水泳
 

【水泳】ジャパンオープン2014 2日目 浜野、青木連日の表彰台ラッシュ!

ジャパンオープン2014
兼 第12回パンパシフィック大会代表選手選考会
兼 第17回アジア大会代表選手選考会

2014年6月19日~22日
辰巳国際水泳場

ジャパンオープン2日目。昨日池端の表彰台の勢いから2人の法大戦士がメダル獲得を果たした。決勝に進めずともベストを更新する選手、復調を果たした選手がおりチームの好調さを感じさせた。

浜野は50m平泳ぎで銀メダル獲得

試合結果

予選結果(女子)

種目順位選手名タイム備考
50㍍平 1位 浜野 麻綾 31秒53 決勝
  7位 神宮司 瀬里奈 32秒17  
400㍍個メ 9位 田中 瑞穗 4分47秒93 B決勝
  35位 相澤 七実 4分59秒36  
200㍍自 6位 青木 智美 2分01秒49 決勝
  20位 茂木 美桜 2分02秒95  
  21位 小松 桃子 2分02秒96  
  45位 西尾 奈那子 2分06秒71  
100㍍背 20位 中村 桃子 1分03秒03  
  31位 小林 江舞 1分03秒56  
800㍍自 DNS 田中 瑞穗    

予選結果(男子)

種目順位選手名タイム備考
50㍍平 51位 堤 大陸 29秒40  
  56位 塚本 悠太 29秒51  
200㍍自 31位 齊藤 凌 1分51秒84  
  35位 中山 貴裕 1分51秒97  
  47位 露崎 真基 1分52秒70  
100㍍背 20位 管谷 諭 56秒76  
  56位 大林 洋平 58秒62  

B決勝

種目順位名前タイム備考
女400㍍個メ 2位 田中 瑞穂 4分45秒06  

決勝

種目順位名前タイム備考
男1500㍍自 4位 竹田 渉瑚 15分13秒68  
女50㍍平 2位 浜野 麻綾 31秒43  
女200㍍自 3位 青木 智美 2分00秒97  

戦評

 大会2日目。法大から2人の選手が表彰台に上った。1人目は50m平泳ぎに出場した浜野麻綾(ス3)。予選を1位で通過すると、決勝では両サイドに日本記録を持つ鈴木聡美(ミキハウス)と前日の試合で惜しくも競り負けた金藤理絵(Jaked)が並び、白熱したレース展開が予想された。「(周りを)意識せずに自分のレースができれば結果はついてくると思った」と中盤以降に混戦から抜け出すも、最後は一歩及ばず2位でフィニッシュ。「(鈴木)聡美さんに力が及ばなかったので、また挑戦したい」と雪辱を誓った。
 もう一人は200m自由形に出場した青木智美(社2)。
予選からベストを出す好調ぶりを見せると、決勝の舞台ではさらにタイムを0,5秒縮め3位に入り、見事銅メダルをものにした。「練習量を増やし、意識も変えながら練習してきた」と心身ともにきたえあげた姿を見せた。思うような泳ぎができない状態が続いていただけに、今回のレースは本人にとって光の見えたものになったに違いない。明日の100mでは代表の座を射ることに期待したい。

    竹田渉瑚(スポ2)
は前日行われた1500m自由形の予選を6位で通過し、本日の決勝に臨んだ。後半にかけ徐々に伸びるいつも通りのスタイルでレースを展開するも、「勝負に出るのがほんの少し遅かった」と残り50mで猛追するが、わずかに及ばず。タッチの差で表彰台を逃し4位に甘んじる結果となった。浜野と共に50m平泳ぎの決勝に進出した神宮司瀬里奈(現1)は「楽しく泳げた」と、大学初の決勝の舞台を振り返った。これを機に次のレースではさらなるブレイクに期待したい。
男子100m背泳ぎ予選には主将の大林洋平(スポ4)が出場。
ターン後に失速してしまい、粘りきれず予選敗退に終わる。インカレに向けチームとして課題がある中「4年生が引っ張っていかなければならない」と残り期間でどのようにチームを盛り上げるかが鍵となるだろう。(南高節)

選手コメント

浜野麻綾

―今回のレースの感想をお願いします
予選1番通過だったので1位を狙っていたんですが、聡美さん(鈴木選手)の力にはまだ及ばなかったので、また次に挑戦したいなと思いました。

予選1位通過ということでしたが調子は良好でしたか
感覚はあまり良くなかったですけど、調子は悪くはなかったので自信持って泳ぎきれたという感じです。

―隣のレーンが日本記録を持つ鈴木選手ということで何か意識していたことはありましたか
50㍍なので意識せずに自分のレースができれば結果はついてくると思ったので、自分を信じて泳ぎました。

―今大会での課題はみつかりましたか
ずっと課題なのはスタートの部分で離されてしまっていたので、今後もっと研究してそれを改善してインカレではもっとチームに貢献できるように頑張れたらいいなと思います。

青木智美

―レースを振り返って
予選からベストが出たので決勝も(タイムが)上がると思っていましたし、2分台は出せると思っていました。欲を言えば0秒台の前半を出したかったんですけど、こうやって表彰台に上がることが出来てすごく嬉しいです。

―3位という結果を率直にどう評価されますか
0秒97で3番に入れるのは低いと言えば低いのでもうちょっと出したかったんですけど、素直に嬉しいです。

―ご自身の調子は
4月の選手権が終わってから自分の納得するような結果が出なかったので、この2ヶ月間練習量も増やして意識も変えながら練習してきて、今日泳いだ内容も悪くなかったのでいい感じにきてるかなと思います。

―具体的にどのように意識を変えられましたか
同学年が選手権で代表入りを果たしていて自分もああなりたいと思ったし、このままじゃ駄目だって思ったので、目標をしっかり立てて頑張ってきました。

―後半に追い上げての3位はプラン通りの結果ですか
私はどちらかというと後半型でいつも前半を遅く入ってしまうので、今日は前半から楽に早くいって、後半に粘れるレースをしようと思いました。

―明日以降へ向けて
明日の100m自由形も代表入りを狙っているのでまずはしっかりと決勝に残って、55秒台の真ん中を出せたらいいなと思います。

相澤七実

―今のレースを振り返って
全然ダメでした。

―原因などは見当たりますか
体力不足ですかね。

―どのようなレース展開を考えていましたか
バッタから入って、最後までいこうと思っていました。

―4つの中で最も力を入れているは
バッタですね。

―次のレースに向けて
200mの方がメインなので、頑張りたいと思います。

神宮司瀬里奈

―レースを振り返って
昨日あまり良くなかったので、今日頑張れて良かったです。

―予選からの自身の泳ぎをどう評価されますか
練習でやってきたことが出せたので良かったです。

―決勝の舞台に立ってみていかがでしたか
緊張したんですけど、楽しんで泳ごうと思いました。

―チームメイトの浜野選手と戦うにあたって意識したことは
麻綾さん(浜野)は憧れの存在なので、少しでも追いつこうと思って頑張りました。

竹田渉瑚

―レースを振り返って
派遣標準記録を目指していたんですけど、1位の山本耕平さんがこういう大きな記録(日本新記録)を出して、それにしっかり食らいついていけなかった残念です。

―課題に挙げられていたスプリント面については
ラストにスパートをかけたんですけど勝負に出るのがほんの少し遅くて、タッチの差で渡邉(涼太)さんに負ける結果になってしまいました。3位と4位ではあまりにも大きな差があるので、修正がしっかりなされていないなと思いました。

―隣のレーンの山本選手は日本新記録を樹立するハイペースな泳ぎでしたが、影響されたことは
最初は食らいついていくイメージでレースに臨んだんですけど前半の入りのペースについていけなくて、困惑してしまった部分があったので、自分でレース展開を組む軸みたいなものが必要だなと思いました。

田中瑞穂

―レースを振り返って
0点です。

―その評価の理由は
目標が達成出来るか出来ないかというところで出来なかったので、100点でなければ今日は0点かなという感じです。

―目標としていたものは
インターBをどうしても切りたかったので42秒29は出さないとワンステップ上に行くための強化の環境が得られないので、それは最低限切りたかったんですけど切れなかったので。

―ご自身の調子は
普段はコナミで練習しているんですけど、選手権が終わってからゴールデンウィークとかは法大で練習していてすごくいい練習が組めていたんですけど、大会が近づくにつれて少しずつ歯車が合わなくなってしまって、その結果が出てしまったと思います。

―800m自由形予選を棄権されたことについては
選手権のときも今日とまったく同じ日程で800m自由形を泳いでからの決勝がかなりきつかったというのがあって、決勝に残ったら棄権するつもりでもともといたので、B決勝だったら(800m自由形を)泳ごうと思っていたんですけど、予選が終わってみてからB決勝でもいいからとにかくタイムを狙いたいなと思って、自分のベストコンディションで挑むために棄権をしました。予選からタイムが上がったということはその成果だと思うので良かったですけど、このタイムでは全然駄目なので。後悔はしてないですけど棄権したからには出すべきタイムを出さなければいけなかったんじゃないかと思います。

塚本悠太

―今日のレースを振り返って
もうちょっと(タイムが)出ると思ったんですけど。

―調子の方は
4月に肉離れをしてしまってそこから復帰して1ヶ月ぐらいで、調子は悪くはなかったんですけど、少し力んでしまいました。

―今大会に向けての調整などは
調整は上手くいっていたんですけど、ダメでした。

―レース前の心境は
2コ上のひろみさんに勝とうと思ったんですけど、それが力みに繋がってしまったのかなと。

―レース中は
テンポを意識しすぎてしまって逆に空回りしてしまいました。

―課題などは見つかりましたか
28秒台を出すつもりだったんですけど、ベストより0,5秒も下がってしまったので、明後日の200mで修正できればと思います。

―200mに向け意気込みを
2分15秒台を目指して頑張りたいと思います。

齊藤凌

―今日のレースを振り返って
途中までは良いかなと思ったんですけど、バテてしまってレース展開ミスかなと。

―レース前はどのような展開を考えていましたか
昨日の400m個人メドレーでは最後のフリーで上がったので、前半からいって後半上げることをイメージしていたのですが、落ちてしまいました。

―前半の出来は
体的には良い感じで入れていたんですけど、そこまでタイムが着いてきてなくて後半もずるずる落ちてしまいました。

―昨日の400mで今日に生かされたことは
フリーで自信が着いたこともあるので、もう少し上げられるかなと思ったんですど、200mでバテてしまうのでまだまだかなと思います。

―次のレースに向けて
次はベストを出して決勝に残りインカレに繋げたいと思います。

中山貴裕

―今のレースを振り返って
ベストではないんですが思った通りに泳げてはいますが、いまいちキレがありません。

―どのようなレース展開を考えていましたか
本当だったらもっと前半楽な感じで入れると思っていたんですけど、乗ることができませんでした。でも、前半に焦らなかったからこれぐらいの結果だったのかなとも思います。

―前半乗りきれなかった原因などは
100mもそうだったんですけどキレがなくて、起き上がりから3ストローク目ぐらいまでに乗せることができませんでした。

―昨日の100mはいかがでしたか
ベスト+0,1ぐらいだったんですけど、200m同様に入りはピンとこなくて後半は粘れませんでした。

―次の大会に向け意気込みを
次はインカレでは、去年上手くいっているのでそれに便乗して頑張りたいと思います。スプリンターの部類なので、パワーを着けたりキレを増したりしたいです。

大林洋平

―今のレースを振り返って
前半すごい良い感じで入れたので、後半伸びればなと思ったんですけど、失速するのが少し早かったです。

―レース前はどのような展開を思い描いて
前半からとばすという練習をしてきたので、そこを意識して試合に臨みました。

―今大会に向けての調整は
4月のときには50mしかなかったんですけど、今回は100mもあるのでとにかく前半からいってターン前で失速しないようにして、あとは勢いでいくっていうのを意識して練習してきました。

―後半失速してしまった原因などは
4月から2ヶ月間で準備が足りなかったのかなと思います。

―これからの課題は
前半も上げなければならないんですが、後半はもっと上げなければと思います。

―インカレに向け現在のチームの状態は
まだまだだと思っていますし池端が代表に入って良い流れを4年生としてつくってくれているので、それに当然僕らも乗っかっていかないといけないと思うし、チームも乗っていければと思います。

―チームとしてこれからの課題は
ここからは試合数が少ないので1つ1つのレースでベスト更新や競ったら負けないなど基本的なことができればと思います。

―チーム全体で取り組んでいることなどは
任意なんですけどグループにわかれて、種目別や距離別で練習などをしているので上手く機能してくれれば良いなと思っています。

―ご自身が取り組んでいることなどは
自分が良い結果を残してチームを勢いづけて、池端だけじゃなく4年生が引っ張っていけるようにします。

―次のレースに向けて
明日は50mなのでスタート、浮き上がりから最後まで伸びるかだと思うので、そこをしっかり意識していきます。

 

フォトギャラリー

  • 21浜野は50m平泳ぎで銀メダ
    ル獲得
  • 22200m自由形3位と躍進の
    青木
  • 23田中は惜しくも決勝進出を
    逃した
  • 24竹田タッチの差でメダル獲
    得ならず
  • 25浜野とともに神宮司も決勝
    進出
     

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み