テニス

【テニス】平成28年度関東学生テニストーナメント大会 5日目 男子ダブルス準々決勝、女子シングルス準々決勝レポート

平成28年度関東学生テニストーナメント大会
男子ダブルス準々決勝、女子シングルス準々決勝
2016年5月6日(金)
有明テニスの森公園

ベスト8の面々が出そろった。男子ダブルスには寒川雄太(スポ3)・鈴木保貴(スポ1)が、女子シングルスには江見優生乃(社3)が名を連ねる。はたして、彼らは勝利を収め、ベスト4に名を残すことに成功したのか、その結果やいかに―。

IMG 5841 R
ベスト8止まりとなった寒川(写真右)・鈴木ペア

試合結果

男子ダブルス準々決勝

勝敗選手名スコア対戦相手
寒川雄太(スポ3)・鈴木保貴(スポ1) 2-6,1-6 小堀良太・坂井勇仁(早大)

女子シングルス準々決勝

勝敗選手名スコア対戦相手
江見優生乃(社3)  2-6,6-3,3-6 寺見かりん(山学大)
 

戦評

女子シングルス
 江見優生乃(社3)は第3シードである寺見かりん(山学大)と対戦。江見のサービスから始まった試合は、いきなり第1ゲームでブレイクされる。しかしその後相手のテニスに慣れを見せはじめた江見。次第にラリーの主導権を握っていく場面も見られるも、サービスの調子が悪いことも相まり第5ゲームでもブレイクされてしまう。反撃を試みるもののファーストセットは2-6。続くセカンドセットはブレイク、ブレイクバックと両者互角の戦いを繰り広げる。ライン際を狙うショットを繰り出す相手に苦戦しつつも、江見も鋭いフォアショットで対抗。そして第8ゲームでブレイクに成功するとセカンドセットをものにし、セットカウント1-1。試合を白紙に戻す。ファイナルセットもどちらも譲らず、読めない展開へ。ブレイク、ブレイクバックを経て、第8ゲームでブレイクを許し、あとがなくなった江見。第9ゲームではデュースに持ち込むが、あと一歩及ばず。ファイナルセットは3-6と敗北を喫した。

男子ダブルス
 男子ダブルスの寒川雄太(スポ3)・鈴木保貴(スポ1)が対峙するのは小堀良太・坂井勇仁ペア(早大)だ。第1シードの相手にどこまで攻められるか。試合の流れは序盤から早大ペア優勢。第1ゲームは寒川サービスゲームとなるが、ブレイクされ出鼻をくじかれるが、その後の第2ゲームでブレイクバック。寒川の強烈なフォアで相手の足を止める。しかし第3、4ゲームを連取される。第5ゲームでは寒川のサーブが光り、キープするもののファーストセットは2-6で落としてしまう。セカンドセットも第1ゲームでブレイクされ、相手を追いかける展開となる。鈴木も好調なサーブでキープし、どうにかしてブレイクバックする隙を伺うが、一つ一つのポイントを確実に決める相手になすすべなく試合は進んでいく。第6ゲームではラリー戦に持ち込み、ねばるテニスで相手のミスを誘うものの、要所で決めきる早大ペア。第7ゲームもブレイクされてしまい、1-6。実力差を突きつけられた結果となった。(宮下尚子)

総評

 今日で法大勢の春関は終了した。振り返ってみると、1年である鈴木や2年の前崎直哉(経2)が大きく躍進した。特に前崎はインカレ(全日本学生テニス選手権大会)を男子単複本直が決定。インカレでも大いに期待できるはずだ。組んでまもない寒川・鈴木ペアがベスト8まで勝ち進んだことも日頃の成果の現れか。しかし、課題も多くある。法大勢として最高シードである塚越雄人(経4)や主将長田和典(スポ4)、副将の村上彰啓(経4)、男子ダブルスとしては山田晃大(社4)・塚越には高成績が期待されていただけに今後、インカレでいかに結果を残せるかが重要となる。インカレまであと約3ヶ月。残された時間は多くはない。その間にできることを各々が見つめ直し、自らを鍛錬していってほしい。(宮下尚子)

選手コメント

寒川雄太・鈴木保貴ペア

ー今日の試合を振り返って
寒川:相手が第1シードなので、ちょっとお互い弱気な部分があって、自分のプレーいつも通りのプレーができなかったです。
鈴木:相手が第1シードで大学生のトップの人たちだから、やっぱり高校までのダブルスとは全然違ってスピードや動きの速さ、テクニックも違うので、全然経験不足というか対応できませんでした。インカレまでまだあと数ヵ月もあるので、もう一度練習して頑張りたいと思います。

ー相手に対しては、どのような対策をしていましたか
寒川:すごく球が速かったので、しっかりボールをよく見ていました。反応できるように集中して、1ポイント1ポイント集中しないとポイントが取れない感じだったので、最初から最後まで集中していました。
鈴木:やっぱりテクニックが上なので、声を出したりとか応援を頑張ってしてもらったりして、そういうので流れを自分たちにしようと思ったけどだめでした。

ーファーストセットとセカンドセットの間はどのようなことを話して準備していましたか
寒川:ファーストセットはすごく押されて声が出ていなかったので、声を出して勢いよくやろうと話しました。

ー法大男子として唯一今日まで勝ち上がってきました。そんな中で今日負けてしまったことについて
寒川:最後まで勝ち残りたかったです。
鈴木:大学入って初めての試合で、ダブルスは本戦からでしたが、シングルスは一次、二次予選からやったからすごく大会期間が長く感じて。実際長くて、色んなところを移動したりして、その中でダブルスだけ残って。本当はシングルスも残りたかったですけど、最後まで残れたというのは良い経験になったと思います。

ー春関全体を振り返って
寒川:シングルスは1回戦を勝って2回戦で負けてしまってインカレが予選からで、ダブルスはベスト8まで残れてインカレ本戦でシードなんですけど、やっぱりシングルスもインカレ本戦から出たかったなっていう気持ちがあります。
鈴木:僕もダブルスはこれで本直が決まって良かったっていうのもあるし、あとインカレまでに力つけないといけないというのもあって、シングルスはもっともっと体力面で鍛えないとインカレ予選からだから予選から上がるってなると試合が多くなっていって、また体的にもきつくなると思うけど、それに耐えれるくらいトレーニングしてもっと大学生のテニスについていけるように動きのスピードとかテクニックとか上げて頑張りたいと思います。

ー鈴木選手は先ほどお話にもあったように、大学最初の試合とのことですが、大学生のレベルをどのように感じましたか
鈴木:やっぱり一次二次は高校のときの県予選の1回戦2回戦とかとは全然違って、みんな関東に集まってくるから関東のレベルが高くて、一次とかから高校時代に名前聞いたことある人だったり、二次だったら昔強かった人とかが多くて、そういうところでやっぱり色々プレッシャーはあったけど、ちゃんとシングルスもダブルスも関東上がれてインカレを、インカレ予選になってしまったけれど決められたのは、1年目だったら最初の春関では頑張れた方かなと。

ー見つかった収穫や課題は何かありますか
寒川:ダブルスは結構良かったんですけど、シングルスのときに大事なポイントで取りきれない、大事なポイントは攻めないといけないのに、ちょっと弱気になったりすることがあったのでポイントの要所でしっかり決められない自分に陰気づきました。
鈴木:シングルスではもっと体力面で鍛えないと、やっぱり体力に不安があるからファーストセカンドで取らなきゃいけないとかファイナル入っちゃいけないっていうのがあるしそういうのに気がいっちゃうので、どれだけ長い試合になってももっと自信持ってやれるような体力をつけたいです。ダブルスだったらもっともっとひとつひとつのテクニックをつけないとあういう相手になってくると勝てないというのが分かったから、もっと練習を頑張りたいです。

ー今後の目標は
寒川:リーグ(関東学生テニスリーグ)優勝に向けて頑張りたいと思います。
鈴木:1年目からリーグのメンバーになって、リーグ出てチームに貢献して王座いきたいなと思います。

江見優生乃

ー今日の試合を振り返って
ベスト8ということで、周りもすごくレベルの高い試合をしていると自分でも分かっていて、なので自分は一番下で、プレッシャーはないと思っていたのですが、いざ試合会場のコートに立つと、緊張してしまって、雰囲気に。そういう部分があって、最初の1セット目は全然足も動かずという感じだったんですけど、2セット目からは少しずつ自分のペースもつかんできて、やっと自分の実力は出せたかなという感じはします。

ーフルセットマッチになることは予想されていましたか
いや、全く。自分の中では格上の選手だと思っていたので、フルセットいけたことに関しては自分の調子がよかったのかなと思います。

ー相手選手と対戦するのは初めてですか
たぶんシングルスは初めてな気がします。

ー試合が始まる前、どのようなことを考えていましたか
ベスト8まできて、みんなが応援に来てくれて、こういう場で試合できるというのはめったにないことだと思っていたので、試合を楽しもうという感じで思っていました。

ー昨日の夜はどう過ごされましたか
家に早く帰ることができたので、きちんと寝ました。

ー今年の春関を振り返って
シングルスは自分の目標としていたベスト8を達成できたのはすごく嬉しい気持ちでいっぱいなんですけど、やっぱり本番は夏ということもあるので、インカレまで自分の実力を上げていきたいです。いろいろ目標や課題もできたので、そこをきちんとしていきたいなという。ダブルスは自分がシングルス終わって、また次にダブルスというパターンが多かったので、そのときにやっぱりシングルスのあともう一回ダブルスという気持ちの切り替えができるように、夏までにはしたいかなという感じです。

ー法大女子テニス部のエースとして考えること
部活の中でも部をまとめるとか、後輩に指導するとかそういう立場じゃないので、自分はあまり言わない立場なので、エースだったらエースなりにテニスの成績とか、試合とかでみんなを引っ張っていけるようにしたいという気持ちがあります。

ー今後の目標
初めてシングルスの本戦に出れるということもあるので、そこはきちんと自分で目標をたてて、リーグ前ということもあるので、インカレでいい成績を残したらやっぱりリーグもそのまま続いていけると思うので、まずはしっかりインカレで自分の成績を残して、2部昇格を目標にしていきたいです、今年こそは。

フォトギャラリー

  • IMG 5534 R「緊張していた」と語る江見
  • IMG 5365 R第3シード相手に互角の戦いを繰り広げた
  • IMG 5605 Rインカレはシングルス本直決定
  • IMG 5697 Rインカレでも期待がかかる
  • IMG 5713 R今大会からのペアである寒川(写真右)・鈴木
  • IMG 5716 Rベスト4進出とはならず(写真左:寒川、右:鈴木)
  • IMG 5841 R寒川(写真右)・鈴木ペアもインカレ本直を決めた
  • IMG 5827 R法大男子テニス部の核となるに違いない(写真左:寒川、右:鈴木)
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み