テニス
 

関東大学テニスリーグ 2年ぶりの王座進出へ! 対日大

平成24年度関東大学テニスリーグ 対日大
2012年9月12日(水)
会場:有明テニスの森公園

 関東学生リーグ戦は12日、最終戦を迎えた。先日早稲田に敗北し3勝1敗となった法大は日本大学との対戦。勝てば王座進出が決まるいう大一番で選手たちはどのようなプレーを見せてくれたのか、そして2年ぶりの王座への切符を手中に収めることはできたのか。

20120912syuugou
リーグ最終戦もチーム一丸で

試合結果

ダブルス

 勝敗選手名スコア対戦相手
D1 星野武蔵(社4)・山田貴裕(経4) 6(4)-7,6(4)-7 竹島駿朗・林奕倫
D2 西尾一馬(社4)・前田義明(経4) 6-1,6-4 浜脇康人・堀上大地
D3 伊藤祐樹(経3)・中島佑介(スポ1) 6-1,6-2 丹野翔太・次山拳生

シングルス

 勝敗選手名スコア対戦相手
S1 星野 武蔵(社4) 6-2,2-6,2-6 竹島 駿朗
S2 戸田 義人(経3) 6-1,7-5 神谷 涼太
S3 西尾 一馬(社4) 6-1,6-2 アスンサオ・ファビオ
S4 小村 拓也(経1) 6-1,6-1 樋渡 賢太
S5 山田 貴裕(経4) 6-4,6-2 丹野 翔太
S6 杉本 椋亮(社1) 5-7,7-6(6),6-3 工藤 康史

 D2の西尾・前田組はリーグ戦での好調さをいかんなく発揮。日大ペアにリードを許さない展開を見せ、6-1、6-4とストレートで完勝した。D3は今回のリーグ戦、2回目の出場の伊藤・中島組。初出場の亜大戦では緊張からか実力通りのプレーができずに敗北を喫したが今日は違った。第1セットはいきなり4連続ポイントをとり、その勢いのまま6-1で先手をとる。第2セットも伊藤のサービスエースなどで相手を圧倒し、6-2と見事ストレートで初勝利を挙げた。D1の星野・山田組は第1セットからタイブレークの激戦。しかし、惜しくも落してしまう。第2セットもまたもやタイブレークになったが、日大ペアの気迫に屈した。それでもダブルスは2勝1敗とリードの形で終えた。

 いよいよ勝負のシングルスとなった。S4の小村はここまでリーグ全勝。今日も調子のいいストロークがさえ、6-1、6-1と圧勝。1年生ながら全勝でリーグ戦を締めくくった。S3の西尾は小村と同じくリーグ全勝。この試合も自慢のサーブがさえ、ストレートで勝利した。S5の山田も ダブルスの敗戦を引きずることなく、6-4、6-2と完勝。この時点で勝利は決まったが、全勝を狙う法大に抜かりはない。S2では戸田が「サーブさえ入ればあとは全部OK」と語るようにサーブの調子がよく、他のプレーも安定していて、第1セットをとる。第2セットこそ相手に粘られるが、7-5と競り合いを制した。S6ではリーグ戦初出場となる1年生杉本が登場した。第1セットこそ落としたが、第2セットはタイブレークまでもつれる展開。杉本は「自分は相手に合わせるプレーヤー。相手が粘るならこっちも粘る」と、粘り合いを制してタイスコアに戻す。第3セットは2セット目をとった勢いで6-3で見事に試合を決めた。S1は星野がフルセットの末敗れたが、トータル7-2で勝利を収めた。

 関東リーグ戦は4勝1敗で準優勝という結果となり、見事10月に行われる全日本王座への進出が決まった。しかし、選手達には満足な顔はない。選手達は口ぐちに言う「早稲田を倒す、早稲田に勝って日本一」と。まだ法大は打倒早稲田を達成はしていない。次の王座こそが早稲田へのリベンジの最大のチャンスだ。早稲田は簡単には勝てる相手ではない。しかし、上級生の成熟、1年生の躍動と法大はいまも成長している。王座で法大としての集大成となる熱い試合を期待したい。

試合後の選手のコメント 

杉本選手


―試合についてですが、最初はどのような作戦で展開していこうとしたのですか
自分のスタイル的に相手に合わせるプレーで、相手が粘ってくる感じだったので、自分も粘り勝ちしようって考えでいきました。

―第2セットはタイブレークまでもつれましたが振り返ってみていかがですか
もう無心でしたね。相手にマッチポイントがあったんですけど、わからなくて。とにかく先のことを考えないで目の前のことに集中してました。

―第3セット目の4ゲーム目は非常に長いデュース戦となりましたが心境はどのようなものでしたか
本当は取りきりたかったんですけど、相手が4年生で、簡単に取らせてくれないのが4年生の意地というか。まあ気持ちの問題ですかね。

―勝ちが決まった瞬間、ベンチで顔をうずめていましたがどのようなお気持ちだったんですか
1番はホッとしたっていうのがあって。初めてのリーグ戦だったので緊張が解けて

―小村選手や中島選手という同じ1年生も出場されましたが、やはり刺激などを受ける部分というのはありますか
そうですね、特に小村は全勝ですごいと思うし、でも反面悔しい部分もあるので。今日1試合出させてもらっただけでもありがたいんですけど、負けたくない気持ちは正直あります。

小村選手

―今日の試合を振り返って
今まで4勝していたので、全勝したいと気合いを入れてました。結果として、6-1、6-1といい試合で全勝できてホッとしてます。

―今日の試合では同じ1年生の杉本選手が出場しましたが刺激とかはうけましたか
僕が先の試合だったので、まず僕が勝って、緊張してると思う杉本に安心感を与えたり、杉本が試合で頑張れるようにしようと思ってました。

伊藤・中島組

―今日のダブルスの試合を振り返って
伊藤
:1戦目負けてしまって落ち込んでいたんですけど、主将に“坊主”を出されそうになって頑張りました(笑)
中島:今日は勝つしかなかったので、本当に勝てて良かったです。

―二人の調子は
伊藤:最悪でした。それでも勝てるというのが、今後に…(笑)
中島:(笑)

―試合中はずっと笑顔でしたね
伊藤:そうですね、二人のモットーなので。
中島:やっぱり笑顔と勇気と愛情ですよね、モットーは(笑)

―落ち込んだとおっしゃいましたが、亜大戦後に話し合ったことや踏まえて意識したことは
伊藤:亜大戦でいろんなことをやりすぎてしまったので、ちょっと自分たちのプレーに戻してみました。今までやってきたことをやってみました。
中島:僕らのプレーができていなかったので、元に戻そうというか。自分たちのテニスをして勝ちに行こうというのは話をしました。

 

西尾選手


―今日の試合シングルスを振り返って
相手が結構勝っていて調子良かったので、自分も勝っていて調子良かったので、自分が相手を潰しにかかるポジションにいて、勝ってやるつもりで自信持っていきました。

―好調の要因は
実際インカレ・夏関とか調子が悪くて、試合に出たくないと思ったときもあったんですけど、みんな頑張れって言ってくれるし、去年までのリーグも勝っていたのでみんな信頼してくれたので。仲間の思いとか応援の気持ちが届いて、そういうのをバネにして頑張れたかなと思います。決して自分の力ではなく周りのみんなの力が大きかったと思います。

―相手選手の印象は
サーブが強くてストロークも無難にこなすタイプだったんですけど、しつこい相手ではなく自分がやりやすい相手だと分かっていたので冷静に戦えたと思います。

―ダブルスを振り返って
前田がすごく調子よくて、自分はサーブ・リターンきっちり入れることを目標に。前田に助けられて引っぱってもらえた面が大きかったです。
 

前田選手

最終戦でしかも4年生ということでリーグ戦最後の試合だったので、勝ちたくて。まあ、出だしがよくて結果的に勝ててよかったです。
 

山田選手

―今日の試合シングルスを振り返っていかがですか
今日の相手は結構攻めてくる相手だったので、自分からしっかりしつこく行けば問題ないと思ってやってました。

―ダブルスを振り返っていかがですか
結局6-7、6-7で競り負けたんですけど。ずっと言ってきたんですけど、僕のサーブがキープできないっていうのが今回の試合でもあったので、そこをどうにかして、王座までには直したいという試合でした。

―山田選手のサービスゲーム3-3からブレイクされた場面の心境は
ダブルスはキープキープしてなんぼっていう感じなので、落としたときは正直きつかったですね。

―早稲田戦を振り返って
やっぱり疲れもあって、特にシングルスはあんまり動けなくて相手にずっと打たれてしまうという展開が多かったので、次は万全な状態で、ずっと走り続けるという自分のテニスができればチャンスはなくないなと思いました。

星野選手

僕だけ負けて悔しいんですけど、でも団体戦ということでチームの勝ちが1番で、その中でみんな頑張ってくれて勝てたので嬉しいですね。
 

戸田選手

相手が格下ということでリラックスして思いっきりできました。自分はサーブが入れば全部OKなので、サーブは入らなくてわざわざ流れを悪くすることにならなくてよかったです。

 

 

フォトギャラリー

  • 20120912syuugouリーグ最終戦もチーム一丸で
  • 20120912in亜大戦以来の出場の伊藤・中島ペア
  • 20120912nm互いの役割を果たした西尾・前田ペア
  • 20120912hy星野・山田ペアは苦戦を強いられた
  • 20120912s初出場の杉本
  • 20120912t自分のテニスをした戸田
  • 20120912skベンチコーチの鈴木(経4)と小村
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み