テニス

【テニス】関東大学テニスリーグ 対中大 やっとつかんだ1勝!課題残るも、最終戦へ向け弾みつける

関東大学テニスリーグ 対中大
2015年9月5日(土)
有明テニスの森公園

リーグ4戦目、ようやく訪れた晴天。多くの観衆に見守られる中、本日は中大戦が行われた。入れ替え戦回避のためには、絶対に負けられない1戦。ダブルスを先行で折り返すと、シングルス2戦を残して勝利を決めた。

DSC03378 R
ファイナルセットを制して、宣言通り勝率5割とした山田(奥)・塚越ペア

試合結果

トータル試合結果

法政大学

2

ダブルス

1

中央大学

4

シングルス

2

ダブルス

 勝敗選手名スコア対戦相手
D1 大友優馬(スポ4)・杉本椋亮(社4)   6-0,6-1 大和田秀俊・山佐輝 
D2  小林理久(スポ4)・長田和典(スポ3)  6(3)-7,3-6 杉浦勝貴・小坂絢太
D3 山田晃大(社3)・塚越雄人(経3)   4-6,6-1,6-2  松浦優太・古田海人

シングルス

 勝敗選手名スコア対戦相手
S1  大友優馬  6-4,6-2  大和田秀俊
S2  杉本椋亮  6-3,6-1  小坂絢太
S3  長田和典  4-6,2-6  古田海人
S4  村上彰啓(経3)  7-6(3),6(4)-7,6-1 杉浦勝貴
S5  小村拓也(経4)  6-4,4-6,2-6  斎藤和哉
S6  塚越雄人  6-1,6-1  田中凛
 

戦評

 D1の大友優馬(スポ4)・杉本椋亮(社4)ペアは、序盤から圧倒的な強さをみせ、一つもゲームを落とすことなく、6-0でファーストセットをものにする。続くセカンドセット、第4ゲームでキープされるも、そこで相手に流れを渡さず自分たちのペースで試合を進め、最後は杉本のサービスエースで勝利をおさめた。
 D2には小林理久(スポ4)・長田和典(スポ3)ペアが復活。ファーストセット、キープとブレイクの応酬で両者一歩も譲らず、勝負はタイブレークへと持ち込まれる。タイブレークでは小林・長田ペアが2ポイント先取するも、一気に追い上げられ、勢いに乗った相手を止めることができずこのセットを落としてしまう。相手サーブから始まったセカンドセット、ファーストセットと同様に拮抗した展開が続く。試合が動いたのは第6ゲーム、相手に巧みにミスを誘われ、ブレイクを許してしまう。第7ゲームですぐさまブレイクバックしたいところだったが、あと一歩及ばず、デュースの末にこのゲームもキープされ、その後もブレイクできずにストレート負けを喫した。
 D3の山田晃大(社3)・塚越雄人(経3)ペアは、立ち上がりが悪く、第1ゲームをいきなりブレイクされると、そのまま続けて連続でゲームを落としてしまう。中盤以降は追い上げをみせるも、相手に逃げ切られてしまいファーストセットをものにすることはできなかった。しかし、その後は試合を通して徐々に調子を上げていき、随所で好プレーを見せる。セカンドセットは相手を圧倒し6-1で奪うと、ファイナルセットでもその勢いを失わず、勝利を挙げた。

DSC03209 R
早大戦に続き、好試合を展開した山田(手前)・塚越ペア

 今リーグ初勝利を目指す法大は、ダブルス2勝1敗とまずまずのスタートダッシュを切った。
 S2の杉本は、持ち前の勝負強さを発揮し6-3でファーストセットをものにすると、続くセカンドセットでも安定した試合運びをみせ、法大勢3勝目を挙げた。
 S6の塚越は、ワンブレイクで第3ゲームまでを連取すると、勢いそのままにファーストセットを奪取。セカンドセットでも相手を寄せ付けず、終始主導権を握り試合を決めた。
 S5の小村拓也(経4)は、ファーストセット第5ゲームまでを連取し好調かに思われたが、徐々にミスが目立ち始め、1ゲーム差まで追い上げられてしまう。それでも最後はラリーを制し、このセットをつかむ。しかし、セカンドセット以降は一転、ミスを連発してしまい、不調から抜け出すことができないまま、手痛い敗戦となった。
 S4の村上彰啓(経3)は、得意の粘りのテニスで相手を追い込むと、ファーストセットをタイブレークの末に7-6(3)で手にした。続くセカンドセットでも、両者互角の戦いをみせ、タイブレークまでもつれ込む。村上は、相手の気迫のこもったプレーの前にミスを連発してしまい、6(4)-7で惜しくもこのセットを落としてしまう。ファイナルセットは、最後まで気持ちを切らさなかった村上がスマッシュで締め、熱戦を制した。

DSC04224 R
早大戦から流れをつかんでいる村上

 ここで、法大としてもダブルス、シングルス合わせ5勝2敗で勝利が確定した。

 S1の大友は、3-0で先行するも、中盤じわりじわりと相手に詰め寄られ、イーブンの戻されてしまう。それでも最後は強烈なスマッシュを放ち、ブレイクして6-4でこのセットを奪う。そして迎えたセカンドセットは、エースの実力を発揮し、相手にこのセット一度もブレイクさせることなく、勝利を手にした。
 S3の長田は、ファーストセット第6ゲームまで互いにキープを続けていたが、第7ゲーム、ついに相手にブレイクされてしまう。続く第8ゲームはすぐにブレイクバックで取り返すも、第9ゲーム、またもやブレイクされてしまい、ゲームを取り戻すことができないまま、4-6でこのセットを失う。セカンドセット、サーブが安定しないこともあってか、思うようにプレーすることができない。このセット一度もブレイクできないまま、2-6で試合に敗れた。

リーグ戦4戦目にしてやっとつかんだ初勝利。しかし、最終戦を目前に課題もある。法大のダブルスとして3年間組んできた小林・長田ペアはいまだ勝利なし、また小村は最後のリーグ戦に不調から抜け出せず、大ピンチだ。チームとしては残る日大戦の勝利、個人として選手たちには笑顔で今大会を終えてほしい。(宮田祐子)


選手コメント

大友優馬

―今日の試合をふりかえって
自分の体の状態もあまり良くなかったので、これまでの3戦と同じような戦術はできないかなという可能性もあると思って試合をしたのですが、結局できなくて違う戦術でやることになってしまって。少し苦戦したのですが勝てて良かったです。

―ファーストセット3ー0から連続でゲームを取られて3ー3になったときはきつい状態だったのでしょうか
そのときは丁度、3ー0まではまあいけるかなと思ってもう少しギアを上げようかなと思ったらもう無理で、それでどうしようか迷っていたらサービスゲームを落としてしまって。3ー3になってから気持ちを切り替えました。

―相手の印象は
相手が一年生のときは春関などで勢いがあって球のスピードなどが速い選手だったのですが、最近は勢いが少し衰えているような感じだったので、それほど脅威はなかったです。

―今日のコンディションは最初からあまり良くなかったということでしょうか
そうですね。朝から悪かったです。

―試合が続いていますが疲れは残っているのでしょうか
体が疲れているというよりも、体に力が入らないなどそのような部分が大きいです。疲れているというよりは痛んでいる感じです。

―最終戦、日大戦にむけて
これまでの日大との他の大学の対戦をみると、どうしても余裕なんじゃないかってみんな思いがちだと思うが、スポーツなのでどう転ぶかはわからないし、全員で気を引き締めて自分から気を引き締めるムードを作って、引っ張っていけたらいいかなと思います。

―大学最後のリーグ戦というのは意識しているのでしょうか
それは特に考えず、目の前の一戦を勝たないと今日勝った意味がないので9ー0で勝つつもりでいって、その後大学最後の試合だったという考えに浸ればいいかなと思います。

DSC04167 R
「朝から不調だった」ものの単複ともにストレート勝ちした大友

村上彰啓

―今日の試合をふりかえって
はじめは緊張していて、0-3までいってしまったんですけど、だんだん相手を見て慣れてきて、冷静になれたので、そこからは負ける気がしないじゃないですけど、普通にやっていれば負けないなと思っていたので。セカンドでタイブレークとられても、気持ち的には余裕がありました。

―試合前に攻め方はなにか考えていましたか
オーダーを聞いて初対戦だったので、大体こうくるだろうなというのはあったんですけど、やりながらつかんでいこうかなという感じだったので、特に試合前はあまり考えてなかったです。

―ジャッジ面で気持ちが揺れている場面がありましたが、メンタルに負担がかかった時はどうやって立て直していますか
明らかにアウトのボールをインだと言われて、しかも大事なブレイクポイントだったので、それで2ゲーム分くらい損しちゃったんですけど。で、僕はそこで我慢しちゃうと逆に引きずってしまうので、ちょっと態度悪いんですけど、1回わっと怒ったり苛々したりするのを態度に出してしまうと、苛々が抜けていくんですね。気にしないようにと思っても、変に苛々が嵌っちゃうので、出していって2ゲームくらい落としたところで、吹っ切れてプレーができました。

―今日の調子は
うーーん、ボチボチですね。良くもなく悪くもなく、です。

―バックハンドは好調に見えました
バックは良かったんですけど、フォアがまた前の自分に戻っちゃったかなというのがあったんですけど、勝ったのでいいです。

―ファイナルセットで相手選手の足に疲労がきている様子がありましたが
少しラリーを長くしていこうというのは思ったんですけど、特に考えることもしてなかったですかね、ちょっとガッカリはしちゃったんですけど。試合が楽しかったので、もっと楽しみたいなとは思って、でもまあいっか、と(笑)

―4戦目ですが、疲労は
疲れは特にないです。

―日大戦に向けて
必死にとってくると思うので、格下と思わずに勝ちにいくプレーをしていきたいです。

DSC03900 R
早大戦に続き、勝利をおさめた村上

 

フォトギャラリー

  • DSC03378 Rファイナルセットを制して、宣言通り勝率5割とした山田(奥)・塚越ペア
  • DSC03240 R1時間にも満たない試合時間で、スピード勝利した大友(右)・杉本ペア
  • DSC03375 Rリーグ戦でいまだ勝ち星のない小林(手前)・長田ペア
  • DSC03410 R山田・塚越ペアの応援に盛り上がる法大ベンチ
  • DSC03505 Rダブルスに続きスピード決戦となった杉本
  • DSC03438 Rリーグを通して不調の小村は、ファーストを取るも勝利ならず
  • DSC03789 Rシングルス3勝目を挙げた塚越
  • DSC04154 R今日は調子のあがらなかった長田

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み