テニス
 

全日本学生テニス選手権大会本戦  6・7日目レポート

全日本学生テニス選手権大会 7日目 シングルス準決勝
8月25日(土) 男子シングルス準決勝 男子ダブルス準決勝
8月26日(日) 男子シングルス決勝 男子ダブルス決勝

会場:岐阜メモリアルセンター

岐阜で行われた全日本学生テニス選手権大会もいよいよ終盤に差し掛かる。ついに準決勝まで駒を進めたシングルスの星野と、ダブルスの星野・山田組。照りつけるオレンジ色の太陽の下で、熱い戦いが始まった。センターコートにたどり着くのは果たして…

201209060musasiy
山田貴裕(左)・星野武蔵(右)

試合結果

【25日】

男子シングルス準決勝

勝敗選手名結果対戦相手
星野 武蔵(社4) 7-6(3),6-4 遠藤 豪(早大)

男子ダブルス準決勝

勝敗選手名結果対戦相手
星野 武蔵・山田 貴裕(経4) 6-4,6-3 矢野 隆志・高田久司(慶大)


【26日】

男子シングルス決勝

勝敗選手名結果対戦相手
 ●  星野 武蔵 4-6,4-6  田川 翔太(早大) 

男子ダブルス決勝

勝敗選手名結果対戦相手
星野 武蔵・山田 貴裕 2-6,3-6 古田 陸人・廣田 耕作(早大)

 

最終結果

【男子シングルス】
 
準優勝…星野 武蔵
ベスト8…戸田 義人(経3)
【男子ダブルス】
準優勝…星野武蔵・山田貴裕 組
【女子シングルス】
ベスト16…水沼茉子(スポ2)青木 柚里香(現福1)

目標であったベスト4に到達した星野の準決勝の相手は早大の第2シードでもある遠藤。その前にやっていた対戦では星野曰く「あっさり負けている」相手である。実力も折り紙付きの遠藤相手に苦戦を強いられるかと思われた。
序盤はお互い譲らぬ攻防。ブレイクしてはし返し、3-3までは試合は膠着状態だったが、第7ゲームでブレイクされリードを許す。追いついたのは土壇場の第10ゲーム。試合を振りだしに戻すと、第12ゲームではセットポイントを4回つかむがここは遠藤が粘り、タイブレークにもつれる。これを制した星野は第2セットに入ってもその勢いのままに2ブレイクアップで4-0とリードする。しかしここから第2シードの意地なのか、遠藤が盛り返し、5-4まで追い詰められる。だが反撃もここまで。星野が序盤のリードを守り、セットカウント2-0で決勝進出を決めた。
ダブルスで対戦したのは慶大の矢野・高田組。相手は1年と2年のペアで、「最後まで食らいついてくる選手たち」(星野)と、気が抜けない試合となったが、法大ペアが上級生の意地を見せ、6-4、6-3でこちらも見事決勝進出を果たした。

迎えた決勝戦。男子と女子のシングルス決勝だけはセンターコートで行われた。いつものコートは少し空気が違う中、静かにシングルス決勝が始まった。
相手は第1シードの早大・田川。強いストロークを武器にした圧倒的な攻撃力で勝ち進み、2連覇がかかっている選手である。試合は第1ゲームから白熱したラリーを見せる。長いデュースの末やっとキープに成功するも第3ゲームでブレイクを許し、追いかける展開に。その後はどちらもサービスゲームをキープし続け、結局追いつけないまま4-6で第1セットを落としてしまう。第2セットも序盤の同じ第3ゲームを落とし、リードされるが、第8ゲームでついにこの試合初ブレイク。試合を振り出しに戻したのもつかの間、すぐにブレイクバックされ、そのまま4-6で敗退し、あと少しのところで優勝を逃した。

休憩を挟み行われたダブルス決勝戦。相手は春関でも敗れた廣田・古田ペアだ。ここまで早稲田を倒してきた勢いをぶつけていきたかったが試合は序盤から不利な展開に。ミスも相次ぎ、流れを掴めぬまま2-6で第1セットを落とす。切り替えて臨んだ第2セットも相手ペアの鋭いリターンを攻略できず、徐々に押される展開が増えていく。それでも第8ゲーム、山田のサービスゲームをキープし意地を見せ反撃のチャンスを待つ。それでも最後は早大の馬力が法大を上回った。結果3-6で惜しくも準優勝に終わった。

春関から飛躍が見られた今大会。単複どちらも優勝こそ逃したが、準優勝は立派な成績である。9月4日から行われるリーグ戦にも大きな弾みになったのではないか。山田が「リーグ戦に合わせてやってきた」と言うように法大の悲願は去年も達成できなかった王座進出。春関、インカレを経て心身ともに充実した法大勢の活躍が今から楽しみである。

 

試合後の選手のコメント

25日/星野選手

―まずはシングルスを振り返ってみていかがでしたか
すごく相性の悪い相手だったので勝てると思ってなかったっていうのが正直なところだったんですけど、勝てて良かったです。
 
―序盤ブレイクされて、し返したときの心境は
まず出だしに緊張してしまって。久しぶりだったので、こんな環境で戦うのが。けど2ゲーム目、たまたまですけどブレイクできて、そこでちょっと落ち着いたかなっていうのはありました。
 
―中盤は追いついて終盤でセットポイントを4回しのがれてタイブレイクになりましたが、そのときはどう切り替えましたか
やっぱりそんなに簡単に勝てる相手じゃないと思っていたのでそれほどセットポイントを逃したのはショックでもなかったですし、まあチャンスを活かせなかったっていうのはありましたけど、やるだけやろうと思っていたので大丈夫でした。
 
―2セット目2回ブレイクして4-0までいきましたがそのときは
相手がやりづらそうにテニスしているなと思ったのでそこをうまく攻められたのがスコアを離せられた理由だと思います。
 
―そのあとは追い上げられましたが焦りはありましたか
めちゃくちゃ緊張しましたね、久しぶりに。けど結果的に逃げきりという感じで勝てたんで良かったです。
 
―そのとき心がけたこととかはありますか
僕のテニスが走るテニスなので、とにかく足を動かすことだけ考えてやってました。
 
―最近あっさり負けている相手だということで何か変えた点とかはありましたか
カウンター系の選手で、僕の攻撃に対しての対処がすごくうまいので、焦らず攻撃しないでとにかく走って走って粘り強くやろうとしました。
 
―プレー中手応えみたいなものはありましたか
相手がやりづらそうにしているのを見てもしかしたらいけるかなーとも思いましたけど、それよりも相手がそう簡単に勝たせてくれる相手じゃないぞと思ってやっていたので、びっくりしています。
 
―ファーストサーブが…というのがよく聞こえましたが入っていないことに対してですか
うーん、まあ緊張していない時ってやっぱり入るものなんですよ、サーブって。でもやっぱり緊張した場面だと固くなっちゃうし、スイングも小さくなって自分の本来のショットが打てなくなることがあったので、気をつけてはいましたね。
 
―決勝相手の田川選手の印象は
やっぱり攻撃力がある選手だなーって感じますし、前回やっているときも負けているので…完全に下で僕がチャレンジャーだと思ってやっているのでなんとか食らいついてやろうと思います。
 
―対策は
相手にいいプレーをさせないことですかね。自分がいいプレーをするより相手にいいプレーをさせない様にするのが一番大事なことかなって思ってます。
 
―シングルスへの意気込みを
まあ、こんなところまで来れると思ってなかったですけど、来たので、あと一個なんで頑張ります。
 
―次にダブルスですが振り返ってみていかがでしたか
昨日とか今までの相手と比べたら客観的に見てそんなにレベルの高いペアではないと分かっていたんですけども、やっぱり気合いが入っている選手たちだったので、やることをしっかりやろうとして臨んだことがいい結果につながったかなって思います。
 
―序盤の組み立てで気をつけた点はありますか
左利きと右利きでサーブの質が2人で違っていたので、リターンを合わせるのが難しかった分、自分たちのサービスゲームをしっかりキープしようと心がけてました。
 
―シングルスからサーブの調子は上がりましたか
シングルスから一回緊張感も抜けてもう一回切り替えてやろうって気持ちでダブルスに入れたので全体的に言えば調子はよかったと思います。
 
―相手ペアの印象は
若いペアで気合いが入っているなと感じました。腕云々というよりも試合への取り組み方でプレッシャーを受けてましたし、その姿勢はすばらしい選手たちだなと思いました。スコアを離しても最後まで食らいついてくる選手たちだったので緊張感を持ってプレーしました。
 
―試合中意識していたことは
僕らが前で動くことですね。僕と山田二人でダブルスは動かないとダメだと思いながらやっているので…足を止めずにしっかりポイントを取っていこうと思ってやりました。
 
―2セット目に入るときに山田選手と話したことはありますか
とにかくサービスキープと先にブレイクすること、基本的なことを考えてやりました。
 
―決勝相手は春関で負けたペアですが
廣田古田ペアの場合は負けている相手ですけど、やっぱり今回は早稲田の選手を倒してここまで来てるんで向こうも気を抜いてこないと思いますし、やれることをやれば今の自分たちなら勝てると思っているので全力を出し切りたいと思います。
 
―春関では勝てていなかった早稲田に勝てているのは実力がついた証拠ですか
どうなんですかね?(笑)まあでも一回負けたら終わりの中で勝ち抜く勢いはトーナメントで大事なので。あとは気持ちの面で春関の時よりも今は充実している様に思えますね。
 
 
 

25日/山田選手

―第1セット4-4のときはどんなことを考えてプレーをしようとしたのか
4-4のときはそのゲームの次が武蔵のサーブだったので、リターンゲームで思い切っていこうということを話してました。
 
―第2セットは5-1とリードしていたところを続けて2ゲームとられたが、気持ち的な面ではどうだったか
ちょっと勝ちがよぎってしまって、少し消極的になってしまって、そこをしっかり決められれば良かったなと。そこの1、2ゲームとられたのは良くなかったです。反省点ですね。
 
―最後は山田さんのショットが決まりゲームセットとなったが、決まった瞬間のお気持ちは
やっぱあそこのポイントは引いても意味がないと思ったので思い切ってバックハンド打ち抜いたら入ったので、「やったー!」っていう感じでした。
 
―サーブの調子が良かったように思えたがどうだったか
いいときはいいんですけど、サーブを落とすときはファーストサーブが入らなくて、どちらかというと僕が崩れてそこで落としてしまっているので、ファーストサーブの確率を上げていかないと思います。
 
―相手は1,2年生ペアということでしたが印象はどうだったか
すごく勢いがありました。でもやっぱり僕らも1、2年生には負けられないなと。まず勢いで負けないようにしました。
 
―決勝というところはどのようなところか
今まで行ったことはないのでそんなにイメージできないんですけど、チャレンジャーなので思いきりやりたいです。
 
―決勝の意気込みを!
ここまできて負けたら意味がないし、一生悔いが残るので、何としてでも勝ちたいです。
 
 
 

26日/星野選手

―第1セットの1ゲーム目から接戦となったが何を考えてプレーしていたのか
出だしがサービスから始まって、これをとられると一気にいかれると思ったので、まあ結果的に長いゲームになってとれて、何とかくらいついていきたかったんですけど、先にブレイクされちゃったので、まあ相手が強かったなと思いますね。
 
―第2セットを振り返って
第1ゲームがとれそうで落としてしまったので、切り替えて、相手のいやなところを突いていきたかったんですけど、逆に相手のプレーにはまって、いいプレー決められちゃって、ちょっときつかったです。
 
―4-4のところがポイントとなったと思うが何を考えていたのか
3-4のときにブレイクし返して4-4になったんですけど、ブレイクしたあとのサービスゲームは難しくて、相手がプレッシャーをかけてきて攻撃的になってきて、結果的にその攻撃が成功して、そこは相手を褒めるべきだと思いますね。
 
―ダブルスは春関で敗れた相手との対戦だったが試合を振り返ってどうだったか
やりずらい相手だと思ったし、第1リターンがよくて、相手に優位に持っていかれたなと思います。なかなかうまく僕らの展開に持っていけなかったです。
 
―何か作戦などはあったのか
前で打つとか色々考えてたんですけど、逆に考えすぎてしまって、今まではやるべきことをやって勝ってきてたんですけど、それに対して自分たちのプレーが出し切れなかった部分はあったかなと思います。
 
―緊張や体の硬さとかはあったのか
意外になかったです。昨日の方があったんですけど、まあやるべきことをやろうとしました。
 
―決勝の舞台というところはどんなところだったか
想像してるよりも普通でした。でもその場に来れたことは誇りに思いますし、まあいざコートに立つと同じなので、相手も何度も対戦してるのでそんなに気負いせずにできました。
 
―今一番したいことは
休みたいです(笑)精神的に疲れたので、やっぱり1回切り替えてリーグ戦に向けてまた調子を整えていきたいです。
 
―シングルス、ダブルスどちらも準優勝ということだがどうか
満足してます。決勝は勝ちたかったですけど、こんなところまで来れて頑張ったと思います。
 
―今回のインカレでの法大勢を振り返って
去年勝ってた選手が負けたりしたんですけど、気持ち的にはそんなに後ろ向きではなかったですし、次に向けてまたやっていこうっていう話をしたので、次につながる大会になったかなと思います。
 
―来週からはリーグ戦が始まるが、どんな気持ちで臨みたいか
まずは絶対に王座にいくことです。インカレで勝てたのがいい刺激になればいいなと。団体戦なのでまた違ってくるんですけど、みんなで勝って王座にいきたいです。
 
 
 

26日/山田選手

―今日を振り返って
決勝と言うことでプレッシャーもあったんですけど、相手の方が楽にやっていて僕たちの方がいいテニスができなかったかなと思いました。
 
―相手の強さはどこにあったのか
やっぱりサーブとリターンがすごくうまくて、崩しにくかったですね。僕たちよりもいいと思いました。田川遠藤ペアよりコースだったり回転だったりが上なのでやりづらかったです。
 
―緊張感などは
思い切ってやろうと思っていたので、緊張はそこまでしなかったです。
 
―サービスゲームが苦しい展開になりましたが
ファーストサーブの入りが悪く、相手のリターンもよかったのでもっと確率を上げないとあのペアには勝てないなと。
 
―同じ相手に負けたことは苦手意識にはつながってくるか
苦手意識というよりかはやっぱりやりづらさがあるので、これから考えてもしリーグ戦とかで当たった時は次は絶対勝ちたいです。
 
―練習試合とかでもあのペアとは試合をしているのですか
やりますね。そのときも負けてました。いつも僕のサービスゲームが落とされるので、いつも同じ展開でやられちゃってるな、とは思っています。
 
―決勝の舞台はいかがでしたか
あまり決勝ということを考えないでやろうと思っていたので普段と変わらなかったですね。
 
―今大会のシングルスを振り返っていかがでしたか
最初に同校の西尾と試合をして勝ったにもかかわらず次の試合で早稲田に負けてしまったのでそこはしっかり勝ちたかったです。
 
―ダブルスを振り返って
ダブルスはドローが出た時から厳しいということが分かっていたので二人で思い切ってチャレンジャーとして臨んだことが結果につながったのかなと思います。
 
―早大勢を破っての決勝進出はリーグ戦にもつながるんでは
やっぱり早稲田勢は強いですし、他の大学も強いので、ダブルスはここまで来られたのを自信にしてリーグ戦頑張りたいと思います。
 
―リーグ戦はどんなことを意識して戦いたいですか
リーグ戦に合わせてやってきたのでインカレはインカレで切り替えてリーグ戦に向けて行きたいです。シングルスは自分のやることは粘り強くやることなので、しっかり走って1勝1勝あげていきたいと思います。ダブルスは武蔵と組むのも最後だし、こんなにいいペアいないと思うので武蔵を信じて頑張っていきたいです。
 

フォトギャラリー

  • 201209060musasiy山田貴裕(左)・星野武蔵(右)
  • 201209060musasi主将・星野武蔵
  • 201209060musasiy2星野・山田ペアの健闘が光った
  • 201209060musasi2センターコートで躍動する星野
  • 201209060musasiy3惜しくも準優勝に終わる
  • 201209060hyousyou表彰式ではお互いの健闘をたたえ合う
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み