水泳
 

【水泳】第90回日本学生選手権水泳競技大会2日目 決勝の舞台で待っていたまさかの展開

第90回日本学生選手権水泳競技大会
2014年9月5日~7日
横浜国際プール

インカレ折り返し地点となる2日目、例年最終日に向けて点数を伸ばす法大。チームの目標に向けて勢いづきたい所であったが、決勝ではまさかの出来事が待っていた。

大会記録を更新する泳ぎであったが…

試合結果

予選結果(女子)

種目順位選手名タイム備考
200㍍自 3位 青木 智美 2分01秒79 決勝
  20位 木屋川内 万穂 2分05秒12  
  41位 西尾 奈那子 2分07秒70  
100㍍バ 32位 木屋川内 万穂 1分03秒30  
200㍍個メ 30位 相澤 七実 2分22秒07  
  46位 今井 万里子 2分26秒58  
400㍍メドレーリレー 5位

中村・浜野

相澤・青木

4分10秒26 決勝

予選結果(男子)

種目順位選手名タイム備考
200㍍自 20位 露崎 真基 1分52秒50  
  35位 中山 貴裕 1分53秒28  
  54位 豊田 裕人 1分54秒61  
  37位 石川 航平 1分54秒23  
100㍍バ 3位 池端 宏文 52秒77 決勝
  15位 新保 拓也 54秒11 B決勝
  27位 伊佐治 淳 54秒68  
200㍍個メ 32位 緒方 魁 2分06秒65  
  42位 齊藤 凌 2分07秒56  
  49位 長井 琢磨 2分08秒30  
1500㍍自 2位 竹田 渉瑚 15分20秒55 決勝
  8位 東 隼平 15分33秒13 決勝
  26位 榊原 利基 15分57秒26  
400㍍メドレーリレー 7位

菅谷・渡邊

池端・中山

3分39秒87 決勝

B決勝結果

種目順位選手名タイム備考
男100㍍バ 5位 新保 拓也 54秒06  

決勝結果

種目順位選手名タイム備考
女200㍍自 3位 青木 智美 2分00秒03  
男100㍍バ 2位 池端 宏文 52秒28  
女400㍍メドレーリレー 5位

中村・浜野

木屋川内・青木

4分07秒02  
男400㍍メドレーリレー DSQ

菅谷・渡邊

池端・中山

   

戦評

  大会2日目は男子14名、女子8名が出場。

 初日を男子8位、女子7位という結果で終え、更なる得点の上積みを狙う法大。女子200m自由形では青木智美(社2)が予選から好調な泳ぎで決勝へ進出。接戦の中見事3位でゴールし、法大勢連日のメダル獲得となった。男子1500m自由形では竹田渉瑚(スポ2)に加え、けがの影響で久しぶりの公式戦出場となった東隼平(経4)も復活の決勝進出。明日の決勝にも大いに注目が集まる。この日最大の期待を背負った男子100mバタフライ。8月に行われたパンパシフィック大会で銅メダルを獲得した池端宏文(経4)は順当に予選を突破。決勝でもその実力を遺憾無く発揮し、大会新記録となる52秒28の好タイムを叩きだしたものの、明大の平井健太にタッチの差で僅かに及ばず無念の2位。笑顔なき表彰台となった。400mメドレーリレーは男女共に決勝へ駒を進めたものの女子は5位、男子は失格というまさかの結果に終わり、選手たちは一様に悔しさをのぞかせた。

  これを受け、2日目終了時点で男子は73点で9位、女子は111点で7位となった。上位8校に与えられるシード権獲得へ向け、最終日の巻き返しが必要なのは言うまでもないだろう。いよいよ大詰めを迎えたインカレ。今こそ法大の底力を見せる時だ。(遠藤礼也)

選手コメント

新保拓也

―今のレースを振り返って
ベストは出せたんですけど、53秒を狙っていたので少し悔しいです。でも予選より上げられたので、よかったと思います。

―なぜ予選よりタイムが上がったと思いますか
予選より落ち着けて泳げたからだと思います。ただ最後の25mがいつもきつくなってしまうので、これから頑張ります。

―ジャパンオープンのときに、メンタルを強くしたいとおっしゃっていましたが、改善はできましたか
克服しました。今まで緊張しちゃっていたので、いつもより何も考えないようにしました。池端さんも同じ種目にいるので、順位というよりも、自分のレースをしようと思っていました。

―今大会の収穫は何ですか
全種目ベストを出せたので、やってきた成果が出たんだと思います。ただあとちょっとのところが結構多くて、特に後半の泳ぎが課題なんで、これから頑張っていこうと思います。

女子400mメドレーリレー(中村-浜野-木屋川内-青木)

レースを振り返って
中村:1秒台で次に引き継ぐというのが目標だったのでちょっと悔しかったです。
浜野:最高のメンバーだったので、自分ができる精一杯の力を出し切れたかなと思います。
木屋川内:ギリギリでメドレーのメンバーに決まって、メダル圏内ということもあったのですが、この3人がすごく頼もしいので自信もってレースできました。

決勝からメンバー入りした木屋川内選手にお聞きします。メンバー入りが目標だと話してくれていましたが、実際に抜擢された時はどのような心境でしたか
すごい泳ぎたい気持ちがあったので嬉しかったと同時に、やっぱりみんなの気持ちも背負って泳ぐので、それだけやらなきゃいけないという使命感をすごい感じました。

青木選手に200m自由形決勝についてお聞きします。レースを振り返ってどうでしたか
予選の調子からベストは出るだろうなと思っていましたし、目標は優勝で2分を割りたかったのですが自己ベストも更新でき、日本の代表選手と競り合うことができて、今後の水泳人生においてとても価値あるものになりました。

最後に明日レースのある浜野選手、中村選手、青木選手にインカレ最終日に向けて意気込みをお願いします
中村:今日ベストが出なかったぶん1秒台で決勝に残ってメダルをとりにいきたいです。
浜野:今シーズン200m平泳ぎはずっとタイムが悪くて、予選は悪くて決勝が良い状況ばかりなので明日のレースはしっかり予選から順位もタイムも狙いにいって、美桜と一緒に表彰台のれたらいいかなと思います。
青木:明日の100m自由形も昨日のリレーで55秒台が出たので更に54秒台を目指して、また表彰台にのぼれたらと思います。

男子400mメドレーリレー(菅谷-渡邉-池端-中山)

―レースを振り返って
池端:失格してしまったのでなんとも言えないです。
渡邊:個人としての調子は悪くないですし、まだ明日があるのでしっかりと取り返したいと思います。
管家:いつも2回目のレースはタイムを落としてしまうんですけど、今回は一応自己ベストでいけたので、明日も背泳ぎがあるのでそこでさっきよりもいいタイムが出せればと思います。

―チームとしての目標などは
渡邊:シード争いが激しくなっているので、1点でも多く点を取ることを目標にしてやっていました。

―最終日に向けて一言
渡邊:まだ明日得点を取れる種目はたくさんあるのでしっかり稼いで、確実にシード権をとりたいと思います。

木屋川内万穂

―今回のレースを振り返って
1日目の400mのフリーをメインにしていたのですがあまり良いレースができなくて、200mのフリーを泳ぎたかったのですが、レギュラー落ちしてしまって100mバタフライという専門でない種目になってしまったのですけど、もしかしたらタイムによってはメドレーリレーに起用される可能性があったので、メドレー狙って頑張ってます。

―どのようなレース展開をねらっていましたか
バタフライに関してはとにかく前半からいって後半をもつようなレースしようと思いました。

―今年度のインカレの総括をお願いします
まだ2日目で中盤なんですけど、チームのためにできることは尽くしたいと思います。

―来年のインカレに向けて
ラストのインカレになるし、3年間のインカレでは結果が全くでてないので、結果を残して自分がチームにいい勢いをつけられるようなレースをしたいなと思います。

豊田裕人

―泳ぎを振り返って
何も言えることはないです。

―ご自身の調子は
調子はそこまで悪くはないんですけど、なかなかはまってくれなかったのかなと思います。

―その原因は現時点で何か分析されていますか
インカレが終わってから考えます。

―今後に向けての意気込みを
また出直します。

竹田渉瑚

―レースを振り返って
あと2、3秒速くするつもりだったのですが前半に力みが出てしまったため、後半でスピードをあげようと思ったらきつくなってしまいました。明日にはしっかり整えられると思います。今日全体的には良いレースが出来たんじゃないかと。

―レース展開について
前半は本番同様しっかり泳いで、後半は本番を見据えての疲労感を残そうということで、楽に泳ごうと思っていました。

―スケジュールの調整はどうしましたか?
パンパシが終わって1週間しかなかったんですが、そのときに調整した身体の調子の良さが残っていました。インカレでしっかり記録を残してアジア大会に臨みたいです。

―明日の決勝について
とりあえず優勝はしたいなと。自己ベストはもちろん更新して、15分の壁は目標ではあるものの気に留めずに優勝を狙いたいです。

―パンパシではトラブルのため泳ぎ直しとなりましたが
初めての日本代表となり、トラブルも含めて良い経験になりました。自己ベストに近いタイムが出せた要因としては、1人で泳ぐとなり、会場だけでなく世界中が応援してくださったから。それに、日本代表として情けない姿を
見せられないというのもありました。

―公式戦で1人で泳ぐという経験はどうでしたか?
A代表の舞台で、というのは珍しいことでしたが、これからのレースに動じない精神力が身についたと思います。

東隼平

―今のレースを振り返って
いや、きつかったですね。

―今シーズン欠場される大会が多かったですが
足首を捻挫してしまって、出たくても出ることが出来ない状態でした。

―久しぶりの試合だったのでしょうか
そうですね。試合に出ることが4ヶ月振りでどういう形で泳いだらいいかわからないまま泳いでいました。

―昨日の400mでもB決勝に進まれていましたが調子の方はいかがですか
調子は試合前は良かったんですけど試合では上手く発揮することができませんでした。

―今のレースの結果を見て
ダメですねこれでは。

―個人種目では最後のレースになりますが
本当は気持ちを強く持ってやらなければならないんですけど散々な結果で。悔しいといえばチームに貢献できなかったのでそうなんですが、でも後悔しているわけではなくて今もう今できる事をやるしか無いと思っているので。

―昨日のチームの雰囲気などは
後輩達が頼もしくて、点を取ってくれているお陰で最低限の順位にはつけているので。今日は押せ押せムードっていう感じですね。

―先輩から後輩達に何か声などはかけましたか
それぞれ練習はやってきてると思うんで、言葉で頑張れよと

―大学での競泳生活が続く後輩たちに伝えたいこと
楽しんで欲しい。それだけですね。

榊原利基

レース前に何か意識していたことは
緊張せずに練習でやってきたことを出せるように意識しました。

どのようなレース展開にしようと思いましたか
練習中にずっとペースを刻むことをしていたので、それを後半まで泳ぎ続けてタイムをキープするように意識しました。

課題や収穫などはありましたか
課題としてはベストを出せるようにすることで、収穫としては大舞台でも自分でしっかり準備することができたことです。

来年のインカレはどのようなものにしたいですか
上級生が抜けて、400m自由形も自分でしっかり点数とれる選手になり、1500でも今回は不甲斐ない結果だったので来年リベンジしたいです。

 

フォトギャラリー

  • 21大会記録を更新する泳ぎで
    あったが…
  • 22100mバタフライ2位の池端
  • 23200m自由形銀メダル青木
  • 24女子リレー決勝から出場木
    屋川内
  • 25メドレーリレーの舞台で自
    己ベストを更新した菅谷
  • 26B決勝進出の新保
  • 27昨年から順位を上げた女子
    チーム
  • 28男子チームはまさかの失格…
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み