テニス
 

関東大学テニスリーグ 波に乗る法政! 対亜大

平成24年度関東大学テニスリーグ 対亜大
2012年9月6日(木)
会場:有明テニスの森公園

初日の明大戦で順調な滑り出しを見せた法大の次なる相手は昨年は全勝で勝利した亜大。王座進出には一つの取りこぼしも許されない中、今日も法大選手が躍動した。なお、D2には夏関で調子の良かった伊藤(経3)・中島(スポ1)がリーグ戦初出場した。

20120908at
応援を受けながら奮闘する戸田

試合結果

ダブルス

 勝敗選手名スコア対戦相手
 D1 星野武蔵(社4)・山田貴裕(経4) 6-4,6-0   高橋良平・高山和也
 D2 伊藤祐樹(経3)・中島佑介(スポ1) 3-6,4-6 林倫正・小堺遠馬
 D3 西尾一馬(社4)・前田義明(経4) 6-4,6-1 竹口裕人・仲村元希

シングルス

 勝敗選手名スコア対戦相手
S1 星野 武蔵(社4)  6-2,6-3 高橋 良平
S2 戸田 義人(経3) 6-2,6(3)-7,6-4 林 倫正
S3 西尾 一馬(社4) 6-0,6-0 小堺 遠馬
S4 小村 拓也(経1) 6-1,6-1 賀川 雄太
S5 山田 貴裕(経4) 7-6(5),7-6(2) 白井 卓也
S6 大塚 拳之助(経2) 6-1,6-3 宮脇 駿

ダブルスではリーグ戦初出場ペアのD2、伊藤・中島組が序盤から大苦戦を強いられる。中島が「最初は緊張してるかどうかもわからない状態で入った」と振り返るように二人の動きはどこか固く、試合に入り切れず第1セットを3-6で落とす。第2セットに入っても緊張は解けることはなく、意地の2ブレイクも及ばず4-6で落とし、法大はまさかの黒星スタートとなる。しかし残りの二組はそんなことはなかった。第1セットこそ苦戦するものの、どちらも6-4で取ると、星野・山田組はインカレ準優勝の貫禄を見せ、6-0で相手を退けた。西尾・前田組もまもなく6-1で圧勝し、ダブルスを2-1で終える。
S4に入っている小村は1年生ながら明大戦での勝利でリーグ戦の空気に慣れたのか、強烈なストロークを武器に相手を圧倒し6-1,6-1のストレート勝ちを収めた。特に圧巻はS3の西尾。なんと相手に1ゲームも許さない完璧な内容で試合を決めた。この夏はあまり良い結果を残せなかった西尾だったが、彼の好調は法大にとって大きな追い風となっている。S5の山田は前回はあと一歩のところで勝利を逃したが今回は2回のタイブレークを制しストレート勝ち。勝負強さを遺憾なく発揮した。そのほかのシングルスも順当に勝ちを重ね、終わってみれば8-1で勝利した。
次の相手は慶大。去年は王座への大一番となるこの戦いに敗れ、慶大は2位で出場権を手にし、法大は3位で涙をのんだ。今年も大接戦が予想されるが、ここに勝たなくてはどうしても王座進出は難しくなる。なんとしても勝利し、出場権を大きく引き寄せたい。

 

選手の試合後のコメント

西尾選手(社4)

―今日のを振り返ってみていかがでしたか
相手が早稲田のペアを倒しているペアで、僕らが倒すっていうオーダーにしたので、気を引き締めて全力で倒しにかかりました。

―第2セットは相手を圧倒しましたが
1回ブレイクしてから相手の集中力が切れて、こっちもうまくサービスゲームがキープできたので、そこですかね。

―最後のリーグ戦になりますがどんなお気持ちで戦っていますか
去年まではあまりプレッシャーを感じずにのびのびできていたんですけど一番上になると、特に変なことを考えているわけじゃないですけど、自然とプレッシャーかかってて、動きが固くなったりしますけど、自然と声も出て、気合いも入っているので一番最後のリーグっていうのはやっぱり特別な物ですね。

―シングルスを振り返ってみていかがでしたか
シングルスは今年の夏はあまり良い成績が残せずにいたので自信がなかったんですけど今日いざやってみて、自分のプレーができてノータッチエースも多く、自分のテニスができたので、応援されて頑張れるっていうか、団体戦の面白みを感じたり、うちのチーム力の高さとかを感じた試合でした。

―今の調子は
上がってきています。1戦目より2戦目のほうがよくて3戦目も良い感じでやれそうです。

―今日はサーブの調子も良さそうでしたが
そうですね、サーブとフォアですね。フォアが入るからサーブでそこをつけるっていうのもあると思います。リラックスして落ち着いてできました。

―6-0,6-0という結果について
リーグでは初めてですね。やっぱり集中力を切らさず自分が12ゲームやり通せたというのはすごく自信になりました。

―次に向けての意気込みをお願いします。
次は慶応戦、あっちも勝ちたい気持ちでやってくるのでそれ以上の強い気持ちを持って全員で勝っていきたいです。

 

中島選手(スポ1)

ーリーグ戦初出場となりましたが、試合を振り返っていかがでしたか
もう緊張しました。ペアの伊藤さんも初めてだったんですけど、最初は緊張してるかどうかもわからない状態で入ったので、最後まで自分たちのダブルスのいい形ができなかったように思います。
 
ーその中で収穫は何かありましたか
こういう勝たないといけないっていう場面で、緊張はしててもしっかりと自分たちのダブルスができないといけないなと感じましたね。
 
ーペアの伊藤さんとは試合中はどんなことを話していましたか
緊張して覚えてないです(笑)思いっきりやろうとは言ってたんですけど、全然聞いてなくて、もう無我夢中でした。
 
ー1年生ということで、試合以外に色々な仕事をこなさないといけないと思うのですが、その辺の両立などはいかがですか
難しいですね。でもしっかりと自分の仕事はこなしたいです。
 
ーこのリーグ戦どのような気持ちで臨んで戦いたいですか
まだリーグ戦がどんなものかよくわからないんですけど、先輩たちに食らいついて、しっかりと経験を積んで来年につなげられたらいいと思います。
 

フォトギャラリー

  • 20120908at応援を受けながら奮闘する戸田
  • 20120908ain初出場の伊藤・中島ペアは悔しい敗戦
  • 20120908ahy貫録を見せた星野・山田ペア
  • 20120908ao2年生で唯一出場の大塚
  • 20120908ay勝負強さを見せつけた山田
  • 20120908an圧勝した西尾
  • 20120908ah主将としてチームを引っ張る星野
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み