テニス

【テニス】関東学生新進テニス選手権大会 4日目 男子シングルス3回戦、ダブルス2回戦レポート

関東学生新進テニス選手権大会
2015年2月16日(月)
明治大学西調布合宿所テニスコート、創価大学内ビクトリーコート

4日目の今日、シングルス・ダブルスともにベスト8をかけた試合が行われた。シングルスは2人、ダブルスは1組の法大選手が出場。結果はいかに―。

20150216mura R
3時間にわたる激闘となった村上

試合結果

男子ダブルス2回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
 杉本椋亮(社3)・長田和典(スポ2) 6-1,6-0   尾形勇輔・目黒優貴(駒大)

男子シングルス3回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
 塚越雄人(経2)  7-5,6-1  橋本大貴(亜大)
 村上彰啓(経2)  6-2,1-6,5-7 木島駿(早大) 
 

戦評

 創価大学テニスコートには、同期(現2年)の塚越雄人、村上彰啓が登場。

 塚越は、第1セット早々にブレイクされてしまうが、すぐに第6ゲームでブレイクバック。力強いショットを多用し、相手を徐々に追いつめる。互いにサービスゲームをキープし、第12ゲーム、相手の甘い球を見逃さず、ここぞというところでブレイクに成功。7-5でセットを奪う。第2セットも序盤でブレイクするも、すぐにブレイクバックされてしまう。しかし、鋭いショットで相手の思い通りにプレーをさせないことで、再びブレイクに難なく成功、ここから試合は完全に塚越の流れに。随所に第1シードらしいフォアのダウンザラインを放つなど、好調ぶりを見せる。終わってみれば、第2セットは6-1と完勝を収め、見事ベスト8入りを決めた。
20150216tuka2 R
力強いショットを見せた塚越

 村上は、早大の木島との対戦。相手はグランドストロークを得意とするフィジカルの強い選手だ。第1セットは、第1ゲームからブレイクすることに成功。長く深い相手のショットにも対応し、両者ベースライン上でラリーを繰り広げるという、硬守を見せる。ラインぎりぎりのきわどいショットを要所で出すことで、危なげなく第1セットを6-2でとる。第2セットもファーストゲームでブレイクし、試合の流れは村上に傾きかけた。しかし、その後相手の粘るプレーに苦戦を強いられ、エラーも多くなり第2セットは1-6で落としてしまう。セットカウント1-1と、試合は白紙に戻る。
 お互い譲れない第3セット、まず、流れをものにしたのは、村上だった。第2ゲームでブレイクに成功し、3ゲームを連取する。ウィナーが増え、相手のネットプレーにも冷静に対応し、片手バックハンドも好調を期する。お互い積極的なプレーが増えていく中、村上の流れのまま試合が終わると思われた。だが、またもや第5ゲーム、ラブゲームでブレイクバックされてしまう。またもや先の見えない展開になり、緊迫した雰囲気が張り詰める中、相手のフォアが決まるようになる。村上も、緩いボールに対する処理に甘い部分が目立ってきてしまう。両者ゲームキープの状態で迎えた第12ゲーム。ここでブレイクされると試合終了となってしまうため、村上は必死に緩急つけたボールで相手を翻弄し、一方で木島も鋭いウィナーで対抗。しかし、疲れもあってか思い通りのプレーができない村上のプレーを察するかのように、木島のプレーが攻撃力を増す。ダブルブレイクポイントを握られ、一時はデュースに追いつくも、結果的にブレイクを許してしまい、第3セットは5-7と、セットカウント1-2で、敗北を喫した。試合には負けたものの、約3時間の死闘を戦い抜いた村上。それは、確実に自信に繋がるだろう。彼のこれからに大いに期待したい。(宮下尚子)

 

 明治大学西調布合宿所テニスコートには、1回戦で快勝しノリに乗る杉本・長田ペアが登場した。初戦の勢いそのままに、今試合でも第1ゲームをいきなりブレイクすると、第2ゲームもデュースの末キープ。第3ゲームこそ相手にキープされたものの、その後は1つもゲームを落とすことなく6-1で第1セットをものにする。
 続く第2セット、第3ゲームまでを一気に奪うが、第4ゲームで今セット初のデュースに持ち込まれてしまう。法大優勢で進むも、なかなかゲームを決めることができない。そんな中、長田がライン際に打ち込まれた難しいショットを見事リターン。最後は相手のミスでこのゲームもブレイクすると、その後も完全に主導権を握り6-0で勝利を収めた。今大会絶好調の杉本・長田ペアが2回戦でも魅せてくれた。(宮田祐子)

明日はシングルス・ダブルスともに準々決勝。相手選手も強豪が登場し、厳しい試合になるだろう。それでも、今日の選手の調子であれば勝利への道はある。自分たちのペースで試合を運んでくれることを期待したい。

 

選手コメント

塚越雄人(徐々に調子をあげてきており、難なくベスト8入り)

―今日の試合を振り返って、ご自身の満足のいくプレーはできましたか
今日は、良いプレーができたと思います。

―スコア的には
ファーストは接戦だったのですが、そこをしっかりとりきれて、相手もとりきれなかったっていうところで、セカンドは向こうが押してくれたので、あっさりいけました。

―相手の印象は
サーブが良くて、(ボールが)浅かったらすぐネットプレーをしてくる相手だと思いました。

―試合後、先輩の選手方からは何と声掛けされたのですか
調子が良かったね、と(笑)。

―連日の試合で、疲れは
筋肉痛とかはあるのですが、試合中はあまり感じずに(プレーを)できています。

―昨日の取材で、デュースに持ち込まないようにする、ということを反省点として挙げられていました
昨日よりは、デュースもあったのですが、長くはならずに、しっかり早めにゲームを終わらせることができたので、そこはよかったなと思います。

―シングルスではベスト8に残っている唯一の選手となりました
そうですね、村上(彰啓)も勝つと思っていて。準決勝であたるところだったので、できればやりたかったです。後は僕がまだ勝っているので、優勝目指して一戦一戦やっていきたいです。

村上彰啓(3時間に渡る激闘に惜しくも敗戦)

―今日の試合を振り返って
勝ちへの執念が途中消えてしまいました。長い試合になってダレたというか、気力切れじゃないですけど、ふっと「別にいいかな」みたいな思いが浮かんでしまって。気持ちが切れましたね。

―はじめから長いラリーの応酬でした
はじめは、相手もミスをしてくれていたのですが、途中からだんだんこっちの気持ちが切れてしまう時がでてしまいました。

―2セット目に圧倒されてしまった原因は
向こうが僕のフォアに集めてきて、そこで僕が打ち急いだ部分ですかね。空回りしたというか、僕の対処が下手だったところがあって、とられてしまいました。ファイナルは途中からさっき言った通りの状態になってしまって、気持ちが落ちて逆転されました。

―相手選手についていかがですか
はじめての対戦でした。僕と似ているタイプで、ちょっと嫌だなという感じはありました。体力もあるタイプの選手でした。ただ体力がある選手でも、絶対途中に気持ちが切れてミスが増える時間帯があるのですが、結局そこに僕がつけ入ることができなくて。むしろ逆に僕がミスをしてしまいましたね。

―今日の試合で見つかった課題は
もともと僕は攻めることができなくて、攻めないといけないというようなことは色々言われるのですが、僕の中でそれは諦めているので。だから、3セット・3,4時間ずっと守り続けることができるくらいの体力をつけて、相手の体がつって勝負が決まるくらいの粘りのテニスをしなければいけないかなと思います。

―今年の目標は
まずインカレ本選に出場したいです。昨年は予選の決勝で負けてしまったので。あとは、リーグにレギュラーとして出場して勝ちたいです。

杉本椋亮・長田和典ペア(宣言通り、余裕のある勝利)

―今日の試合を振り返って
杉本:自分達のテニスがしっかりできて、結果6-1,6-0でしたが、いい形で次の試合につなげられたと思います。
長田:相手の応援にイライラすることなく自分達のプレーに集中できたことが良かったです。

―好調の要因は
長田:シングルスが負けてもう後がないので、自分にはダブルスしか残ってないと思っておもいっきり臨めたのが良かったです。
杉本:自分はそんなに調子が良かったわけではないのですが、集中できたのが要因ですかね。

―相手の印象は
2人:特にないですね。自分達のテニスに集中していました。

―今日の試合の課題や収穫は
長田:リターンミスもなくて相手のサービスゲームをブレイク出来たのでそのへんだと思います。

―次の試合へ向けて
杉本:相手は強豪になってくると思うので自分達のテニスをすることだけを考えて勝ちにつなげたいです。
長田:頑張ります。明日は余裕じゃないので・・・(笑) 

 

フォトギャラリー

  • 20150216tuka R試合を重ねるごとに好調さが増してい塚越
  • 20150216tuka2 R力強いショットを見せた
  • 20150216mura R3時間にわたる激闘となった村上
  • 20150216mura2 Rファイナル3-0からまさかの逆転負け
  • 20150216sugi R長田とのペアはいきぴったりの杉本
  • 20150216naga R長田は1、2回戦ともに絶好調
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み