テニス
 

平成24年度関東大学テニスリーグ開幕! 鬼門突破!明大を撃破!

平成24年度関東大学テニスリーグ 対明大
2012年9月4日(火)
会場:有明テニスの森公園

全てはリーグの為にやってきた。去年は1部リーグ3位で惜しくも王座進出を逃した為、今年にかける思いは強いだろう。今年は早大、慶大、法大、明大の4つの大学が有力視されているが法大は初日から宿敵・明大と激突。王座に行くためにはスタートダッシュでつまずく訳にはいかない。死力を尽くした戦いは意外な結末を生んだ。

20120908ennjinn
円陣を組んで士気を高める

試合結果

ダブルス

 勝敗選手名スコア対戦相手
 D1 星野武蔵(社4)・山田貴裕(経4) 6-1,6-3   古橋弘章・小野陽平
 D2 竹下明宏(社4)・戸田義人(経3) 7-6(8),6-4 泉田峻・佐藤充
 D3 西尾一馬(社4)・前田義明(経4) 6-7(10),6-4,6-2 大阿久正太・伊藤駿

 

シングルス

 勝敗選手名スコア対戦相手
S1 星野 武蔵(社4)  6-3,6-3 小野 陽平
S2 戸田 義人(経3) 6-3,6-2 泉田 峻
S3 西尾 一馬(社4) 6-3,6-1 奥田 圭都
S4 小村 拓也(経1) 7-5,6-2 伊藤 駿
S5 山田 貴裕(経4) 4-6,6-3,4-6 弓立 祐生
S6 大塚 拳之助(経2) 6-2,3-6,6-1  佐藤 充

インカレ準優勝のダブルス1、星野・山田組はインカレベスト4のペアと対決。ハイレベルな接戦になるかと思われたが第1セットから全く隙のないテニスを披露し相手を圧倒し、出鼻をくじくことに成功すると、第2セットも反撃を許さず、ストレートで勝利し、インカレから調子の良さを伺わせている。ダブルス2、ダブルス3は第1セットで苦戦を強いられる。ダブルス2の竹下・戸田組は苦しみながらもタイブレークの末、第1セットを奪取するがダブルス3の西尾・前田組は長いタイブレークが続いたが最後は引き離され第1セットを落とす。しかしここから第2セットは強気のリターンが決まりはじめ6-4でこのセットを取ると第3セットは勢いそのままに6-2でセットカウント2-1の逆転勝ち。竹下・戸田組は第2セットから調子を上げ、終盤でブレイクに成功し、最後は6-4でストレート勝ちを収めた。
ダブルスを3勝で折り返した法大。シングルスでもこの勢いは止まることはなかった。シングルス5の山田が相手選手の強烈なショットに流れをつかめないままフルセットの末に敗れるも、ルーキー小村が0-4から5ゲーム連取で自分の流れをつかむと嬉しいリーグ戦初勝利を手にした。大塚も追いすがる相手を振り切り、フルセットをものにし、こちらもリーグ戦初勝利。大塚が勝利したところで大学としても勝利が確定したが法大が手を緩めることはなかった。シングルス1,2,3いずれもストレートで勝利し、リーグ戦のこの上ないスタートダッシュとした。特にシングルス1の星野の相手だった小野は春関優勝、インカレベスト4と実績十分。春関では敗れていただけにリベンジの意味もあっただろう。見事勝利を収め、法大の勝利に貢献した。
最初の関門であった明大戦に勝利し、うまく流れに乗ることができた法大。6日に行われる亜大にも良い形で勝利し、王座進出へ前進していきたい。リーグ戦は始まったばかりだ。

選手の試合後のコメント

星野選手(社4)

―まずシングルスとダブルスの試合をともに振り返っていかがでしたか
相手がインカレベスト4の相手だったんですけど、山田と出だしからがっちりいこうって話してて。スキのないダブルスができたと思いますね。シングルスの方は僕が試合をするときはもう法政の勝ちが決まってたんですけど、でも全力でやることが僕の使命だと思ったので、春関で負けてた相手だったんですけど、全力でやった結果勝ててよかったです。
 
―サーブの調子がよかったと思うのですが、いかがでしたか
そうですね。前より、サーブを思い切り打とうというよりも、確率を高めるようにちゃんといい回転をかけて打つ回数が増えているので、それで確率も上がって、結果的にうまくいったのかなと思います。
 
―シングルスのときに「頭を使え」と何度もおっしゃっていましたが・・・
まともに打ち合ったら勝てる相手ではなくて、向こうのほうが体力も技術も上なので、その相手をどういうふうに崩すかというので頭を使うっていうことを意識したのでそのような言葉が出たんだと思います。
 
―8勝1敗という結果についてはどう思われますか
みんなすごくよく頑張ったと思います。こんなスコアをつけられる相手でもないので、それでこういう結果になったのは、選手の頑張りもそうですけど、色々な方々の応援やサポートがあったからだと思うので、そういうのが結果につながったんだと思います。
 
―それではチームの状態もいいのではないでしょうか
そうですね。特にシングルスで出た若い選手が頑張ってくれて勢いをつけてくれましたね。
 
最後になりますが、6日の試合に向けて意気込みをお願いします
今日いいイメージで勝てたんですけど、しっかりと切り替えて、気を引き締めてまた臨みたいです。
 

戸田選手(経3)

―今日のダブルスを振り返っていかがでしたか
正直3セット目にいくときついかな、と思ってて、ファーストセット、タイブレークの2-5、3-6のあたりはさすがにきついなと思って3セット目を覚悟したんですけど、そこからまくれたので逆にそこからは気楽にできました。調子が悪い中で2セットで終わらせることができたっていうのはすごい大きくて、終わり方がいつもは3分の2位は良くなかったんですけど、今回は良くて、二人ともリターンが返って、点もとれてサーブも入って、っていう終わり方だったんで次につながる試合だったと思います。

―リーグ戦初戦の感想は
まずダブルス1の星野さんと山田さんが圧倒的な強さで勝って、西尾さん前田さんもファイナルで勝つって分かっていたのでこれで全部とれたら楽だなと思ってやってました。シングルスはリーグ戦に出るのが初めてだったんですけど、勝ちが決定していて気楽にできました。やっぱり明治に8-1で勝ったっていうのはすごい大きくて慶応とかには嫌だなーっていう印象を与えられたんじゃないかなと思います。

ータイブレークの時はどんなことを考えてプレーしていましたか
正直諦めてました(笑)さすがに2-5、3-6でしかも2本相手のサーブだったので。まあ捨ててはなかったんですけど…。でもそこでちゃんとできたので2セット目は楽でした。一回死んでからスタートみたいな感じで。2セット目はしっかりリターンも返ったので。しかも1戦目の最初のタイブレークをとれたのは逆に良かったかもしれないですね。

―ダブルスで他のペアが出てくる可能性は
どこのペアが出るかはわかんないですけど、今年は夏関で良かった伊藤(経3)・中島(スポ1)がいるので。4つめのダブルスがいなくて全部に出なきゃいけないような状態ではないので、そういう意味でも4つめ、5つめのダブルスが控えているのは安心感があるし、心強いですね。

―シングルスの相手はダブルスでも対戦していた相手ですが
3月か4月くらいの対抗戦で負けている相手だったんで当てられた時は内心嫌だったんですけど、インカレで他のペアがやったときは余裕でしょみたいな感じの情報が流れてきていて、やってみたら3月4月の時より全然調子よくなくて、あのときは当たり日だったのかなーっていうのが試合序盤にあって、これくらいなら気楽にいけるなーって感じてました。元がすごく高く感じてたのでその分だけ楽に感じたというか。

―次にむけて意気込みを
勝てるかどうかは分からないですけど若さを出して、確実に、全力で、チームを盛り上げて勝っていきたいと思います。

小村選手(経1)

―今日の試合を振り返っていかがですか
最初リードされて、初めっていうのもあって緊張と不安のまま試合に入ってしまって、差が開いてしまたんですけど。途中から慣れてきて、ペースも自分なりに変えて。そうしたら相手がそれにはまってくれたというかミスが増えて。後半から、0-4からだったんですけどなんとか7-5で取って。でも、そこで相手の心も折れたと思うんです。2ndは思い切ってやることやって、一勝できたので良かったです。
 
―不安というのは
(リーグが)どういう雰囲気なのか。緊張することは分かっていたんですけど、どういう感じなのかは全く経験したことがなかったので不安でしたね。
 
―相手選手の印象は
フォアハンドをがつがつ打ってきて、前半やられたんですけど…フォアが速くて球がかたいです。
 
―「自分のペース」と言っていましたが
今日は特に、リーグは簡単にはポイント与えられないし、簡単なミスもできないので“しつこく”いって。個人戦など、いつもはもうちょっと打つんですけど。リーグはチームで戦っているので、一勝が大事なので。大事に大事にという気持ちで、つなぎを多くして行きました。
 
―今リーグを迎えるにあたってチームの雰囲気は
初戦の明治が一番厳しいのかなってみんな言っていて、そこでなんとかいい流れでいけるように。みんな頑張ろうと、雰囲気は良かったです。
 
―1年生は仕事もありますよね
僕は試合に出ていたので他の1年生よりは少ないと思うんですけど、他の人が仕事で頑張っているので、試合に出れただけ「絶対勝ってやる」ってやってました。
 
―次の亜大戦に向けて
今日、雰囲気とかどんな感じかが分かったので、次は出だしもしっかり大事にして、一勝をまた上げれるように頑張ります。
 

フォトギャラリー

  • 20120908ennjinn円陣を組んで士気を高める
  • 20120908takesitat信頼し合う竹下・戸田ペア
  • 20120908nmフルセットをものにした西尾・前田ペア
  • 20120908kリーグ戦初出場初勝利の小村
  • 20120908n強烈なフォアを打ち込む西尾
  • 20120908o喜びを爆発させる大塚
  • 20120908y惜しくも敗れた山田
  • 20120908hリベンジを果たした星野
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み