テニス

【テニス】関東大学テニスリーグ 対明大 遠かったあと2勝、気迫負けのシングルス

関東大学テニスリーグ 対明大
2015年8月27日(木)
有明テニスの森公園

インカレから1週間弱。ついにリーグ戦が幕を開けた。初戦はライバル明大、ダブルスで2-1と先行し、チーム一丸となって勝利をつかみたいところだったが、シングルスでの1勝が遠い。白星を挙げることができたのは、S1の大友優馬(スポ4)のみで、トータル3-6の手痛い敗戦を喫した。

DSC00088 R
試合後「情けない」と敗戦を悔いていた杉本 

試合結果

トータル試合結果

法政大学

2

ダブルス

1

明治大学

1

シングルス

5

ダブルス

 勝敗選手名スコア対戦相手
D1 大友優馬(スポ4)・杉本椋亮(社4)   6-3,6-4  弓立祐生・深田颯平
D2  小林理久(スポ4)・長田和典(スポ3) 5-7,6(4)-7  諱五貴・西脇一樹 
D3  山田晃大(社3)・塚越雄人(経3) 6-3,6-1   切詰魁・今諒哉

シングルス

 勝敗選手名スコア対戦相手
S1  大友優馬  6-0,6-2 伊藤勇貴 
S2  長田和典  2-6,4-6  諱五貴
S3  杉本椋亮 3-6,6-1,6(5)-7   切詰魁
S4  村上彰啓(経3) 4-6,2-6   澁田大樹
S5  塚越雄人  6(5)-7,2-6  弓立祐生
S6 小村拓也(経4)   3-6,6-4,0-6  西脇一樹
 

戦評

 D1の大友・杉本椋亮(社4)ペアはファーストセット、お互いキープのまま、第5ゲームで相手のサーブミスに助けられブレイクに成功する。その後互いにワンブレイクずつし、このセットを6-3で逃げ切る。セカンドセットも先にブレイクを奪うが、すぐさまブレイクバックされ、試合はどちらにも傾かない。5-4で迎えた第10ゲーム、マッチポイントで杉本がバックハンドのクロスショットを決め、ブレイクで試合を締めた。
 D3は、インカレ後から組み始めたという塚越雄人(経3)・山田晃大(社3)ペアが登場。ファーストセットは第1ゲームからブレイクされるも、すぐにブレイクバック。早めに試合の主導権を握りたいところだったが、第6ゲームのブレイクチャンスでデュースの後、しっかりと決めきれずブレイクならず。しかし、そこから立て直し6-3,セカンドセットはスタートから息の合ったプレーで圧倒して6-1と相手の動きを封じこめ、勝利を収めた。
 ここまでダブルス2勝とそのまま勢いに乗りたい法大は、D2の小林理久(スポ4)・長田和典(スポ3)ペアに期待がかかる。ファーストセットはいきなりツーブレイクアップで3ゲームを先行される展開に。第4ゲームでようやくワンゲームを取り、その後は、巻き返していき5-4と逆転。第10ゲームで惜しくもブレイクすることができず、逆に続くゲームをブレイクされてしまう。競り合いを見せたが、5-7とファーストセットを落とした。セカンドセットもそのまま競り合いが続き、勝負の行方はタイブレークへと持ちこされる。しかしここで小林・長田両者とも疲れが見え始めたのか、ミスが目立ってしまった。惜しくも6(4)-7で敗れ、ダブルス全勝とはならなかった。

 シングルスでは、まずダブルス勝利の勢いに乗る杉本、塚越、そして村上彰啓(経3)が試合に臨んだ。S5の塚越は、ファーストセットで粘りを見せるも、タイブレークで流れを相手に持っていかれ6(5)-7,セカンドセットも2-6とストレート負けを喫した。S4の村上もラリー勝負でポイントを稼ぐも、相手の強さに圧倒されてしまい敗戦。S3の杉本は「ミスが多くなってしまった」とファーストセットを早々に取られてしまう。それでもセカンドセットでは、杉本が流れをつかんでいき6-1とインカレベスト4としての意地を見せ、勝負はファイナルセットへ。5-2と先行し、このまま杉本が攻め切るかと思いきや、第8ゲームで異変が起きる。杉本が足をつるという事態が起きてしまった。相手の切詰魁も足に痛みがあり、その後は両者ともに球のスピードも落ちながらも、気持ちだけでラリーつないでいた。最後のタイブレークで、杉本は競り勝つことができず6(5)-7で終えた。
DSC00206 R
試合後、顔を抑えてうつむく杉本

 王手をかけられた法大は後半の大友、小村拓也(経4)、長田に望みをかける。S1の大友は安定した強さを見せ、勝利をおさめる。S6小村はインカレのリベンジマッチとして臨んだが、ファイナルセットで圧倒されてしまい敗戦。時を同じくして長田も、インカレファイナリストの諱五貴と対戦し、セカンドセットは互角の戦いを見せていたが力及ばず敗れてしまった。

DSC00325 R
小村の試合と前後して最後の試合となった長田

 チーム成績は3勝6敗と、リーグ戦初戦は黒星となってしまった。しかし、このまま落ち込んでいる訳にはいかない。今日のこの悔しさを糧に、残りの4試合を堂々と戦い抜いてほしい。(羽根田萌)


監督・選手コメント

植村直己監督

―まずはダブルスの方はいかがでしたか
うちとしては素直に強い順に置きました。D1は1番勝つ可能性のある大友と杉本、D2の小林・長田も結構大物食いですし。本当は、D3に中島(佑介・スポ4)・塚越というのを当初は考えていたのですが、中島がああいう状態(※インカレ4日目のwebをご参照ください)なので、インカレが終わった後に中島と話をして、それから塚越と山田でちょっと練習をしてみました。もともとあの2人はダブルスがうまいので、そこそこのペアならば勝つ実力はあると思います。

―インカレが終わってから組んだペアということですか
そうですね。インカレ後に中島が、こんな状態では出られないということで、じゃあどうする?となって。山田・小見山(僚・スポ1)で行くか、それとも塚越がせっかく上手なので山田と組ませるかという話になって、やはり小見山はまだ1年生で経験も少ないので、こういう形になりました。悪くないペアだと思います、塚越はボレーができますし山田は後ろで打つことができて、サーブも強いので。

―続いてシングルスはいかがでしたか
ダブルスでリードしてしまったことで、こっちが本当はチャレンジャーなのに、逆に守りに入ってしまった部分が目立ちました。むしろ明治のほうが、思い切りよくきていて、ちょっと引いてしまってましたね。村上はリーグ戦に出るのがはじめてなので、ベンチコーチに入ってくれということで私が入ったのですが、やはりリーグ初経験ということで硬くなってしまっていて振り切れていなかったです。インカレの時はもう少しフォアハンドで深いボールがいって、あまり攻撃される時間がなかったのですが、今日は防戦一方になってしまったのがキツかったです。塚越は背後だったのでしっかりは見られなかったのですが、ファーストを6-7で落とした後に2-6というのは、そういうところで気落ちせずにできるようになっていかないといけないかなと。弓立くんのほうが思い切りよく打ってきていましたね。杉本も出だしが悪くて、セカンドで盛り返したんだけど、ファイナルを落としてしまって。やはり出だしが惜しまれます。全体としてダブルスでリードしていても、シングルスの前にきちんと気持ちをリセットすることができないといけないですね。

―小村選手はインカレのリベンジマッチでしたが、勝利なりませんでした
コースがちょっと一定すぎると言うか、もっと振って振ってとしていって、冒険してみてもいいと思うんですね。セカンドセットでは思い切りいって、良いプレーが出ていました。もっとリスクを背負ったプレーに出てみてもいいと思います。

―長田選手はインカレファイナリスト相手に、セカンドセット競りました
かなり互角に戦ってくれました。試合数とか場慣れといった部分で少し引けてしまったところがあったと思うのですが、ストロークがあれだけできるので、もっともっとシングルスが上手くなると思います。次の試合やその後の1年間に期待ができるような試合だったと思います。

―次は慶大戦ですが
まず、まだ全力を出し切れていないので、力を出しきらないとダメですね。チャレンジャーだと言いながら守りに入っているので、引かずにリスクを負って攻撃していかないといけないです。あとは、元気よく法政らしくやってもらいたいです。それはやはり応援よりも選手が頑張らないといけないところだと思うので、選手の奮起に期待したいです。

杉本椋亮(ファイナルセット5-2から巻き返され、タイブレークで敗戦)

―今日のシングルスの試合をふりかえっていかがでしたか
情けないのひとことです。本当に申し訳ないなというのが一番大きいですかね。

―この試合は勝たなければというプレッシャーはありましたか
ダブルスから折り返して最初に入るシングルスで、やっぱり勝ってチームに勢いが生まれますし、後から入る子たちにも楽な気持ちでの試合にしてあげられるので、そんな思いを持って試合に臨みました。プレッシャーではないんですけど、絶対勝たなきゃという思いはすごく強かったです。

―インカレが終わって、リーグはそのままの勢いでいけるという思いと勝たなければいけないという思いのどちらの方が大きかったのでしょうか
どちらもあるかなという感じですね。やはり相手が必ずチャレンジャーという気持ちでくるというのはわかっているので、そこで受け身にならずに僕自身もチャレンジャーの気持ちを忘れないようにというのは心がけていました。

―ファーストセット取られた要因は
相手がすごく粘ってくるペースで、インカレの時は打って打って勝ち上がっていったので、今回もそれは変えずにそのテニスを貫こうとしたんですが、自分のミスが最初は多くなってしまいました。

―足が痛み出す前は調子が良かったように見えましたが
そうですね。むこうも(調子が)落ちてきたので。

―足を痛めた要因としては、ダブルスからの疲労というのはありましたか
正直あまり感じていなかったのですが、シングルスで長いラリーが沢山あったので、やはりそのようなところで(疲労が)きていたのかなと思います。まあただ自分自身がもっとトレーニングをしっかりやっておけば、このような結果にならなかったと思います。

―ファイナルセット終盤、プレー中に意識していたことは
気持ちのぶつかり合い、気持ちの勝負だなと思ったので気合いだけは絶対負けないと思ってやっていました。

―次の慶大戦にむけて
今回負けて、逆に変にプレッシャーも感じず、全員でチャレンジャーの気持ちを持ってぶつかっていければいいなと思います。

 

DSC00110 R
セカンドセットから調子を上げ、勝利までワンゲームまで迫るも、タイブレークで足が動かず、悔しい敗戦に

 

 

 

フォトギャラリー

  • DSC00088 R試合後「情けない」と敗戦を悔いていた杉本
  • DSC09589 R組んで1週間の山田(奥)・塚越ペアは、息の合ったプレーを見せた
  • DSC09741 Rインカレベスト4ペアに善戦した小林(手前)・長田ペア
  • DSC09671 R大友(手前)・杉本ペアは手堅く1勝を挙げる
  • DSC09872 Rリーグ初出場の村上は少し硬さが見られた
  • DSC00057 R塚越はファーストを惜しくも落とすと、セカンドで切り替えることができず
  • DSC00136 R小村はインカレのリベンジマッチだったが、ファイナルセットで攻めることができない
  • DSC00263 Rシングルスで唯一勝利した大友
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み