テニス

【テニス】平成27年度全日本学生テニス選手権大会 杉本がシングルスで金星!単複ともに勝利を飾り、4強入りを果たす

平成27年度全日本学生テニス選手権大会
2015年8月20日(木)
岐阜メモリアルセンター

大会6日目の今日、単複の準々決勝が行われた。杉本椋亮(社4)がシングルスに、大友優馬(スポ4)・杉本ペアがダブルスに出場。両試合ともに勝利をおさめ、ベスト4入りを果たした。

DSC09189 R
試合後に硬い握手を交わす大友(左)・杉本

試合結果

男子シングルス準々決勝

勝敗選手名スコア対戦相手
杉本椋亮(社4)   6-2,6-2  栗林聡真(早大)

男子ダブルス準々決勝

勝敗選手名スコア対戦相手
 ○  大友優馬(スポ4)・杉本椋亮  6-2,6-4 栗林聡真・梶修登(早大) 

戦評

 大会も終盤に差し掛かり準々決勝となった。シングルスは杉本が、第3シード栗林聡真(早大)と相まみえた。栗林は、淡々ととにかくミスなく試合をこなす圧倒的なスキルを持っている、大学テニス界でもトップクラスのプレーヤーだ。今大会も、相手選手を寄せ付けず大差で勝ちあがってきている。杉本は、昨日栗林と対戦した法大の後輩・村上彰啓(経3)から話を聞くなど、試合にあたって攻め方を熟考してきた。
 迎えたファーストセット、杉本は積極的に攻めの姿勢を見せる。「ラリーでくる選手なので自分から攻めていこうと思った」と、普段精密なラリーの間で相手の裏をかくショットやコースを突く栗林に対し、自らが仕掛けるようにと動いた杉本の読みは当たり、着実に得点につなげていく。第5ゲーム、栗林のサービスゲームでデュースに持ち込むと、強烈なウィナーやバックハンドのドロップショットを決め、ブレイクに成功。続いて第7ゲーム、ここでもデュースとなるが気持ちで攻めていく杉本。ミスがありながらも攻めの姿勢を崩さず、またしてもブレイクする。続く自身のサービスゲームをキープし、6-2でセットを先取した。 セカンドセットも、ギアの上がってこない栗林に引きずられることなく、攻め続ける杉本。「気持ちが乗っていた」といい、深い球を打ちこみ栗林にカウンターの隙を与えない。第1ゲームと第3ゲームを立て続けにブレイクし、4-0と先行する。その後、杉本に攻めるが故のミスが出てくる場面があり、ワンゲームブレイクされるが、すぐさまブレイクバック。気持ちでもプレーでも攻め切った杉本が、金星を挙げてベスト4入りを決めた。
DSC08830 R
強敵を撃破しベスト4入りを決めた杉本
 
 ダブルスは、大友・杉本が春関でも対戦した栗林・梶修登(早大)ペアとの試合に臨む。「自信はあった」というように、第3ゲームに大友のリターンエースでいきなりブレイク。その後も2人の息のあったプレーで得点を重ね続ける。3-2からの3ゲームすべてをサービスエースとリターンエースで締め、6-2でファーストセットを取った。セカンドセットは序盤、3ゲーム目にブレイクポイントを惜しくも逃すと、そこからチャンスが巡ってこない。互いにポーチが重要となり、競った展開が続く。3-4で迎えた杉本のサービスゲーム、先にゲームポイントを握られるが、大友・杉本ペアは攻めの姿勢を崩さない。ボレーにサービスにと攻め立て、ここをキープすると第9ゲーム。ラリー中に飛び出した大友の渾身のボレーとリターンエースでブレイクポイントを握る。しかしそこから長い長いデュースに。3度にわたってアドバンテージを握られるも、盛りかえしここをブレイク。続く大友のサービスゲームは、最後に栗林と梶の間を抜くボレーで試合をおさめた。

 今日は臨んだ2試合ともに、4強入りを決めることとなった。男子は単複ともに早大・慶大・明大・法大がベスト4にそれぞれ名を連ねる形となり、またシングルスベスト4が全員ダブルスでも勝ち上がっている。杉本の明日のシングルスの相手は、春関で敗れた諱五貴(明大)、ダブルスの対戦相手は、第2シードの上杉海斗・高田航輝(慶大)ペアだ。大会もいよいよ大詰め、最終日まで法大勢は残るか、結果は果たして。(須藤未来) 

選手コメント

大友優馬・杉本椋亮ペア

―まずは杉本選手の今日のシングルスの試合を振り返って
杉本:栗林とは初めてやったんですけど、今大会すごく調子よさそうですごく簡単なスコアで勝ってきていて。うちの後輩の村上が、0-6、1-6というスコアで負けていて、どういうスコアで負けたのかなというのを教えてもらって、そこでどういうテニスを展開していけば自分のテニスができるかなというのを考えていました。それが結果的にうまくつながったので、よかったです。

―具体的にはどういうことを意識しましたか
杉本:ラリーを展開していく選手なので、先に自分から攻めるようにというのはすごく意識しました。

―深い球を打っていっているように見えましたが、意識してやっていましたか
杉本:深いボールを打とうとかは全然意識していなかったんですけど、きっと気持ちが乗っていたからかなと思います。

―ダブルスの試合を振り返っていかがでしたか
杉本:春関の時も勝っていたので、やり方はそんなに変える必要はないかなと思っていました。僕たちもダブルスの形がしっかり決まっているので、それがしっかりできれば負けないだろうと、自信はありました。自分たちのテニスをすれば勝てると思っていたので。とりあえず単複栗林くんに勝てて良かったです。
大友:春関でやった時も栗林にシングルスで勝ってからダブルスだったんですけど、その時も栗林がちょっと調子が悪そうな感じがあって、今日もいつもの精密機械ぷりがなかったので、その分ダブルスはやりやすかったとは思います。

―単複ともにインドアでの試合でしたがやり辛さは
杉本:僕は大好きです。インドア育ちなので。
大友:それが勝因だと言えるくらいやりやすかったです。

―連戦ですが、疲労は
杉本:今までにないくらい疲れていないです。今まではすぐに筋肉痛だったり、どこか痛くなったりというのがあったんですけど、そうですね、安田(忍・トレーニングコーチ)さんのおかげです。トレーニングだったり、治療だったりというのを試合終わったらすぐにやってくれるので、それがのびのびできる要因かなと思います。
大友:うーん、疲れたことないですね。どこかが痛くなったりすることはあるんですけど、そういう面で疲労はないです。

―明日に向けて
杉本:まずシングルスは、春関で負けている相手なので何が何でもリベンジしようという気持ちで、全力で頑張ります。ダブルスも優馬としっかり話し合って、力を合わせて、相手はリーグでも絶対にあたってくる相手なので、こういうところでしっかり勝って、リーグに向けて良い勢いでいけるように頑張ります。
大友:上杉選手は、ユニバーシアードにも選ばれているとても手ごわい選手で、今大会もシングルスを簡単なスコアで勝ち上がり、ダブルスもスーパータイブレークではありますがしっかりと勝ち上がっているところを見ると、簡単にいける相手ではないので私たち2人も力を合わせて万全の準備をして尽力したいと思います。

 DSC09005 R
春関に続き、栗林・梶ペアに勝利をおさめた大友(奥)・杉本ペア
 
※ダブルスの試合はファーストセット第3ゲームより、雨天のためにコートをインドアコートへと移しましたため、屋外の写真と屋内の写真がございます

フォトギャラリー

  • DSC09189 R試合後に硬い握手を交わす大友(左)・杉本
  • DSC08894 R攻め続けた杉本
  • DSC08887 R連日2試合の激戦を戦い抜いている
  • DSC08715 R明日は明大の諱選手にリベンジマッチ
  • DSC09019 R息の合ったプレーを見せている大友(手前)・杉本
  • DSC08994 R大友は昨年のシングルスに続き、2年連続のベスト4
  • DSC09154 R屋内コートはやりやすかったという2人
  • DSC09050 R明日は第2シードに挑む! 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み