水泳
 

【水泳】NEXT STAGE 主将・副主将インタビュー後編 松原颯

第89回日本学生選手権水泳競技大会
2013年9月6日~8日
会場:広島市総合屋内プール(広島ビックウェーブ)

 インタビュー記事の後編は主将・松原颯。チームの中心が見た今年の水泳部とは。そして、仲間と共に過ごした4年間の記憶に迫る。
 

法大水泳部主将・松原颯

主将・松原颯~最終日コメント

「悔いはない」「法政で戦えたことを誇りに思う」

―今日のレース振り返ってみて、いかがでしたか

今の調子で出せるものはすべて出したと思うので、悔いはないです。

―インカレ最後のレースになりました

インカレっていうのは大学対抗で、どの大学も本気で来ていて、どの大会よりも一番盛り上がる大会なので、すごく良い経験になりましたし、最後の年は悔しい結果に終わってしまったんですけど、法政大学として戦えたことを誇りに思います。

―個人で振り返ってみると、どのような大会だったと思いますか

去年が2冠という形で、すごく良い結果だったにもかかわらず、今年は残念な結果に終わってしまったんですけど、しょうがないって感じです。

―苦しい結果が続く中でしたが、チームにどのような声をかけましたか

みんな今の法政の流れを感じてまして、僕がって言うよりも、みんなが率先して声をかけるように、このインカレを通してなれたのかなとは思います。

―チームに足りなかったものは、何かありましたか

毎年そうなんですけども、チームが1つになるのが、もう少し早く出来ていたらってのはありますね。

―1つになるのが遅れてしまった所は、どこにあるのでしょうか

一人一人の意識もあるんですけど、僕達4年生がしっかり引っ張っていければ...。もうちょっと行ければよかったなと

「キャプテンとして結果を出す難しさ」「この一年がすごく良い思い出だった」

―(今年を振り返って)キャプテンに決まったときは

僕自身、キャプテンには向いて無いなと思ってましたが、決った時は決ったからにはしっかりやろうと思ってやってきました。それをみんながどういう風に思ってやってきたかはわかんないですけど、このチームのキャプテンとしてやってきたことを嬉しく思います。

―歴代の主将を見てこられて、このような主将像でありたいという理想はあったのでしょうか

それは特に考えなかったですね。年々のキャプテンも一人一人違うわけですし、いろんな考えがあったと思うので、過去三年間のキャプテンの良いところを見習いながら、今年一年間やって来ました。

―主将という立場で1年を振り返って

僕がチームにキャプテンとして、できることっていうのは、結果を出して、みんなに見せてあげるっていうことなんですけど、その締めくくりができなかったっていうのは、少しキャプテンとしては悔いが残りますね。

―今年は就活であったり、ユニバーシアードであったり、主将であったりと、すごく多忙な1年だったと思うのですが

確かに大変だったといえば大変だったんですけども、凄くいい経験させてもらいましたし、まだまだこれを期に人間として成長出来たらなっていうのはありますね。

―主将をやられて一番大変だったことは

やっぱりチームをまとめるってことは、すごく大変だなと思いました。少し問題が起きた時も僕が対処しなければなりませんし、大変ではあったんですけど、それもチームのためなので、そこはしっかりやろうと

―逆に主将でよかったことは

今までよりも、部員とコミュニケーションを取る機会が増えたっていうのは、良かったなと思います。

―4年間で一番思い出に残っていることは、どんなことでしょうか

どれもこの一年間通して、良いことも悪いことも思い出に残ってますし、一番なにがっていうのは、すぐ出てこないんですけど、この一年間が凄くいい思い出だったのかなと思います。

「一人一人が信頼し合えるチームへ」

―1番思い入れのあるレースを教えてください

まあ今回ですね。本当に悔しい思いばっかりしていたので、本当に忘れられないレースになると思います。

―今まで見てくれてきた八塚監督、コーチの方々へ一言

監督、コーチは一番チームのことを考えてくれている人なので、感謝の気持ちを全員で持っていければもっといいチームになれたのかなと思います。

―次の主将は大林さん、副将池端さんと東さんとお聞きしましたが

次の主将になる大林は本当に真面目なやつで、たまに抜けてるところもあるんですけど、凄い責任感のあるやつなので、僕自身やってて辛いことも多くあったんですけど、乗り越えて、しっかりキャプテンを勤めてくれると思います。副将の池端と東には、しっかりと大林を支えてあげて、彼らは大林と違って結果が残せるので、サポートしながらも自分のレースに集中してほしいと思います。

―同期に向けて

一番長く付き合ってきた同期で、本当にいろいろあって、キャプテンとして支えてもらったこともあって。本当に大学水泳部としては離れ離れになりますけど、すごく良い同期だったと思います。

―後輩に向けて

大学水泳っていうのはチームとして戦う場所になってくるので、そういうところをしっかり意識して、チーム一人一人が信頼しあって良いチームになれたらなと思います。

―法政水泳部ファンに向けて

今まで応援してくださって、感謝の気持ちでいっぱいです。これからも応援よろしくお願いします。

 

フォトギャラリー

  • matubara法大水泳部主将・松原颯
  • matubara2レース後のチームメイトを
    出迎える松原
  • matubara3表彰台の松原 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み