テニス
 

関東学生テニストーナメント大会 5日目 シングルス3回戦・4回戦、ダブルス2回戦

関東学生テニストーナメント大会 5日目 シングルス3回戦・4回戦、ダブルス2回戦
5月13日(金)
会場:有明テニスの森公園 

 今まで順調に勝ち上がってきた法大勢も、3・4回戦からは高い壁にぶち当たる。昨年より2人上回る7人のシングルス3回戦出場も、4回戦を終えると多くの選手がふるいにかけられ、5回戦進出を決めたのはわずか一人。一方、ダブルスは4組が見事3回戦進出を決める。 

20110513takanasi
高梨祐宏

試合結果

シングルス3回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
 ● 松田隼十(経4)  6-3,3-6,1-6  只木信彰(早大)
 ○  山田貴裕(経3)  6-1,6-4 古田陸人(早大) 
高梨祐宏(経4) 3-6,0-6 渡辺輝史(専大)
 ○(同士討ち) 星野武蔵(社3)   6-1,6-0 戸田義人(経2) 
笹井正樹(経4) 6-0,6-0 竹中健矢(筑波大)
竹下明宏(社3) 3-6,4-6 奥大賢(日大)

シングルス4回戦、ダブルス2回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
 ●  山田貴裕(経3)  1-6,2-6 近藤大基(慶大)
○   星野武蔵(社3)  7-5,6-4 飯野翔太(早大)
 ●  笹井正樹(経4)  6(0)-7,6-2,1-6 田川翔太(早大)
高梨祐宏(経4)・大塚拳之助(経1) 6-3,6-3 渡辺輝史・野原鴻(専大)
前田義明(経3)・西尾一馬(社3) 6-3,6-3 細貝龍彦・大谷典生(専大)
竹下明宏(社3)・戸田義人(経3) 6-2,6-4 塩田祐司・井上善文(慶大)

 三日続いた豪雨が去り暑さも感じさせる有明で、会場をさらに熱くさせる試合が多く見られた。笹井(経4)は昨年の春関、インカレで二度対戦経験のある田川(慶大)との一戦に挑む。第1セットは接戦を繰り広げるもタイブレークをあっさりと落としてしまう。「いっぱいいっぱいだった」と話すが、第2セットでは主導権を握り表情も明るく本来の強さが垣間見られた。途中、腰に痛みを感じながらのファイナル。この日すでに3回戦を終えての4回戦だったこともあり、疲労が笹井の体をむしばんでいた。序盤からいっきに突き放されると、そのまま1-6。苦杯を嘗める結果となった。「二度の対戦でイメージは出来ていたのに、それが出来ず試合を運べなかった」と悔しさを滲ませた。
 星野(社3)は飯野(早大)と対戦。「要所でいいプレーをしてくる気の抜けない相手だった」と振り返るように、離しても離しても粘り強く追いついてくる相手に厳しい戦いを強いられる。しかし、常に余裕を持ち焦りは見られなかった。第1セットを7-5で苦しみながらも先取すると、第2セットは4-4と並ばれてからいっきに勢いをつけた。本人も驚くほどの完ぺきなエースを決めると、最後はミスを誘って勝利を収めた。法大からは唯一、シングルスベスト4へ挑む。 

 選手の試合後のコメント

山田選手(経3)

―3回戦を振り返っていかがでしたか

相手の勢いが良かったんですが、ミスが多かったのでやりやすかったです。

―相手はジャパンオープンジュニアの優勝者でしたが

最初ビビってたんですけど、やってみたらやれたという感じです。

―第1セットは完全にこちらのペースで、第2セットからは相手も少し調子を上げてきた様子でしたが

相手のミスが減ってきたんですけど、2セットを取られたらまずいと思っていたので頑張りました。

―3回戦まで全てストレート勝ちで余裕な勝ち上がりを見せていましたが、4回戦は疲労もあったのでは

2回戦の相手が第3シードだったので、思い切ってやるしかないと思っていて、それが出来て良かったです。今日は、昨日、一昨日と雨の影響で試合がなかったので疲れは無かったです。相手が強かったです。

―相手の近藤選手(慶大)はどんな選手でしたか

1年生なんで思い切ってやってくる感じで、いいプレイヤーでした。

―今回の春関は、ダブルスでも出場されましたがいかがでしたか

ダブルスは初戦で敗退してしまったのですが、まだインカレ予選出場の可能性があるので頑張りたいと思います。

―今回の春関を通しての収穫や、課題は見つかりましたか

新進で結構すぐ負けちゃって悔しい思いをしたので、短い期間で調整して春関は思い切って出来たので良かったです。

 星野選手(社3)

―4回戦を振り返っていかがでしたか

プレッシャーの掛かる同校試合(3回戦)を終えていい意味で力が抜けました。挑戦者なので思い切っていった結果だと思います。

―相手の飯野選手は対戦してみていかがでしたか

僕は年下なので向こうはやりやすくはなかったはずです。早大ということもあって要所でいいプレーをしてくる気の抜けない相手でした。

―エースは狙ったんですか

すごかったですよね!無我夢中でした!とりあえず打っとけみたいな(笑)

―3回戦で戸田選手(経1)との同士討ちはどういう気持ちで臨みましたか

僕は先輩で向かって来られる立場だったので、緊張したいい試合でした。スコア以上に競った試合でしたね。

―では、次の準々決勝に向けて意気込みをお願いします

前回やって負けている相手なので。学生大会じゃなくて一般のオープンの試合なんですけど。向かっていく気持ちで、向こうは年下なので、やることやっていい結果ついてくればいいかなと思います。

 笹井選手(経4)

―今日の4回戦を振り返っていかがでしたか

悔しいです。

―第1セット、タイブレークで落とした時はどういうお気持ちでしたか

やっちゃったな、と。(第2セットは立て直せましたよね)冷静になれたんですけど、最後は焦っちゃいました。相手が強かったです。

―相手の田川選手とは二度対戦していると伺いましたが

春関とインカレの2回戦って1回負けてるんで、打たれるとは分かっていました。イメージは出来ていたんですけど、それが出来ず試合を運べなかったです。

―一日に二試合で疲労はありましたか

きつかったです。(腰の治療をされていましたが)痛いです(苦笑)。

―でも、試合前から表情は良かったように思えましたが

いっぱいいっぱいでしたよ。

―次はダブルスの3回戦が控えていますが、意気込みをお願いします

武蔵にシングルス勝ってもらって、波に乗って優勝したいと思います。 

 

フォトギャラリー

  • 20110513takanasi高梨祐宏
  • 20110513matuda松田隼十
  • 20110513sasai笹井正樹
  • 20110513musasi星野武蔵
  • 20110513taketoda竹下・戸田
  • 20110513nisiomae西尾・前田
  • 20110513musasi2
  • 20110513takanasi2
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み