テニス

【テニス】全日本学生テニス選手権大会 3日目 男女シングルス3回戦、男子ダブルス1回戦レポート

全日本学生テニス選手権大会
男女シングルス3回戦、男子ダブルス1回戦
2016年8月16日(火)
岐阜メモリアルセンター

大会も3日目となり本日は男女シングルス3回戦と昨日雨天のため中断となった男子ダブルス1回戦が行われた。シングルスでは男子3名、女子は江見優生乃(社3)が出場。男子ダブルスには3組が出場。特に塚越雄人(経4)、太田悠介(経3)は単複どちらも試合があり過密スケジュールとなった。

IMG 0197 R3試合連続でストレート勝ちを収めた太田

試合結果

男子シングルス

勝敗選手名スコア対戦相手
塚越雄人(経4) 6-2,6-4 柴野晃輔(関大)
村上彰啓(経4) 4-6,5-7 坂井勇仁(早大)
太田悠介(経3) 6-4,6-3 矢多弘樹(関大)

女子シングルス

勝敗選手名スコア対戦相手
江見優生乃(社3) 0-6,0-6    押野紗穂(慶大)

男子ダブルス

勝敗選手名スコア対戦相手
太田・前崎直哉(経2) 3-6,2-6 木島駿・丹波谷克志(早大)
山田晃大(社4)・塚越 6-3,1-6,10-4 高村列司・島田達也(関大)
 米田崇人(社2)・楠原悠介(経1) 6-4,6-3 細川和希・柴野晃輔(関大)
 

戦評

 シングルス3回戦、太田悠介(経3)は矢多弘樹(関大)と対戦。力強いテニスを繰り広げる太田に優るとも劣らないショットを見せる矢多。随所に威力のあるサーブやリターンで太田を苦しめる。しかし、そんな相手にも力負けせず、6-4で第1セットを奪うと、第2セットもその勢いは衰えず、第9ゲームに2度目のブレイクで勝負あり。ストレート勝ちをおさめた。

 時を同じくして行われた村上彰啓(経4)と坂井勇仁(早大)との対決はし烈を極めた。ラリーに持ち込み、「しつこく、しつこく」つないで相手のミスを誘うテニスを信条とする村上。序盤はそのテニスが効果的に決まり、お互いサービスゲームをキープし続ける展開に。しかし、第9ゲームで初めてブレイクを許すと、続く第10ゲームでサービスキープされ第1セットを落とす。続く第2セットでも村上の粘りのテニスは健在。ただこの「我慢比べ」ともいえる試合で上手だったのは意外にも坂井。村上はミスが目立ちはじめ、粘りに粘った末にゲームを落とす、といった悔しい展開が続く。お互い疲れの色が見えはじめた中盤にはブレイクの応酬となり、荒れた展開となるが、セットの終盤で集中力を見せた坂井がゲームを連取し、第2セットは5-7。約2時間半にもわたった「死闘」は悔しい村上のストレート負けで幕を閉じた。

 続いては塚越雄人(経4)が柴野晃輔(関大)と対戦。第1セットは2度のブレイクによって危なげなく6-2で勝ち取る。続く第2セットはブレイクを奪った直後の第4セットにブレイクバックされ、この試合はじめてブレイクを許してしまう。ただサービスエースを連発するなど、好調を維持する塚越は止めることができない。6-4で難なくこのセットを抑えストレート勝ち。順当に駒を進めた。
 
 そして女子シングルス3回戦に江見優生乃が登場。しかし、本来の力を発揮できず、サービスゲームをキープすることができない。第5、第6ゲームはデュースにもつれるも、共に落としてしまい、0-6。続く第2セットでも40-0からサービスゲームを落としてしまうなど、不本意な展開が続き、またも0-6。見せ場をつくることができずにコートを去ることとなった。  

 続いて男子タブルスが1日遅れでスタート。米田崇人(社2)・楠原悠介(経1)の下級生ペアは予選を勝ち抜いての出場だが、息の合ったプレーで見事ストレート勝ち。塚越雄人(経4)・山田晃大(社4)ペアは、第2セットでの不振を払拭するかのようにスーパータイブレイクで躍動。2-1で勝利をおさめた。太田悠介(経3)・前崎直哉(経2)ペアは、上背のある相手に苦戦。角度のあるサーブや前衛からの強烈なボレーに対応できずストレート負けを喫した。
 
 4回戦進出は塚越、太田の2人。共に連日のストレート勝ちで好調ぶりをアピールした。タブルスでは米田・楠原ペア、塚越・山田ペアが2回戦に進出。対して村上、江見、太田・前崎ペアはここで敗退となった。大会もいよいよ佳境。今月末に控えるリーグ戦でも顔を合わせる選手たちが数多く参加するこの大会。ここでの好成績は大きな意味を持つことになるだろう。(戎井健一郎) 

 

選手コメント

村上彰啓

―長時間にわたる激戦でしたが今のお気持ちは
燃え尽きました。相手も強くて。でも出し切れたんで、悔しいのもあるんですけど、最後の試合でここまでできたので楽しかったです。 

―ラリーに持ち込むのが得意な村上選手ですが、相手選手の粘りも驚異的でした。苦しかったのではないでしょうか
最初向こうは打ってくる展開で、途中からつないでくるテニスになったので自分の土俵に持ってこれたんですけど、そこから僕のプレーが固くなったというか、ちょっと攻め急いだところがあったので。僕が徹底してやり続ければまた変わったと思うんですけど、ちょっと焦っちゃったかなというのは反省としてあります。

―徹底してやり続けるべきだったものとは
「しつこく、しつこく」というところですね。僕も攻めようとしてミスしちゃったりしたので、もっとしつこくしつこくやって相手を振り回すようにやっとけばちょっと違った展開があったんじゃないかなと思います。

―途中ブレイク、ブレイクバックが連続する時間帯がありましたがその要因は
プレイが雑になってしまってゲーム取られて、そっからまずいという危機感で取り返してという感じで。お互い疲れてたので、集中力が切れたという意味でもああいう展開が起こったのかなと思います。 ーかなり長丁場な試合となりましたが、体力面は 死にそうでした(笑)。 

―リーグに向けて
シングルス全勝するので。個人戦は自己満足なので、リーグ戦は部活のために、あと4年生としてずっとやってきた集大成だと思うのでがんばります。

太田悠介・前崎直哉

―今日のダブルスの試合を振り返って
前崎:相手が強かったです。声をすごく出してる相手だったので迫力に押されてしまいました。
太田:勢いにやられました。いつもは俺たちも声出すんですけど今日は全然出せなかったです。押されっぱなしでしたね。

―相手は身長が高かったですが
前崎:あまり高さによる差は感じなかったです。
太田:相手の高さよりもインドアだったことの方が影響しましたね。ボールが見えづらかったです。
前崎:ネットがあるから本当に見づらいです。外の方が良かったなって思いました。

―終始苦笑いが見受けられましたが理由は
前崎:予想以上に相手の調子が良かったです。スーパープレイの連続でお手上げでした。
太田:良いサーブとか良いリターンがたくさん来て流れを掴めなかったのが原因かな、と思います。

―どのように試合を立て直そうと思ってましたか
太田:思い切って前に行くしかないかなって思いました。相手に合わせて打つと決められる感じだったので前に出たんですけどうまくいかなかったです。
前崎:どうしようもなかったとしか言えません。相手のプレイが良すぎました。厳しかったです。勝つビジョンが見えなかったのが1番辛かったです。

―前崎選手はシングルスでも木島選手との対戦でしたが
前崎:シングルスでも声を出している印象でした。それはダブルスも同じでした。いつでもパワフルな感じなので勢いで持ってかれましたね。シングルスもダブルスも負けられないなと思ってたんですけどシングルス負けてしまったのでダブルスは勝ちたかったんですけど、まぁしょうがないです。どうしようもないの一言しか出てこないです。  

―太田選手はシングルスのあとダブルスの連戦でしたが

疲れはそんなになかったんですけど、ダブルスの練習あんまりできてなくてテンポに合わせられなかったです。サーブとかリターンとかもうちょっとしっかりやっていきたいなと思いました。  

―前崎選手、初めてのインカレを振り返って

春関で良い感じで勝てて今回単複本戦からになったんですけど…。春関で得た自信を持ち続けられれば良かったんですけどなかなか自信が持てなかったです。全然だめでしたね。  

―太田選手、明日のシングルスに向けて

シングルスに向けて気持ちを切り替えて今からしっかり練習頑張ります。法政の選手結構負けちゃってるんで勝てるように明日も一生懸命頑張ります。

フォトギャラリー

  • IMG 0197 R3試合連続でストレート勝ちを収めた太田
     
  • IMG 0177 R惜しくも3回戦敗退となった村上
  • IMG 0212 R好調を維持している塚越
  • IMG 0273 R強敵に屈した江見
  • IMG 0275 R女子では唯一の本戦出場となった
  • IMG 0362 R初めての出場ながら2回戦進出を果たした米田(右)・楠原(左)ペア
  • IMG 0412 Rファイナルまでもつれるも勝利した山田(左)・塚越(右)ペア
  • IMG 0453 R相手に主導権を握られた前崎(左)・太田(右)ペア

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み