水泳
 

【水泳】ジャパンオープン2014 1日目 池端、銅メダル獲得の好発進!

ジャパンオープン2014
兼 第12回パンパシフィック大会代表選手選考会
兼 第17回アジア大会代表選手選考会

2014年6月19日~22日
辰巳国際水泳場

今年は日本選手権に引き続き代表選考も兼ねるジャパンオープン。法大からもトビウオジャンパン入りを懸けて望む選手も多くいる一方で、インカレ前最後の国内主要大会ということもあり新たな試みを行う選手もおり集大成となる大会の近さを予感させた。

惜しくも日本選手権に続く連覇はならなかった池端(写真右)

試合結果

予選結果(女子)

種目順位選手名タイム備考
50㍍バ 15位 吉田 英里子 27秒78 B決勝
100㍍平 7位 浜野 麻綾 1分09秒03 決勝
  25位 神宮司 瀬里奈 1分10秒71  

予選結果(男子)

種目順位選手名タイム備考
50㍍バ 2位 池端 宏文 23秒90 決勝
  36位 新保 拓也 25秒06  
  51位 伊佐治 淳 25秒44  
400㍍個メ 15位 斎藤 凌 4分23秒95 B決勝
  44位 緒方 魁 4分33秒60  
100㍍自 28位 中山 貴裕 51秒13  
  51位 池端 宏文 54秒46  
100㍍平 19位 渡邊 一輝 1分02秒14  
  39位 川畑 佑平 1分02秒87  
  53位 堤 大陸 1分03秒62  
1500㍍自 6位 竹田 渉瑚 15分23秒31 決勝
  DNS 東 隼平    

B決勝

種目順位名前タイム備考
女50㍍バ 8位 吉田 英里子 28秒09  
男400㍍個メ 4位 斎藤 凌 4分22秒84  

決勝

種目順位名前タイム備考
男50㍍バ 3位 池端 宏文 23秒92  
女100㍍平 4位 浜野 麻綾 1分08秒47  

戦評

 日本選手権に引き続き代表選考最後のチャンスとなるジャパンオープンが開幕した。この日の法大は50mバタフライで池端宏文(経4)が銅メダルを獲得。日本選手権に続く連覇とまではならなかったが、先日まで行われたヨーロッパグランプリ直後でありながら同種目での存在感は色あせることは無い。100m平泳ぎ決勝には浜野麻綾(ス3)が出場。序盤から今レースで日本記録を叩き出す渡部香生子(JSS立石)が快泳を見せるなか序盤から食らいついたものの最後は金藤理絵(Jaked)に差され4位。惜しくもメダルを逃したが調子は決して悪くないと語り、50mでの代表入りを虎視眈々と狙う。

 決勝進出を逃した選手達もインカレに向けた調整を続けている。50mバタフライでは川畑祐平(経4)が約2年ぶりとなるベストを更新。昨年のインカレで味わった悔しさから変化を加えた練習方法がここに来て結果に結びつき始めている。同種目では長水路の大会では初めて出場となった長距離を主戦場にする伊佐治淳(経4)が出場。メイン種目の更なる進化のために新たな試みを始めている。

インカレの前最後の国内外主要大会となる今大会。残された限られた日数の中で進化のきっかけをみつけ、更なる弾みとなる大会に期待したい。(安藤岳)

選手コメント

池端宏文

―今日のレースを振り返って
予選は良かったですけど、力んでしまいました。

―レース前の心境は
スッキリした気分でできました。

―周りの選手などは意識されましたか
隣の岸田さんが見えていたので、少しは意識しました。勝てるかなっていう感じだったんすけど、最後はタッチが合わなくてダメでした。

―日本代表に選ばれて変わったことなどは
特にはないですね。

―ヨーロッパ遠征に行かれたそうですが
世界の強い選手と一緒に泳げたことはすごく刺激にはなりました。

―その中で課題などは
課題だらけでしたね。

―今回その課題をレースに生かされていたりなどは
無いですね。特に調整などはしておらず、練習とかもできていませんでした。

―今日の課題などは
浮き上がりがちょっと遅いので、その課題がクリアできれば日本記録も抜けると思うので、そこですね。

―次のレースに向け意気込みを
次は100mなので、とりあえず決勝にいけるように頑張ります。

浜野麻綾

―今日のレースを振り返って
表彰台は狙ってはいたのですけど、後半上手く泳げなくて浮いてしまったことは自分でも分かっていたので、そこは前半と上手く噛み合わなかった部分かなと思います。

―どのようなレース展開にしようと
レース展開というより、表彰台に上らないとパンパシフィック大会の代表には選ばれないので、前半に引っ張っていって後半どれだけ粘れるかが大事なポイントだと思い、臨んだんですけど、後半が浮いてしまいました。

―浮いてしまった原因などは
前半いけたのはとても良かったのですが、後半浮いてしまったのは今後の課題です

―調子の方は
調子は悪くないです。明日の50mはまだ誰も代表に選ばれていないので、自分が代表になれる可能性はあると思うのでしっかり狙っていきたいです。最終日は200mもあるのでそれに乗っかっていきたいです。

―今大会に向けての調整などは
特には。選手権と同じよう試合なので、いつも通り自分らしくできたつもりです。

―前回メンタルが課題とおっしゃっていましたが
今回はそこら辺は何も考えずに。体も気持ちも乗っていたので、心と体に身を任せてという感じですね。

―明日の50mに向けて
今日前半力まずに思いっきりいけたことは良いことなので、そのまま明日ももっとスピードを上げて思いきったレースができれば良いなと思います。

吉田英里子

―今のレース振り返っていかがですか
日本選手権よりちょっと遅いですけどもB決勝かかればなって感じです(15位でB決勝進出)

―日本選手権終わって法明立等ありましたがチームの雰囲気は
とりあえずジャパンオープンまでは出る人はそれぞれやることやっていて。出ない人もインカレ目指して戦っているなという風には思います。

―みんな戦っているというのは練習の雰囲気も違うのでしょうか
試合を常に意識した練習が出来ています。本当に1日1日をインカレのために練習できていると思います。

―ご自身の調子の方は
インカレだと50のフリーなので今回出たのはバッタなんですけど起き上がりの部分などでスピードをつけていけたらと思います。

―チームは1年生も入って半年程経ちましたがまとまってきたりなどはしていますか
みんな仲もいいですし、みんなで同じこと目指してやっているので

(B決勝後)
―今のレースを振り返って
日本選手権でも予選よりタイムを落としてしまったので、同じようになってしまい悔しいです。

―予選よりタイムが落ちてしまったが、疲労はあったか
今日はあまり疲労は感じなかったです。2本目もタイムを上げられるように今後もっと練習をしなければいけないと思います。

―今大会での収穫は
元々フリー専門なので、浮き上がりをもっとスピードをつけるというのが、課題だったのですが、予選では少し掴めた感覚があったので、そこは今後に活きるかなと思います。

―インカレに向けてチームをどのように引っ張っていこうと思うか
勝ちたいという気持ちをとにかく持ち、一人一人自信を持ってほしいです。みんなに声をかけ、自分らしいレースをすれば、必ず結果はついてくると思います。

―今後のご自身の目標は
50m自由形に出ることになると思うので、インカレまでに細かい部分をしっかり詰めていって、自己ベストを出して、主将として点数をとれるようにしたいです。

伊左治淳

―50mでの出場は今までに見たことがなかったのですが。
長水路では初めてですね。こないだの六大学でタイムが良くて、100mをやっていくにはスピードがいると思うのでそういう面で出ました。結果は全然だったんですけど特に悔しいというのはなくて。200に繋げれればなと思います。

―インカレに向けてメインはやはり200
やっぱり何でも泳げないといけないので。同じチームメイトにも負けられないですし。もっと真剣に水泳に取り組んで以降と思ってるので。

緒方魁

―今のレース振り返って
大会前に左の肩が痛くなってしまって、練習があまり出来なく体力が落ちてしまったのがレースに出てしまいました。

―大会前に負傷してしまった中で目指してたものは
5月の終わりも休んでしまって根本的に体力が落ちてしまっていて、それでも普段通りの泳ぎが出来るだけできるように気をつけてやりました。

―満身創痍の中泳いでみてみえたものは
正直、課題ばかりですね。

―インカレに向けて落ちてしまった体力以外に補いたいものは
僕はバタフライで体力を使ってしまってその後の種目で上げれていないので、バタフライを泳ぎ込んで全体的なタイム向上に繋げたいです。

川畑祐平

―今のレース振り返って
公式の試合では2年のインカレがベストでそれ振りのベストを出せて。感覚的には1分04秒位かなと思ったので良い方に誤算で良かったかなと思います。

―久しぶりのベスト更新ですが普段の練習から好調だったのでしょうか
調子はそんなに良くなかったんですけど、去年インカレ終わってからいろいろ後悔したので。そこから練習の取組み方を変えてやっと結果が3月ぐらいからで始めて。それからもちゃんと良い練習が積めていたので調子悪い中でもベストに繋がったと思います。

―具体的にはどのような練習を
練習回数を増やして。練習前の補強とかもやるようにして結果につながっています。

―練習量を加えたのは最上級生としての意識の変化もあるのでしょうか
そうですね。後輩たちに何も残せないまま法政を去るのは嫌なので。これではまだまだ何ですけど一歩成長出来たと思います。

―今年は最後のインカレになりますがチームの雰囲気は
ブレストに関しては2年の渡邉が引っ張ってくれていますが、インカレでは彼にも勝って先輩速かったなと言わせたいなと思います。

堤大陸

―今のレース振り返って
あんま良くなったと思います。

―日本選手権からオープンに向けて
練習の時からレースペースことを意識していました。200mのレースペースがメインであんまりスピードが出なかったんですけどももう少しタイムを出したかったです。

 

フォトギャラリー

  • 11惜しくも日本選手権に続く
    連覇はならなかった池端(
    写真右)
  • 12満身創痍で臨んだ緒方
  • 13竹田は明日の決勝に進出
  • 14自己ベスト更新の川畑
  • 15B決勝進出を果たした齊藤
  • 16浜野は惜しくも4位に終わ
    った
     

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み