テニス

【テニス】関東学生新進テニス選手権大会 3日目 男子ダブルス2回戦、女子シングルス2回戦レポート

関東学生新進テニス選手権大会
2016年2月14日(日)
明治大学西調布合宿所テニスコート、駒澤大学玉川キャンパステニスコート

大会3日目となる本日は男子ダブルス2回戦と女子シングルス2回戦が行われた。男子ダブルスは昨日に引き続き同校対決が繰り広げられた。女子シングルスには主将川島と江見の2人の選手が出場した。

IMG 1116 R
新主将の川島

試合結果

男子ダブルス2回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
 萬福健太郎(経1)・小林雄太(社2) 3-6,3-6 杉田曜・本城和貴(明大)
○* 小見山僚(スポ1)・前崎直哉(経1) 7-5,7-6(7) 太田悠介(経2)・村上彰啓(経3)
 小谷野佑太(スポ1)・松尾魁人(社1) 7-6(2),4-6,5-10 大塚陽平・伊藤陸(亜大)
*同校対決となった。

女子シングルス2回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
川島知枝(社3) 6-4,6-1 古川鈴夏(筑波大)
江見優生乃(社2) 7-5,6-4 高橋未来(立大)
 

戦評

 明治大学西調布合宿所テニスコートで最初に登場したのは萬福健太郎(経1)・小林雄太(社2)ペア。試合序盤はお互い力強いサーブで崩しにかかる、といった展開。しかしながらファーストセット中盤から明大の適格なリターンに苦しめられ、第7ゲームをラブゲームでキープされたのを皮切りに勢いを失い、このセットを3-6で落とした。続くセカンドセットでは、強風の影響もあってかファーストサーブが決まらず、タブルフォルトやセカンドサーブで強烈なリターンを浴びる場面が続出。終盤に立て続けにブレイクを許し、結果3-6で敗れた。

 続いては小谷野佑太(スポ1)・松尾魁人(社1)の1年生ペアが登場。序盤から激しいラリーが繰り広げられ、お互いのサービスゲームをブレイクしあう展開。ファーストセットでブレイクしたゲームの総数は両チーム合わせて7つ。この数字からも試合の激しさが存分に見てとれる。タイブレークまでもつれたこのセットを粘りで勝ち取るも、セカンドセットでは疲れからか終盤ミスを連発。我慢のテニスを強いられた。4-6でこのセットを落とし、スーパータイブレークに。しかし流れは完全に亜大となっており、ファーストセットでの勢いを取り戻せず悔しい敗戦となった。

 最後は太田悠介(経2)・村上彰啓(経3)ペア、 小見山僚(スポ1)・前崎直哉(経1)ペアの同校対決。ファーストセット序盤は小見山・前崎ペアの1年生ペアが強烈なストロークで上級生ペアを苦しめる。しかし上級生ペアも黙ってはいない。太田の気迫のこもったボレーや村上のコースをついた熟練の技が飛び出し、1年生ペアのミスを誘う。だが最終的に上級生ペアの猛追を振り切った小見山・前崎ペアが7-5でファーストセットを奪った。続くセカンドセットは一転して完全な太田・村上ペアのペース。ファイトを全面に出したプレーで6ゲームを終えた時点で5-1と一方的な展開に思われた。しかしながらここから1年生ペアが逆襲をスタート。前崎の強烈なフォアや小見山の落ち着いたボレーで第8、第10ゲームを立て続けにブレイク。一方の太田・村上ペアのここ一番でのミスが響き、試合はタイブレークに。激しいボレーの応酬が見られたが、勝負どころで村上が連続でミス。後輩ペアに敗れた太田と村上は悔しさをにじませた。(戎井健一郎)

 

 駒沢大学玉川キャンパステニスコートでは女子シングルス2回戦が行われ、2名の選手が出場した。まず登場したのは新主将、川島知枝(社3)。第1セットはいきなり2ゲームを奪われ厳しい展開になる。たが、川島はここから粘りを見せる。第3ゲームをデュースの末に奪ってブレイクバックすると、そこから3ゲームを連取して3-2と盛りかえす。その後は一進一退の攻防が続いたが、あまりサービスゲームをキープできなかった川島は徐々に差をつけられてしまう。結局ミスなどが響き第1セットは4-6で奪われてしまう。続く第2セットで挽回したい川島だったが、強風の影響からかサーブを1発で決めることが出来ず自分のペースでテニスをすることが出来ない。それを相手に攻められてしまい、川島は1ゲームを返すのがやっとだった。最終的に1-6で第2セットを奪われてストレート負け。主将として臨んだ新進は2回戦で去ることになった。

 江見優生乃(社2)は1回戦でシード相手を倒しての2回戦。江見のサービスゲームから試合は始まる。しかし、第1ゲームでいきなりのブレイク。相手のしなやかなショットに苦戦を強いられる。だが、第4ゲームでブレイクバックすると、そのままの流れに乗りたいところであったが、第7ゲームでまたもやブレイクを許す。決定力のある相手のショットに果敢に攻め込み、第8ゲームではブレイクに成功。第10ゲーム、そして最終第12ゲームでもブレイクし、ファーストセットは後半に追い上げを見せた江見が先取した。セカンドセットはブレイクされ、直後のゲームでブレイクバックという展開に。両者ともになかなか2ゲームを続けてとることができない中、第8ゲームで江見が動く。ベースライン上での硬守が生き、ブレイク。第9ゲームでマッチポイントを迎える。しかし、相手も意地のウィナー。試合はタイブレークまでもつれるかと思われたが、第10ゲームで力強いフォアを見せた江見が再度マッチポイントを握る。今度は決めきり、セットカウント7-5、6-4で勝利を収めた。

 男子ダブルス、女子シングルスどちらも厳しい戦いとなったが、そんな中でも1年生である小見山・前崎ペアが勝利を挙げた。また、江見も約2時間にわたる熱戦を制した。この明日に繋がる結果を胸に戦い抜いてほしい。(宮下尚子)

選手コメント

 川島知枝

-予選を振り返って
二次予選からだったんですけど、二次予選のセミファイナルでファイナル(セット)までやって、一番競ったんですけど、でもしっかり勝てて。ファイナルも問題なく勝てたので、シングルスはすごくいいかたちで臨めてたんですけど、ダブルスのほうは長野(あさか)と組んで。初めてだったので、長野もまだ本戦にあがったことがないので、あげてあげたいという気持ちはあったんですけど、ダブルスもすごく最初はよかったんですけど、相手のペースに持っていかれてしまって、負けてしまって。本戦にあげさせてあげることができなかったのが悔しいです。

-シングルスの1回戦はいかがでしたか
昨日TBAで入ったのが3時すぎとかだったんです。それで12時前には会場に来て待機していて、待ち時間がすごく長かったんですけど、集中力切らさず、アップもできていたので、最初から私のペースでいけたので、スコアも6-2、6-0って簡単に勝つことができました。

-今日の試合について
ファーストとれていたら違ったのかなと思って。最初リードされて、リードし返して、自分が打ち急いじゃったっていうのがあって。攻めたい攻めたいっていう気持ちばっかりいっちゃって、雑になってしまって。そこがよくなかったかなって。そのままの自分で最後までいってしまったのが、切り替えできなかったのが残念です。

-ブレイク合戦になる展開は予想されていましたか
いつも私スタートが悪いんですけど、スタートのところで0-2だったんですけど、ゲームがとれてそこから調子が上がってきて。いけるなっていうのはありました。でも、やっぱり相手も簡単にミスしてくれないので...。そう(ブレイク合戦)なると思ってました(笑)。

-強風の影響は
昨日も結構強風だったので、風を味方にできたらなと思ってたんですけど、今日はちょっとボールが弾んだときにすごくふわっと緩くて。やりにくかったんですけど、そこで足動かしてしっかり自分のタイミングで打てることができればよかったのに、流されて体勢も崩れてしまったので、しっかり足動かさないといけないなと思いました。

-新進に出場されている後輩(江見選手、林彩子(社1)選手)について
林(彩子)はシングルス負けてしまったんですけど、 まだ江見とのダブルスが、今回第1シードなので、やっぱり優勝目指してほしいです。新進の前まではずっとペアを組んでいたので、江見と組んで心強いと思うので、のびのびとやってほしいですね。江見に関してはこれから(取材時点では江見の2回戦は行われていなかった)シングルスあるんですけど、優勝狙える位置だと思うので、私はしっかり応援したいと思います。

-主将として心がけていること
やっぱり今年こそは2部昇格しなきゃいけないので。今まで通りにやっちゃうと負けて結果も同じになってしまうので、新しいことを取り組んだり、同期は一人しかいないんですけど、チームを変えていこうという意識は十分にあります。

-冬の間はどのようなトレーニングをされていましたか
年末は2週間くらいオフがあって、オフなんですけどトレーナーさんによる最低限これはやるっていうメニューを渡されて、それは各自でやるようにして、みんなそれぞれクラブとかでもやったりして。私も実家に帰ってテニスやって。部活としてこれをやったっていうのはなくて、個人で。

-今日見つかった課題
リードしているときに、打ち急いじゃうというのをしっかり丁寧にやっていかなきゃいけないなっていう。これはずっと課題で。いつも大事な場面で守りすぎてしまったりとか、変に打ち急いでミスしたり、ポイントがなかなか取れなくて。大事なところで集中力を上げて、きっちりポイントなりゲームをとっていかなきゃいけないのが課題かなと思います。

-次に出場される大会は春関(関東学生テニストーナメント大会)ですか
そうですね。

-それに向けての意気込みを
私はもうすぐ就活も始まるので、忙しくなってテニスできる時間が少なくなってしまうんですけど、その中でできるときに集中して、隙間時間を見つけてやったり、一日一日を大切にして。春関も最後に良い成績を出したいので。悔いの残らないように生活していきたいなって。チームも本戦にあがれるように、練習を変えていったり、みんなの意識を変えていったりしてやっていきたいですね。

 江見優生乃

-今日の試合を振り返って
出だしは相手の球が結構タイミングが早くて、打たれちゃって。合わすのに精いっぱいで、自分も合わそうとしすぎて逆に、風が強かったのでそこでちょっと対応しきれない部分が前半はあって。2-5までいっちゃったんですけど、そこからちょいちょい相手がミスしてくれたのをチャンスに、ちょっと粘っこく、いこうという風に変えたら、相手もミスが増えてくれて。よいしょよいしょで自分も決めていくようにして、いけたかなっていう感じです。

-相手の嫌なプレーとしては
やっぱりサーブがよかったので、風がいいときにサーブをコースよく入れられてしまったりして、自分がサーブが苦手なので...サービスに差があったかなと思います。

-1回戦はいかがでしたか
1回戦の相手がシードですごく強い選手だったんですけど、そこでやっぱりファイナルセットいって勝てたというのがあって、今日もいい調子、ペースでできたかなと思います。

-待ち時間が長くありましたがその影響は
そうですね、いつもだと自分あんまりアップとかしないで試合に入っちゃう部分が多いんですけど、最近そこを少しずつ変えようと思って。インカレのときに、そういう部分が反省点だと思ったので、インカレ(全日本学生テニス選手権大会)後の国体(国民体育大会)から自分でウォームアップを意識するようにしたので、今日も試合前長く走ったりとか自分でコントロールできたかなという感じです。

-新進の目標は
去年は(シングルスで)2回戦で負けてしまったので、ダブルスはもちろん第1シードなので優勝したいんですけど、シングルスはシードないので、ベスト4かな...。とりあえず毎回、大会では去年の成績を超そうっていう目標なんですけど、身近というか高い目標じゃなくて自分が超えられる目標を立てていたんですけど、今日で超えれたので、次はベスト4を目標にしたいです(笑)。

-敵となる相手は
1こめ(1回戦)の相手がシードだったので、あんまりその選手しか見てないです(笑)。一個一個勝っていこうと思います。

-明日に向けての意気込みを
シングルスは自分の調子を崩さないように、きちんとしっかり勝っていきたいと思います。ダブルスは後輩と組んでいる部分があるので、自分が引っ張っていくつもりで、一個一個勝っていきたいです。

 小谷野佑太・松尾魁人ペア

-今日の試合を振り返って
小谷野:ファーストはお互い流れがつかめてなくて、普通に勝てる試合だったんですけど、もったいない試合をしてしまったなという感じです。
松尾:ファーストセットは最後の方まで集中できてたんですけど、セカンドの途中に乱れて、そっから流れもっていかれて戻せなかったから負けてしまったんだと思います。

-セカンドセットでミスが目立っていましたが、体力的にはどうでしたか
小谷野:予選から上がってきたというのもあるので、体力的なことは気にしてなかったんですけど、パートナーの体調のこともあったのでそっちの方が。
松尾:自分の体調管理が悪くて、万全な状態で挑めなかったというのが正直なところで、そこが試合の勝敗につながったというのもあると思います。

-対戦相手の印象は
小谷野:サーブもそんなに速くない相手で、ラリーされるよりはサーブ&ボレーという形の方がリターン打ちやすかったんで、そういった面ではやりやすい形だったんですけど、最後の方で相手の片方が前で動いてきて、そこを止められなかったというのが大きかったと思います。
松尾:スーパータイブレイクのときに気持ちを入れ換えてたらわからなかったかもしれないですけど、そこで相手が集中してきてミスがなくて、自分たちがおされたので、いいところで集中する選手たちだなと思いました。

-サービスゲームをなかなかとれなかった原因は
小谷野:ファーストサーブの確率だったり、ファーストボレーがいい形で入れてなかったんで、ファーストの確率の低さがキープの確率の低さにもつながると思うので、そこがこの試合の流れのつかめなさにつながったと思います。
松尾:始めの方はキープできないのはつらかったんですけど、お互い風を意識しすぎてて、球が緩くなってたりしてリターン側が有利になっていたので、そこが次からの課題だと思います。

-サーブをかなり重点的に練習しているようですが
小谷野:シングルスにもつながることなんですけど、ファーストの確率、深さ、威力を意識して練習してるんですけど、こういう試合で入らないってことはまだまだだと思うので、春関までに強化していかなければいけないところだと思います。
松尾:ファーストサーブについては、自信持って打てるようになってきたんで、こっから続けていけば次の試合に生かせると思います。

-今後に向けて
小谷野:村上さんにもアドバイスいただいたんですけど、確かにもったいない負けで悔しいんですけど、春関が勝負というか。村上さんも去年の春関で結果出してるんで、やっぱり春関が本番だと思うので、合宿もあるのでしっかりレベルアップして結果を残せるようにがんばっていきたいです
松尾:とりあえず体の状態が悪いので治して、次の大会ひとつひとつ勝ち上がって、インカレ出て全国で勝ちたいです。

フォトギャラリー

  • IMG 0060 R萬福(左)・小林ペアはここで敗退となった
  • IMG 0077 R小谷野(右)・松尾ペアも3回戦へは届かず
  • IMG 0096 R村上(右)は最後の新進をここで終えた(写真左:太田)
  • IMG 0080 R小谷野・松尾の今後に期待だ
  • IMG 0117 R1年生の小見山(右)・前崎ペアは大きな勝利を手にした
  • IMG 1174 R川島は悔しさを口にした
  • IMG 1245 R去年よりも好成績を残している江見
  • IMG 1254 R約2時間の死闘を見事制した
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み