水泳
 

【水泳】JAPAN SWIM 2014 4日目 派遣標準突破池端、代表内定!

第90回日本選手権水泳競技大会
兼 第12回パンパシフィック大会代表選手選考会
兼 第17回アジア大会代表選手選考会

2014年4月10日~12日
辰巳国際水泳場

代表をかけた熱戦が繰り広げられた大会も最終日。ここまで良いチーム状況であったが、遂に法大にも代表内定者が誕生した。

自身初となるA代表を決めた池端

試合結果

予選結果(女子)

種目順位選手名タイム備考
50㍍自 22位 青木 智美 26秒66  
200㍍背 DNS 中村 桃子    
200㍍平 3位 茂木 美桜 2分26秒10 決勝
  11位 浜野 麻綾 2分28秒71 B決勝
  33位 神宮寺 瀬里奈 2分35秒30  

予選結果(男子)

種目順位選手名タイム備考
200㍍背 27位 小川 将平 2分04秒37  
  19位 山岸 祐介 2分02秒98  
100㍍バ 4位 池端 宏文 52秒53 決勝
  34位 新保 拓也 54秒46  
200㍍平 11位 渡邊 一輝 2分12秒57 B決勝
  32位 堤 大陸 2分15秒19  

タイム決勝

種目順位名前タイム備考
800㍍自 7位 竹田 渉瑚 8分03秒12  
  14位 露崎 真基 8分11秒96  
1500㍍自 12位 田中 瑞穂 16分59秒36  

B決勝

種目順位名前タイム備考
女200㍍平 3位 浜野 麻綾 2分27秒52  
男200㍍平 3位 渡邊 一輝 2分11秒96  

決勝

種目順位名前タイム備考
男100㍍バ 2位 池端 宏文 51秒98 派遣標準記録突破
女200㍍平 3位 茂木 美桜 2分23秒81 派遣標準記録突破

戦評

初日、男子バタフライ50mで優勝を果たし好調の池端宏文(経4)は自身初の代表入りを目指して100mバタフライに出場。予選を4位で通過し、順調に決勝へと駒を進める。代表入りの条件は、種目ごとに定められた派遣標準記録を切り、かつ2位以内に入ること。「後半が勝負」とする池端は、前半は飛ばし過ぎずに後半を全力で泳ぐというレースを展開し2位でフィニッシュ。この種目の派遣標準記録は51秒98だったが、見事同タイムをたたき出し悲願の代表入りを果たした。これまで長い間思うような結果が出せずにいた池端だったが、今大会で完全復活を遂げた。今後の日の丸を泳ぎに注目である。
同じく代表入りを狙う茂木美桜(人3)は、女子200m平ぎに出場し、予選を3位で通過。決勝では、強豪がひしめく中、大会2日目に50m平泳ぎで日本新記録を樹立した鈴木聡美(ミキハウス)が隣のレーンに。しかし、「自分のレースを心がけた」と、周りを意識せずに自身の泳ぎに集中した。そして、3位でフィニッシュした茂木は、派遣標準タイムである2分24秒67を切る2分23秒81をマークし、自己ベストも更新。パンパシフィック大会での代表の座を勝ち取った。
 
今大会は、自己ベストを出す選手が多く見られ、また、代表入りを果たす選手も現れた。インカレで見受けられた大一番でのベスト更新という課題はここまで克服されつつある。残された時間の中で選手たちの調整は続いていく。(鈴木京子)

選手・コメント

池端宏文

―今のお気持ちは
実際嬉しいんですけど、悔しいっていう気持ちもあります。

―悔しいというのは、やはり優勝を狙っていたからですか
それもあるんですけど、派遣標準を0.5秒以上空けて泳ぎたかったので。なかなか厳しいところがありました。51秒80秒を狙っていたので。

―選ばれた瞬間は
最初にタイムを見た時は派遣標準記録を切れてないなと思ったんですけど、切れてて良かったです。

―調整の方はどのように
特にはしてないですけど、調子を下げないようにしていました。

―レース前の心境は
自分でも楽しみというかわくわくした感じで、けっこう楽しくいけました。

―泳いでいる時は
隣で河本耕平さんが泳いでいて、前半速いなと思っていました。

―どのようなレース展開にしようと
前半上げ過ぎず、力まずにしっかり意識していました。後半が勝負だと思っていたので、後半に全力でいけるようにしていました。

―今大会を改めて振り返って
今回初めてA代表をもらったので、そこでまた記録が出せるように頑張っていきたいと思います。

―今後の課題などは
後半にもうちょっと伸びがほしいので、体力を強化したいなと思います。

―それに向けての練習のテーマとしては
隣で泳いでいる人に競っても負けないことを意識して練習したら、結果がついてくると思います。

―次大会での意気込みを
今後、選ばれないということがないように。まだ優勝したことが無いので、優勝できるように頑張りたいと思います。

茂木美桜

―レースを振り返って
ベストではあるんですけど、アジア大会を目指していたので、やっぱり悔しいですね。

―派遣標準記録を切ってのゴールでしたが
やっぱり代表に入らないと話にならないと思っていたので、派遣標準記録はもとから切っていましたが、結果は3位で大差で負けてしまったので、まだまだあまかったのかなと思います。

―周りを意識されたりは
今日は自分のレースをしようと心がけていて、あんまり周りが目に入らないくらい自分のレースに集中していました。最後の方は離されているという実感はあったんですけど、今日は自分のレースをしようというのが第一で、それでベストを出して代表に入れたらっていう気持ちだったので、自分のレースは出来たのかなと思います。

―レース前の心境は
こっちに来てから、自分でどこまでいけるのか楽しみにしてはいたんですけれども、初日の100mで周りが思っていたよりも速くて。他の種目に比べて全体的に平泳ぎのレベルが高くて正直ここにきて、焦りが生まれたんですけれど、今日はいろんな方に連絡とかしていただいて、自分の中でもう一回自信を取り戻せて挑めたので。不安も緊張もなく、とにかく自分のレースをしようという気持ちが一番でした。
試合期間中に多くの方から連絡とかいただいていて、予選の後に選手同士や友達とかと色々話をしていて「一緒に代表入ろうね」だったり、話をしたことで、自分の中で最後は緊張もあまりせず、臨めました。

―レース前にコーチとはどのような会話を
もう頑張れ。前半からいけ、みたいな感じでした。やることはやってきたので、特に選手権だから特別ということは無かったですね。

―レース後コーチとは
まだ表彰があったため、会っていません。今から泳ぎを見直してパンパシフィック大会の代表には入ったと思うので、ここからもう一回7月までどうしていくかコーチと考え直していかないといけないですね。

―前の大会からどのように調整を
2月は特に調整を行っていなくて、追い込んでいるなかで、あれぐらいのタイムが出ました。その後は調整というよりも、トレーニングを行っていたので、その効果が自分の中でどこまで出来るのかなと。調整は特別なことをしていなくて、またいつも通りやっていたので、特別なことはしてないですね。

―トレーニングとは
3月にメキシコに高地トレーニングに行っていて、調整というよりも新たな試みとしていました。今回はその効果が少し感じられました。

―どのような時にそれを実感されましたか
最後のラストはいつも苦しくなって泳ぎが詰まってきたりするんですけど、最後までキチンと泳げました。それを狙いにいっていたので、効果はあったんじゃないかなと思います。

―今後の課題は
今回、実感したのはスピードですね。200mに懸けていたので、あまりスピード練習をしてこなかったので、50mと100mでは順位が良くなかったです。全体的なアベレージを上げることはもちろんなんですけど、スピードも付け直さないといけないと思います。

―そのため取り組みたいことは
ペース練習を中心に行ってきていたので、少しパワー系や細かいテクニックなどを直していかなきゃなと思います。練習量はこれ以上増やせないので、一回一回の質や補強を増やしたり、細かい部分を修正したり。まだ終わったばかりでコーチとも話していないので、今後どうするかも分からず、自分一人では決められないです。

―次の大会に向けて
メインはパンパシフィック大会になると思うので、その前にどれだけ二人に追い付けるかということを目標にして、もう一度鍛え直して来るしかないと思います。

渡邊一輝

―今のレースを振り返って
ベストは出たんですけど、狙っていたタイムは出なかったので、悔しいです。でも確実に力は付いているのが分かったレースだったので、良かったなと思います。

―大会前に取り組んだことは
海外合宿に行って、集中していて練習に取り組むことができ、その成果が出たんじゃないかなと思います。

―合宿ではどのような
メニューは国内と変わらなかったんですけど、シンガポールでストレスのかからない中で練習出来たので、かなりプラスになったと思います。

―先ほどレース後にはどのようなアドバイスを
狙っていたタイムはインターC,Dというもので、Cは11秒20でDは11秒50なんですけど、これを切るのを目標に今日はやっていたので、ちょっとその点は悔しかったね、という話をしました。

―今大会はそれを目標に
実を言うと代表入りも視野にいれていたんですけど、実際予選を泳いでみると、落ちてしまったんで、代表は入れないので、B決勝はなるべく良いタイムを出してインター切ろうという目標に変わりました。

―調子の方は
正直そこまで良くはなかったんですけど、ここ数日で集中してここまで持ってこれたという感じです。体調を崩してしまい、なかなかそこから上手く持ってこれなかったんですけど、こっち来ていろんな人のレース見て刺激を受けているうちに気持ちがそのままついてきました。

―前のレースでストロークが小さいとおっしゃっていましたが
そこは修正できたと思います。

―200mで意識したことは
予選では間延びをしてしまう泳ぎだったので、B決勝ではキレを出して前半からいこうと思いました。

―今大会の収穫は
ベストは更新できたんで良かったんですけど、目標にしていた代表入りもインターも切れなかったので、課題が見つかるレースになりました。

―その課題とは
スピードが足りないことと細かい技術がまだまだ他の選手に追い付いていないので、そういうところです。

―次の大会に向けて
インターDはもちろん、Cも狙いにいって、今回パンパシフィック大会代表とアジア大会代表も出場すると思うので、その代表に負けないような泳ぎをしてA決勝残れるようにしたいです。

竹田渉瑚

―今のレースを振り返って
最低でも8分を割ろうと思っていたので、前半に周回から外れてしまって、良いレース展開が出来ませんでした。

―どのようなレース展開をしようと
500mまでは集団と変わらないところまで着いていって、ラスト300mでスパートをかけて、勝つようなレース展開をイメージしていたんですけど、最初の500mからあんまり着いていけませんでした。800mは400mの延長線上の競技なので、自分にスピードがないなとひしひしと感じました。

―疲労などは
疲労もあるんですけど、他の選手は400mも泳いでいるので、あんまり言い訳にはならないので。他の選手よりも体力もスピードも劣ってたなと思いました。

―1500m終わってからの調整は
昨日はしっかり疲労を抜くことを念頭に置いて、疲労回復に専念して、今日は泳ぎづくりをやり、その後にスピード感覚を養うためにスピード練習をやってから臨みました。

―調子の方は
悪くなかったので、悔いが残る結果になってしまいました。

―本番前の緊張などは
1500mに比べれば、無かったんですけど、1500mで弛んでしまった部分があったと泳ぎ終わったあと思ったんで、一本一本のレースをしっかり取り組もうと思います。

―今大会での収穫は
1500mで表彰台を狙い戦うことが出来るようになったことで、自信につながったことが一番大きかったです。

―今後取り組もうとと思うことは
ここでしっかり自信を付けたので、15分切りに関しても不可能な数字ではないと思うので、そういった部分に積極的に取り組むもうと思います。

―課題などは
800mに関してはスピードの無さを痛感しました。1500mに関しても途中までのラップは山本選手とそんなには離されておらず、中間の持久力スピードはあんまり他の選手と比べても、劣ってるわけではないと思うので、ラストスパートで追い付いて、突き放すというようなレース展開をすることの必要性を感じました。

―次の大会に向けて
派遣標準を切って、代表を勝ち取りたいなと思います。

浜野麻綾

―レースを振り返って
全体的にきつかったかなって感じです

―大会2日目は体力面の不安を抱いてましたが、今日はいかがでしたか
体力面の不安は無かったんですけど、自分自身のメンタルの方が弱かったのかなって感じです

―最終日でしたが、どのような思いで望んだか
自己管理も含め、戦うには全てが整っていないといけないというのを改めて実感しました

―予選を振り返って
ベストのタイムでないまま予選を通過してしまったのはすごく悔しいんですけど、まだ六大学があるので、切り替えなきゃいけないなと思います

―今大会を振り返って
調子は悪くなかったです。大きい試合としてはインカレがあるので、良い結果が出せれば良いなと思いま

―課題は
体調管理はもちろんですけど、気持ちの弱さを強化していきたいです

―今後の目標は
とりあえず、六大学はベストな泳ぎが出来るようにしたいです。また、そこで課題を見つけて、インカレでは今回以上の結果が出れば1番良いと思います

山岸祐介

―今日のレースを振り返って
調子はそんなに悪くなかったんですけど、上手くいきませんでした。

―何か原因などは
ずっと調子が悪く、そこから抜け出せないです。

―レース展開は
前半は悪くなかったのですが、後半に耐えられなくなってしまいました。

―今大会に向け取り組んだことは
何回もレースコースを泳いんだんですけど、上手くいきませんでした。

―今年の目標は
インカレでA決勝に残れるようにしたいです。

―次の大会に向け意気込みを
一つ一つ練習を積んで、臨もうと思います。

新保拓也

―今のレースを振り返って
後半がけっこうかかってしまい、前半も思ったより遅かったです。

―レース展開はどのように
前半を25秒20で入って、53秒10で返ってくるという、目標だったんですけど、前後半両方ともちょっとずつ遅かったので、もうちょっとスピードとか上げられればなと思います。

―後半の体力面は
ラスト15mぐらいがバテてしまったので、そこはやっぱり問題ですかね。

―今大会に向け取り組んだことは
キックのタイミングとか手のタイミングをずっと意識してやってきて、それを前半は上手く出来たんですけど、後半にバテたところでそれが出来なかったです。

―調子の方は
調子は全然悪くなかったんですけど、緊張して力んだ部分がありました。でも、インカレをメインとしているので、それに向けてもう一回修正していければなと思います。

―今大会の収穫は
後半の泳ぎがまだまだというのを自覚出来たことと、前半の泳ぎが良くなっているということも自覚できたので、もう一度確認してインカレに向けてつなげていけたらなと思います。

―今後の練習のテーマとしては
前半楽に入って、後半粘ることが出来るように練習していきたいです。

―次の大会に向け意気込みを
次の大会まで、あんまり間がないので、しっかり今の課題を少しでも良くできるようにしていきたいです。

神宮司瀬里奈

―今のレースを振り返って
タイムが遅かったなと思います。

―何か原因などは
少しのび過ぎちゃったかなと思います。

―疲労などは
昨日が何もなかったので、疲労はありませんでした。

―200mで意識したことは
昨日やったことを出来るように意識していました。

 ―昨日はどのような調整は
泳ぎを直して、今日に備えていました。 上下動が大きくならないように注意しました。

―普段の練習はどのようなことを
ショートとミドルとロングにそれぞれ別れて、練習をしています。

―次の大会に向け意気込みを
絶対にベストを出せるように、頑張りたいです。

堤大陸

―今のレースを振り返って
前半はけっこう大きな泳ぎで、良い感じで泳げてたんですけど、タイミングが合わず段々リズムが崩れてきて、それから失速していってしまったので、それが課題ですね。

―課題とは具体的には
金田和也さんと話して、体幹をしめることが出来ていないので、そこが抜けてきて、そこからどんどん崩れてきていると言われました。前半はけっこう良いので、体幹を鍛えて体力もつけて、もっとタイムを上げたいですね。

―前のレースで力んでしまったとおっしゃっていましたが
今回のレースでは100mほどの力みはなくて、良い感じできていたと思います。リラックスしようという気持ちで臨みました。100mは久しぶりの日本選手権で、周りに圧倒されてしまったんですけど、今回は全然無かったです。

―200mで意識したことは
泳ぎが小さくなりすぎないように、大きな泳ぎでリズムよく泳ぐことを意識していました。

―今大会の収穫は
100mは固くなりすぎて、良く分からないまま終わってしまったんですけど、200mは150mまでは自分の思っていたぐらいのラップだったので、タイムは全然速くないですけど、収穫はあったと思います。

―次の大会に向け意気込みを
今回学んだことをしっかり生かして、ベストが出せるようにしたいです。

青木智美

―レース振り返って
ちょっと焦っちゃったかなっていう感じがします

―50m自由形は未知のレースと仰ってましたが
アップでは良い感じで泳げてたので、もうちょっとタイムは出したかったです

―昨日は泳ぎの部分で固い面があると仰ってましたが、今日の泳ぎはどうだったか
まだちょっと固かったなという感じがあります

―今大会で得た収穫と課題は
練習で出来たことが上手くレースで発揮出来なかったことが多かったです。ジャパンオープンまで2ヶ月あるので、見つかった悪い所を底上げして、良い所も伸ばしていけたらと思います

―今年の目標
まだ2種目ともA決勝に残ったことがないので、A決勝に残って、オープンでは代表入りに少しでも近づけたらいいなと思ってますし、インカレでは表彰台を目指して少しでも法政に貢献出来るように頑張ります。

田中瑞穂

―レース振り返って
自分の種目ではない1500に出て、新鮮な気持ちで、リラックスして日本選手権の最終日を楽しめたかなと思います

―レース前の調子は
2日前に4個メ2本と8フリー一本終わって、昨日は本当にレース後の疲れがずっとある状態だったんでした。今日は最後1500ってことで、気持ちの面で盛り上がってた部分もあるんですけど、本当にリラックスして、招集場でも和気あいあいと皆で話しながら入場しました。レース中は長くて苦しかったんですけど、1500でしか味わえない駆け引きも体験出来たので、楽しめました

―どんなレース展開を考えていたか
何秒出るんだろう、1500はどういうものなんだろうと、思ってました。日本選手権でそれはどうかと思いますけど、初めての経験だったので、本当にレース自体を楽しめたかなと。駆け引きもあったので、そこで負けずに競り勝てれば、もっと結果的に楽しかったんじゃないかなと思うんですけど、この経験を4個メに活かせれば問題ないので、またこういう機会があれば1500にもう一回チャレンジしてもいいかなと思いました

―今大会を振り返って
今大会は4個メで、決勝の舞台で泳ぐことが1番大きな目標だったので、それをクリア出来たのは良かったですが、決勝で勝負出来ないと意味がないので。今回は途中800を泳いだりしたんですけど、ジャパンオープンでは4個メに絞って、決勝の舞台で戦えればいいなと思います

―大会を通して得た収穫は
日本選手権の決勝の舞台を経験出来たのは初めてだったので、その場で泳げたのは大きな収穫というか、体験でした。決勝の独特な緊張感も味わえたので、ジャパンオープンでも活かしたいと思います

―課題は
1500で競り負けたっていうのと、4個メの得意であるはずの自由形がここ最近のレースであまり活かせてないので、強化しつつ、得意な部分は消さずにトレーニングを積みたいです。良いステップはつめてる状態なので、法政から出るインカレにも必ず活きてくると思います

―今年の目標は
1番近い目標は、ジャパンオープンで42秒29を必ず切ることと、インカレで必ずまた表彰台に登って法政の得点に貢献すること、決勝の舞台で必ず戦える選手になることです

露崎真基

―レースを振り返って
久しぶりに長い距離のレースだったので、後半すごいしんどかったですが、諦めずに泳ぐことが出来たかなと思います

―今日の調子は
距離を落としてきたので、体が軽くて、調子自体は悪くはないんでけど、400が思うようにいかなかった分、今日切り替えて泳ぐようにしました

―昨日終わってから、今日に向けてどう調整したか
テンポばかり上がりすぎてしまったので、キックにのせて伸びるイメージをプラスしたくらいですね

―今大会で見えた課題は
レースの中で状況判断をしたり、メンタルを揺さぶらないようにしていかないと、この大会では戦えないかなと思いました

―今年の目標を
4年生なので、しっかりインカレで表彰台争いが出来るようにレベルアップしていきたいです

 

フォトギャラリー

  • 41自身初となるA代表を決め
    た池端
  • 42浜野は惜しくも決勝進出な
    らず
  • 43100mでの課題を修正した
    渡邊
  • 44高地合宿での成果が出た茂
  • 45200m背ではOBの松原颯氏
    が出場
     

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み