テニス

【テニス】全日本学生選手権大会 2日目 藪・岡垣ペア気温に負けず熱い接戦を見せる

全日本学生選手権大会
男子シングルス1回戦、男女ダブルス1回戦
2018年8月15日(火)
岐阜メモリアルセンター

全日本学生選手権大会(インカレ)2日目。前日の雨天中止試合含め、熱い試合が至る所で行われた。男子単複1回戦は、ストレート勝ちを決め余裕の表情を見せる試合が多かった。また、女子は、残念ながら単複共に負けてしまい、今年見事シード入りを果たした竹内あやか(社2)に全てを託された。

4F8ADBDC-7A3C-459B-9210-4DAC39C78308 R
良い連携プレーで勝利を手にした岡垣(左)と藪

試合結果

男子シングルス1回戦

勝敗選手名(学部・学年)スコア対戦相手
○* 藪巧光(経3) 6-1,6-2 西村大誠(九州共立大)
鈴木保貴(スポ3) 6-4,6-0 石川希望(神院大)
柚木武(スポ2) 6-2,6-3 矢部馨(専大)

男子ダブルス1回戦

勝敗選手名(学部・学年)スコア対戦相手
藪巧光(経3)・岡垣光祐(経2)

6-2,7-6(1)

北岡志之・森大地(明大)
前崎直哉(経4)・柚木武(スポ2) 6-1,6-2 三輪周平・蜂直希(東北大)

女子ダブルス1回戦

勝敗選手名(学部・学年)スコア対戦相手
林彩子(社4)・下地奈奈(社3) 3-6,3-6 中谷琴乃・橘彩音(甲南大・関西大)
 ※この試合は8/13中に全て行われました。遅くなり申し訳ありませんでした。

戦評

藪巧光(経3)は第1セットを6-1、第2セットを6-2で圧倒的な勝利を収めた。

朝からの試合に、鈴木保貴(スポ3)は清々しい表情でコートへ入った。そして、いざ試合開始。第1セット初めは順調な滑り出しを見せていた。その後、相手の左右に振り回すプレーに対応出来ず、ブレイクを許す場面もあったが、鈴木はストレートや強めのサービスエースを決め、3度のブレイクで巻き返しこのセットをものとした。つづく第2セットでもその巻き返した勢いをそのままに鈴木のペースで進む。ラストゲームでは相手が嫌がるボレーを決め見事1回戦突破を果たした。

男子シングルス1回戦に出場したのは柚木武(スポ2)。1ゲーム目から強烈なサーブを連発。4ゲーム目で長いデュースに耐え抜きブレイクすると完全に流れを掴み、6-2で第1セットを獲得した。第2セットは何度か自身のミスも見られ、3ゲームを相手にキープされるも、最後は力強いスマッシュで相手を翻弄。6-3で見事ストレート勝ち。2回戦へ駒を進めた。

A3コートに登場したのは薮巧光(経3)・岡垣光祐(経2)ペア。相手の北岡・森ペア(明大)との一戦は観客をも釘付けにする白熱した試合となった。 第1セットは終始、薮・岡垣ペア優勢で試合が進む。第2ゲームでいきなりブレークすると、その後は岡垣のネット際でのボレー、薮のバックハンドを武器に、相手を寄せつけないプレーで、このセットを6-2でとる。 しかし、一転して第2セットは激しい攻防が続く展開に。第2セットのハイライトシーンである第4ゲームでは、結果キープされたものの、12回ものデュースに持ち込んだ。第8、9ゲームで互いにブレークを許したが、その後互いにサービスをキープし、タイブレークに突入。タイブレークでも接戦が予想されたがここで法大ペアがギアチェンジ。最初のポイントを獲得した直後にミニブレークをするとそのまま勢いに乗り、6-0までもっていく。その後、相手に1ポイント許したものの最後は落ち着いてポイントを獲得し、トータル2-0のストレートで勝利を収めた。

男子ダブルス1回戦に出場したのは、前崎直哉(経4)と柚木武(スポ2)。柚木は前のシングルスと連続試合。疲労もある中で迎えたダブルスだったが、それを感じさせない力強いサーブとスマッシュを披露。前崎の前衛での頭を使ったプレーも次々と決まり、余裕で第1セットをものにする。続く第2セットはまたもや柚木のスーパーサーブから始まった。ここで第1セットの良い流れをうまく引き継ぎ、相手にペースを掴ませないまま、見事ストレート勝ち。2回戦に向け、自信のつく試合となった。

女子ダブルスの試合1回戦に登場したのは、主将である林彩子(社4)と下地奈奈(社3)ペア。第1セットの第4ゲームまでは自分たちの流れで得点を決めていく。しかし、セット後半にて相手チームが粘りを見せ、デュースまで持ち込む展開が続く。結果、相手の勢いを断ち切ることができず、3-6で第1セットを奪われてしまった。第2セットでは序盤から相手の流れで試合が運ばれ、第1セット同様デュースが何度も繰り返される接戦が繰り広げられた。しかし、相手の流れを崩すことができず、3-6という惜しくもストレート負けで終わってしまった。(下石川愛実・手島莉子・近藤のぞみ・草野慧)

選手コメント

林彩子・下地奈奈

―ダブルスの試合を振り返ってみていかがですか
林:相手が強いなと思っていたのですが、自分たちでいろんなパターンを使えたので絶対勝てないというわけではなかった試合でした。ただ、相手の粘りがすごくて決め切れなかったです。また、疲れのせいで元気がないまま試合を終えてしまいました。

下地:大事なポイントで勝負にいけず、またゲームももう少し取れたなと思います。また互角の試合でしたのでいろんなパターンで声をしっかり出して挑めばよかったなと思います。

―相手選手のプレーの印象は
林・下地:全然決まらなくて、しつこかったです。

―試合に挑むにあたって調子は
林:特に悪かったわけでは無かったです。上手にダブルスをやれたらなと考えていました。

下地:予選からやってきて、調子が悪かったわけではないです。しかし疲れがある中で自分が調子を上げていくかということをかんがえていました。

―林さんのシングルで足を痛めているように見えましたが
サーブがそんなに自分で悪かったという感じはないんですけど、相手がすごくリターンがうまい選手だったので。よくあれだけブレイクできたなと思います。

―サーブの調子はいかがでしたか
去年に比べたらかなり成長したんじゃないかなと思います。

―下地選手の同級生がインカレに出場されているということで何かお話などされましたか
下地:一緒に頑張ろうねみたいなことを話しました。ライバルなのかもしれませんが、コートに入るまではお互い頑張ろうと讃えあってました。

―林選手は最後のインカレということで思い出に残っていることなどありますか
緊張はしていなかったんですけど、待ち時間が長すぎて...。朝から来ていて入ったのが夕方だったので、そこが少しうまく入れなかったなと思いますね。

―最後にダブルスとしての目標をお願いします
林:どういった形にせよ、決めきれるプレーができるように練習を積んでいきたいです。

下地:自分が出れるとしたら、自分が引っ張っていけるようなプレーがしたいです。

フォトギャラリー

  • 119A208B-6CF7-44A0-B4BE-B347014D25B6 R相手のペースに惑わされず勝利した鈴木
  • 718D2341-26B1-49C0-A243-7FC367DDE16E R力強いサーブを打ち大勝利を挙げた柚木
  • 4F8ADBDC-7A3C-459B-9210-4DAC39C78308 R良い連携プレーで勝利を手にした岡垣(左)と藪
  • 0A5EEB92-0BF3-4318-9ACE-859AF1EF5D30 R力強いプレーで相手を崩した前崎(左)と柚木
  • 99389B8A-3710-43BD-B5C9-4C4ECC976FC6 R林(左)と下地は惜しくも1回戦敗退となる
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

 Image 9afeafe R

定期購読の申込み