テニス

【テニス】平成29年度関東学生テニストーナメント大会 3日目 男子シングルス3回戦、男子ダブルス2回戦、女子シングルス2回戦、女子ダブルス1、2回戦 レポート

平成29年度関東学生テニストーナメント大会
男子シングルス3回戦、男子ダブルス2回戦、女子シングルス2回戦、女子ダブルス1、2回戦
2017年5月3日(水)
有明テニスの森公園

 

IMG 4385 R
シングルス優勝への道は途絶えてしまった(太田)

試合結果

男子シングルス1回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
岡垣光祐(経1) 1-6,1-6 斎藤聖真(早大)
寒川雄太(スポ4) 1-6,2-6 島袋将(早大)
太田悠介(経4) 2-6,0-6 岩崎歩(早大)

男子ダブルス2回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
小見山僚(スポ3)・楠原悠介(経2) 6-3,6-2 藤井俊吾(社2)・柚木武(スポ1)
※同校対決となった。

女子シングルス2回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
小松茉莉菜(経1) 1-6,1-6 斎藤佳帆(明大)
江見優生乃(社4) 6-4,6-0 金山晴菜(明大)
下地奈奈(社2) 1-6,1-6 田中文彩(亜大)
竹内あやか(社1) 1-6,3-6 小松莉菜(東学大)

女子ダブルス1回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
林彩子(社3)・下地奈奈 5-7,4-6 楚南美波・高橋玲奈(東学大)

女子ダブルス2回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
江見優生乃・長野あさか(社4) 5-7,1-6 村瀬早香・押野沙穂(慶大)

戦評

男子シングルス
 昨日から勢いに乗る期待のルーキー、岡垣光祐(経1)は序盤、持ち前の正確なショットを武器に、シードの相手と互角に渡り合うも、第4ゲームにサーブミスによるブレイクを許す。その後、勢いづいた相手を止めることができず、第1セットを先取される。その後の第2セットでは、相手の強烈なフォアハンドにより、上手く返すことができず、序盤から主導権を握られ、ストレート負けを喫する。
 2回戦では落ち着いたプレーを見せた寒川雄太(スポ4)。ストロークを得意とする寒川だが、相手の方が一枚上手だった。長いラリーでジリジリとポイントを取られ、最終スコアは1-6,2-6。最後の春関シングルスを3回戦  で終えることとなった。    
 チームの柱、太田悠介(経4)の対戦相手は2回戦で鈴木保貴(スポ1)を下した岩崎歩(早大)だ。力強いサーブで開始早々3ゲームを連取されてしまう。さらに、岩崎は太田のプレイスタイルを研究していたのかバックハンドに集中的にボールを集め、太田にとって攻めにくい環境を作り上げた。そんな状況を打破するべく、太田は積極的に前へ出る。しかし、岩崎は空いた後ろのスペースを見逃さなかった。逆を突くショットを連発し、太田を突き放す。2-6,0-6で試合終了。太田は本領を発揮できずに悔しい敗戦となった。
 
男子ダブルス
 本日最後の試合、小宮山僚(スポ3)・楠原悠介(経2)ペア対藤井俊吾(社2)・柚木武(スポ1)ペアは法大の上級生と下級生の対決となった。ファーストセットは、3ゲームに、小宮山・楠原ペアがブレイクすると、安定した試合運びを見せ、先取した。セカンドセットは中盤まで互角の戦いであったが、途中でコートチェンジの為、試合が中断。その後、完全に流れを掴んだ小宮山・楠原ペアが完全に流れを掴んでストレート勝ち。先輩としての負けられないプレッシャーを見事に跳ね除けた。
 
女子シングルス
 小松茉莉奈(経1)だが、ファーストセットから非常に長いラリーが続く。しかし、これを決めきることができず、序盤から主導権を握られ、ファーストセットを落としてしまう。セカンドセットはロブショット等を絡めながら自ら仕掛けていくが、これを相手に上手く返され流れを掴めない。結果、2ゲームしか取ることができず、ストレート負けとなった。
 江見優生乃(社会4)は序盤、男子も驚くような相手のパワーに押されたものの、相手の弱点を見抜き、左右に揺さぶりをかけることでファーストセットを奪取。続く、セカンドセットは完全にペースを掌握する。左右自在にショットを操り、相手の体力を消耗させ、一ゲームも落とすことなくセカンドセットも勝ち取り、法大に本日初の白星をもたらした。江見自身にとっても、見事に、ダブルスの雪辱を晴らす試合となった。
 1回戦の同校対決で主将・長野あさか(社4)に勝利した下地奈奈(社2)。今試合ではネットやアウトによる失点が多く、ファーストセットでは首をかしげる場面も。「自分の思い通りにプレイできなかった」と振り返った下地。セカンドセットではファーストセットより動きが良かったものの、巻き返しまでには至らず。1-6,1-6で2回戦敗退となった。
 ニューフェイスの竹内あやか(社1)はファーストセット、1ゲーム目からブレイクに成功。このまま優勢で試合を進めるかと思われた。しかし、小松莉奈(東学大)の強烈かつ左右に揺さぶるストロークに翻弄され、1-6,3-6で試合を終えた。
 
女子ダブルス
 昨日の中断からのスタートとなった林彩子(社会3)と下地奈奈(社会2)のペアは、昨日のセカンドセットと同様に一進一退の攻防が続き、双方がキープして迎えた第10ゲームにショットを上手くコントロールできず、ブレイクを許し、惜しくも敗退する。
 最上級生ペアとして臨んだ江見優生乃(社4)・長野あさか(社4)。ファーストセットはあと一歩及ばず、5-7で取られてしまう。接戦による疲れが出たのか、セカンドセットでは4ゲームを連取されてしまう。必死にゲームを取ろうとするも、取れたのは第5ゲームのみ。後半の失速により5-7,1-6で敗れた。
 
(高野茜・相原将太)

選手コメント

岡垣光祐

ー今日の試合を振り返って
昨日と同様の相手で今日も強烈なショットで押してくる相手でしたが、今日は最初から力の差を感じてしまい、相手のペースで試合が進んだことは悔しいです。

ー昨日が法大への入学以降初めての公式戦でしたが、緊張しましたか
昨日は特に緊張しました。最初の出だしが悪く、ファーストセットを取られてしまいました。また、ファイナルセットに入り、ゲームカウントが5対1と大きくリードした場面で、勝ちを意識し過ぎて緊張した場面があったのでそこは課題であると思いました。

ー高校と大学でのレベルの違いについて
僕は小柄なのですが、相手とこれまで戦った人達を比べて、体格が大人びていて、自分はパワー負けをしました。また、コート内での緊張感や応援が今までに感じたことがないほど凄かったので、試合中に驚いたり、圧倒されることがありました。

ー今後に向けての課題
今回、1年生で予選を勝ち抜けたのは大きな収穫であり、本戦を経験できたので、より一層フィジカルを強くしなければならないのと、精神面で逃げてしまう部分があったので、練習を重ねて、自信を持って試合に望めるようにしていきたいと思います。

ー次の大会へむけて
また今回と同様に大きな大会があると思うので、今回の反省を活かして、上位に入れるように頑張りたいと思います。

林彩子・下地奈奈

ー今日の試合を振り返って  
林:相手が結構上手で、ペースを持っていかれてしまいました。  
下地:自分的に今日負けた原因は大事なポイントが取れなかったことです。1セット目の5-5だったときにデュースが何回も続いてたのにそのゲームを取れなかったり、2セット目も4-4の時に取れなかったり。キープしたかったポイント、取っていたら自分達がリードしていたポイントを取れなかったところが原因だと思います。    

ー大事なポイントを取るために必要なことは  
下地:気持ちで引いている面もあったのかなと思います。もっと強気で自分たちから攻めるべきだったかなって。相手のミスを待ってしまったりとか、相手が積極的に出てきたことでやられてしまったりとか。自分たちから一本取りに行けたらよかったかなと思います。    

ーペアとしての役割は  
下地:私は後ろです。  
林:自分は前ですね。調子いいときはそれで(点が)取れるんで。    

ー春関でのダブルス全試合を振り返って思うことは  
下地:組み始めたころに比べたら合ってきていると思います。  
林:確実に点を取る方法が必要だと思います。これは絶対に決められるっていう形があったら大事な時に自信を持てると思います。今はそれがないから戸惑ってしまいます。これから考えていきたいです。    

ーシングルスについてはいかがですか  
下地:長野(あさか)さんは先輩で、先輩からしたら最後の春関なんですけど、自分はまだ2年生なので自分は何も考えずに思い切ってやろうと思っていました。今日の試合では相手(田中文彩=早大)がずっとペース握ってて自分が何かをするということはなかったです。最後になって自分から攻めるっていうパターンができたのでそれをもっと早めに分かれば良かったなと思います。自分の思い通りにプレイができませんでした。  
林:勝てない相手ではなかったんですけど、相手(助川峰理=早大)は結構粘り強かったし、サーブも要所要所しっかり打ってきました。ファーストセットは相手のミスもあって取れたんですけど長いラリーになった時に簡単に(ボールが)浮いてこないので最後決めきれなくて自分がさきにミスをしてしまったり、打たれてしまったりしてしまいました。取れそうで取れなかったです。自分から攻めなかったから最後に逆転されてしまったと思います。  

 ーこれからの目標は  
林:シングルスに関しては大事なところで自分から攻めていけるようにしたいです。ダブルスもそうです。大事な時にラリーするだけとか相手次第になってしまう時が多いので自分から取りに行けるように練習していきたいです。  
下地:シングルスは今日もそうだったんですけど相手のペースではなくて自分のペースで試合展開できるようにしないとこれからは勝てないと思いました。ダブルスは大事な時に取りに行くために気持ちの面も改善していきたいです。

 

藤井俊吾・柚木武

ー今日の試合を振り返って
藤井:自分の経験は浅いですが自分が2年生で、相方が1年生ということで、最初のセットからもっと自分が工夫して、自分が何をすべきなのかを考えてやれば流れが変わったと思いました。また、課題はハッキリしていましたが、相手のことを知っているということもあり、疲れが溜まってしまい、つぎのプレーをどうすべきなのかを考えきれずに簡単にゲームを献上してしまう場面がありました。
柚木:自分に与えられた役割があり、サーブ時にアプローチ等を一本で決められない場面があり、それがブレイクに繋がってしまったのは課題です。また、スマッシュ時に相手に動向を読まれていたことは分かっていたので、そこでひと工夫できれば良かったと思いました。

ー相手は先輩でしたが
藤井:向かって行こうと思って戦いました。
柚木:自分も同じく向かって行きました。

ー次の大会へ向けて
藤井:もともと精神面が弱いのと、技術面がまだまだ周りと比べて劣っているので、全てを少しずつ上げて行かなければならないです。
柚木:フィジカル面や、技術面でもまだまだ課題ばかりなので、次の大会までに体づくりや、練習を積み重ねて課題を克服できるよう頑張りたいです。

フォトギャラリー

  • IMG 4518 R積極性を求められる下地
  • IMG 4359 Rダブルスで挽回なるか(寒川)
  • IMG 4456 R歯車がかみ合ってきた林
    (左)・下地ペア
  • IMG 4481 R小松は新戦力として期待が懸
    かる
  • IMG 4757 R同校対決を制した楠原(左)・小見山
  • IMG 4385 Rシングルス優勝への道は途絶えてしまった(太田)
  • IMG 4427 R安定感のある江見(左)・長野
  • IMG 4331 R新入生ながら3回戦出場を果たした岡垣
  • IMG 4783 R先輩に向かっていった藤井(左)・柚木
  • IMG 4566 Rシングルスで残っているのは江見ただ1人
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み