)

種目順位選手名タイム備考
50㍍平 4位 浜野 麻綾 32秒19 決勝
  8位 茂木 美桜 32秒41 決勝
400㍍個メ 20位 田中 瑞穂 4分51秒77  
200㍍自 8位 青木 智美 2分02秒49 決勝
100㍍背 15位 中村 桃子 1分03秒06 B決勝

予選結果(男子)

種目順位選手名タイム備考
100㍍背 16位 松原 颯 55秒83 B決勝
  27位 山岸 祐介 5694  

B決勝結果

種目順位選手名タイム備考
女100㍍背 5位 中村 桃子 1分03秒17  
男100㍍背 5位 松原 颯 55秒84  

決勝結果

種目順位選手名タイム備考
女50㍍平 5位 浜野 麻綾 32秒28  
  8位 茂木 美桜 32秒43  
男1500㍍自 6位 竹田 渉瑚 15分25秒08  
女200㍍自 8位 青木 智美 2分03秒20  

予選

 最初に出場したのは50m平泳ぎの茂木美桜(人2)、浜野真綾(スポ2)。昨日調子が悪いと話す二人であったが、朝一番のレースという難しいコンディションの中、茂木は全体8位、浜野は全体4位の好タイムで見事決勝に駒を進めた。
 200m自由形では法大期待の新戦力、青木智美(社1)は自分より速い選手に挟まれながら必死に食らいつき、今大会初レースとは思えない堂々たる泳ぎを見せ、見事全体8位でフィニッシュ。初めての決勝進出を果たした。
 100m背泳ぎでは男子からは主将松原颯(経4)、山岸祐介(経2)、女子からは中村桃子(経2)、が出場。昨年のインカレで2冠を達成し満を持して登場した松原であったが16位とタイムが伸びず、まさかのB決勝。200mがメインと語る山岸も27位に終わるなど、課題の残るレースとなった。中村は、3月に行われた短水路で語っていた肩の怪我に一抹の不安を抱えながら15位でB決勝進出を果たした。

本戦

 B決勝2人、決勝に4人が進出し一見好成績を残したように見られるものの、選手それぞれに課題が多く見つかる決勝になった。
 100m背泳ぎB決勝に出場した中村は5位「予選よりはいい感覚で泳げた」と語るものの、ベストから1秒以上離れたタイムでまだ不調から脱せられないように見受けられる。あと2日でどこまで復調できるか。男子では松原が出場し5位。タイムはそこまで気にしなかったと語るが、納得できたかという問いに対しそうではないと答えた。
 昨日、一年生ながら1500m自由形決勝進出を果たした竹田は、序盤こそ先頭集団について行ったものの本人曰く、途中から守りに入ってしまったという、レース展開の進め方には修正の余地があるものの、一年生ながら決勝に進んだことは今後に大きな期待が持てるだろう。
 浜野、茂木は平泳ぎ50m決勝で4位、7位。表彰台を期待されていながら逃す結果となった。特にシンガポール合宿で今大会に向けて調整を合わせてきた浜野には悔しさをにじませた。
 200m自由形で初の決勝に進出した青木は今種目日本記録保持者の上田春佳など代表候補とのレースで8位。確かな差は見えたものの、この経験を次の機会に生かしたい。
 竹田、青木が一年生ながら決勝に進出し大きな収穫を得たのに比べると、2年生以上の選手がまだ本調子を出せていない大会2日目。大会は折り返し地点を通過した。何か一つでも復調のきっかけを掴めれば今日以上の結果を出すのは難しくないはずだ。法大水泳部の巻き返しに期待したい。

選手コメント

竹田渉瑚(1500m自:決勝6位)

ー今日のレースを振り返って
情けないというレースでしたね

ーよくなかった部分
最初の500しか先頭に喰らいついていけるレース展開ではなかったので、守りに入ってしまったかなと思います。

ー次のレースへの修正点
そうですね、今回も最初の100は積極にいけていたので、残りの1400も積極さを維持できるレースができれば、つらいという気持ちに逃げないようなレースができると思います。

ー同学年の佐藤選手が相手でした
そうですね。今回タイム的に差が開いてしまったのですが、徐々にでも差を縮められたらなと思います。

ー大学生以上の選手とレースする機会が増える
気おくれしたら負けだと思うので、先輩方の胸を借りるつもりで積極的なレースをしたいと思います。

ー法政には同種目の先輩も多い
そうですね。今回は自分の記録のほうがよかったですけど、色々な経験を持っている方たちなので、いろいろ聞いて吸収して自分の力に還元したいです。

ー次のレースへ向けて
次の400、800はしっかり挽回して、ユニバーシアードを視野に入れたレースをしていきたいと思います。

 

松原颯(男100m背:B決勝5位)

ー予選と比べて
そうですね。そんなにタイムを気にせずにやれました。

ー納得できる泳ぎはできたということですか
いやー、まだできてないですね。

ー予選からの修正点
予選は(気持ちが)空回りした部分があったので、そこは落ち着いて200につながる泳ぎをしました。

ー200でのキーポイント
泳ぎがいつもより小さいので、大きく泳いで楽に早く前半から入れるようにしたいと思います。

ー最高学年になって
前よりチームのことを考えて、キャプテンとなるのでいいプレッシャーの中でやれるかなとは感じています。

ー新入生の印象
まじめな子が多いので、まじめに伸びていくんじゃないかなと思いますね。

ー200に向けて
200は代表がかかっているので、タイム的にもしっかり調整していきたいと思います

 

青木智美(女200m自:決勝8位)

-決勝に出てみていかがでしたか?
予選よりもタイムを落としてしまってし、私だけ(23秒台で)遅いタイムなのですごい情けないレースをしてしまったなという思いでいっぱいです。

-決勝での目標は?
もう精神的上は初めてだったんでとにかくレースを楽しんで周りについていって自己ベストが出たらいいなと思ってました。

-次のレースに修正点は?
100で決勝に残れるようにもうちょっとスピードを上げて引っかかるようにしていきたいと思います。

-大学に入って代表の選手と泳ぐ機会も増えたとおもうが
こういった場所で泳げていい経験次に繋がるも思います。

浜野麻綾(女50m平:決勝5位)

-今日のレース振り返っていかがでしたか?
決勝ということでやる気もあったんですけどその分ちょっと空回りしてしまったのかなというのはありますね。

-今日全体の調子としては
昨日の100はあまり調子よくなかった割りには昨日よりは良くなっていたので、もちろんもっと上を目指していたんですど…ちょっとやっぱ悔しいです。

-シンガポール合宿では?
いい合宿で、今回の試合に向けて楽しく頑張ることができて、結構(今大会への)期待も大きかったので(今回の結果は)残念でした。

-次のレースにむけて
明後日の200はしっかりと決勝に残って、代表の選考もあるのでしっかり頑張りたいと思います

中村桃子(女100m背:B決勝5位)

-今日のレース振り返っていかがでしたか?
予選よりは感覚は良かったんですけどタイムが落ちててダメだったのかなと

-今日全体の調子はどうですか?
全体的にはベスト(タイム)+1で全然ベストには遠いのでちょっと悔しかったです。

-短水路で肩の調子が悪いと言っていたが
一応短水路終わってからケアなどをしっかりして治ってはいたんですけどたまに痛みがでて、まぁそれは関係ないと思っています。

-シンガポール合宿で経験したことは
違う所でやるのは最初はなれなかったんですけど慣れた時にはタイムが出たのでそれでここに合わせてきたんですけどやはり体力が足りなかったのかなと。

-最近の練習で意識してることは
焦ると泳ぎが小さくなってしまうので、泳ぎを大きくできるように練習してます。

-次のレースに向けて
次は50なので、スピードなの朝からスピードしっかり練習していいタイムを出していけたらと思います。

 

フォトギャラリー

  • 21躍動する1年生の竹田渉瑚
  • 22青木智美
  • 23茂木美桜
  • 24松原颯
  • 25浜野麻綾
  • 26中村桃子
  • 27田中瑞穂
  • 28山岸祐介
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み