テニス

【テニス】関東学生新進テニス選手権大会 5日目 男女シングルス3回戦、女子ダブルス2回戦レポート

関東学生新進テニス選手権大会
2016年2月16日(火)
明治大学西調布合宿所テニスコート、駒澤大学玉川キャンパステニスコート

大会もあと3日となり、ベスト8を懸けた熱い戦いが繰り広げられた。男子シングルスには長田和典(スポ3)、寒川雄太(スポ2)という2人の選手が、女子シングルスには江見優生乃(社2)、ダブルスには江見・林彩子(社1)ペアが名を連ねた。

IMG 1622 R
ベスト8への出場を決めた江見(右)・林ペア

試合結果

男子シングルス3回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
長田和典(スポ3) 2-6,6-2,6-2  古田伊蕗(早大)
寒川雄太(スポ2) 3-6,6(5)-7  山西大(専大)

女子シングルス3回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
江見優生乃(社2)  7-6(5),6-4 千葉南奈(青学大)

女子ダブルス2回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
江見・林彩子(社1)  6-3,6-4 助川峰理・廣川真由(早大)
 

戦評

 明治大学西調布合宿所テニスコートでは男子シングルス3回戦が行われた。法大で最初に登場したのは寒川雄太(スポ2)。中断された試合であったが、序盤から強気なサーブを見せるもミスが目立ち第4ゲームをブレイクされてしまう。第6ゲームはラブゲームでキープ、第7ゲームは相手のミスを誘いブレイクと、流れをつかんだかに見えたが、続くゲームでブレイクバックされてしまい、ファーストセットを3-6で落とす。セカンドセットでは風の影響からかファーストサーブに苦しむ展開。技ありのロブやバックハンドで序盤に2度のブレイクに成功し、セカンドセット奪取に王手をかけたがここから相手に粘りを見せられる。第9ゲームをあっさりブレイクされると、続く2ゲームはラブゲーム寸前から逆転を許し、相手の逆王手に。続くゲームをブレイクしタイブレイクに望みをつなぐも、最後まで歯車が噛み合わないまま悔しい敗戦となった。

 続いての試合で登場は主将の長田和典(スポ3)。ファーストセットはサーブが安定せずサービスゲームがとれない苦しい展開。狙いを定めたショットもことごとくアウトとなり、2-6であっさりと落としてしまった。しかし、セカンドセット以降の長田は別人のようなプレイを見せる。強烈かつ正確なサーブで主導権を握り、相手の嫌なコースをついたリターンで圧倒。6-2でこのセットをとり、試合はファイナルセットへ。ここでも長田の勢いは衰えず、前後左右に打ち分けるショットで相手を翻弄し1度もリードを許さず、フルセットの末勝利し、準々決勝進出を決めた。(戎井健一郎)

 

 駒澤大学玉川キャンパステニスコートには、昨日の江見優生乃(社2)の中断試合の再開から始まった。江見は序盤からペースをつかみ、ブレイクを3つ奪った時点で中断となってしまったこの試合。昨日のまま流れに乗りたい江見だったが、出だしからサーブの調子が悪く、ダブルフォルトを多く出してしまうと、その嫌な雰囲気から相手にポイントする隙を与え、ブレイクされてしまう。その後も試合の流れは相手に傾き、第9、11ゲームでブレイクを許し、3ブレイクアップであったが6-6とイーブンの状態までもつれてしまう。このままセットだけはとられたくない江見は、集中力を高め、タイブレークで巻き返しを図る。焦る相手に冷静に対応する江見は、ミニブレイクを重ね、7-5でタイブレークをものにし、ファーストセットを先取した。セカンドセットもフォア、バックどちらのショットも抜け目の少ない相手に苦戦するも、江見も硬い守りで互角の戦いを繰り広げる。ブレイク、ブレイクバックを数回経て、1ブレイクアップで第10ゲームを迎える。江見にとってはキープすれば試合終了となる運命のゲームであったが、粘る相手に江見らしいしなやかなショットで相手の意表をつき、キープ。セットカウント7-6、6-4とストレート勝利でベスト8進出を決めた。
 女子ダブルス2回戦には、先ほど勝利を収めた江見と林彩子(社1)ペアが出場。第1シードとして今大会は臨むこととなっているこのペアだが、二人がダブルスを組むのは初めてだ。だが、江見もシングルスの疲れを感じさせない動きで第1ゲームをブレイク。すぐにブレイクバックされるも、サーブの調子が上がってきた江見。また、ラリーの合間を伺い、ボレーを鋭いコースで狙う林。第5ゲームでブレイクすると林のスライスショットや江見のサービスエースが相まって第9ゲームもブレイクし、ファーストセットを6-3でとつかみとる。シングルスでも発揮されている江見のフォアショットに加え、林の相手の手元へのショットやドロップショットが生かされ、第2ゲームでブレイク。第5、6ゲームはもつれにもつれる。何度もデュースが繰り返されるが両者一歩も譲らず。江見・林ペアがワンブレイクアップの状態で第9ゲームへ。ここでキープすれば試合終了だが、相手が意地を見せる。要所で鋭いボレーを見せ、江見・林の足を止める。林の好サーブも光りはしたものの、ブレイクされてしまった。一本で決められたくない江見・林ペアは長いラリーに持ち込み、江見がベースライン上でストロークを続け我慢のテニス。林はタイミングを見計らい、随所でポーチボレーを繰り出す。冷静にポイントを重ねた江見・林ペアが見事ブレイクを返し、6-4でセカンドセットもを手に入れ、試合を決定づけた。
 
 今日はベスト8進出を懸けて死闘が繰り広げられた。法大からは男子シングルスでは主将長田、躍進を見せる太田悠介(経2)、女子シングルスは連戦の疲れもある中で勝利を挙げている江見。一方男子ダブルスは1年生同士である小見山・前崎ペアが、女子ダブルスには第1シードとして優勝も期待される江見・林ペアが進出。このまま目指すは頂点へ。各々の戦いは続く。(宮下尚子)

選手コメント

 寒川雄太

-今日の試合を振り返って
1セット目とられて2セット目気持ち切り替えました。1セット目すごく消極的なプレーが目立ったので、切り替えて積極的にボレーとかして攻めていったんですけど、やっぱり取りきれないといけないところを取りきれなくて、最後タイブレイクも5-4のリードの時もまたそこからとられて、大事なポイントが取れなかったところが敗因だと思います。

-サーブの調子は
昨日に比べて良かったと思います。でもセカンドサービスが甘かったです。

-大会を通して強風の影響はありましたか
風が強いとフォアハンドが当たらなくて、攻めるところも風のせいで攻めれなかった場面はあってすごい影響されましたね。

-応援について
応援があると雰囲気が変わりますし、すごく応援は力になりました。

-1回戦、シード選手に勝って自信になりましたか
1回戦戦った相手はこれまでやって1回も負けたことがなかったので、向こうはシードだったんですけど自信があったので勝つことができました。

-今年1年の目標は
去年はインカレ本戦に出て2回戦で負けてしまったので、今年もインカレで本戦に入って上位を狙えるように頑張りたいと思います。

 江見優生乃・林彩子ペア

-今日のダブルスの試合を振り返って
江見:午前中のシングルスでしっかりと勝ちきれずに、ずるずるしちゃった部分があって疲れが出てきちゃいましたね。それがダブルスにも少し引きずってしまった部分がありいつもだったら取りきれるボールも取りきれなかったりしたので、今日一日休んで明日に備えたいと思います。あとは1回戦から少し試合が空いて、お互いの連携などの感覚が少しずれちゃって流れが変わることがあるのできちんと修正したいと思います。
林:とりあえず自分のやることをやろうと思って頑張りました。

-江見選手は毎日試合が続いています。疲れなどはありますか
江見: やっぱり1回戦から今日まで簡単に勝てる試合はなかったので疲れはありますね。それにずっと終わるのが遅く、ほとんど夕方に終わりそのまま帰っての繰り返しでその移動とかもあるんで、その辺からも疲れはあります。

-相手ペアの印象は
江見: 相手は1部校の早稲田っていうことで、やっぱり1部の人たちとかはやる機会があんまりないですけどこういう時にやってそんな人達にも勝って自分たちで自信をつけていきたいと思ってました。気合いとかはさすが1部だなって感じはしました。
林:ストロークとかがしっかりしているんですけど、自分たちもしっかりやれたかなって思います。

-ペアを組んだ経緯は
江見:インカレではお互い違う先輩と組んでて、今回組んで初めての大会でした。1回この大会の前に一般の大会で優勝したのがあってそれでお互い自信がついたので、それを機にって感じです。

-ダブルスではどんな練習をしてきましたか
江見:やはりお互いに試合をたくさん出ようということを意識しています。やっぱり練習だけではやれることが限られちゃうので、3月の大会に出場する予定なのでそれで試合慣れしていきたいと思います。

-前回のダブルス1回戦を振り返ると
江見:予選がなかった分、初戦ということもあってちょっと硬くなっちゃった部分はあったかなっていうイメージはあります。
林:自分は相手の1人は知っててそれに初戦だし、ちゃんと準備して入れました。しっかり勝てたので良かったです。

-ペアにおいての役割などはありますか
江見:お互いやっぱり、ストロークはしっかりしている部分があるので、特に役割っていうのはあまりないですね。お互いに攻めるタイプなので、そこをきちんと守りに入らずに攻めていこうという感じですね。

-お互いのプレーについて
江見:やっぱり私が動けない部分があり、普段だったら、自分が取らなきゃいけないボールとかポーチあったんですけど、そこを任しちゃった部分がありました。明日は自分もポイント取っていきたいと思います。
林:優生乃さんは自分が前のときは後ろでしっかりラリーしてくれる分自分は前でいいときは動けてるけど、だめなときはラリーで任せっきりになったり、後ろのときもストロークがみえてないときに迷惑をかけたりすることもあるので、明日はしっかり頑張ります。

-デュースに持ち込まれる場面も多く見られました
江見:デュースになると相手もそうだし自分たちにも大事なポイントです。そこにらお互いに思い切りがなかったから、デュースが続いたのかなという感じがしたので、明日はデュースとかの大事な場面では思い切りいきたいなと思います。
林:しっかり締めたいところでぐたぐたしてしまったので、明日はちゃんと早く取りきれるようにしたいです。

-お互いのシングルスを振り返って
江見:1回戦からタフマッチばっかで明日もきっと簡単に勝てる相手じゃないし、強い相手なので自分のテニスをできるように頑張りたいです。
林:1回戦は強い相手だったんですけど、試合前に体調管理を崩して、自己管理の無さを感じました。もうちょっとできたなと思うようなもったいない負けで悔しかったです。テニスも頑張ってかないといけないし、試合に向けての準備とかも見直さないといけないと思いました。体調は今はもう大丈夫で、ダブルスはしっかりと頑張りたいです。

-江見選手はシングルスではサーブで少し苦戦してるようでしたが、ダブルスまでにどのように修正しましたか
江見:サービスは本当に高校生の時から苦手意識があって試合中に入らなくなると考えすぎてしまう、永遠の課題です。私の中では気持ちの問題で気持ちがそのままサーブに出ちゃってるので、自分が気持ち的に厳しいときにサーブもそのまま入らなくなりますね。ダブルスはやっぱりパートナーもいて、のびのびできるので気にはならなったです。

-次の試合に向けて
江見:次のシングルスはシード選手に当たりますけど、ここまできたら厳しい戦いになると思うので、自分が今できることを、しっかりとやっていきたいと思います。ダブルスはシングルスの後なので、シングルスの勢いのまま、ダブルスも勝ちたいです、
林:勝てるように頑張ります。

フォトギャラリー

  • IMG 0166 R強烈なサーブを繰り出す寒川
  • IMG 0182 R惜しくもここで敗退となった
  • IMG 0241 R第4シードである主将長田は順調に勝ち進む
  • IMG 0282 Rフルセットにもつれるも、勝ちきった
  • IMG 1408 R江見はサーブに苦しんだが、見事白星
  • IMG 1445 R今日もストロークは冴えていた
  • IMG 1659 R息の合ったラリーを見せた江見(奥)・林ペア
  • IMG 1678 R林は調子を戻し、試合に臨んだ

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み