テニス
 

【テニス】全日本学生テニス選手権大会 4日目 大友とダブルス3組がベスト8!女子ダブルスでは創部5年目で初めての快挙!!

全日本学生テニス選手権大会 
男子シングルス4回戦、男女ダブルス3回戦
2014年8月22日(金)
岐阜メモリアルセンター

今大会も4日目を迎え、シード勢の多くが敗れていく波乱の中、日々熱戦が繰り広げられている。今日は雷雨での中断を挟みながらもベスト8の生き残りをかけ、法大勢は8試合を行った。

20140913-thumb1-160x160-9528
水沼・江見(右)ペアは創部初のベスト8!!

試合結果

男子シングルス4回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
杉本椋亮(社3) 4-6,1-6 今井慎太郎(早大)
大塚拳之助(経4) 1-6,0-6 岡村一成(早大)
大友優馬(スポ3) 6-1,3-6,6-3 伊藤勇貴(明大)

男子ダブルス3回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
杉本椋亮・山田晃大(社2) 3-6,6-4,9-11* 高田航輝・上杉海斗(慶大)
中島佑介(スポ3)・塚越雄人(経2) 6-4,0-6,10-5* 河野優平・栗林聡真(早大)
小林理久(スポ3)・長田和典(スポ2) 6-1,4-6,6-10* 森田直樹・池川浩史(関大)
松森裕大(社4)・大友優馬 7-5,4-6,12-10* 村松勇紀・岩崎歩(早大)

女子ダブルス3回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
水沼茉子(スポ4)・江見優生乃(社1) 4-6,6-4,10-5* 西口真央・前原まりあ(青学大)

*ファイナルセットはスーパータイブレーク制

戦評

 いよいよベスト8決めとなるインカレ4日目の今日。法大勢からは男子シングルスに3名、男子ダブルスに4組、女子ダブルスに1組の選手が出場した。
 まずは男子シングルス4回戦。昨日第5シードを破った大塚は、早大の岡村と対戦。昨日のような粘り強さを存分に生かしたプレーが期待されたが、けがの影響からかなかなか足が動かない。第1セットはなんとかワンゲームをとるも第2セットではゲームを奪うことができず、主将大塚は最後のインカレをベスト16で幕を閉じた。2,3回戦で一段成長した力強いテニスを見せていた杉本は、夏関王者で今大会第2シードの今井(早大)に挑む。第1ゲームをブレイクされるもその後1-2の場面でブレイクを奪い、格上相手に食らいついていく。杉本自身は冷静なプレーができていたが、相手が一枚上手だったか、4-4の場面から連続してゲームを落としてしまい、惜しくも第1セットを奪われる。巻き返していきたいところだったが、第2セットはワンゲームが遠い。杉本もまたシングルスはベスト16で終えた。大友は昨日一昨日のような圧勝を見せるかと思われたが、第2セットで踏ん張り切れずフルセットに。第2ゲームでブレイクするとそのままキープを続け、5-3で迎えた第9ゲーム。大友のサービスゲームでデュースまでもつれ込むが、大友のマッチポイントで強烈なサービスエースを見せ、勝負あり。気持ちを切らさず力を発揮した大友は法大シングルス勢で唯一ベスト8に名を連ねた。
 続くダブルスは、その試合も大荒れの展開となった。まずは女子ダブルス水沼・江見ペア。好調な滑りだしで4-1と相手を突き放す。しかしそこからミスが目立ちだし、まさかの4-6でセットを落としてしまう。第2セットも悪い流れが断ち切れないまま、第1ゲームをブレイクされる。3-4で迎えた第8ゲーム、水沼のリターンエースなどでブレイクしついに4-4と追いつく。その後サイドラインギリギリの強烈なショットなどが決まっていき、6‐4でセットを取りかえし、勝負はスーパータイブレークへ。一進一退の攻防となるも、ストレートなどを積極的に攻め、ファイナルは10-5で2時間半にわたる激戦を制した。なお法大女子ダブルス史上初のベスト8入りとなった。
 男子ダブルスは、中島・塚越ペアが春関夏関ともに敗れた因縁の相手、栗林・河野ペア(早大)と対戦。第1セットを辛くも6‐4で奪うが、第2セットは0‐3と引き離される。するとここで会場が豪雨と雷に見舞われ、試合は一時中断に。屋内コートに場所を移すも、あまりに激しい雨のためドアがほぼ締め切られ、声援も届きづらいような状態で試合開始となる。結局0-3からゲームを奪うことができず、第2セットは0-6でファイナルセットへ。しかし、中島・塚越ペアはここで気持ちをうまく切り替えたのか、一本一本が重いスーパータイブレークで確実に点を重ねていく。ポーチなども要所で決め、ついに三度目の正直、栗林・河野ペアを打ち破った。
 松森・大友ペアもまた接戦の末に7-5で第1セットを奪い、第2セットに差し掛かったところで雨により中断。再開してからは、お互いキープで試合が進む。しかし4-4の場面、小さなミスが重なりついにブレイクを許してしまう。次のゲームもきっちりキープされ、4-6で第2セットを落とし、この試合もファイナルセットへ。最初はリターンエースを奪われるがすかさず取りかえし、両者全く譲らない。7-8の場面では松森がサービスエース、さらに続けて大友がネット際で難しいボレーを決め、流れを呼び寄せる。しかしその後に2本続けてリターンをミス。再びどちらにも流れがない状況、9-10の場面でサーブは大友。強烈なサーブを放ち、松森が高くあがったボールをたたきつける。これが勢いとなったか、このまま連続得点。12-10まで続いたスーパータイブレークを制した。
 昨年インカレベスト16の小林・長田ペアは6-1で第1セットをとるも、第2セットはキープ続きの拮抗した展開。4-5までキープで進む。しかしここでまさかのブレイクをされ、スーパータイブレークに入る。第2セットの勢いが切り替えられなかったのか、序盤1-4まで引き離される。それでも相手にサービスエースを取られると、小林もサービスエースを取り返すなど流れを完全には渡さない。しかし細かいミスが響き、6-10でファイナルを落とし、2年連続のベスト16で終わった。
 杉本・山田ペアは慶大の上位ペア高田・上杉と対戦。第1セットは3-6で奪われてしまったが、
第2セットは1-2の場面から4連続でゲームを奪取。その後2ゲーム追い上げられるが、杉本の果敢なボレーでゲームを奪い6-4。再びこの試合もファイナルセットに突入する。最終セット、はじめにリターンエースを奪われそこから一気に4点まで差を広げられてしまう。一点が重いスーパータイブレーク制でこの差はかなり大きいが、サーブやポーチ、また大きく打ち上げてエンドラインギリギリに落とすなどの攻撃をしかけ徐々に差を縮めていく。そしてついに、7-7で同点に追いついた。そこから一点とられたら取り返す緊迫した展開に。相手のリターンエースが決まれば山田がハイボレーを決める。しかしついに9-10の場面、相手が放ったボールが無情にもコートに突き刺さった。

 今日はダブルスの試合が全試合ファイナルセットとなる大激戦であった。そのなかで明日の試合に駒を進めたのは、水沼・江見ペアと松森・大友ペア、中島・塚越ペアだ。この3組とシングルスでは唯一大友がベスト4をかけた戦いに挑む。昨年はベスト8が最高成績であり、今年はどこまで結果を残せるか。明日の試合が正念場だ。(須藤未来)

試合後の選手のコメント

大塚拳之助(最後のインカレはベスト16止まり)

―今日の試合を振り返って
ベスト8がけということで、自分のなかではベスト8に入れればいいなとすごく思って試合に臨んだんですけど、相手の方が自分より技術も精神面も体力的にも全部上回っていたかなと思います。

―けがをされていると聞きましたが
そうですね、昨日の試合のときちょっと気になった部分があって、「大丈夫かな」と思っていたんですけど。なかなかちょっとかみ合わなくて、自分の思うような形に足がついてこなかったところもあったので、思ったより動けなかったですね。

―目標としていた楽しくテニスをやることは今日できましたか
楽しくやろうということは思っていましたね、試合前も試合中も。自分がどんな状態であれどんなコンディションであれ、個人戦ではこの大会がラストだったので悔いが残らないように自分ができることをやろうと、楽しく楽しくって思いながらやりました。

―自分のテニスをすることはできましたか
今日はどちらかというとできていなかったですね。自分の思うようなプレーができなかったです。体もついてこなくて。でもプレー自体は試合をやっていくごとにすごく良い形で作り上げられているんじゃないかな、と自分のなかでは思っています。

―最後のインカレでしたが
そうですね、いけるところまでいきたいなと、正直そういう気持ちがあったんですけど。今の自分の全体的なコンディションを考えるとベストだったのではないかなと。まあでも、最後だったので今終わってみて、周りのダブルスとかを観ているときに、「あー楽しそうだな」と思いますね、やっぱり。もっと試合をこのコートに立ってやりたかったな、とさっき試合を見ながらちょっと思った部分も正直ありました。学生大会はこれで個人戦は最後なので、「あーもう終わったんだな」とちょっと寂しい気持ちもあります。でももうこれから本当にすぐにリーグがはじまるので、個人戦の結果とか関係なく、法政大学としてその看板を背負ってやりたいという気持ちの切り替えはちゃんとできているので。

―そのリーグ戦、主将として今年のチームはいかがですか
ダブルスが課題というのを昨年からずっと言われていたんですけど、今年はダブルスの練習を重点的に集中してやってきて、結果として今もベスト8に2組残っているということで、まだまだ先にいってほしいんですけど。自分のなかで自分なりに練習メニューを考えて、やらせてきたことが無駄でなかったと思うのと同時に、みんなもすごくいいモチベーションというか勝ちたいという思いでやってくれているので、すごくいいチームになってきたなというのは感じられています。

―竹内副将がインカレで初戦敗退してしまいましたが、リーグに向けて不安は
全くないです。竹内は春関で優勝してくれて、今回のインカレもすごく上位を狙っていたと思うんですけど、ああいう形で結果を残せなかったというのは多分彼自身すごく悔しいと思うし、彼自身のなかでも技術とかではなく体調管理やそういう面で前日から崩してしまっていたというのもあって、本当に悔しいとは思うんです。でも、全く不安とかそういうのはなくて。僕のなかでは感じていないです。あいつ自身がちゃんと切り替えてプレーに臨んでくれれば絶対に結果はついてくると思うので、信じて大丈夫です。

―リーグまでに調整したいことは
インカレが終わったらリーグまで本当にすぐなので、プレーとしての課題ではなくてみんな体調管理とかコンディションというところに重心をおいてもらって。僕もなんですけど、けがだけはしないように、うまい具合に良いコンディションで入れるようにしていくことがリーグ前の課題になるのではないかなと思います。

―最後にリーグに向けて一言
結果の方から言えば、関東の地区で優勝したいとか王座にいきたいという思いがすごく強いです。というか行きたいです。でも今回の個人戦で言っていた通り、結果を先に見ちゃうと緊張してみんな硬くなってしまうと思うので、僕自身もチーム全体もそうなんですけど本当に「楽しく楽しく」というのを忘れないで、自分たちがこうしてテニスコートに立てることを誇りに思うというかうれしく思ってやりたいですね。こういう機会は学生生活で本当にないと思うので、その機会を楽しんで、というのを目標にやっていきたいなと思います。

中島佑介・塚越雄人ペア(三度目の正直で早大ペアに競り勝つ!)

―ベスト8進出おめでとうございます。今のお気持ちいかがでしょうか
中島:相手が春関、夏関と当たっていて2回とも負けていて、本当に悔しくて3回目はどうしても勝ちたくてベスト8進出よりも相手に勝ちたい気持ちでできて本当に嬉しかったです。
塚越:中島さんも言っているように春関、夏関と負けていて、3回目なので普段よりも中島さんと話し合って、プレーできたのでそれが結果につながったと思います。

―二人では何を話しあったのでしょうか
中島:同じことをしても負けてしまうので、結構大胆に変えるというか普段やっていないプレーを入れたりして変化を加えることで勝てたかなと思います。

―大胆に変えたところはなんでしょうか
中島:二人とも動かないタイプなんですけど、ポーチに出たりとか、リターンゲームで工夫したり、そんな感じです。

―第1セットを振り返って
中島:結構接戦でいつブレイクされてもおかしくない状況だったので、気合いだけは入れて気持ちでとれたセットだと思います。

―第2セット奪われてからファイナルセットへの切り替えについて
中島:話はしていなかったんですけど、多分二人ともスーパータイブレークでしっかりいこう、とは思っていたので。2セット目(0-6)はあきらめというか、切り替えていました。
塚越:僕も0-3でコート変わったときに、雷とかで全然集中できていなくて、お互い集中できていなかったのでファイナルやるしかないと思っていました。

―ファイナルはどのようなことを考えて臨みましたか
中島:スーパータイブレーク、僕たちあまり得意じゃなくて、「ちょっとまずい展開になるかな」と思っていたんですけど、仲間の応援が室内で響くなか、気合いというか気持ちを全面に出すことができたのでそれがよかったです。
塚越:スーパータイブレークは出だしが大事だと思っていて、その中で先に4-1とリードできて、そのリードが後半も響いてくれました。

―雨天中断でコートチェンジ後は室内会場で仲間の声援が飛んできました
中島:団体戦じゃなくて個人戦で、僕たちの結果がチームに左右するわけではありませんけど、心の底から応援してくれていてそれに応えなくちゃいけないな、と僕たちも思ったしありがたかったです。
塚越:すごく応援してくれて、団体戦みたいな雰囲気でプレーできて、声も聞こえて嬉しかったです。

―改めて今日の勝利はお二人にどんな意味がありますか
中島:本当にしっかり考えながらできたので、一つ上の段階というか、少し僕たちも変われたと思います。
塚越:前日からしっかり話しあってできた結果です。でもこの結果に満足しないでもっと上目指して優勝目指していきたいです。

―明日への意気込みお願いします
中島:準々決勝とか関係なく自分たちのプレーを楽しんで思いっきりチャレンジャーとしてやっていきます。
塚越:ここまできたら結果を求めたいので、ここで満足しないでしっかり勝ち上がれるよう明日も頑張っていきます

杉本椋亮・山田晃大ペア(スーパータイブレークで競り負けるも堂々のベスト16)

―今日の試合を振り返って
山田:夏関のとき負けていたので勝ちたかったですけど、ギリギリのところで相手の方が強くて、悔しいの一言です。
杉本:夏関負けて、「リベンジする」って二人で話してきて、そしたらインカレで当たれるってなって楽しみにしていて、それまで二人でビデオとかで研究していたんですけど、やっぱりスーパータイブレークになると技術云々じゃなくて気持ちが強い方が勝つって思っているので、僕たちも負けてはいなかったと思うんですけど・・・ただただ悔しいです。

―対策として二人で話しあってきたことはなんですか
杉本:ポジションの取り方ですね。相手がどうしたら嫌がるか、自分らがどうしたら動きやすくなるのか。夏関のときはただ漠然としていたので、そこを改善して、まあ今回はよかったんじゃないかと。これからですね。

―第2セットは話し合いの結果が出てセット奪えたのでしょうか
杉本:正直セカンドセットは中断が多くて流れとかもなく、たまたまというのが二人であったと思うんですけど。でもやろうとしていたことはできたんじゃないかと思います。
山田:自分らは集中していたつもりですけど、中断とかでお互い集中していたんですけど、実は集中できていなかったかもしれなくて、キープもできていなくて、そこをもってできていれば、スーパータイブレークに違った形で入れたと思っていますか。

―スーパータイブレークの内容について
杉本:出だしが悪かったので、0-4からスタートになってしまって、やはり出だしで相手に勢い付かせてしまうと10ポイントっていう短い中で結構厳しくて、逆転からスタートになってしまうので、いかに最初からあげていけるかがポイントだったと思います。
山田:自分たちはいつも、他のペアともスーパータイブレークやってきていて1回も勝っていないですけど、一戦一戦とれてるポイントがあがってきているので大事なところでポイントがとれるように次から頑張ります。

―接戦でしたが何が足りなかったと思いますか
杉本:サーブとかリターンとかファーストボールの強さですね。そこをしっかりやっていけば自分たちの展開に持っていけることもできるし、流れもついてくると思っているので、そういった面が今回あまりよくなかったかなと感じます。
山田:僕はもうちょっとボレーを打てるようになったら、攻撃のパターンが増やせると思うので、ボレーを打てればもっと上にいけると思いました。

―杉本選手はシングルスで同級生の早大・今井選手と対戦しました
負けたくないのが一番ですし、早稲田というリーグ戦の相手なので今のうち勝っておきたいと思ったんですけど、まだ力の差があると痛感しました。差を埋めなきゃいけないのでまだまだ練習していかないとこの先勝てないし、もっとやれることがあると思います。

―今回のインカレを振り返って
山田:シングルスは思ってなかった成績も出て満足したので、もう一つ上の段階にいこうと思いました。ダブルスは上を狙っていたので本当に悔しいです。でもインカレ・インドアとか来年もあるので次に向けて頑張りたいです。
杉本:僕も昨年と比べたら、結果を残せたと思っているんですけど今回やってみて、周りを見てみて、「まだまだ上いけるな」と思いましたし、ベスト16で負けましたけど、手応えもありましたし、課題も見つかったので徹底的にやっていきたいです。ダブルスは晃大が言っていたように上を目指していてです優勝できるぐらいのレベルまで来ていると思っているので、あとはどこでどういうやり方をして相手を崩していくか、ってところを考えていかなきゃいけないと思いました。この先リーグがあるので、今は悔しいですけど切り替えて、王座目指していきます。

―リーグ戦へ向けて一言お願いします
山田:出たら勝ちます!
杉本:もちろん言うまでもなく王座優勝です。

小林理久・長田和典ペア(関西王者に惜敗も2年連続のベスト16)

―今日の試合を振り返って
小林:第1セットをうまく自分たちで支配できて、第2セットはサービスキープの連続の中で最後に自分のサービスゲームを取れなかったというのが敗因で、スーパータイブレークは相手の勢いで持っていかれたなと思います。
長田:第1セットは自分たちのやりたいことができて、第2セットのはじめもその勢いでいきたかったんですけどできなくて、シーソーゲームになって落として、最後はスーパータイブレークで負けてしまったんですけど、いいテニスができたのでそれを今後もやっていきたいです。

―関西王者ペアとやってみて
小林:サービスキープをお互いにしあっていたので、先にブレイクをするだとか、しっかりキープをするだとか引き出しの多さがあるなと感じました。
長田:個々の能力がすごい高かったので、関西優勝するだけの力はあるなと思いました。

―2年連続のベスト16ですが
小林:満足はしていないですね。去年は予選からだったんですけど今年は本直で、もう少し試合をしたかったなと思います。
長田:去年より簡単に初戦とか勝てたりしたので、そこは少し上手になったのかなとは思います。

―インカレの総括をお願いします
小林:負けてしまったんですけど両方本戦に出て得られるものがあって、要所で攻撃的に攻めることが大切だと感じて、それが今後に生かせることなのでよかったです。
長田:去年より自分のボレーがうまくなったので、来年はサービス強化をしていきたいです。

―あと1週間弱でリーグ戦が始まりますが
小林:今年は法政もメンバーはそろっているので、優勝を目指してそれぞれがインカレで得たものをあと残り少ないですけど練習で自分のものにして、優勝したいです。
長田:もし自分がリーグに出ることがあれば、チームに1勝をもたらして王座に行きたいです。

 

フォトギャラリー

  • 20140913-thumb1-160x160-9528水沼・江見(右)ペアは創部初のベスト8
  • 20140913-thumb2-160x160-9529大友は法大シングルスでは唯一のベスト8
  • 20140913-thumb3-160x160-9530大塚は無念の4回戦敗退
  • 20140913-thumb4-160x160-9531中島(右)・塚越ペアはベスト8入り
  • 20140913-thumb5-160x160-9532関西王者ペアに挑むも惜敗した小林(右)・長田ペア
  • 20140913-thumb6-160x160-9533杉本(右)・山田ペアは因縁の相手に雪辱ならず
  • 20140913-thumb7-160x160-9534松森(右)・大友ペアはスーパータイブレークを制覇しベスト8!
  • 20140913-thumb8-160x160-9535中島・塚越ペアの勝利に盛り上がる法大ベンチ
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み