テニス
 
 

関東学生テニストーナメント大会 3日目 シングルス2回戦、ダブルス1回戦

関東学生テニストーナメント大会 3日目 シングルス2回戦、ダブルス1回戦
5月11日(水)
会場:有明テニスの森公園 ※雨天により慶應大学日吉キャンパス屋内テニスコート、早稲田大学東伏見キャンパス屋内テニスコートに会場移動 

 大会3日目となる11日は、10日の雨天中断試合含めシングルス2回戦7人とダブルス1回戦1組が奮闘を見せる。その中で主将と新入生の新鮮な同士討ちも見られた。 

20110511toda
戸田義人

試合結果

シングルス2回戦、ダブルス1回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
 ○(同士討ち)  松田隼十(経4) 6-2,7-5   松森祐大(社1)
 ●  大橋可宏(経1) 0-6,1-6  渡辺輝史(専大)
 ○ 戸田義人(経2)  6-3,7-5  石井靖晃(筑波大)
 ○  星野武蔵(社3)  7-6(5),6-2 佐藤一平(東海大) 
 ●  大塚拳之介(経1)  5-7,3-6 横山良輔(早大) 
 ●  鈴木佳太(経3) 4-6,4-6  加藤大地(慶大) 
高梨祐宏(経4)・大塚拳之介 6-4,6-2 石井靖晃・竹中健矢(筑波大)

 早稲田大学東伏見キャンパス屋内テニスコートでシングルスが行われた大橋(経1)以外は慶應大学日吉キャンパス屋内テニスコートにて試合が行われた。新進ベスト4の成績を残した戸田(経2)は、第1セットを6-3と突き放して先取するも、第2セットではデュースを重ね、思い通りのショットが決まらず時折苦しい表情も見せる。しかし、落ち着きは失わず7-5でストレート勝ちを決め、次なる3回戦で星野(社3)との同校試合へ臨む。
 主将の松田(経4)と2回戦で当たった新入生の松森(社1)。ひるむことなく果敢に前へと仕掛けに行く。しかし、なかなかリターンが決まらず第1セットは6-2で落としてしまう。そんな第1セットの屈辱を晴らしたい第2セット、松森は背水の陣で臨む。気持ちが前面に出たことで、松田の裏をかいた試合運びで接戦に持ち込んだ。惜しくも7-5で主将の松田が貫録を見せつける結果となったが、緊張しながらの松森の頑張りは伸び代十分。今後の飛躍に期待したい。
 10日に佐藤(東海大)と接戦を繰り広げた星野(社3)は11日、打って変わって完全に流れを引き寄せた。6-2と力の差を見せつけ、難なく3回戦へとコマを進める。 

フォトギャラリー

  • 20110511toda戸田義人
  • 20110511matu松森裕大
  • 20110511musasi星野武蔵
  • 20110511suzuki鈴木佳太
  • 20110511takanasiootuka高梨・大塚
  • 20110511musasi2
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み