テニス
 

全日本学生テニス選手権大会本戦 1日目 シングルス1回戦、ダブルス1回戦レポート

全日本学生テニス選手権大会 1日目 シングルス1回戦、ダブルス1回戦
8月28日(日)
会場:有明テニスの森公園

 全日本学生テニス選手権大会本戦1日目が8月28日に有明テニスの森公園で行われた。シングルスでは、春関で本戦の出場権を得ていた3名と、予選から勝ち上がってきた1名を加えた4名の選手が登場。ダブルスは本戦からスタートの2組が登場した。多くの選手の予選敗退で番狂わせな展開を迎えてしまい、本戦出場者への期待はより一層高まる。インカレという大舞台で2回戦へとコマを進めたのは…

20110828nisiomae
前田義明・西尾一馬

試合結果

シングルス1回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
高梨祐宏(経4) 1-6,4-6  西優馬(早大)
竹下明宏(社3) 6-1,6-4 夏目脩平(専大) 
山田貴裕(経3) 5-7,4-6 濱中重宏(明大) 
西尾一馬(社3) 6-1,6-2 永易恭之介(福大)

ダブルス1回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
 ● 大塚拳之助(経1)・高梨祐宏(経4) 4-6,2-6 井上悠冴・近藤大基(慶大) 
 ○ 西尾一馬(社3)・前田義明(経3)   6-2,6-4 泉田峻・佐藤充(明大) 

 本戦から登場の竹下(社3)は、第1セットを勢いよく6-1で奪う。しかし、第2セット前半で相手のペースに引き込まれ、なかなか調子を上げられずにいた。「暑さもあった」と、苦しい展開であったことを本人も認めながらも「応援に後押しされた」。4-4と並んだスコアから第9ゲームでキープに成功し、6-4まで粘りを見せて勝利を収めた。
 もう一人、シングルス2回戦へコマを進めたのは、唯一予選から勝ち上がってきた西尾(社3)。危なげない試合運びで第1セットを6-2で奪うと、続く第2セットも相手のミスを引き出し6-1で快勝。
 シングルスでいい流れを作った西尾は、そのまま前田(経3)とのダブルスの試合に臨んだ。第1セットは第1ゲームをブレークすると、第2ゲームは西尾のサービスエースから展開し、勢いに乗る。前田もサーブとボレーでダブルスとしての役割を十分に果たし、珍しく吠える姿も見せた。4ゲーム連取から2ゲームを落としながらも6-2で第1セットを奪う。第2セットは相手も調子を上げ始め1-4まで突き放される。しかし、ここで諦めることはなかった。西尾のサービスゲームで突破口を開くと、1ブレークアップで4-4まで追い上げる。ここまで来ると両組一歩も引かない攻防戦でデュースを繰り返し5-4。第10ゲームも同じくデュースを重ねるが、最後は応援が手に汗握る中、見事勝利を収めた。夏関では本領を発揮できなかった西尾・前田組が、インカレでどこまで戦えるか楽しみだ。

選手の試合後のコメント

竹下選手(社3)

ー今日の試合を振り返っていかがですか
相手が強いとは聞いていたのですが、1stを簡単に取れたので、ラッキーという感じです。2ndは相手も良くなってきたのですが、応援が後押ししてくれました。

ー第2セットは少し苦しんでいたようですが
暑さですね。

ー後半は動きが良くなってきたように感じましたが
諦めてたんですけど、応援があったので頑張れました。

ー次は日大の奥選手と試合ですね、意気込みをお願いします
春関でも当っている相手で、その時は負けたのですが、いい試合が出来たので前回の反省を生かして頑張りたいです。

ー最後に、インカレが始まったということで今大会の目標を教えて下さい
ダブルスがシードなんで、ベスト8目指します。

西尾(社3)・前田(経3)組

ー今日のダブルスの試合を振り返っていかがですか
前田:いい感じのリズムでした。2ndの出だしが相手にリードされて流れを持っていかれてたんですけど、振り切って集中したので挽回出来ました。
西尾:個人的にストロークは良かったのですが、ボレーなどの動きは課題が浮き彫りになりました。ボレーでポイントを取れるようにすることも大切だが、総合力も必要なのでサーブ、ボレーに頼り過ぎないようにもしたいです。

ーお二人とも好プレーを見せてくれましたが、調子はそれぞれいかがですか
前田:悪くはないです。
西尾:乗れるか乗れないか、あんまり意識してないです。夏関負けているので、チャレンジャー精神で臨みたいと思っています。

ー第2セットは競りましたが、相手の印象はいかがですか
前田:相手がサーブゲームでフォーメーションを使ってきて、リターンゲームのタイミング、リズムを崩されました。競ってギリギリの気持ちの中で相手が変えてきたときに対応できる準備が出来ていないと勝てないと思いました。
西尾:キープの状態で自分のサービスゲームをキープすることが重要だと感じました。

ー次の試合に向けて意気込みをお願いします
前田:一回やって勝っている相手。リベンジされないように頑張ります。
西尾:向こうは負けている分、チャレンジャー精神で来ると思うので、気持ちで負けないように思い切ってやりたいです。

ー最後に、今大会の目標をお願いします
前田:一個ずつ勝つのが目標。最終的には、ベスト4。2個上の先輩がインカレで入っているので。
西尾:実力がある訳ではないので、調子を上げていきたいです。

 

フォトギャラリー

  • 20110828nisiomae前田・西尾
  • 20110828nisio西尾一馬
  • 20110828yamada山田貴裕
  • 20110828takanasi高梨祐宏
  • 20110828takesita竹下明宏
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み