テニス

【テニス】平成28年度関東学生テニストーナメント大会 2日目 男女シングルス2回戦レポート

平成28年度関東学生テニストーナメント大会(春関)
男女シングルス2回戦
2016年5月3日(火)
有明テニスの森公園

大会2日目となる本日はシード上位の選手も名を連ねる。法大からは男子10名、女子1名が出場した。女子は江見優生乃(社3)が勝利。男子は5名が3回戦へと駒を進めた。

IMG 4243 R
フルセットの末、試合を制した太田

試合結果

男子シングルス2回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
小見山僚(スポ2) 6-2,6-2 諱五貴(明大)
藪巧光(経1) 7-6(9),0-6,4-6 巽寛人(早大)
塚越雄人(経4) 6-2,7-6(5) 須田恭平(順大)
長田和典(スポ4) 6(5)-7,0-6 古田伊蕗(早大)
鈴木保貴(スポ1)  1-6,4-6 切詰魁(明大)
寒川雄太(スポ3) 4-6,2-6 本城和貴(明大)
村上彰啓(経4) 3-6,7-6(5),6-2 齋藤聖真(早大)
前崎直哉(経2) 3-6,6-4,7-6(3) 坂井勇仁(早大)
太田悠介(経3) 3-6,6-3,6-3 斎藤和哉(中大)
山田晃大(社4) 6-2,6-2 中村進之介(慶大)

女子シングルス2回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
江見優生乃(社3) 6-3,6-0 羽澤未宥(駒大)
 

戦評

男子シングルス
 男子シングルスとして最初に登場したのは、小見山僚(スポ2)。相手は今大会第1シードの諱五貴(明大)。序盤からミスの少ない相手に、苦戦する。持ち前の力強いフォアショットで形成逆転を図るも、ファーストセットは2-6。気持ち新たにセカンドセット、と臨みたいところだったが第1シードの壁は高く、セカンドセットも2-6で完敗。残るダブルスに懸けた。
 続いてはこちらも2日連続出場の藪巧光(経1)。相手に物おじすることなく、のびのびとプレーした藪はブレイクやブレイクバックを経て、ファーストセットをタイブレークに持ち込ませる。勢いのままにタイブレークをものにし、このままセカンドセットといきたい藪。しかし、相手も意地を見せ、0-6と落としてしまう。ファイナルセットでは互角の戦いを見せるものの、最後の最後でブレイクを許し、4-6と敗戦。ここで姿を消した。
 法大勢としては最高順位の第5シードで春関に挑むのは塚越雄人(経4)。試合開始後は第2ゲームでブレイクし、幸先の良いスタートを切るが、その後ブレイクバックされてしまう。だが、塚越も黙ってはおらず、要所で決めきりファーストセットは6-2で先取。続くセカンドセットも優勢のまま進むかと思われたが、相手が粘りを見せ、タイブレークへ。一時は傾きかけた流れをたぐり寄せることに成功し、ストレート勝利を収めた。
 主将である長田和典(スポ4)は古田伊蕗(早大)と対戦。序盤にブレイクを許すが、その後ブレイクバックで試合をイーブンに運ぶ。しかし、あと一歩足りず、ファーストセットタイブレークまでいくが6-7。巻き返しを図るが、セカンドセット第2ゲームでブレイクされてしまうと、思うようなプレーができず、ミスを連発。結果0-6とストレート負けを喫した。
 第1コートで行われた寒川雄太(スポ3)の試合。相手は本城和貴(明大)だ。寒川サービスゲームから試合開始。第7ゲームでブレイクされてしまい、深い相手のショットに苦戦を強いられる。そのままファーストセットを4-6で落としてしまうと、セカンドセットは劣勢に。我慢のテニスから一矢報いることはできずに2-6で負けてしまった。
 鈴木保貴(スポ1)は第7シードの切詰魁(明大)相手にミスを重ねてしまう。ダブルフォルトも見られ、ファーストセットは1-6。しかし、セカンドセットは意地を見せ、必死に相手に食らいつく。完全に相手に傾いていた試合の流れも、自らのペースを取り戻しにかかる。だがセカンドセット4-6ともう少しのところで落としてしまい、黒星。
 続くのは山田晃大(社4)。山田サービスゲームから始まった試合は開始直後から優勢に進め、落ち着いてポイントを奪取していく。鋭いフォアショットで相手のミスを誘発し、ファーストセットは6-2で先行すると、相手の追随も許さぬままにセカンドセットも次々にブレイクしていく。終わってみれば6-2,6‐2と完勝で3回戦へと進んだ。
 副将村上彰啓(経4)はファーストセットは相手の流れにのまれてしまい、3-6で落とすが、セカンドセット第2ゲームでブレイクに成功する。長いラリーが多く見られ、両者互角の戦い。その後ブレイクバックされ、セカンドセットはタイブレークへと突入。あとがない村上はここぞと鋭いダウンザラインを決め、ポイントをとっていき、7-6でセットカウント1-1に持ち込む。相手のサービスゲームから始まったファイナルセットも、第1ゲームでブレイクすると、持ち味の粘るテニスで相手を追いつめていく。第7ゲームでもブレイクし、続く第8ゲームもキープ。6-2でフルセットの戦いを制した。
 第4シード坂井勇仁(早大)と対戦した前崎直哉(経2)は、ファーストセットは3-6で先取されてしまう。だが、セカンドセット、相手が繰り出すハイスピードフォアに対応しだした前崎が6-4で試合を白紙に戻す。運命のファイナルセットはブレイクに成功するも、その後ブレイクバックされてしまうという読めない展開に。ここでナイターとなり試合が中断。コートチェンジして心機一転、ファイナルセット第4ゲーム目から試合が続行された。ラインぎりぎりのきわどいショットで前崎が先行したかと思うと、相手もスマッシュを決める。手に汗握る展開のもと、試合はタイブレークへ。ミニブレイク合戦の中、ダウンザラインが決まり、そこから勢いに乗る。緊張感が漂う空気の中、集中力を保ちきった前崎が7-3でタイブレークをわがものにし、白星を挙げた。
 時を同じくして太田悠介(経3)の試合も混戦を極めていた。随所でサーブが光り、絶妙なドロップショットも見られたが、ファーストセットは3-6で粘り強い相手のテニスで劣勢に追い込まれる。しかし、急成長を遂げる太田が、コートのコーナーへのフォアを見せるなど徐々に試合を優勢なものへと進めていく。最後は太田らしいスマッシュで締め、試合はファイナルセットへ。ここでもナイターとなり、コートチェンジ。ファイナルセット開始から試合再開。相手のサービスゲームから始まる。好調のサーブも相まって、確実に自分のゲームはキープ。そして相手の甘いショットに果敢に攻め、見事ブレイクを重ねる。勢いにのった太田に相手もなすすべなく、第9ゲームも太田がブレイクし、6-3で試合に勝利。大きくガッツポーズを見せた。
 
女子シングルス
 本日最初に行われた女子シングルスの試合は、江見優生乃(社3)が登場。第1ゲームでブレイクするが、第4ゲームでブレイクバックされてしまう。しかし、その後ブレイクを成功させ、ファーストセット6-3。セカンドセットは完全に江見の流れ。相手もミスをしだし、優勢になった江見はクロスフォアを決めるなど調子のよさを見せつけ、6-0でストレート勝ち。3回戦進出を決めた。
 
 シード上位の選手が表れたことにより、混戦も見られた大会2日目。その中で唯一ストレート勝利を挙げた山田はチームにとっても貴重な存在となるだろう。フルセットの試合を繰り広げた村上、前崎、太田の3名は全員3回戦へと駒を進めた。特に前崎、太田は中断試合となったものの、勝ちきったことは大きな収穫となるはずだ。一方、長田、寒川、小見山、鈴木はダブルスの試合に望みを懸ける。3日目に行なわれるは男女単複。連戦となるが、自らの力を出しきり、勇姿を見せてほしい。(宮下尚子)

選手コメント

小見山僚 

ー今日の試合を振り返って
今日の相手は第1シードで1度も対戦したことない選手でした。去年の春の関東学生(春関)も2回戦で早稲田の選手(栗林聡馬)に負けてしまったので今年はもう少し上に行きたいと思っていました。しかし負けて、あぁ今年もかっていう気持ちでした。正直もう少しゲームが取れてもよかったかな、もう少しやるべきことがあったなと思います。とりあえずインカレ予選が決まってるんで、本戦に行けるようにこれから頑張っていきたいです。

ー強敵相手に対策は練っていましたか
インカレとかで対戦したことがある先輩がいたんで話を聞きました。フォアハンドが強くてバックハンドの方がフォアハンドに比べたら強くないからバック狙った方がいいよという話でした。でも相手どうこうじゃないと思うのでどんどん当たっていこうと思っていました。

ー実際に対戦してみて相手の印象は
相手は室内のインカレで優勝しててインカレも準優勝してるので相当強いというのは分かってたので、試合の序盤はびびって振りきれなくてやられてしまいました。途中から自分のテニスでポイントを取る場面が増えたので、もう少し決められるところを決めていればもっと競れたのかなと思います。

ー昨日の試合は圧勝でしたが
昨日の対戦相手は同い年で高校の時から大会で対戦したりしていて知っていたので結構やりやすかったです。6-1,2-0の時に相手が振り切ってどんどん攻めてきたので自分が引いて防戦一方になってしまったのでそういうところをしっかり直して自分から攻めていけるようにしたいです。

ー新進(平成27年度関東学生新進テニス選手権大会)ダブルス優勝後の練習は
新進でダブルスは優勝できたんですけどシングルスは高校の時強い相手と戦っても1回も負けてなかったので大学入って油断して負けてしまいました。シングルスは今まで打つだけという感じだったので少し変えて、苦手なバックハンドもしっかり練習してある程度戦えるように練習してきました。

ーダブルスで主将である長田選手と組んだ理由は
去年のリーグ戦でメンバーに入れてもらった時に調子の悪い先輩がいたので長田さんと組んで2回くらい出させてもらいました。ポイントとかシードとかも考えて今年のリーグも組むことになりました。

ー最後にダブルスにむけての意気込みをお願いします
シングルスは負けてしまったので残りはダブルスだけなので頑張ります。長田さんも相当強いので頼りになるんですけど、頼りすぎないようにしたいです。去年の4年生が決勝まで進んでたんで僕たちも決勝行って優勝できるように頑張りたいです。

藪巧光

ー今日の試合を振り返って
自分はチャレンジャーだったので思い切りできたと思います。結果は負けてしまいましたが内容は良かったと思うので次に生かせたらいいな、と思っています。

ーどういう点が良かったと思いますか
自分が得意なフォアハンドでしっかり攻めることができたのが良かったと思います。思い切りフォアで打てました。

ー予選の試合内容について
2次セミファイナルで対戦したことない相手と当たって競ってしまいました。でも勝ったのでそれが自信につながりました。

ー1回戦の内容をどのように振り返りますか
自分も相手もあまり調子は良くなかったと思います。良くない状況の中で自分の方が積極的にチャレンジできたから勝てたと思います。

ー萬福選手と組むダブルスでの役割は
僕はあまりダブルスが得意ではないので萬福選手に引っ張ってもらってる感じです。でも僕はストロークが基本なんで後ろで作るのは僕の役目だと思ってます。

ー初めての春の関東予選を終えて
強い選手がたくさんいて刺激になりますね。大学では関東でトップレベルの選手が集まってくるので高校で勝てた時とは違うと思いました。もっと自分が強くならないとここでは勝てないというのが分かりました。

ー今後にむけての目標は
春関や夏関(関東学生テニス選手権大会)でトップに行くことです。 

フォトギャラリー

  • IMG 3830 Rストレート勝利の江見
  • IMG 3950 R第1シード相手に敗北を喫した小見山
  • IMG 3964 R最初の春関を終えた藪
  • IMG 4043 R第5シードの塚越
  • IMG 4074 R寒川も残るはダブルスだ
  • IMG 4086 R熱戦を勝ちきった村上
  • IMG 4122 R主将長田は小見山とのダブルスに期待が懸かる
  • IMG 4152 R今後の成長が楽しみな鈴木
  • IMG 4204 R第4シードを倒した前崎
  • IMG 4243 R単複好成績が期待される太田
  • IMG 4260 R山田は圧勝で3回戦へ出場
  • IMG 4289 R中断試合となるも熱戦を制した前崎(写真はナイター時のもの)
  • ※一部写真が見づらくなっております。ご了承ください。
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み