テニス

【テニス】関東学生新進テニス選手権大会 5日目 男子シングルス準々決勝レポート

関東学生新進テニス選手権大会
2015年2月18日(水)
慶応大学日吉キャンパス内テニスコート

悪天候のため、1日順延となったシングルスの準々決勝。塚越は、第6シード永富康太郎(明大)を破った、吉開との対戦となった。

20150218back R
攻めのテニスで勢いを作った塚越

試合結果

男子シングルス準々決勝

勝敗選手名スコア対戦相手
 塚越雄人(経2) 6-2,6-4   吉開健太(筑波大)
 

戦評


 雨天のため、インドアのテニスコートで行われたシングルス準々決勝。第1セットは塚越のサービスゲームで幕を開けた。塚越は、普段より積極的に攻めの姿勢を見せ、吉開を左右に振っていく。しかし、吉開も俊足でボールを拾い続け、1ゲーム目からいきなりブレイクされる。その後、早い段階で仕掛けていく塚越に対し、吉開が対処を続ける形で試合は進み、ブレイク合戦に。第4ゲームがデュースにもつれ込んだあたりから、塚越のプレーがいつの通りの落ち着きを見せ始め、このゲームをブレイク。第5ゲームでもキープに成功し、3-2とする。ここから一気にギアをあげた塚越がゲームを連取し、最後は絶妙なドロップショットで第1セットを6-2で奪った。

20150218serve R
サーブでも相手を翻弄した

 第2セットも、序盤から塚越が主導権を握った。前後左右に振って、相手のミスを誘い、3-0と突き放す。しかし、少しここで気持ちが切れてきてしまったか、徐々にミスが出てきてしまい、じわじわと追い上げられてくる。ネットにかけるミスが増え、第8ゲームで4-4に。このまま、流れをもっていかれてしまうかに思われたが、ここで塚越が奮起。相手の裏をついたストレートや、自らのサーブで波を作り、怒涛の勢いで得点を重ねていく。結局、2ゲームを連続ラブゲームで奪い、6-4。準決勝へ駒を進めた。

 明日は、シングルスの準決勝と、ダブルスの準々決勝および準決勝が行われる。大会もいよいよ大詰め。気を抜かず、最後まで戦い抜いてほしい。(須藤未来)

 

選手コメント

塚越雄人(途中追いつかれるも逃げ切り、準決勝進出!)

―今日の試合をふりかえって
相手がすごくいやらしいテニスをしてくるタイプだったので、集中を切らさずにやっていこうかなと思っていました。

―1日空いて疲れはとれましたか
はい。とれました。

―屋内のコートで風などの影響がなく、ゲームはやりやすかったですか
対抗戦などでやっていたことがあったので、そんなに気にせずしっかりプレーできたと思います。

―第1セット第4ゲームまではあまり調子が上がっていないような印象でしたが
昨日練習ができなくて、1日くらいではそんなに変わらないかなと思っていたのですが、最初から決めきっていくことができませんでした。けれどそれでも、最初の方でしっかりゲームを取れたのが良かったと思います。

―第2セット後半で、相手の調子が良くなっているというのは感じましたか
取られているポイントは同じだったので、そこで自滅しないように、相手も結構(調子が)上がってきていたので、そこはしっかり決めていきました。

―今までの試合と比べてボレーが多かったですが、その部分は相手の嫌な攻撃にはなっていましたか
相手はバックがそんなに良くなかったので、そこを勝負際にしていきました。自分も嫌いではないので、そこでしっかりネット取っていけて良かったと思います。

―いよいよ次は準決勝です 意気込みをお願いします
正直ここまで勝てるとはそんな思っていなかったのですが、しっかり冬場にトレーニングや練習ができていたので ここまできたら優勝したいと思います。

 

 

フォトギャラリー

  • 20150218back R攻めのテニスで勢いをつくった塚越
  • 20150218wait R冷静さも失わなかった
  • 20150218gats R得点し、ガッツポーズをする
  • 20150218serve Rサーブでも相手を翻弄した
  • 20150218drop Rドロップショットも冴えた
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み