テニス

【テニス】平成29年度関東学生テニストーナメント大会 4日目 男子ダブルス2、3回戦 女子シングルス3回戦レポート

平成29年度関東学生テニストーナメント大会 4日目 男子ダブルス2,3回戦 女子シングルス3回戦
2017年5月4日(木)
有明テニスの森公園

3日目終了時点で男子シングルス、女子ダブルスで勝ち残っている法政の選手の数は0。その分、男子ダブルス、女子シングルスに期待が懸かる。しかし、日程が進むにつれ、越えなくてはいけない壁も高くなる。法大テニス部はどこまで越えていけるか。

IMG 4848 R
女子で唯一インカレへの切符を手にした江見

試合結果

男子ダブルス2回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
寒川雄太(スポ4)・鈴木保貴(スポ2) 6-1,6-2 布目関士・石口雅人(青学大)
太田悠介(経4)・前崎直哉(経2) 2-6,5-7 古賀大貴・安上昂志(早大)
※寒川・鈴木ペアは勝利するも寒川のけがにより棄権。

男子ダブルス3回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
小見山僚(スポ3)・楠原悠介(経2) 2-6,2-6 齋藤聖真・高村佑樹(早大)

女子シングルス3回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
江見優生乃(社4) 6-0,6-4 渡辺理子(青学大)
 

戦評

男子ダブルス
 2回戦から登場した寒川雄太(スポ4),鈴木保貴(スポ2)ペア。試合前、鈴木が突然の鼻血で試合開始が遅れるなど、体調面で心配されたが、試合が始まるとそれは杞憂に終わる。早々のブレイクを果たすと寒川の強力なサーブと鈴木のボレーで次々と得点を重ねていく。ファーストセットは1度のキープしか許さない完ぺきなテニスで制した。セカンドセットも自分たちのペースで試合を進める。最終ゲームは寒川がサーブで圧倒。サービスエースを何度も奪うと、鈴木も正確なストロークで、活躍をみせる。このセットも奪いベスト16入りを果たしたが、寒川のコンディション不良により、3回戦を棄権した。
 
早大相手に連敗が続いている法大男子テニス部。太田悠介(経4)・前崎直哉(経3)ペア、小見山僚(スポ3)・楠原悠介(経2)ペアが対峙するのはその因縁の相手、早大となった。    

第3ゲームまで互いにキープを続けていた太田・前崎ペアの試合は第4ゲームでブレイクされ、天秤が傾く。ファーストセットの運命を決めた第8ゲームは9回もデュースを迎えるほどの接戦に。太田・前崎は正念場を迎えた。しかしさすがは早大、要所でも焦らずにポイントを決める。ボレーが決め手となりファーストセットは早大の手に渡った。アドバンテージを5回以上握ったゲームだっただけに、太田・前崎は肩を落とした。早大は勢いそのままに前崎のサービスゲームであるセカンドセット第1ゲームをブレイクすると第5ゲームもブレイク。ゲームカウント1-4。負けられない太田・前崎の必死の反撃が始まる。3ゲームを連取し4-4と早大に追いついた。互いにキープし、5-5。何とか試合をつなぎとめた。第12ゲーム目。相手の強いストロークに押され、後半の追い上げもむなしく5-7。逆転できるかと思われたが3回戦への高い壁が太田・前崎の前に立ちはだかった。    

法大勢最後の希望である小見山・楠原ペア。第3ゲームでブレイクを許すも小見山が鋭いボレーを決め、ブレイクバック。流れに乗り2人は笑顔を見せた。笑っていられるのも束の間、第5ゲーム・第7ゲームをブレイクされ2-5。2-6でファーストセットを終え、相手に主導権を握られてしまった。小見山がサーブで相手の体勢を崩し、隙を見て楠原が前へ出るという形でポイントを稼ぐ。しかしボールをしつこく拾う早大に流れを持っていかれる。第3ゲーム、第7ゲームをブレイクされ、セカンドセットも2-6で相手のものに。第2シードに君臨する早大ペア相手に何度もデュースに持ち込むも、ストレート負けを喫した。  

女子シングルス
前戦をストレート勝ちで駒に進めた江見優生乃(社4)は第1ゲームからいきなりブレイクされるなどいきなり苦戦を強いられる展開に。すぐにブレイクを返すも第3ゲームもブレイク。その後デュースまで追い込むもあと少しでブレイクを奪えずにキープされると、直後の第7ゲームもブレイクされ、次のゲームキープでこのセットを落としてた。  「気持ちがあっても体がついてこなかった」と連戦の疲れからなかなか本来のプレーを取り戻せない江見。セカンドセットは第3ゲームでブレイクされるとそのまま4ゲームを連取され、ゲームセット。ベスト16に終わり、去年のベスト8には届かなかった。
 
総評
監督によると男子シングルス・ダブルス3回戦敗退はおよそ20年ぶり。大会前の「今年は厳しい」という言葉が現実のものとなってしまった。しかし男子シングルスに限らずほとんどの試合が接戦の末の敗戦。課題を克服することができれば必然と白星を取れるはずだ。夏、一回り成長した法大テニス部が岐阜の地で活躍するだろう。

 (高野茜・渡辺拓海)

監督・選手コメント

植村直己監督

ー男子のシングルスを振り返って  
予選の決勝で6人負けてしまったっていうのが厳しかったなと。行けるだろうと思っていた選手もいたんですけどね。残念です。本戦では藪(巧光=経2)とかに原因を聞くと緊張だとか迷いがあるということでそれで負けてしまったのが残念だったなと思います。前崎とかはですね、相手のプレイスタイルがあまり学生にいないタイプでやりにくかったのかもしれないです。ただ、自分のプレイ、力が出せてなかったかなと思います。小見山は良いプレイがあったんですけどそれを持続できなかったですね。各選手を見るとそれぞれ原因があって練習はしてきたんだけど何かが足りないのかなと。その何かっていうのは最終的に言うと練習が足りないということになるんですけど、練習の中身ですね。各自がこういう練習をしなくてはいけないっていう考え方が少し足りないのかなと思います。練習の集中力ですね。練習は確かにやってるんですけどさらに集中力をあげてやることですね。練習の内容を集中してスピードアップすること。最後まで諦めないようにすること。そういう基本的なところが足りないのかなと思います。サーブの練習をしてるんですけどサーブを強く打っている選手が少なかったかなと思います。太田なんかは打ってましたけどサーブの時はもっと攻撃的に強く打っていかないといけないのかな。普段からやつまてないとできないので。そういう課題が各選手にあったかなと思います。インカレまで(全日本学生テニス選手権大会)あと3ヶ月あるので各自が危機感を持って練習すればと思います。練習の質を上げていくことですね。    

ー男子ダブルスについては  
ダブルスは5ペア出ました。鈴木・寒川について就活もあったので仕方のない部分があるんですがインカレで頑張って欲しいですね。小見山・楠原は決めたのが遅くて組んで間もないのでもう少しこのペアで練習したり試合に出たりしていい形でインカレに臨んで欲しいなと。彼らは小見山のパワーとか楠原のテクニックとか武器があるのでそれをダブルスとして機能できるように頑張ってほしいと思います。太田・前崎はサービスゲームのデュースを落としてしまい、入り方が良くなかったですね。いきなり1-4で流れがね。やっぱりサービスキープをしていかないとダブルスは厳しいですね。途中からフォーメーションを変えてセカンドセットを1-4から5-5にして前崎の動きも良くなったんですけどこれを早い段階からやらないと厳しいのかな。試合の入り方ですよね。その辺をもっとうまくやってほしいです。  

ー男子シングルス・ダブルス3回戦敗退という成績について  
この成績は2部の頃ぶりだと思います。20年前くらいに遡らないとないんですけど。3ヶ月あれば変えられるので。みんなこのままじゃいけないと思ってると思いますし、これでいい訳ないので練習しかないですね。いい練習をしてフィジカルも強くして夏に臨んでいきたいと思います。    

ー女子の試合内容、成績について  
本戦に6人、ダブルスは3ペア出場ということで、8年間で最多出場でした。インカレ本戦を江見が決めてくれました。スポーツ推薦で入った人は1人で、キャプテンの長野(あさか=社4)も一般で入ってきて大学で伸びた選手です。法政で春関本戦に入った選手が6人いるっていうのは本当にいいことですね。練習相手が豊富になるので。今までダブルスの練習を2組でしかできなかったのが人数が増えたり。選手層が厚くなったということが今回の1番の収穫だったかなと思います。    

ー今後のチームの動きは  
女子に関しては対抗戦をたくさんやったり、朝練を週に2回に増やしたりしています。スポーツ健康学部のトレーナーさんの人数が増えていいサポートができたこと、選手の人数が増えていろんな大会にでて各選手がレベルを上げています。新1年生が入ってくれたのも大きいです。インカレも大事ですがその先の2部昇格ですね。夏関(関東学生テニス選手権大会)、インカレを通していい流れでリーグに臨むということですね。男子はしっかり練習、トレーニングをして、その質も上げてかなくてはいけないです。もう少し各選手のレベルが上がればと思います。また夏関とかインカレ予選で本戦に上がってもらうことですね。今、選手たちに自信がないのでまず自信をつけてもらいたいです。個人戦で勝てばいい形でリーグ戦にも入れるのでこの3ヶ月間の過ごし方とインカレ、夏関が非常に大事になってきます。集合した時にいつも危機感を持たなくてはダメだという話をしているのですが、やるのは選手なので選手たちが必死に練習をすれば自ずと結果は出ると思うのでこの3ヶ月をしっかりしていきたいと思います。

竹内あやか(社1)・小松茉莉奈(経1)

―ダブルスの試合を振り返って
小松:初めての春関で、ペア組んで数ヶ月なので噛み合わない部分もあって、上の選手には届かない部分がありましたが、いろんな課題が見つかってよかったと思います。
竹内:経験の差が結果につながることがわかったので、たくさん練習して勝ち進める選手になりたいと思います。  

―大学テニスの印象は
小松:個人的には、高校時代は将来もかかっていて大きなプレッシャーの中プレーしていたんですが、大学に入って自分の意思でテニスがしたいと思い、今は学校の名を背負いながらも楽しんでテニスができています。
竹内:法政の自由な雰囲気にひかれて入学したので、伸び伸びとできるところが違うと思います。

 ―シングルスはお互い2回戦敗退となりました
小松:一回戦はインカレ予選がかかっていたので、気持ちもしっかりつくれたのですが、二回戦はシードの壁の大きさを感じました。
竹内:一回戦は前に対戦したときは負けた相手でしたが、インカレ予選もかかっていたのでがんばりました。ただ試合内容には納得はいきませんでした。二回戦は試行錯誤してやったんですが、シード選手とは実力差を感じました。  

―将来的にどういった選手になりたいですか
小松:これからはインカレ本戦に出れるように、法政に貢献できるような選手になりたいです。
竹内:シード選手となって本戦から出れるような選手になれば、リーグ戦でも資格者として貢献できるので、そこを目指していきたいです。

※竹内・小松ペアの試合は5月2日に行われましたが取材は5月4日に行いました。

江見優生乃

ー今日の試合を振り返って  
今日の相手は強い新1年生で、自分も就活中でなかなか練習ができてないので、どれだけやれるかという挑戦する感じでしたけど、やっぱり気持ちはあっても体がついてこなくて、相手のボールにいっぱいいっぱいでしたね。

ー今大会のコンディションは  
今大会はあんまり、いい状態で入れてなくて、それでも初戦は良かったかなと思います。

ー相手の印象は  
強いし、ファイターだなと。2回連続で1年生に当たりましたけど、若いなって感じです(笑)。 ー去年のベスト8には届きませんでした  もう少し上も狙えたかもしれないけど、今の自分のコンディション的には、初戦勝っただけでも良かったかなと思っていて、一段落してから夏に向けて調整していきたいです。

ーダブルスにも出場しましたが  
長野(あさか=社4)と春関で初めて組んで、お互いインカレに出るのが目標だったので、目標を達成出来たかなと思います。

ーインカレに向けて
自分は就活終えて、もっと練習をすることで自分の調子を上げたいと思いますね。

ー今年から最上級生になり、副将に就任されましたが  
今まではチームのことなんてそこまで考えずに、自分のテニスのことを考えれば良かったですけど、副将になって自分のことよりチームの方が大事になっていて、大変ですけど、そこをきちんと自分のことを考えるし、チームのことと疎かにしないように心掛けてます。

ー主将の長野選手とはどのような連携を取ってますか  
基本日々連絡は取るようにはしてます。今まではみんなで仲いい感じで長野とずっとしゃべる感じではなかったですけど、今はダブルスも組んだし、幹部になってコミュニケーションを取るようになって言いたいことを言える仲になれたと思います。

ー1年生の中でも小松茉莉奈(経1)選手、竹内あやか(社1)選手は1年生ながら2回戦進出を果たしました  
本当に勢いがあって、すごいスーパールーキーだと思ってますね。自分たちも刺激になるし、チーム全体も上がっていくかなと思います。 ー2部昇格に向けて意気込みはありますか  2部に上がれる実力は本当にあると思っていて、後は気持ちの問題だとか思うので、自分を中心にこのまま向上していけたらいいなと思います。

ー応援してくれる人達にメッセージをお願いします  
本当に応援って試合よりもきついと思う中で、声出して応援してくれることは本当に自分の励みになるし、すごく心強いので、自分も恩返ししたいと思います。

小見山僚・楠原悠介

ー今日の試合を振り返って  
小見山:今日の相手は元々知っていました。第2シードなので強いのも分かっていました。法政は(寒川・鈴木以外)みんな負けてしまったので自分たちが勝たないととは思っていたので気合い入れて挑みました。楠原は今までやってきて1番いい状態でできてたと思うんですけど自分は気合い入りすぎて空回りしてしまって自分のテニスをやり切れてなかったなと後悔しています。悔いが残ったまま終わってしまいました。もう少し競れたと思うし勝てたかもしれないと思います。でもとりあえずインカレ残ってるんで本戦、リーグにに向けて調整していきたいです。  
楠原:最初のゲームが小見山さんのサービスゲームだったんですけどラブゲームにできていい感じに入れました。個人的にもリラックスできたんですけど自分のサービスゲームで簡単にブレイクされてしまってそこから引き気味に成ってしまいました。打てるボールも打てなくなって足が止まってしまいました。自分のことばっかりで相手を見れませんでした。相手の嫌な場所に打てるようにこれから練習していきたいと思います。    

ー対戦相手(齋藤・高村=早大)の印象は
 楠原:ポーチが凄かったです。リターンきたら一発で決めるところですね。だからもっとロブを上げたらよかったかなと思いました。  
小見山:ボレーの決定力が明らかに自分たちと違いました。2人ともプレッシャーかけてガンガン出てきたのでそこは嫌でしたね。あとはサーブもストロークも2人ともよかったです。    

ー同校対決(藤井俊吾=社2・柚木武=スポ1)については  
小見山:普段から練習でやり慣れてるお互い弱点も分かっているのでやりやすい部分もやりにくい部分もありました。昨日は向こうもこっちも落ち着いてできたのでお互いいい試合に成ったと思います。勝ちはしたんですけどどっちに転んでもおかしくなかったのでギリギリ勝ててよかったです。後輩には負けたくないので。  
楠原:小見山さんが「淡々とやろう」って声をかけてくれたのでリラックスしてできました。小見山さんのおかげで勝てたと思います。
 小見山:もっと褒めて(笑)    

ーコーチ陣や先輩に言われたことは
 小見山:僕たち最後だったので「思い切り自分たちのテニスをやれば」って言われました。OBの方にも「らしいテニスをやってくればそれでいい」とよく言われているので。それは全然できなかったんですけど。
 楠原:先輩方には「絶対勝てよ」と言われました。    

ー試合後のミーティングでは  
小見山:今年になって無駄なことはできるだけ省いてテニスに集中していこうという感じになったんですけどそこに甘えて仕事に対して気を抜きすぎている部員がいると感じてました。春関の結果も今までで断トツ悪いのでインカレとかリーグとかで先輩たちに嫌な気持ちをさせるのは嫌なので言いました。4年生は就活などもあるので太田さんが1人で練習に来て後輩の面倒を全部見るのは無理だと思うので少しでも僕たち3年生が下級生にしっかり注意して、チームが良くなってくれたらいいと思ってちょっと叱ってしまいました。  
楠原:僕たち2年生はもう少し勝って上の先輩たちを楽にしてあげたいと思ってます。少しでもチームの力になれたらいいなと思っています。    

ー今後の大会への意気込みは
 小見山:前回のインタビューの時も言ったんですけど去年は思うように結果が出なかったです。特待生として入ったのに全然勝ってないし部に貢献できてないと思っていたので春関に賭けていた思いはありました。頑張ったんですけど思うように結果は出ませんでした。でもまだインカレも夏関もリーグもあってチャンスはあるのでしっかりチームの勝利に貢献できるようにしたいです。特にリーグは頑張りたいです。
楠原:本当はシングルス予選あがって本戦に出てインカレ出場も目指していたんですけど負けてしまったので去年と同じようにダブルスになってしまいました。インカレはベスト4くらい目指して頑張りたいです。  
小見山:ベスト4か。てっぺん目指さなくてどどうするんだよ(笑)  
楠原:じゃあインカレでてっぺん目指してそのままリーグで全勝したいです(笑)

太田悠介・前崎直哉

ー試合を振り返って  
前崎:勝てばインカレ本戦が決まる試合でした。シングルスは予選から担ってしまったのでダブルスは勝ちたいという気持ちをしっかり持って気合い入れて臨んだんですけどダメでした。  
太田:ボレーが苦手なんですけどボレーの下手さが顕著に出てしまいました。途中から下がってストロークにするっていう切り替えは良かったんですけどそれだと男子のダブルスは戦えないのでまた練習していきたいです。    

ー太田選手はサーブが好調でしたが  
サーブを自信持って打って行くとシングルスもダブルスもうまく行くので。サーブは今までたくさん練習していました。    

ー前崎選手はボレーを打つ場面が多かったですが  
あまりサーブもストロークも強くないので自分の強みっていうとやっぱりボレーになってきます。でもダメでした。    

ー何度もデュースで粘るも、ゲームを取れなかった原因は  
前崎:相手が先に動くというのが多かったところですかね。相手より先に動いてデュースになるまでにプレッシャーをかけられなかったことですね。なかなかそこで動くことができず相手に打たれたりっていうことが多かったなと思います。  
太田:相手は元気が良かったですね。安上くんもシングルスで自信を持ってプレイをしているので逆にこっちが引いてしまいました。ボレーが不調だったので引かざるをえなかったんですけどもっと元気よくプレイしたり声出してやることができなかったのでデュースをものにできなかったのかなと思います。    

ーシングルスについて  
前崎:勝てばインカレ本戦決まるっていう試合でした。去年が良かったので今年も自分に期待する部分も大きくて試合前の早稲田との対抗戦でも調子が良かったので上を狙っていたんですけど対戦相手は今までやってこなかったプレイスタイルで初戦ということもあり対応できなかったっていうのがあって、もったいないし、残念な結果になってしまいました。  
太田:1試合目はインカレ本戦決めなので絶対負けられないと思って緊張していてあまり良いプレイはできなかったんですけど持ち味のサーブをしっかり打ってキープは絶対っていうのを意識していました。それで全部キープできたし。しっかり返すってことで勝てたのでそれは良かったです。2試合目に1試合目の悪い感じを受けてしまってあまり良いプレイができなくて2-6でリードされてしまいました。セカンドからはミスを無くそうと思ったんですけどそこで相手が攻めてきました。いつもの課題であるファーストセットの入りがあたりうまくいかなかったです。キープは絶対できるように、キープするための攻撃パターンをもう少し増やしてリターンで攻めて取れるようにしないと上の選手には勝てないと思います。    

ー主将として春関全体を振り返って  
太田:1部で王座目指してるチームが春関でこんな結果っていうのは普通に考えたら無理だと思うのでもう少し勝ちたかったですね。すごく悔しいです。今でも悔しいです。でもこの悔しさをバネに頑張るので応援よろしくお願いします。    

ーインカレに向けての意気込みをお願いします  
太田:去年は自分の良いプレイができたのでまた良いプレイができるように練習します。去年はベスト8だったのでもっと上を取れるように、タイトルを取れるようにインカレ頑張りたいです。  
前崎:予選で頑張って上がって本戦は勝ってリーグに向けていい流れを自分自身に作れるように2、3ヶ月頑張っていきたいと思います。

 

フォトギャラリー

  • IMG 4848 R女子で唯一インカレへの切符を手にした江見
  • IMG 4905 Rラストイヤーで恩返しできるか
  • IMG 5043 R3回戦勝利も悔しい棄権となった寒川・鈴木ペア
  • IMG 5027 Rインカレまでにコンディションを整えられるか
  • IMG 5122 R悔しさを滲ませた太田(左)・前崎
  • IMG 5096 R敗れたものの驚異の追い上げを見せた
  • IMG 5810 R高い目標を掲げる小見山(左)・楠原
  • IMG 5848 Rお互いの武器を勝利という形にできるか
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み