テニス
 

全日本学生テニス選手権大会本戦 3日目レポート

全日本学生テニス選手権大会
8月22日(水) 男子シングルス3回戦 男子ダブルス2回戦
        女子シングルス3回戦
会場:岐阜メモリアルセンター

 連日炎天下の下行われたインカレも3日目。チーム主将の星野は単複で順調に勝ち進む。また大会初出場ながら女子シングルス水沼・青木それぞれが躍進を見せ、一方で男子ダブルス勢が苦戦を強いられた。来るリーグ戦に向けて、選手たちは何を課題に持ちかえるのか―。

201209030aoki
青木 柚里香

試合結果

男子シングルス3回戦

勝敗選手名結果対戦相手
戸田 義人(経3) 6-3,1-6,6-2 福田 健司(関大)
山田 貴裕(経4) 1-6,6(1)-7 西 優馬(早大)
星野 武蔵(社4) 6-3,6-4 船橋 主(愛院大)

女子シングルス3回戦

勝敗選手名結果対戦相手
水沼 茉子(スポ2) 6-0,6-0 山本 みどり(関学大)
青木 柚里香(現福1) 6-2,6-1 井上 晴菜(同大)

 

男子ダブルス2回戦

勝敗選手名結果対戦相手
星野 武蔵・山田 貴裕 6-4,6-4 金城 充・夏目 脩平(専大)
大塚 拳之助(経2)・中島 佑介(スポ1) 6(5)-7,6(10)-7 辻田 康太郎・黄 賢人(関学大)
竹下 明宏(社4)・戸田 義人 6(4)-7,7-5,1-6 鈴木 眞魚・渡邊 久司(東海大)
西尾 一馬(社4)・前田 義明(経4) 5-7,5-7 高田 航輝・矢野 隆志(慶大)

  男子シングルス3回戦、星野は一度もブレイクされることなく6-3、6-4とストレート勝ち。2回戦の同士討ちを制した山田は「西尾の分も」と臨んだが、序盤から相手に翻弄される。早いペースで1stセット1-6で落とすと、2ndセットも3-5に追い込まれる。自身のサービスゲームで40-0とするも決めきれず苦しむ場面も見られた。意地を見せ追い付くが、タイブレークは1ポイント取ったのち連取され、苦杯をなめる結果となった。
 戸田は第5シードが相手でも臆することなく1stセットを6-3で先取。2ndセットは奪われファイナルは1-1で先にブレイクされるも、すぐにブレイクし返し、流れを完全に自分のものにする。みごと勝利を収めベスト16入りを果たす。

 男子ダブルスは2回戦。星野・山田組は両者シングルスに続いての試合であったが、疲れも見せず、ペアの好調を見せつけた。一方、大塚・中島組は1st・2ndセットともにタイブレークの接戦になる。1stを落とし、2ndタイブレークは第22ゲームまでもつれ、最後は「運が回ってこなかった」(大塚)と無念の敗北を喫した。
 また竹下・戸田組は調整不足に嘆いた。1stセット5-3のチャンスを活かせずタイブレークで先取を許す。2ndセットはなんとか奪うも、ファイナルは大事な所でキープできない。西尾・前田組も1stセット接戦を落とし、切り替えて臨んだ2ndセットだったが5-2で締めきれず、コンビネーションにも不安をかかえる結果となった。竹下・西尾・前田は4年、最後のインカレとなる。結果不甲斐なく終えてしまっても、“全てはリーグ戦”と再起を誓った。

 女子シングルスは、ここまで順調に勝ち進んできた水沼が相手のタイミングを狂わせるストロークで終始自分のペースに試合を進める。1回戦から1セットも落とさす、この試合もラブゲームで勝ち上がる。初出場ながら4回戦進出を決めても「一つひとつ勝って結果を残すだけ」と冷静に先を見つめた。同じく初出場で順調にきた青木も6-2、6-1のストレート勝ち。女子は2人そろってベスト16入りを果たした。
 

試合後の選手のコメント

水沼選手

―今日の試合を振り返って
相手がシード選手で強い人だったので、自分はやることをやるだけだなと思って臨みました。

―圧勝でしたが
結果を見ただけだとそうですけど、結構自分0-30とかポイントを先に取られてっていうのも多かったので。スコアから見たら圧勝ですけど、内容的には意外と自分の中では競ったかなと思います。

―相手の印象は
やっぱり関西でも強い選手なので、やってみても強いなと率直に思いました。

―ここまで順調にきましたが、いかがですか
一個一個戦うだけなので、明日も頑張ろうって思います。

―インカレはどんな気持ちで臨みましたか
去年1年生の時にインカレ出れてないので、初めてのインカレで、一つひとつ勝って結果を残すだけ、そういうことを思ってやってます。

―自分の持ち味はどういったところですか
ストロークが得意なので、フォアハンドで打ち込みにいったりとか。それだけじゃなくても、攻めていくことが持ち味かなと思います。

―青木選手も勝ち上がっていますが、刺激を受けますか
そうですね、彼女1年生なので、1年生には負けたくないなという気持ちはあるので、ひとつでも多く勝てるように頑張りたいと思います。

―この夏練習などで重点をおいていることは
サービスは、自分のサービスゲームがキープできると楽な部分もあるのでサーブと。あとストロークでしっかりポイントが取れるように考えています。

―今大会の目標は
優勝できればそれは一番いいですけど、まだそこまでいけるとは自分でも思っていないので、一つひとつ勝って自分のやることができれば結果も付いてくるかと思います。

―次の試合に向けての意気込みを
春関で負けている相手なので、リベンジの場としてはインカレでいい舞台だと思うので。絶対勝ちたいと思います。

山田選手

―今日のシングルスの試合を振り返って
西尾と昨日やって勝ったので、西尾の分も勝ちたかったんですけど、相手がよくてどうしようもなかったです。

―調子自体は
僕の調子自体は悪くなかったんですけど、相手の方がよかったかなと。

―2ndセットはタイブレークでしたが
先にブレイクされたのでやばいなと思ってたんですけど、ブレイクバックし返して、タイブレ入って。「このタイブレ取れば勝てるかな」と思っていたんですけど向こうの勢いに押し切られちゃったんで、もうちょっと自分から何か仕掛けるべきだったかなと思います。

―シングルス、昨日の西尾選手との試合を振り返っていかがですか
正直、練習試合とか部内の試合でも一回も勝ったことなかったので、もう思い切ってやるだけだなと思って。多分僕の方がプレッシャーがなかったので。やりにくかったですけど、僕の方がプレッシャーがなかった分やりやすかったのかなと思います。

―改めて、西尾選手の印象はいかがですか
やっぱりストロークが凄いので。サーブとストロークでずーっと打たれて、昨日の試合とかサンドバック状態だったんですけど、やっぱりテニスが上手いなと思いました。

―では、ダブルスの方は調子はいかがですか
ダブルスは今日の試合は1ブレーク1ブレークで勝てたので、良かったかなと思います。

―星野選手は
そうですね、武蔵は(調子が)いいので、僕が頑張ればなんとかなるかなと思ってます。

―4年最後のインカレですがどのような気持ちで臨んでいますか
最後なので悔いのないように、やってきたことを出せればと思っています。

―この夏はどんなことを重視して練習など取り組みましたか
やっぱり一番がリーグなので、リーグに向けてどれだけ自分を作れるかと。特に春とかに就職活動があったので、そこから夏に向けてどれだけ体を作れるか。特に僕のテニスは走れないと勝てないので、どれだけ走れるようにするかっていうところに重点を置いてました。

―次の試合に向けて意気込みを
相手が田川・遠藤、強いので。それこそノンプレッシャーで、できることをやりたいと思います。

大塚・中島選手

―今日の試合を振り返って
大塚:1stセット、2ndセットともに先にブレイクして、僕がサーブだったんですけど、そこが上手く取れなかった所が一番の敗因だったかなと思います。タイブレークの中でも視野が狭くなってしまって、もっと戦術的に多くのことができたのに、と反省できるというか、次の課題が見つかる試合だったと思います。サービスキープに繋げるためのサービスの威力だったり確率だったり。緩急、足元に沈めたりとか、ロブ、一面を上手く使ってペアを上手く動かせてあげるようなプレーをしなきゃなっていう。
中島:接戦だったので、あと一歩できなかったのは悔しいです。

―相手選手の印象は
中島:個々の技術はそんなに、そこまでだと思うんですけど、ダブルスとしてはチームワークが上手かったし。これがダブルスなんだなって思いました。
大塚:二人ともダブルスが上手くて。個人個人の力はそうでもないとは思うんですけど、やっぱり二人のチームワークというか、上手く噛み合ってて強いペアなんだと思います。

―2ndセットのタイブレークは非常に粘っていましたが
大塚:何回もセットポイントがあったんですけど…相手も凄く集中していて、ナイスプレーがあったのでしようがないんじゃないかと。タイブレークになったら時の運という部分もあったり、勢いとか1ポイントの差に変わってしまうんで、そこを上手く取り切れず、運が回ってこなかったのかなと思います。

―インカレ全体を振り返っていかがですか
中島:初めてのインカレだったので、周りを見る余裕もあんまりなかったし自分のプレーに必死だったので。でも1年生で初めて出た割には楽しめてプレーができたので、来年以降はまた立場が変わってくるので、しっかり考えて。来年はこの舞台でしっかり勝てるように、1年間努力して頑張っていきたいと思います。
大塚:やっぱり早稲田の人たちはすごく安定して成績を残してるんじゃないかなと思います。リーグのメンバーに絡んでこない人たちも凄くレベル上げてきていると思うし。夏関のコートがクレーコートですごくでこぼこだったんですけど、そういう中でも上手く対応していたし。やっぱり自分がもっと頑張らなきゃいけないなって渇を入れられたというか…もっともっと勝てるように、少しでも近づけるように頑張りたいなと。

―リーグ戦に向けての意気込みをお願いします
中島:どうなるか分からないですけど、初めてなので正直ビビってるんですけど、1年には1年生なりにできることがあると思うので。声出したりとか元気出したりとか、僕の持ち味でもあるので。法政のためにできることをしっかりやっていきたいと思います。
大塚:今大会も自分の思うような成績が残せなくて悔しいんですけど、次はリーグで。チームのために頑張りたいと思うので。僕もどうなるか分からないんですけど、調子がどうとかではなく気持ちでみんなと一つになって戦えればいいと思います。
 

竹下選手

―まずダブルスを振り返っていかがですか
勝つチャンスは何回もあったと思うんですけど、練習不足・実践不足ということもあってなかなか…今までだったらもう一段階、集中の度合いとプレーのレベルを上げれたところで、集中しきれなかった上げきれなかったっていうのが一番の敗因かなと思います。

―膝・手首を気にしていましたが
夏関も棄権してしまって、今年はずっとケガしてたので。でも、その中でも普通にはやれていたので、もっと勝ち上がっていくチャンスはあったと思うんですけど…気持ちで負けてしまいましたね。

―今日のダブルス、ファイナルセットはどのような気持ちでしたか
正直、試合前から普通にやっていれば負けないかなと思っていたので、ファイナルセット入っても2nd僕たちが取って流れも悪くなかったのでいけるかと思ったんですけど…ファイナルの最初で僕たちに流れが来かけたところを自分たちのミスで、せっかくの流れを断ち切っちゃたので…そこが良くなかったかなと。

―1stセットのタイブレークは
やっぱり5-3で取り切れなかったのは、こっちの方が1stはチャンスがあったので、やっぱり相手の方が思いっきりやってきてたのかなって。

―この夏はどんなことを意識して練習など取り組みましたか
8月頭に膝のケガが再発してなかなか練習できていなかったんですけど…どちらかというとシングルスをやっていましたね。シングルスも最後頑張りたいなと思って。マッチ練習とか振りまわしとかをやってました。

―4年最後の夏ですが思うことはありますか
最後の年はケガして不本意な結果だし、不本意なプレーで終わっちゃったのは悔しいですけど…それも今までの自分の行動の結果だと思うので。いい勉強に、人生の勉強になりました。

―リーグ戦に向けて意気込みをお願いします
インカレ・夏関と法政的に思うような結果が出てないですけど、やっぱりリーグだと、まとまりとか団結力とかチーム力で勝つことができると思うので。ここからもう一回みんなでまとまっていい結果に繋げたいと思います。

西尾・前田組

―今日の試合を振り返って
西尾:自分たちのプレーはあまりできなかったんですけど、相手が慶應ってことで負けたくなかった気持ちもあって、堅くなっちゃったのもありました。向こうがいいプレーをしていたのでしょうがないです。
前田:最初から最後まで相手の流れで、2ndは5-2までいっていい感じにはなってたんですけど、そこでしっかりしめ切れなかったのが課題です。

―調子自体は
西尾:夏関のときもそんなに悪くはなく、今日は二人でやってる感じはあまりしなかったので。一発でやったり…
前田:簡単なミスと、二人で一緒にやるっていうプレーがそんなになかったので、ポイントの落とし方が単発で。自分から打ってミスとか…何かをやろうとしてのミスではなかったので。流れを作ることができなかったかなと思います。

―敗因として具体的には
西尾:やっぱり前田のサービスゲームをキープできなかったのが一番で…相手のリターンもすごく上手かったので、それにプレッシャーをかけることができなかった自分たちが弱いところかなと思います。
前田:リターンゲームは何回かブレイクできていたから、自分たちのサービスゲームをしっかりキープしないといけなかった状況で僕のサービスゲームは1回しか取れてなかったので、敗因かなと思います。

―気持ちの面でもありますか
西尾:やっぱり2ゲーム3ゲーム落とすと「何か変えなきゃいけない」っていうのはあったので。そこで変えようとするといつもの自分たちのプレーじゃないから上手くいかず、苦戦してしまって…引き出しの足りなさかな。
前田:もっと攻撃のバリエーションを増やしていければ、自分たちのサービスゲームがきつくなったときに色んなパターンで攻撃することができると思うんですけど。やろうとはしたけど、それが逆に自分たちのいつものプレーができない状況になってしまったから…そこが今回ミスだったと思います。

―お互い声をかけ合ったりはしましたか
前田:今回いつもの試合に比べて声をかけることがなかったよね。いつもの試合に比べて二人でやったりとかがなかったので…。

―インカレ全体を振り返っていかがですか
西尾:最悪でした…。底辺まで来たので、あとは出れたらリーグでチームのために頑張るしかないと思ってます。
前田:インカレがこういう結果になってしまったので、あと学生大会残るはリーグだけなので、そこに向けてしっかり練習していきたいと思います。

 

フォトギャラリー

  • 201209030aoki青木柚里香
  • 201209030toda戸田義人
  • 201209030mako水沼茉子
  • 201209030yamada山田貴裕
  • 201209030musasiy星野・山田ペア
  • 201209030takesitat竹下・戸田ペア
  • 201209030ootukan大塚・中島ペア
  • 201209030nisiom西尾・前田ペア
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み