テニス
 

【テニス】関東大学テニスリーグ 対専修大学 9戦全勝で次戦、勝負の慶大戦へ!!

平成26年度関東大学テニスリーグ 対 専修大学
2014年9月3日(水)
有明テニスの森公園

大会2戦目。前日、明大相手に手痛い1敗を食らった法大だったが、この専大戦はうまく切り替えることができ9戦全勝と力の差を見せつけた。

20140903-thumb1-160x160-9324
本日単複で2勝をもたらした杉本

試合結果

トータル試合結果

9

法政大学

3

ダブルス

0

 

0

専修大学

6

シングルス

0

 

ダブルス

 勝敗選手名スコア対戦相手
D1 松森裕大(社4)・大友優馬(スポ3) 7-5,6-4 永田和輝・石井開
D2 小林理久(スポ3)・長田和典(スポ2) 6-4,6-2 矢崎頼・大塚淳史
D3 杉本椋亮(社3)・山田晃大(社2) 6-2,6-4 吉田元樹・山西大

シングルス

 勝敗選手名スコア対戦相手
S1 竹内遥丞(社4) 6-3,6-3 本藤優
S2 小村拓也(経3) 6-1,6-2 永田和輝
S3 杉本椋亮 6-0,6-2 大塚淳史
S4 塚越雄人(経2) 6-2,6-1 油布将也
S5 大塚拳之助(経4) 6-4,6-2 濱田大夢
S6 中島佑介(スポ3) 6-1,6-2 山西大

戦評

 雪辱の明大戦から一夜。迎え撃つのは専大だ。午前中行われたダブルスでは、杉本・山田ペアが序盤から3-0と2つのゲームをブレイクし、試合の流れをつかむことができ、第1セットは6-2とする。第2セットは、第6ゲームまで両者ゆずらずキープし、迎えた第7ゲーム。杉本・山田はめぐってきたチャンスを逃すことなく、ブレイクに成功。第2セットは6-4と危なげなく勝利した。D2の小林・長田ペアも、早い段階でブレイクすることができ、深く力強いショットで相手のミスを誘う。しかし、専大もねばりを随所で見せるものの、第1セットは6-4で終了。そして、第2セットの第4ゲームでブレイクに成功すると、試合の流れは完全に法政のものとなり、終わってみれば6-2と、3ブレイクアップで完勝することができた。D1大友・松森は、第3ゲームでブレイクされるという嫌な流れに。しかし、第4ゲームで相手がネットに出る場面も冷静に打ち返し、ブレイクバック。その後、ブレイクしてはブレイクバックし返すという展開が続く。そして、ここ一番というところでブレイクすることができ、第1セットは7-5で終わる。第2セットに入り、他試合も終わったためこのコートに多くの視線が注がれる中、第10ゲーム、ドロップショットが決まりブレイク成功。そのまま試合は6-4と、ブレイクゲームで試合は終了した。ダブルスすべての試合が2-0と、効率的な試合をすることができた。
 シングルスは、S6の中島が第1セット6-1、第2セット6-2と余裕のある試合運びを見せる。S5の大塚は第1セット第4ゲーム、ネット際の攻防を制し、ブレイク。そのまま、ワンブレイクアップで、第1セットは6-4というスコア。第2セットは、相手のショットに振り回されることなく、チャンスを確実につかみ、6-2と好調さを見せつけた。S4の塚越は、第1セットを6-2と、危なげなくとり、第2セットも、第2ゲームでブレイクすると、その後はたて続けに3ゲーム連取し、最終的なスコアは6-1と快勝。S3の杉本も、第1ゲームいきなりブレイクに成功すると、試合の流れをそのままつかみ、6-0と1つのゲームも相手にとらせないという、完璧な展開に持ち込む。第2セットも、流れは変わらず、6-2と相手を寄せ付けずに、試合終了。S2の小村は、第1ゲームでブレイクに成功すると、流れにのり、第1セットは6-1と先取する。第2セットも、第3から5ゲームまで3ゲーム連取するなど、明大戦の疲れを感じさせない動きで、相手のアンフォースドエラーを誘う。迎えた第9ゲーム、相手が放った緩い球を見逃さずに、確実にスマッシュを決める、6-3で快勝。S1の竹内は、相手の鋭いショットにも耐え、少しのチャンスを逃さずに、第4ゲームでブレイク。また、第6ゲームでもブレイクし、スコアは5-1とここを決めればセットを取れるが、第7ゲームでまさかのブレイクバックを許してしまう。しかし、その後力強いウィナーで相手の足を止まらせる粘りを見せ、6-3と取り返す。第2セット、第1ゲームをブレイクし、全ギャラリーが見守る中、迎えた第8ゲーム。ラリーの主導権を握り、相手を動かせ、キープ。第9ゲームも、緩急のつけた球で相手を翻弄し、鋭いウィナーを随所に出すことでブレイクに成功。終わってみれば、スコアは6-3と法大エースの意地を見せつけた。
 昨日の試合を引きずることなく、気持ちを切り替え、試合に臨んだ法大。9試合1つもセットを落とすことなく、余裕のある試合運びをすることができた。この良い流れを5日、慶応戦へと繋げられるだろうか。次戦最大のライバル慶應に挑む。(宮下尚子)

選手コメント

大塚拳之助(主将)

―昨日の試合をふりかえって
第1セットを6‐3でとってすごくいい形で入れたなと思ったんですけど、第2セットの何ゲーム目かにあったブレイクポイントの時に消極的になってしまったかなというところがありましたね。とらなきゃとらなきゃという気持ちや早く試合を決めたいという気持ちで逆に縮こまってしまって。そのまま相手に流れをひっくり返されて、2‐6でセットを奪われて。でもファイナルセットは縮こまらないようにとりあえずリラックスすることを心掛けて、自分ができるショットであったりを一生懸命やりぬくしかないなと思いました。でも結果的には、ファイナルセットも5-3で、相手のサービスゲームで40-15になったんですけど、その時も多分勝ちを意識したんでしょうね、急いでしまって。5-6になって危ないなあ、と。そこでもう一回仕切りなおさないと、と思って、ひたすら我慢だということを意識しました。まあよくは覚えていないんですけど、興奮しすぎて(笑)でもまあなんとかとることができたので、良かったかなと思います。

―相手の澁田選手の印象は
全体的にバランスの良い選手で、フォアもバックもサーブもよくてオールラウンドなプレイヤーだなという感じでした。特にフォアの回り込みは一発があって、どっちに出ていくのかが分からないところが多くありましたね。

―昨日の明大戦後は心底どのような心境でしたか
そうですね・・・拓也の試合なんかもファイナルで5-1になっていて。正直勝てるかなという気持ちもあったんですけど、ちょっと試合の流れとしてはあまり良い形ではなかったので、自分の中ではちょっと心配がありました。結果的に仕方のない形で負けてしまって、でもそうですね、チームのみんなにも言ったことなんですけど、テニスっていうのは勝ち負けがしっかりしていて、勝つ時だって負けるときだってあるから仕方ないかなと。特に団体戦の応援する人が周りにいて緊張するような場面では、どっちに転ぶか分からないじゃないですか。たとえ実力がすごく離れていたとしても、雰囲気だったりが独特なんですよね。だからどっちが勝ってもおかしくない大会なので、昨日は本当に仕方がないことだったかなと思っていました。あとはまだ初戦ですし、まだ4戦、今日を除いてあと3戦あるので、泣いてる暇じゃないと。低いモチベーションのまま臨めば全敗して入れ替え戦に回る可能性だってあるわけで、なにがあるか分からないですしね。まあでも悔しかったです、僕も本当に。中には王座に行けないかもしれないということを思った選手もいたと思います。実際、早稲田も慶應も居るなかの強いチームと当って勝ち上がらなければいけない大変厳しい状況にはなったんですけど。でもやるしかないので、泣いている暇があったら早くコンディションを整えて、次の試合を考えさせる方が優先かな、と思いました。

―では昨日のS1~S3の全敗に不安を覚えたりもしなかったですか
全然なかったですね。ちゃんと自分たちのテニスをしてくれれば絶対に大丈夫だと信じているので。

―昨日の試合後に小村選手に何か声をかけましたか
お前のせいじゃないから、ということは言いました。お前が負けたからチームが負けたわけではないし、自分のせいだと責めるんじゃなくてこれも経験の一部として、これをきっかけに自分のテニスやメンタル面を顧みたり、いろいろなことを考えなおすきっかけになったんじゃないかな、と。次はもう気持ちを切り替えてチームのために頑張るしかないぞ、というようなことは言いました。

―ミーティングで全体に向けて話したことは
みんな泣いていたので、まず泣くな、と。まだまだ試合は続くから大丈夫だ、心配する必要はないし、いろいろな経験があって団体戦の怖さを思い知っただろうと。まだ4戦あるから絶対あきらめないで、最後まで戦い抜こう、ということを言いました。

―今日に向けての気持ちの切り替えはうまくできましたか
なかにはできていない選手も居たと思うんですけど、結果が9-0でしたし全体的には良かったと思いますね。今日勝てたということが次に入るモチベーションになっていくだろうとも思いますしね。

―大塚選手自身の今日の試合はいかがでしたか
まあ余裕ではなかったですね(笑)やっぱり僕はちょっと勝ちを意識すると硬くなりやすいので、その時にミスが目立ったかなという感じですね。感覚とかコンディションとかは特に悪くなかったので、とりあえずリラックスして自分らしくやれればいいかなというのを、今日の試合を終えて振り返ってみると思いますね。

―「楽しくやりたい」という目標を掲げていましたが、チームに浸透してきていますね
そうですね、法政らしさというか、応援とかも含めてたまに笑顔が見られたりとか、他の大学とはちょっと雰囲気の違う感じですよね。王座に出た時の主将も楽しくやろうということを言ってくれていたので、やっぱりそれって大切なんだなと思いますね。

―明後日の慶大戦は大きな山場になると思われますが
そうですね、でも選手一人ひとりがやることは多分変わらないので、いつも通りのプレーというか人それぞれ自分らしさを出していけば良い試合ができると信じているので。技術どうこうではなく、とりあえずハートがついてくれば何とかなるかなと思いますね。

―慶大戦に向けて一言
絶対勝ちます!!

竹内遥丞(副将)

―今日の試合について
あんまり自分の調子が良いわけではないので、それなりにゲームは落としたのかなとは思いましたが許容範囲でした。

―昨日の明治戦からの今日の試合でしたが切り替えて臨むことはできましたか
(昨日の)相手もその大学の一番強い選手でそんなに簡単な試合ではないし、負けてしまうこともあるので悔しかったですがしょうがないです。昨日のことを気にして今日負けてしまったらその後の試合も全部悪い流れができてしまうと思ったので昨日は昨日、今日は今日で自分ができることをしっかりやりきりたいと思って試合をしました。

―インカレからのリーグ戦ですが調子は上がっていますか
正直そんなに上がってないです。テニスというよりこころがちょっとあんまりいい状態ではなかったので。でも今日試合も勝てて少しやっと自信を取り戻せたかなと思います。

―今回のリーグでは慶応戦が一番の山だと思いますが
明治に負けてしまって、もう背水の陣のような感じなのですが自分ができることをその試合その試合にベストを尽くして、その中でしっかりみんなチーム一丸となって全員9ー0ぐらいの気持ちで楽しみながら、自分も最後なので後悔だけはしないように頑張っていきたいです。

小村拓也(前日の敗戦からうまく切り替えた)

―今日の試合を振り返って
昨日悔しい試合をして、今は落ち込む暇はないしただ1戦目負けたっていうだけで、どちらにしても慶應に勝たないと王座には行けないと思うのでそれを考えて、次の慶應戦でいいプレーができるようにと心がけて、今日は調子も良くなってきているので、このまま慶應戦に臨められればいいです。

―今日は納得のいくテニスをできましたか
まだミスが多いというのはあるんですけど、ちゃんと攻めることが出来ましたし、昨日は攻めてなかったですし守りに入って逆転された部分があったので、その反省をいかしてできたかなと思います。あとはミスを減らせればいいですね。

―改めて昨日の試合を振り返ってみて
悔しいというか、申し訳ないというかいろいろな気持ちがあるんですけど、もうプラスに考えるしかないしプラスに考えればすごくいい経験にもなったし、来年こういった経験がないままに迎えるのと経験があるので迎えるのは気持ちの面でも全然違うし、リーグだけではなくインカレとかタイトル狙うときにみんなそういった経験をしているから(タイトルを)取れるわけで、やっぱり簡単には試合に勝ったりタイトルを取ったりすることはできないと思うので、そういった意味ではいい経験になったんだとプラスに捉えています。

―昨日はゲームカウント4-4で法大最後の一人として戦っていましたがそのときの気持ちは
竹内さんが負けて、あと自分しかいないって考えて、そのときにはもう足にはそうとうきていたので応援してくれているみんなの顔を見て、僕が最後の一人でみんな必死になって応援してくれていたので、期待に応えるというか、1球1球に魂をこめて必死に打ったというか。精神的には「足がつっただのなんだろうと勝つ」っていう気持ちはあったんですけど、最後の一球まで絶対に…リードされていたんですけど終わるまでは絶対に粘り続けて打ち続けていくということだけを考えていました。

―昨日の敗戦から切り替えたことは
技術的なことは、5-1までいって勝ち急いだり、安心して守りに入ってしまったところが昨日の敗因だったので今日は5-2になって、ここでもペースを上げて攻めることだけ考えて、今日はそれがうまくいったのでよかったです。

―3年目のリーグ戦ですが、今年はシングルス上位で法政の核としての出場ですね
3年4年になるとこうした核として戦うことになるって僕が1年生のときに(星野)武蔵(24年度卒)さんだったり、戸田(義人:25年度卒)さんだったりに教えてもらってきてるし、法政を背負って戦ういい先輩たちの背中を見てきたので、僕も先輩たちのように戦うようになって、どういう風に戦えばいいかとかどういうプレッシャーがかかるかとか分かっていたので、それを昨日の試合で改めて感じさせられました。あとは勝つしかないので、チームを背負って勝つだけです。

―王座に向けてもう負けられないですね
昨日負けたことで、逆に勝つしかないという状況になって(やることが)シンプルに見えてきたというか、全部に勝てば王座に行けるってことなので自分の役割は1勝をあげることなのであとは応援したりしてみんなが勝てるようにして、慶應も早稲田も負けられないので全部勝って王座に行きます。

―次の慶應戦に向けて
僕の中では明治戦がいい経験になったので、慶應戦にいい形で入れるんじゃないかってプラスに考えていて、慶應戦では精神的にも技術的にもどういうことをすればいいか明確なので、思い切って自信もって自分を信じてやっていきたいと思います。

中島佑介(相手にミスさせるテニスで1勝を掴む)

―今日の試合を振り返って
昨日明治に負けて、チームとしてすごく難しい状況だったんですけど、全員が切り替えて相手の選手に集中できたのでよかったと思います。

―昨日の敗戦からどのようにチームとして個人として切り替えを行いましたか
まず負けたことは仕方ないので、負けたことを考えるんじゃなくて、次にどうやって勝つか、っていう次のことを考えて、切り替えていきました。

―昨日はS、Dどちらも落とす内容でした
内容は本当にひどくて、今までのリーグでもこんなにひどかったことはなかったので、正直自分でもすごく落ち込みましたし、どういう風に切り替えたらいいのかも分からなかったんですけど、先輩だったりOBの方だったり、色んな人に支えられてなんとか「次に向かっていこう」って思いました。

―その中で印象に残った声掛けはありましたか
色々言ってもらったんですけど、大塚さんからも「難しい時期はあるから、ここで下向くんじゃなくて、どうにかして自分で頑張るしかない」って言われて、その通りだと感じました。

―切り替えた上での今回の内容はいかがでしたか
思った通り調子はよくなくて、周りから見てたらひどい試合だったと思うんですけど、でも気持ちで。粘り強く相手にミスをさせるようなテニスをするしかないので、本当に気持ちで頑張っていくしかないと思います。

―慶應戦へ向けてチームとして何か対策はありますか
チームとしてはそれなりに考えはありますけど、技術とかじゃなくて本当にこの時、この時間でぶつかって最終的にどっちが強いかだと思うので、法政のチーム力を見せたいと思います。

―慶應戦へ意気込みお願いします
どこで出るかは分かりませんし、出場するかも分からないですけど、与えられたポジションをしっかりこなして、少しでもチームに貢献できるようなプレーをしていきます。

杉本椋亮(単複で勝利しチームに2勝をもたらす)

―今日のシングルスを振り返っていかがですか
昨日の相手(明治・弓立)と比べれば全然だったので、特に自分のテニスを変えることなく普通にやれば問題ない相手でした。自分も調子がいいのでよかったと思います。

―初出場となったダブルスはいかがでしたか
初ってことだったんですけど、緊張することもなくいつも通りできて、ペアの山田もいつも通りできていたと思いましたし、(昨日から)いつでも行ける準備ができていました。

―昨日の敗戦から今日の試合ということで気持ちの面はどうでしょうか
僕自身も相当落ちていましたけど、まだ王座行けないって決まったわけじゃないし、次に慶應、早稲田に勝てばチャンスはあるので。今年は王座に行けるチームだと思っているので、いつまでも下向いても仕方ないです。大塚さんも「楽しくやろう」って言っていましたけど、本音は「勝ちたい」だろうし、全力でやんなきゃいけないって気持ちです。

―切り替わった今のチーム状況を見ていかがですか
結構切り替えもみんなできていて、いい状態でいると思います。今日も9‐0で勝てたわけですし、次の慶應戦への入り方としてはすごくよかったんじゃないかと思います。

―今日9戦全勝したことはチームとして大きいことですね
そうですね。気持ち的にも「まだいける。まだいける。」って気持ちがみんな出ていたと思うのでよかったです。

―昨日は同学年で法政に相性のいい弓立選手をストレートで下しました
高2のときに1回対戦したことがあって、まあ同じようなスコアだったんですけど、結構タイプ的に好きなタイプなので、試合前も「弓立とやりたいです」ってことをミーティングで話していて、それがピンポイントで当たって、「やるしかないな」って気持ちでした。そういう気持ちの面がよかったんじゃないかと思います。

―ここ最近ずっといい状態が続いてますが、調子維持を支える理由はなんですか
3年になってから、「3年生が勝負の年だ」って決めていて、そういう気持ちの面もあって、今までの行動とか練習とかそれに対する意気込みとか変わってきているので、そういうところだと思います。

―昨年負けている慶應戦へ向けて何か対策とかはありますか
特にこれといったものはないですけど、ここまできたらやるしかないので。みんなで一致団結して頑張ります。

―慶應戦へ意気込みお願いします
王座に向かって、みんなで、頑張っていければいいと思います。4年生を(王座に)連れてってあげるのが僕らの役割、恩返しになると思うので、一戦一戦頑張っていきます。

 

フォトギャラリー

  • 20140903-thumb1-160x160-9324本日単複で2勝をもたらした杉本
  • 20140903-thumb2-160x160-9325主将の大塚は健在
  • 20140903-thumb3-160x160-9326副将竹内も快勝
  • 20140903-thumb4-160x160-9327小村は攻めるテニスを貫く
  • 20140903-thumb5-160x160-9328塚越はS4で登場
  • 20140903-thumb6-160x160-9329気持ちで勝ったS6の中島
  • 20140903-thumb7-160x160-9330小林(右)・長田ペアは安定した強さを見せる
  • 20140903-thumb8-160x160-9331D1の松森(左)・大友ペアも力を発揮
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み