テニス

【テニス】平成27年度関東学生テニストーナメント大会 男女シングルス2回戦、男子ダブルス1回戦レポート

平成27年度関東学生テニストーナメント大会
男女シングルス2回戦、男子ダブルス1回戦
2015年5月5日(火)
有明テニスの森公園

迎えた春関2日目。この日は、単複合わせて15人もの法大選手が出場した。シングルスは、今日勝ち上がればインカレ本選にストレートインが決まる。果たして、その切符を勝ち取ったものは誰か。

DSC07934 R
3時間にわたる激戦を制した松尾

試合結果

男子シングルス2回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
杉本椋亮(社4) 6-2,6(3)-7,7-5  橋本大貴(亜大) 
山田晃大(社3) 6-3,0-6,5-7  諱五貴(明大) 
    村上彰啓(経3)  6-3,6-3 梶修登(早大) 
 ○   小村拓也(経4)  5-7,6-4,6-2 町田亮(早大) 
 ○   塚越雄人(経3) 6-3,6-1  田中啓太(明大) 
 小見山僚(スポ1)  1-6,0-6  栗林聡真(早大)
 長田和典(スポ3)  2-6,6-4,6-2 仲村元希(亜大) 
 小林理久(スポ4) 4-6,3-6   大和田秀俊(中大)
 中島佑介(スポ4)  1-6,4-6 関谷颯太(青学大) 
 松尾魁人(社1)  4-6,6-4,7-5  及川生来(日大)
大友優馬(スポ4)   6-4,3-6,6-4 菅野貴仁(立大) 

 

 

女子シングルス1回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
江見優生乃(社2)   2-6,1-6  吉冨愛子(早大)
林彩子(社1)  6-4,4-6,7-6(7) 中山未紅子(青学大) 

 

 

男子ダブルス1回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
 山田晃大・小見山僚  6-3,6-4 丹羽文太朗 ・尊田海司(筑波大)
寒川雄太(スポ2)・前崎直哉(経1)   6-3,4-6,8-10* 遠藤実・梶泰吾(早大) 
小村拓也・村上彰啓  6-4,6-2  小畑浩章・山崎瑛二(慶大) 
 *ファイナルセットはスーパータイブレーク制

戦評

 男子シングルス2回戦には11選手が登場。山田晃大(社3)は第1セットを難なく奪うが、第2セットを0-6で奪われ、第3セット終盤に粘りを見せたが惜しくも敗戦。村上彰啓(経3)、塚越雄人(経3)は両者とも自分のペースで試合を進め、ストレートで相手を破った。大友優馬(スポ健4)、杉本椋亮(社4)は、ファイナルセットまでもつれたが、意地を見せて勝利。小村拓也(経4)も試合中に手を痛めるアクシデントがありながら逆転で勝利した。1年生の松尾魁人(社1)は第1セットを相手ペースで進められ、4-6で奪われる。第2セットは落ち着きを取り戻し6-4で奪取。第3セットは相手の粘りに苦しみながらも、最後はドロップショットを決め、3時間近くにわたる大接戦に終止符を打った。一方、小宮山僚(スポ健1)、小林理久(スポ健4)、中島佑介(スポ健4)は健闘実らず2回戦敗退となった。

 男子ダブルス1回戦は、3ペアが出場。寒川・前崎ペアはファイナルセットのスーパータイブレークまで持ち込むが惜しくも敗戦。小村・村上ペアは息の合ったプレーを見せ6-4、6-2で見事ストレート勝利を収めた。山田・小見山ペアも6-3、6-4でストレート勝ちを収めている。

 女子シングルス2回戦では2選手が登場。1回戦で快勝した江見優生乃(社2)は第一シードと対戦。強豪相手に意地を見せたがストレート負けを喫した。1年生の林彩子(社1)は、第1セットを4-6で奪われたものの、第2セットは一進一退の展開を粘ってこのセットを6-4で制す。第3セットは1ゲーム目をキープし、3-1とリードしていたところで運営の関係で中断。第2コートに移されて再開された試合は、4-5とリードされる展開となるがタイブレークまでなんとか持ち込む。タイブレークでは手に汗握る大接戦となるが、激闘の末これを制し、3回戦に駒を進めた。

 男女シングルスで粘りを見せた法大勢。明日からはシングルス3回戦、ダブルス2回戦が行われる。ダブルスは明日勝てば、インカレ本直が決まる試合だ。また、法大選手同士の激突も多く、明日も熱戦が予想される。今日は調整不足な面も見られたが、これからさらにハイレベルな戦いの中で、どれだけ成績を残すことができるだろうか。(森川優也)


 

選手コメント

松尾魁人

―今日の試合をふりかえって
ファーストセットを相手に取られて気持ち的にはセカンドで切り替えようとしていて、キープキープで5-4までいったときに相手が身体がつりそうなところにきていてそこで流れがきたかなと思いました。ファイナルセットは僕の身体が少しきつくてずっとサーブのキープキープキープで一回3-4になって、その辺りでもうこここないと負けかなと思って5-4にしてそれでキープされて最後は気持ちだけでやっていました。

―ファーストセットの1-4からはどのように切り替えていきましたか
最初はバックのミスをしていてそれからは自分でもう打ちにいった感じで、そうしたら相手もミスが出てきたので打つことをとにかくやりました。

―最後は長期戦でしたが何か意識してプレーしていましたか
ひたすらボールを追いかけることしか考えられなかったです。

―相手の嫌なプレーなどはありましたか
ラリーが続いたときに相手のフォアが結構良いところに入ってくるところとか攻めのところで前に出てきたりなどそのあたりが嫌でした。

―自信の持ち味は
左利きとしてサーブが一番持ち味としてやっています。

―最終的な目標は
インカレでベスト8以上を狙っていきたいです。

―春関では
次が勝負です。

―明日に向けての意気込みをお願いします。
明日は同じ法大の先輩なので悔いのないように思いっきりやっていきたいと思います。

 DSC07934 R
3時間にわたる激戦を制した松尾

中島佑介

―今日の試合を振り返って
緊張しちゃって、思うようなプレーが全くできませんでした。

―まさかの2回戦敗退となってしまいましたが
サーブも悪くて、全く自分のプレーができなかったので、2回戦負けというのは妥当かなと思います。

―相手の印象はいかがでしたか
サーブもフォアも良くて、とても積極的なプレーをしてきたので、完敗でした。

―就活などもあり多忙な中での大会になったと思われますが、調整はしっかりできましたか
就活も時期が変わって忙しくはあるんですが、それは4年生みんな同じなので、言い訳にはできないです。

―主将としてどうチームをまとめていきたいですか
あまりまとめるのは得意ではないですし、僕の代はみんなしっかりしてくれているので、特別意識してやっていることはあまりないです。楽しく、雰囲気良くやれるのがいいかなと思います。

―今年度のチームの目標を教えて下さい
昨年はリーグが4位という結果だったので、今年は優勝を目指して、まずは王座を目指して頑張りたいと思います。

―明日のダブルスに向けて意気込み
今日はふがいない試合をしてしまったので、明日はしっかり切り替えて、勝利を目指して頑張ります。

DSC08090 R
まさかの2回戦敗退を喫した中島

寒川雄太・前崎直哉ペア

―今日の試合をふりかえって
寒川:1セット目はしっかり取れたのですが、2セット目取れるところをしっかり取れなくて、気を引き締めてプレーできず、少し油断していた部分があってそこを食い込まれて、それでファイナルセットは集中はしたけれどプレーが消極的なプレーになってしまって結局いけなかった、という感じです。
前崎:今日勝てばインカレ予選に出場できるという意味で気合いも入っていたのですが、1セット目は自分たちがよくコートを動けていたので良い意味で相手を支配できていました。セカンド(セット)からは取らないといけないポイントを取りきれなかったことで相手にリズム・流れがいって、それで自分たちも少し引いてしまって。本来だったらスーパータイブレークはどっちにいくかわからないので、セカンドセットで終わらせることが大事だったのですが、そこを終わらせることができなくてセカンドを相手に取られて、流れも相手にいったところで、ファイナル(セット)も僕のミスが多かったのでそういうところが敗戦の理由かなと思います。

―先輩と後輩のコンビでしたが相性などはどうでしたか
寒川:良かったです。
前崎:優しかったです。

―今後もこのペアで組む可能性はありますか
寒川:なきにしもあらずです。この後の結果次第です。

―相手のプレーで何か嫌な部分はありましたか
寒川:積極的なボレーなどでプレッシャーをかけられていたので、僕たちもそうやってプレッシャーをかけられるようにしたいです。
前崎:いろいろなフォーメーションを使ってきたりして、一球一球がそんなにすごいボールではなくても動きなどで工夫して、こっちにプレッシャーをかけてきたので、そういうところを僕たちができていたらもっとつなぐことができたのかなと思います。

―セカンドセット7ゲーム目でブレイクされ、そこから流れが変えられたようでしたが、そのときはどのように切り替えていくなどは何か話ししましたか
寒川:1セット目取れていたので、2セット目を取られてもファイナルにいくので強気でいこうということでいきました。

―今年の目標は
寒川:シングルスもダブルスもまだ残っているので、インカレ予選に行けるようにコンソレーションをしっかりやっていきたいです。
前崎:1年生で仕事もありますがそういうのもしっかりやって、2年生、3年生に上がっていくにつれてだんだん結果も出るようになればいいなと思って頑張りたいです。

DSC08304 R
惜しくも敗戦してしまった寒川(右)・前崎ペア

山田晃大・小見山僚ペア

―今日の試合を振り返って
小見山:よかったです。思った以上にボレーがよかったので。
山田:ハゲ打ちしていこうという作戦でいって、うまくはまりました。

―自信はありましたか
山田:ちゃんとやればいけると思ってました。

―ペアを組んでから日が浅いですが
山田:まだ組んでから本当に1ヶ月2ヶ月くらいなので、正直今も全然分からない状態です。お互い調子の良い時は良いし、悪い時は悪いって感じです。

―ペアを組んだ経緯は
山田:んー、僕と組むペアが居なくて、他がほとんどペアが決まっていたので。それで、次に上手い期待されてる小見山と組む形になりました。

―シングルスの方を振り返って
山田:正直やり合えるな、と思ったんですけど、もっと最後に攻めておけば自分の流れになっていたんじゃないかな、という後悔はありますね。
小見山:相手は学生テニス界のトップなので、負けると分かっていても挑戦していこうという気持ちで、自分のテニスができるように努力しました。実際やってみると、自分のテニスをさせてもらえないし、かなりが差があるなと感じました。

―次戦、上杉・高田ペアとの試合に向けて
山田:僕は何回も試合をやっていて、簡単に勝てる相手じゃないということも分かっているし、僕たちは絶対に向かっていく立場なので、明日もハゲ打ちします。
小見山:僕は先輩に迷惑かけないように頑張ります。

DSC08410 R
ボレーが好調だった小見山(右)・サービスで試合を決めた山田

フォトギャラリー

  • DSC07448 Rワンセット奪われるも、安定したプレーの大友
  • DSC08152 R江見は第1シードに力負けした
  • DSC07399 R第3シード相手に「自分のテニスができなかった」と小見山
  • DSC07800 R後半から徐々に盛り返し、勝利した長田
  • DSC07512 R負傷を抱えつつも単複勝利をおさめた小村
  • DSC08230 R大激戦を制した林
  • DSC07501 R村上は因縁の相手に勝利!
  • DSC07816 R杉本はなかなか調子があがらず苦戦したが勝ちをつかんだ
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み