水泳
 

【水泳】JAPAN SWIM 2013(世界選手権、ユニバーシアード代表選考会) 3日目

第89回日本選手権水泳競技大会 競泳競技 
兼 第15回世界選手権大会2013代表選手選考会
兼 第27回ユニバーシアード競技大会代表選手選考会
2013年4月11日~14日
会場:新潟ダイエープロビスフェニックスプール

一、二年生の活躍がみられる今大会。二日連続で決勝に進出している茂木や、法大にとって手薄だった女子自由形で決勝に進出した新戦力の青木に期待がかかる。上位学年ではメイン種目の200m個人メドレーに出場し、巻き返しを狙う副主将の森に注目だ。

予選を泳ぐ森

試合結果

予選結果(女子)

種目順位選手名タイム備考
50㍍背 10位 中村 桃子 29秒50 B決勝
  17位 小林 江舞 29秒78  
200㍍個メ 11位 茂木 美桜 2分15秒88 B決勝
  44位 今井 万里子 2分22秒41  
100㍍自 11位 青木 智美 56秒72 B決勝

予選結果(男子)

種目順位選手名タイム備考
50㍍背 19位 菅谷 諭 26秒80  
  26位 大林 洋平 27秒28  
400㍍自 16位 東 隼平 3分56秒10 B決勝
  19位 露崎 真基 3分57秒24  
    竹田 渉瑚   棄権
200㍍バ 22位 伊佐治 淳 2分01秒02  
200㍍個メ 8位 森 洋介 2分01秒53 決勝

B決勝結果

種目順位選手名タイム備考
女50㍍背 2位 中村 桃子 29秒56  
女100㍍自 3位 青木 智美 56秒79  
男400㍍自 3位 東 隼平 3分54秒05  
女200㍍個メ   茂木 美桜   棄権

決勝結果

種目順位選手名タイム備考
男200㍍個メ 6位 森 洋介 2分00秒89  

予選

 選手権も後半戦に突入し、ここまで3冠の萩野公介を筆頭に例年以上のハイレベルな戦いが繰り広げられている。昨日の時点では4種目で決勝進出者を出している法大だが、表彰台まで上る選手がまだ出てきていない中、選手の活躍で悪い流れを変えたいところ。
 最初に登場したのは50m背泳ぎの中村桃子(経2)、小林江舞(現1)の二人。小林はわずか0.4秒の差で17位となり、悔しい予選敗退。一方中村は、決勝圏内からは外れてしまったものの11位でB決勝に進出した。男子の同種目では菅谷諭(経1)、大林洋平(スポ3)の二人が出場。菅谷は19位、大林は26位で無念の予選落ちとなった。 
 続く女子100m自由形には期待の新戦力青木が出場。出だしですべてが決まってしまうスプリント(短距離)で「スタートがうまくいかなかった(本人談)」ことが響いたため11位となり惜しくも決勝は逃したものの、B決勝へと進出した。
 男子400mでは東隼平(経3)、露崎真基(経3)が出場。東は序盤200mまでは1分55秒67の決勝進出圏内タイムで来ていたものの、後半失速し最終的には16位で悔しさの残るB決勝進出。露崎も「すべてがダメだった」というように序盤からペースをつかむことができず19位で予選敗退となった
 400m自由形では2年生の中で伸びしろが期待されている伊佐治淳(経2)が出場。結果は22位で予選落ち。インカレまでの調整に期待したい。女子200m個人メドレーでは一年生の今井万里子が44位で予選落ちではあるものの、「勉強になった」と前向きに語り今後に期待が楽しみなレースを見せた。
 この日はここまで決勝進出者が出ていない中で、予選最終競技となる200m個人メドレーで巻き返しを図るインカレ王者森洋介が登場。森は前半はコース順位4位で折り返すも、ブレストから一気にペースを上げ、王者の貫録を見せる泳ぎで8位となり見事決勝に進出した。

決勝

 初日、二日目に比べるとB決勝3人、決勝1人と上位の選手が少ない法大。決勝での森の活躍に注目が集まるが、有力選手がひしめく激戦区のレースは厳しい結果となった。
 森は予選と同じくブレストからペースを上げる、森らしい追い上げスタイルのレース展開。しかし序盤で8位と出遅れたことが最期まで響き、最終的には6位と思いのほか順位が伸びず、表彰台に立つことは叶わなかった。試合後「悔しさはあるが、素直に受け止めて頑張るしかない」と前向きに語った森。5月そしてインカレでの彼の復調に期待したい。
 B決勝では青木、中村、東の3選手が出場。青木は予選で失敗したスタートを修正して3位。中村は前半の25mから加速し2位。東は決勝に残れなかったことから「吹っ切れてやれた」と語り、予選よりも好タイムを出し3位となった。
 3冠の萩野公介(東洋大)を筆頭にハイレベルな戦いが続いており、表彰台までの距離は例年以上にハードになっている今大会。メダルがまだない法大が息を吹き返せるかに注目だ。(三上潤)

選手コメント

森洋介(200m個メ:決勝6位)

ー予選と決勝を振り返って

キレがなくて重かったですね

ー結果について感じていることは
悔しいが素直に受け止めて、また頑張っていかなければと思いました。萩野選手も瀬戸選手も1日何回もレースやっているので、2個メだけにこだわるのではなく4個メやほかの泳ぎも結果
を残していかないと勝てないと思いました。
 
ー萩野選手や藤森選手と泳いで意識していたことは
この大会は学生も多く参加していたので、インカレの決勝と思って臨みました。言葉は悪いかもしれませんが、インカレチャンピョンとしてのプライドも持っていたので、「お前らには負けないぞ」
と思って泳ぎました。ただ負けているようじゃまだまだだと思いました。
 
ー副主将として、4年が抜けた穴をどう埋めるか
底上げが重要です。日本選手権のような大会に多くの選手を出させるために練習を強化させています。
 
ー底上げについて、新入生の印象は
みんなまじめですね。新入生だけでなく法政全体が真面目で、みんながベストな結果を残せる環境を作れるようにしています。誰がどうとかは特にないです。
 
ーレースを終えて今後の課題は
2個メと4個メで戦い抜く力がなかったので、タフな体を作ってレースに臨まなければと思いました。もう一つは泳ぎが変わるスイッチのところで、ここのテクニックを磨いてスムーズに泳げるように
したいです
 
ー次回のレースに向けて
チーム対抗の一発目なので総合優勝できるように頑張っていきたいです。
 

東隼平(男400m自:B決勝3位)

ーB決勝
予選落ちしてしまって分どれだけ気持ちを切り替えるかをテーマにして臨みました。結果はついてこなかったが、順位は上げれたのでそこは良かったと思いました。

ー気持ちの切り替えはうまくいっていたか
1500mも400から力入れてやってきたのに不甲斐ない結果で決勝に残れませんでしたが逆に吹っ切れてB決勝に臨めたかなと思いました。

ー400mの練習を重視したシンガポール合宿の成果は
合宿中もスピードをテーマに取り組んだんですが、いまいちタイムが上がらなくて不安で結果を振り返ると少しショックでしたね。

ー今後の課題
今日はフォームを崩してまでスピードにこだわってしまったので、今度は大きく綺麗なフォームを意識してやっていきたいです。

ー明日の800に向けて
普段あまりやっていない種目なので、逆に何も考えずに集中できるかと思います。合宿の成果を少しでも出せるように頑張ります。

青木智美(女100m自:B決勝3位)

ーB決勝を振り返って

予選よりはタイムを上げたかったですけど、なかなか上手くいきませんでした。

ー50mでスタートダッシュがカギを握るがスタートから意識したことは
スタートが下手で前日までスタート練習をしていて、予選ではうまくいかなかったんですけど、B決勝はうまくスタートが切れていたと思います。
 
ー明日の200mについて
今までやってきたことをやるだけです。200mという苦手意識をなくしてやっていきたいです。
 
ー明日もまだレースはあるが、ここまでやってきての感想は
練習不足だったなと思っています。スピード練習を中心にやっていて持久力がなかったかなとここまで振り返って思いました。
 

今井万里子(女200m個メ:44位)

ー今日のレースを振り返って

レース自体はベストより5秒下回っていて、全然だめだったですが、調整の仕方や自分でメニュー作ったりして
練習するところが色々勉強になりました。高校まではコーチが付きっきりで練習を見てくれましたが、大学だと全て自分でやらなくては
いけないので、その自己管理がうまくいかなかったのかなと思いました。
 
ー自分の強み
ちょっとわからないですね。高校の全国大会が終わってからちょっと自己管理の部分でうまくいきませんでしたから
 
ー次の大会までの課題
持久力の向上です。スピード勝負の200でも持久力は必要なので、練習していきたいです。
 

大林洋平(男50m背:26位)

ー予選を振り返って

なかなかうまくいかなかったレースでした。
 
ーうまくいかなかった要因は
日本選手権ということもあって緊張してしまいました。
 
ーシンガポール合宿で練習したこと
50mの背泳ぎを意識してスピードを重視して練習しましたが、長水のプールではなかなか速く泳ぐことが
できなかったです。
 
ー次のレースに向けて
来週の6大学でのレースがあるので、そこに勝つことですね。ジャパンオープンでも
50と100で一番を目指せるように頑張ります。
 

伊佐治淳(男200mバ:22位)

ー今日のレース振り返っていかがでしたか

ベストから1.2秒落ちたっていう結果なんですけど、ラップを見ないことにはちょっとどうにも言えないんですけど、ラストに思ってたよりもばててしまって横にもかわされてしまって(調子は)まぁ悪くはないんですけどこんな結果に満足してしまっていいわけありませんし(これでは)日本選手権出るだけで終わってしまっては意味がないですし、年下が今二日目の段階で3冠をしていたり、彼とは一緒に遠征に行ったこともあるんですけどそうやって一緒に遠征に行った人たちが頑張っていて、僕が取り残されていてるっていうか元から低かったんですけど。でもベスト出さないとそのレベルにはついていけないですし、もとから差があるのにもっと開いてしまってはこれから戦っていく上で勝てるわけないんで、(1分)59.8がベストなんで59秒代は出したいと思ってたんですけど、結局出せなかったんすけど、まぁ泳ぎとかに関しては直してきて、抵抗の少ない泳ぎ心がけてるんですけどたぶん僕の中では、今日ターン後とかには失敗してしまったんですけど大体できてきたかなとはおもってて、で後は練習量でバタフライ専門にもかかわらず、自由形を次の専門にしてるんですけど、自由形の練習はいままでいっぱいやってきて、
でそれやってないからバタフライでばてるのかなって思ってるんできついですけどしっかりバタフライの練習も増やしていって、次はインカレ9月ですけどいいタイムで泳げるように、9月は団体戦なんで法政に点を入れるっていうか、去年一年経験してインカレの戦い方っていうのもわかってきたんでチームというものを意識してチームが目標としている総合優勝に貢献できるように、その場面では59秒の前半か58秒を絶対に出して決勝にインカレでは残って、今日こういう結果でしたけど切り替えて練習積んでしっかり夏に頑張りたいと思います。
 
ーシンガポール合宿についてお聞かせください
自費参加だったので行ってないです。昨年ひざを手術しまして、そのお金が結構かかったので、自分から親には言わず。法政のシンガポール行ってない組としっかり練習しました。
 

フォトギャラリー

  • 31予選を泳ぐ森
  • 32躍動する露崎
  • 33試合結果を見る伊佐治
  • 34接戦を演じる中村(写真中
    央)
  • 35レースを終えた青木
  • 36初出場の新入生今井
  • 37結果に納得いかない様子の
  • 38200m個人メドレー決勝を
    泳ぐ森
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み