テニス

【テニス】平成27年度全日本学生テニス選手権大会 3日目 男子ダブルス1回戦レポート

平成27年度全日本学生テニス選手権大会
2015年8月17日(月)
岐阜メモリアルセンター

大会3日目の今日は、雨天のため、インドアコート4面でのゲーム展開。そのため、当初の予定より縮小された試合数となり、法大からは山田晃大(社3)・小見山僚(スポ1)ペアのみが試合に臨んだ。フルセットまで持ち込んだものの、スーパータイブレークで持ちこたえられず、敗戦を喫した。

DSC07047 R
ファイナルセットで惜しくも敗れた山田(手前)・小見山ペア

試合結果

男子ダブルス1回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
山田晃大(社3)・小見山僚(スポ1)  2-6,7-6(7),4-10  逸崎凱人・韓成民(慶大) 
※ファイナルセットはスーパータイブレーク制

 

戦評

 この日唯一の法大勢の試合となった山田・小見山組。インドアコートで、逸崎凱人・韓成民ペア(慶大)との対戦となった。
 ファーストセットの出だしから山田の調子が上がらない。「後輩の小見山に助けてもらった」の言葉通り、小見山が好調であったストロークでフォローするも、第1ゲームからいきなりブレイクを許してしまう。その後もミスが目立ち、キープできたゲームであっても、劣勢の感がぬぐえず。第7ゲームを6度にわたるデュースの末に落とし、完全に勢いを失ってしまう。ファーストセットはそのまま2-6で奪われ、続くセカンドセットへ。第1ゲーム、山田のサービスゲームでこの日はじめてサービスエースを奪う。相手の方がややプレーに安定感が感じられるものの、サービスゲームを落とさず、競った展開になる。しかし第7ゲームで、先にブレイクを許してしまう。続く第8ゲーム、先行されるもののデュースに持ち込む。要所でのボレーやストレートが決まり、ブレイクバック。さらに山田サービスの9ゲーム目、3連続サービスエースですぐさまキープ。タイブレークになる前にセットを取りたいところだったが、その後も細かいミスが重なりブレイクならず。タイブレークは一進一退の攻防だったが、ここでも山田のサーブが光る。8-7で、山田のサービスから小見山がリターンボールにボレーを合わせ、辛くもセカンドセットを制した。ファイナルセット、スーパータイブレーク制のため、さらなる集中力が必要となってくる。だが、緊張からか小見山のファーストサービスが入らず、攻めに出られない。2-3から連続してミニブレイクを許し、さらにミスを重ねてしまう。最後まで詰めきれなかった山田・小見山ペアはファイナルセットを制することができず、ここで敗戦となった。

 明日は、男子シングルス3回戦と男子ダブルス2回戦が行われる。注目カードの対戦もあり、目が離せない。ベスト16に名乗りを挙げるのは誰か。(須藤未来)

選手コメント

山田晃大・小見山僚ペア

―今日の試合を振り返って
山田:最初僕がダメで、後輩の小見山に助けてもらっていたんですけど。でも、セカンドセットでサイドを変えたら良くなってきて、だんだん調子が上がっていきました。
小見山:僕は、結構ストロークが調子よかったのでガンガンいけたんですけど、最後のスーパータイブレークでしっかりとりきれなかったのが悔しいなと思います。

―山田選手は序盤リターンが入らず苦戦しましたね
山田:普段ぼくいつもバックサイドなんですよ。小見山と組む時に、小見山がフォアサイドができないのでフォアサイドを僕がやるっていうのを試合直前に決めて、やった結果があれなので。お互い(得意なのが)バックサイドなので、仕方ないです。僕がバックサイドやっても、小見山がフォアサイドやるの無理なので。

―小見山選手は後半ファーストサービスがなかなか入りませんでしたが
小見山:大事なポイントで「これいれないとダメだな」と思うとネット超えなかったですね。

―今日はインドアコートでしたが
小見山:僕はやりやすかったです。
山田:僕はどっちも変わらなかったです。

―相手ペアの印象は
山田:逸崎くんがリターンもサーブも上手かったですね。
小見山:(逸崎選手と)同期で、同期の中で一番勝ってる選手なので、ダブルスくらいは勝ちたいなと思っていたんですけど、勝てなかったので残念です。

―今大会を振り返って
山田:僕は正直調子がよかったんですけど、でも負けてしまって、メンタルが弱いなと。相手とかにイライラしてしまって、ラケットもバキバキになっちゃったので。そういう部分をなくしていかないとなと思います。
小見山:できれば大友さんに負けたかったんですけど、その前で負けてしまったので...。

―今後の課題は
山田:今後はボレーを強化して、夏関一個でも勝てるように頑張ります。
小見山:来年の新進に向けて調整していきます。

―リーグ戦に向けて
山田:がんばります!
小見山:出れるか出れないか分からないので、とりあえず先輩が勝てるようにしっかりサポートしていきます。

 DSC07047 R
ファイナルセットで惜しくも敗れた山田(手前)・小見山ペア

フォトギャラリー

  • DSC07047 Rファイナルセットで惜しくも敗れた山田(手前)・小見山ペア
  • DSC06954 R序盤は後輩小見山が山田を助けていた
  • DSC07082 Rネット際の早いボールに反応する山田
  • DSC07075 R笑顔を見せる場面も
  • DSC07126 Rストレートを決め吠える小見山
  • DSC07175 Rセカンドセット、緊張のタイブレーク
  • DSC07218 Rファイナルセット前
  • DSC07243 R今年のインカレを終えた
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み