卓球

【卓球】天皇杯・皇后杯 平成29年度全日本選手権(一般の部) 高取が4回戦進出も筑波大絶対的エース坪井に完敗

天皇杯・皇后杯 平成29年度全日本選手権(一般の部)
2018年1月15日(月)〜21日(日)
東京体育館

近年若手選手が台頭し、盛り上がりを見せる全日本卓球界。リオオリンピックに出場し銅メダルを獲得した水谷隼(木下グループ)や、「チョレイ」の掛け声でおなじみの張本智和(JOCアカデミー)など強豪選手がひしめき合う中で、法大選手がどれだけ勝ち進めるかが注目された。男子シングルスでは3年生組は1回戦で敗れたが、下級生組の3人が奮闘した。

DSC 0154
得意のバックカウンターで攻める高取

試合結果

男子ダブルス部門試合結果

結果選手名

1回戦敗退

谷泰成(営1)・矢吹裕(近大)ペア
井手口裕史(国2)・原井雄生(専大)ペア
大槻周瑛(法3)・久保一矩(駒大)ペア
2回戦敗退 今井智也(人2)・生田裕仁(松戸市役所)ペア

 

ミックスダブルス部門試合結果

結果選手名
 2回戦敗退 今井・小林光優(木更津総合高)ペア
大槻・髙橋梓海(日体大)ペア

 

シングルス部門結果

結果選手名
1回戦敗退 大槻
矢野雅大(法3)
2回戦敗退 中野優(法1)
3回戦敗退 青山昇太(営2)
 4回戦敗退 高取侑史(法2)
 

戦評

 矢野・大槻は1回戦で姿を消したものの、1年生の中野優(法1)は学びのある敗戦を喫した。相手は筑波大の三浦だ。長いリーチを生かした台上でのフリックなど攻めたプレーで1・2セットを制し、完勝できると思われたが、3セット目をわずか3点で抑えられた。そこから勢いを失いかけたのか、後陣でのドライブが決まらず、4セット目も取られ、最終セットではデュースまでもつれるも10‐12で敗れた。近年、法大は様々な戦型が在籍している筑波大に団体戦で連敗していた。苦手としていた筑波大選手に惜敗したことは大きな収穫だ。来季は2年生となる中野。今大会の結果は団体メンバーとして確固たる地位を築けるような大きなアピールとなった。

 前回は3回戦で出場選手が姿を消した。その壁に挑戦したのは法大の頼もしいダブルエース青山・高取だ。青山昇太(営2)は鹿児島相互信用金庫の徳永と対戦。相手の回転力のあるドライブをブロックするのに力尽きたのか持ち前の攻めにいったプレーが思うようにできず、ストレート負けを喫した。
2回戦で全日本カデットでは2位入賞するなど、今後全日本卓球界のホープとして期待のかかるであろう前出(松生TTC)と対戦し、3‐1で勝利を挙げた高取侑史(法2)。
3回戦では昨年全日本ジュニアで2位に輝いた宮本(愛工大名電)と対戦。高取の得意なカウンターが冴えわたり強豪を3‐1で抑え勝利を収めた。4回戦では筑波大の絶対的エースである坪井と対戦。1セット目から前陣で攻撃を成す高取が後陣に下げられるなど思うようなプレーができず、6点でこのセットを落とした。続く2・3セット目では、サーブでポイントを稼ぐも、坪井の関東リーグ随一と言っても過言ではないフォアドライブを警戒したあまりバック側に攻撃が偏ってしまった。4セット目では得意のバックでカウンターが決まらずストレート負けを喫した。(京岡沙寿乃)

選手コメント

高取侑史

―今日の試合を振り返って
全体的には完敗でした。相手のサーブレシーブに対して、自分から全く攻めることができませんでした。大きい展開になっても、どちらかといえば自分が下がらされて、相手に攻められる展開が多かったです。あんまり良くなかったです。 

―力の差を感じるところは
やっぱり、一球一球の質がとても高いです。坪井選手は選抜で優勝していて力があるのは分かっていたんですけど、いざやってみるとどれも質が高くて対応できなかったのが敗因だと思います。

 ―坪井選手の対策は
坪井さんはチキータが得意なので、チキータをさせないようなサーブやコースを出すように意識していました。でもいざ試合になると、そういうコースや回転が甘くなって打たれることが多かったです。そこは練習していかないといけないなと思いました。

 ―バック側を狙われる試合展開でした
僕の中ではずっとフォア側を攻め続けられるのかなと思っていて、それでフォアに来るボールの対策とかを結構していました。でも坪井さんは逆にバックに攻めてきて、僕の得意なところを潰しにきた感じですね。そこで僕はもう心が折れました。得意なところにきていたんですけど全く対応ができなかったので、完敗ですね。

 ―昨日の3回戦を振り返って
昨日の選手は愛工大名電でずっと活躍していて、去年には張本選手にも勝っている選手でした。対戦したことがなかったので対策はあまりやっていなかったんですけど、昨日の試合は自分の良いプレーができた、いい試合だったんじゃないかなと思います。

 ―今大会の結果について
高校3年生の時も4回戦まではいきました。でも今回もなんですけど、スーパーシードの選手に競りもせず、内容としてもいい試合ができないまま負けてしまっています。今大会に関しては、自分の課題が見つかった大会だったと思います。 

―今大会に向けた練習は
普段よりも自分の苦手なところを意識してやっていました。組み合わせが決まってからは対戦相手の対策ではないですけど、フォアを狙ってくるんだろうな、っていうところをしっかり練って、イメージしながら練習をしてきました。

 ―来年の全日本に向けた目標は
まずは東京予選が結構厳しいので、しっかり通過することです。通過したらスーパーシードの選手に勝つことを目標にしたいです。

中野優

―2回戦を振り返って
相手が格上だったので最初はどんどん攻めました。でも相手も経験があるので2セット取ってからは自分のプレーができなくて、相手の展開にはまってしまいました。

―3セット目からの相手の変化は
サーブのコースを変えられたり、3球目で厳しくいかれました。2セット目までは自分のパターンにはめられたんですけど、だんだん慣れてこられて点を取られてしまいました。

―対戦相手の三浦選手の印象は
実績のある選手なので、もっと自分のプレーができないんじゃないかと思っていました。大学に入って、周りの環境の質が高くなったこともあって、自分のレベルも上がっているなと感じました。

―入学してからの1年でレベルアップしたところは
全体的に考え方とか、一球一球の質とかですね。高取さんもそうなんですけど、先輩方のコース取りとかを間近で見て学びました。

―来年度の目標は
チームとしては法政は2部に落ちてしまったので、まずは2部でしっかり勝ってまた1部で活躍できるようにしたいと思います。個人としては、リーグ戦に出させてもらったんですけど一勝もしていないので、まずは2部でしっかり勝ってから1部でまた挑戦して、勝てるようにしたいです。

フォトギャラリー

  • DSC 0154得意のバックカウンターで攻める高取
  • DSC 0148気合いの入ったドライブで相手を揺るがした中野
  • DSC 0186両ハンドともに安定を見せている中野
  • DSC 0046新主将の大槻は1回戦敗退となった
  • DSC 0225惜しくも3回戦で姿を消した青山
  • DSC 02102回戦でフルセットの末敗れ、悔しさをにじませる中野
  • takatori0118 R高取は強敵相手に奮闘するも敗れた
 
 
 
 
 
 

最近の記事