テニス

【テニス】関東学生新進テニス選手権大会 2日目 男子ダブルス2回戦 どの試合でも粘り強さを見せダブルスの本戦は2勝1敗発進  

関東学生新進テニス選手権大会
2016年2月15日(水)
日本大学玉川上水テニスコート、明治大学西調布合宿所テニスコート

新進2日目。この日は男子ダブルス2回戦が行われ、法大からは6名の選手が出場した。結果は2勝1敗となったが、3組ともペア同士で協力し合い粘り強いテニスを見せた。

yabukoyano2 R
激戦を見事に制した小谷野・藪ペア

試合結果

男子ダブルス1回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
柚木武(スポ1)・岡垣光祐(経1) 2-6,3-6 柴田優貴・橋川泰典(日大)
藤井俊吾(社2)・賀川稜太(社1) 6-3,6-4 平山浩大・川島颯(慶大)
小谷野佑太(スポ3)・藪巧光(経2) 6-4,6-3 安増篤史・合戸廉太(明大)
 

戦評

日本大学玉川上水テニスコートにて、新進ダブルス初戦に登場したのは、昨日のシングルスで駒を進めた柚木武(スポ1)と新進のダブルス本戦初出場となった岡垣光祐(経1)だ。ファーストセットの第1ゲームはすんなりと先取したものの、その後は相手の強いアタック攻めに手こずり、法大としては苦しい試合が多々見られた。さらに、巻き返しを見せたいセカンドセットでも、長いデュースで粘りを見せたが、後半の疲れも目立ち、敗北を喫してしまった。続いて法大から出場したのは二次予選から上がってきた藤井俊吾(社2)と賀川稜太(社1)の先輩後輩コンビ。序盤から息ぴったりなプレーで相手を自分たちのペースに巻き込んでいく。攻めのときは前に出て勢いのある球を打ち、攻められているときは球の動きを瞬時に判断しとことん拾う。最後までその勢いは止まらぬまま、圧巻の勝利で次に望みを繋げた。(下石川愛実)

 

明治大学西調布テニスコートでダブルスの本戦を迎えた小谷野佑太(スポ3)・藪巧光(経2)ペアは、相手のスマッシュに圧倒されながらも耐え抜き、接戦の末6-4でファーストセットをものにした。セカンドセットでも両者譲らず、ほとんどのゲームでデュースとなる展開となったが、相手のサーブミスも目立ち6-3のストレート勝ちで激闘を制した。(近藤のぞみ)

 

選手コメント

柚木武(スポ1)・岡垣光祐(経1)

ー今日の試合を振り返って
岡垣:思ったよりストレートアタックが多くて、これまでの相手とはちょっと違いました。こっちとしてはサービスゲームをキープして流れを作りたかったんですけど、相手のリターンが上手くて。
柚木:サーブはかたくて通ったんですけど、僕のサーブがキープしきれずにブレイクされたことが敗因かなと思います。

ー試合中に話し合ったことや調整したことはありますか
柚木:いつもは岡垣君がサーブで僕が基本ポーチに行くっていう感じがあったのですが、今日は相手のリターンが上手くてストレートを打たれてました。自分がその対処を上手くやる技術が全然無かったので、そこが出来ていればもうちょっとキープもしやすかったかなと思います。

ー途中、監督とお話しされてから調子が上がったように思えたのですが
岡垣:お話しというよりはちょっと頑張れっていうか、激励をされて、ちゃんと調子を上げてもらいました。勢いがあった方がダブルスは良いので、そこは良かったです。

ー今日の反省点とこれからの改善点はありますか
岡垣:お互いに言えることではあるんですが、僕としてはボレーをもっとしっかりとして、動けるようになっていきたいと思います。
柚木:僕は動くぶんには出来るのですが、相手に打たれた時に全然出来ないので、まずはそこをしっかり取れるようにするっていうのをやっていきたいです。

ーダブルスの目標をお聞きしたいです
岡垣:ダブルスは今回初めて本戦に上がれたのですが、やっぱり本戦に上がってからの壁がちょっとありました。早くも負けちゃったので…。まずはダブルスの本戦で春関と夏関で上がって、しっかりとコンスタントに1年間を通してダブルスで結果を出せるようにしたいです。だいたい優勝は早いような気もするんですけど、できれば優勝も目指して頑張っていきたいです。

藤井俊吾(社2)・賀川稜太(社1)

ー今日の試合を振り返って
賀川:自分達はすぐ気が抜けちゃうから、ずっと集中力を切らさずに全ゲームを取ろうという気持ちでやっていました。最初の方でブレイクも取れ、そこから流れを作れたかなと思います。

ーお二人で前の方でつめてゲームを展開していく感じでしたが、それはいつもやられているのですか
藤井:そうですね。それしか出来ないので(笑)
賀川:藤井さんが本当に上手くて、自分があまいところに打ってもある程度は取ってくれるから、自分はノンプレッシャーで好き勝手に出来ます。
藤井:まあ自分達はボレーしか出来ないから、それをやって、ゲームの流れをいつも作っていっています。

ー次の試合に向けての意気込み
藤井:最初からガンガンいきたいです。
賀川:自分の実力以上のことは出来ないから、勝つためにやれることをやっていきます。

フォトギャラリー

  • okagakiyuzuki R厳しい戦いとなった柚木と岡垣
  • huziikagawa R勢い付いたプレーで完勝した藤井と賀川
  • yabukoyano1 R大接戦を制し駒を進めた小谷野と藪

 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 april1st

定期購読の申込み