テニス

【テニス】平成27年度全日本学生テニス選手権大会 2日目 男女シングルス2回戦レポート

平成27年度全日本学生テニス選手権大会
2015年8月16日(日)
岐阜メモリアルセンター

大会2日目、男女シングルス2回戦と男子ダブルス1回戦(時間超過のため途中まで)が行われ、法大選手は出場した9名のうち6名が3回戦へと駒を進めた。

DSC06446 R
熱戦を制した塚越

試合結果

男子シングルス2回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
 大友優馬(スポ4)  6-3,7-5 前川準(神学大)
 松尾魁人(社1)  2-6,3-6  三好健太(早大)
寒川雄太(スポ2) 6(3)-7,6-2,2-6  染矢和隆(関大) 
村上彰啓(経3) 6-4,6-2  白井裕都(日大)
杉本椋亮(社4)  6-4,6-1 町田亮(早大)
塚越雄人(経3)  6-4,7-6(4) 渡邊将司(慶大)
小村拓也(経4)  6-3,6-0 巽隼人(広国大)
長田和典(スポ3)  6-1,6-1 田中皓大(鹿児国大)

子シングルス2回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
 林彩子(社1)  2-6,3-6 金井綾香(早大) 

 

戦評

 大会2日目の今日、法大からは男子シングルスに8名、女子シングルスに1名が出場した。
 今大会第2シードで出場の大友優馬(スポ4)は、自身のサービスゲームでスタートし、危なげなくファーストセットを先取。セカンドセットも序盤にブレイクし、一気に試合を決めるかに思われたが、第8ゲームでブレイクバックされた後にキープされ、4-5に。それでも、ミスの少ない相手に対して強気のプレーで押していき、11ゲーム目で再びブレイクすると、そのまま7-5で試合を決めた。
 一方、本直でインカレ出場を決めていた1年生の松尾魁人(社1)は、強豪早大の選手相手に決めきる球を打たせてもらえず、2-6、3-6で完敗。全国の壁の高さを身にしみて知る結果となった。
 両隣のコートで、早大・慶大の強敵と熱戦を繰り広げたのは杉本椋亮(社4)と塚越雄人(経3)だ。杉本は町田亮(早大)と対戦。ファーストセットは、互いにブレイクのチャンスがありながらも、もう1本が決まらずにキープ続きの展開となる。4-4で迎えたリターンゲーム、デュースに持ち込み、巧みに相手のミスを誘いついにブレイクに成功。そのままファーストセットを奪い、セカンドセットも勢いそのままゲームを連取。相手の裏をかく強烈なストレートなどで圧倒し、勝利を手にした。
 渡邉将司(慶大)との対戦となった塚越は、自身のサービスゲームからスタートし、杉本同様ファーストセットはキープし合う展開に。果敢に前へ出て攻め、ブレイクポイントを握る場面があるも、なかなかゲームを奪取することができない。第9ゲームは長いデュースが続いたが、辛くもゲームキープに成功。ここで弾みがついたか、次のゲームをブレイクしてファーストセットを奪った。セカンドセットは、第4ゲームでブレイクを奪うも、ブレイクバックされ、さらに終盤の第11ゲームでまたもやデュースの末にブレイクを許してしまい5-6、劣勢に。しかし、切り替えた次ゲームで、ネット際からコースを突いたクロスショットを放つなどキレのあるプレーを見せてブレイクバック。タイブレークでも、絶妙なドロップショットを放ち接戦を制した。
 村上彰啓(経3)、小村拓也(経4)、長田和典(スポ3)は、各々自分のテニスを展開し、3回戦に駒を進めた。
 寒川雄太(スポ2)は、3時間以上に渡る試合となった。ファーストセットから互いに譲らず、タイブレークとなる。ここで惜しくもタイブレークを落とし、気持ちを切り替えて臨みたいセカンドセットは、攻めの姿勢で相手を圧倒。ファイナルセットへと持ち込む。第1ゲームからブレイクし、波に乗りたいところだったが、その後連続してゲームを奪われ、巻き返しもかなわず敗戦。悔しい結果となった。

 唯一の女子シングルス出場者の、林彩子(社1)は、互いにサービスゲームがキープできない荒れた試合展開となる。ブレイク合戦の試合の中、底力を見せられじわじわとゲームを奪われてしまい、ファーストセットを2-6で落とす。セカンドセットは、序盤から相手のペース。早いペースで得点を重ねられ、突き放されてしまう。しかし、終盤林が意地を見せる。第7ゲームをすぐにキープされて2-5と追い込まれるも、次のゲームで鋭いショットを放ちデュースを制す。続くリターンゲームも、デュースで粘るがあえなく敗戦。法大女子テニス部は、これで全員が試合を終え、インカレは幕引きとなった。

 シングルス9名のうち、6名が3回戦進出と好成績を残した今日。全員が3,4年生と、就職活動もある中で上級生の活躍が光った。また、予定されていた男子ダブルス1回戦(山田晃大(社3)・小見山僚(スポ1)ペア)は明日以降へ繰り越しとなり、シードで控える組とともに期待が持たれる。
 男子シングルス3回戦は、杉本VS塚越の同校対決や、新進戦で大熱戦の末敗北を喫した村上が、木島駿(早大)に雪辱戦を挑むなど好カードが予定されている。明日、予想されている悪天候のように試合展開も荒れるか、はたまたいかに。(須藤未来) 

選手コメント

松尾魁人

―今日の試合を振り返って
今日は相手が早稲田大学の選手ということもあり、気合を入れていったつもりだったんですが、力んでしまい、上手いことできずにそのまま流れて負けてしまいました。

―相手選手の印象は
入れてくるのがとても上手くて、取ってくるのも上手かったので、悪いところがあまり見つからなかったです。

―今大会を振り返って
1回戦は結構思い切りやれたので、自分の納得いくようなプレーもできて良かったです。2回戦は僕の中でも勝負をするつもりだったんですけど、後悔するところが多かったので、やはり1年生なので、次は挑戦する気持ちを持って思い切りやりたいと思います。

―予選がありませんでしたが、調整はできましたか
はい。予選がなかった分、法政大学のコートで自分の調整ができました。

―初めてのインカレでしたが
初めてだったんですけど、会場はもともと高校のときからやっていたところだったので、懐かしい感じで試合会場にも来ました。

―地元開催の大会でしたが
改めて岐阜は暑いなと感じました。高校の友だちにも少しですが見に来てもらえて、力になりました。

―リーグ戦に向けて意気込み
リーグ戦は、まずメンバーに入って、出場できたら、全力で勝ちにこだわってやっていきたいと思います。

DSC06439 R
1年生ながら本直出場、2回戦までこぎつけた松尾

塚越雄人

―今日の試合を振り返って
対抗戦などでも対戦したことがあり、1度も勝てたことのない相手だったので、1回リベンジしようと思って今日はやっていたので、勝てて良かったです。

―相手選手の印象は
しぶとくて嫌な相手なんですが、そこは自分もついていけば今回はいけるなと思っていたので、それが上手くいきました。

―相手の渡邉選手にはリーグ戦でも当たる可能性がありますが
リーグ戦はまた雰囲気が違って、今日勝てたことは関係ないと思うので、そこはまた負けないという気持ちを強く持って臨みたいと思います。

―ファーストセットの途中で首をかしげる場面も見られましたが
同じミスを何度も繰り返していたので、そこはちょっと変えないといけないなと思ってやっていました。

―具体的には
バックハンドを打つときに身体が浮いてしまっているので、そこはしっかり姿勢を低くして、明日から打っていきたいです。

―明日は杉本選手との同校対決となりますが
チャレンジャーなので、思いっ切りやって勝ちたいです。

―次戦に向けて意気込み
明日は単複あるので、どちらも勝てるようにしっかり休んで、明日も頑張ります。

 DSC06403 R
渡邉選手に初勝利を挙げた塚越

 

 

フォトギャラリー

  • DSC06446 R熱戦を制した塚越
  • DSC06388 R2セット目あわやと思われたが、危なげなく勝利した大友
  • DSC06548 R1セット目を制し、波に乗った杉本が勝利
  • DSC06582 R村上は絶好調とはいかないものの2回戦突破
  • DSC06657 R小村も安定した試合運びで勝利
  • DSC06717 R長田も勢いに乗り圧勝
  • DSC06732 R3時間にわたる死闘で惜しくも敗戦した寒川
  • DSC06854 R笑顔を絶やさずに戦い抜いた林
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み