水泳

【水泳】第89回関東学生選手権水泳競技大会 3日目 主将の渡邊が大会新記録で優勝!インカレに向け弾みをつけた!

第89回関東学生選手権水泳競技大会
2016年8月8日(月)
横浜国際プール

 関東インカレもついに最終日。200㍍平泳ぎに出場した主将の渡邊一輝(社4)が大会新記録を更新し優勝を果たした。また800㍍フリーリレーでも優勝し、今大会法大からは7種目で優勝者が誕生した。本番は来月のインカレ。昨年の雪辱を果たし、必ずやシード権を奪還してくれるだろう。

watanabe200
大会記録を更新し優勝した渡邊

試合結果

予選結果

種目順位選手名タイム備考
男子400㍍個人メドレー    2位 常深皓貴  4分27秒36 決勝進出 
7位 緒方魁  4分29秒76 決勝進出
8位 林寛人 4分30秒53 決勝進出
男子100㍍自由形 6位 松田優太 51秒66 決勝進出
14位 豊田裕人 52秒31  
19位 木村圭佑 52秒63  
男子100㍍背泳ぎ   1位 管谷諭 56秒89 決勝進出
5位 内藤良太 57秒37  決勝進出
7位 津村航平 57秒47  決勝進出
男子200㍍平泳ぎ   1位 渡邊一輝 2分13秒18 決勝進出
3位 長井琢磨 2分15秒21 決勝進出
18位 塚本悠太 2分21秒39  

タイム決勝結果

種目順位選手名タイム備考
 男子800㍍フリーリレー 優勝 齊藤-河原塚-廣川-豊田 7分28秒94  

決勝結果

種目順位選手名タイム備考
 男子400㍍個人メドレー  2位 常深皓貴  4分25秒21  
5位 緒方魁  4分28秒58  
9位 林寛人 4分33秒67  
男子100㍍自由形 5位 松田優太 51秒40  
男子100㍍背泳ぎ 3位 管谷諭 56秒84  
4位 内藤良太 57秒36  
7位 津村航平 57秒61  
男子200㍍平泳ぎ 優勝 渡邊一輝 2分12秒17 大会新記録 
3位 長井琢磨 2分15秒10  

総合順位

順位学校名得点
1 法政大学 157
2 山梨学院大学 94.5
3 東海大学 86
4 順天堂大学 60
5 国士館大学 54
6 桐蔭横浜大学 49.5
7 神奈川大学 42.5
8 慶應義塾大学 38
9 専修大学 10.5
 

戦評

 迎えた最終日。法大はまたもメダルラッシュとなった。
幕開けは400㍍個人メドレー。常深皓貴(経2)は終始落ち着いてレースを展開。全体2位の好タイムで予選を突破した。緒方魁(経3)は7位、林寛人(経2)も8位となり、3人とも決勝進出を果たす。
続く100㍍自由形は松田優太(経4)、豊田裕人(経3)、木村圭佑(経4)が出場。しかし決勝進出は松田のみにとどまった。
100㍍背泳ぎでは、それぞれがしっかりと結果を残す。インカレの主軸となるであろう管谷諭(経4)は圧巻の泳ぎで予選を1位通過。成長著しい津村航平(経2)も7位通過。ルーキー内藤良太(人1)も5位で予選を通過した。
そして予選最後の登場は200㍍平泳ぎの渡邊、長井琢磨(経4)、塚本悠太(社3)。塚本は予選通過とはいかなかったものの、渡邊はその力を存分に発揮し、予選から大会記録を更新する。長井も3位で予選を通過した。
 
 そして決勝。
常深・緒方・林寛が個人メドレーで登場。優勝を狙った常深だったが、前半で大きく出遅れてしまう。後半巻き返し、2位まで順位を上げた。
唯一100㍍自由形で決勝進出を果たした松田は、予選より1つ順位を上げ、5位でフィニッシュ。
管谷・津村・内藤はそれぞれ決勝でも躍動した。管谷は安定した泳ぎで3位。表彰台に上ると、内藤は4位。初の関東インカレで存在感を示して見せた。津村も7位入賞と健闘した。
個人種目最後は200㍍平泳ぎ。渡邊は力強い泳ぎで終始レースを支配。予選で更新した自らの記録をさらに更新し、優勝を遂げた。長井は3位でフィニッシュ。渡邊に続き、インカレでもこの種目で長井の存在が光るだろう。
最後は800㍍フリーリレー。3日間での最終種目となる。第一泳者は齊藤凌(経3)。最初の50㍍で先頭に立つと、そのまま第二泳者の河原塚哲史(社4)へ。この大会、個人でも躍進が光った河原塚は、一時リードを詰められるも後半はリードを逆に広げ、しっかりと泳ぎきる。第三泳者の廣川剛己(経1)はルーキーながら抜群の安定感を感じさせた。最終泳者は豊田裕人(経3)。前3人のリードをしっかりと守りきり、1位でフィニッシュ。最高の結果で幕を下ろした。
 
 結果、総合得点157点でこの大会を制した法大。9月に行われるインカレに向け、大きく弾みをつけた。決戦の地は東京。昨年の悔しさを胸に、この大会を自信に。彼らのインカレでの活躍を、期待せずにはいられない。法大スイマーたちの暑い夏は始まったばかりだ。(阿部暁野)

 

 

 

フォトギャラリー

  • watanabe200大会記録を更新し優勝した渡邊
  • tsunehuka2常深は後半の伸びが光り2位でゴール
  • sugaya最後のインカレに向け順調な様子の4年生管谷
  • naitouryoutaルーキー内藤は管谷に次ぐ4位でフィニッシュ
  • nagaitakuma長井は渡邊と共に男子平泳ぎをけん引する
  • freerire-優勝を果たした800㍍フリーリレーのメンバー
  • saitou800今大会齊藤はインカレでの活躍を予感させた
  • hyoushou優勝杯を受け取る主将の渡邊
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み