テニス
 
 

【テニス】関東学生テニスリーグ 対亜大 わずかな希望をたぐり寄せろ!対亜大全勝で王者早大に挑む

平成25年度関東大学テニスリーグ 対 亜細亜大学
2013年9月7日(土)
有明テニスの森公園

前日の慶大戦で王座進出に暗雲が立ちこめた法大。残る対戦は亜大と早大。今日行われた亜大に全勝し、早大に5勝4敗以上でなければ王座の夢は消える。王者へ挑み、王座へいくという、わずかな希望を絶やさない為にも今日の試合は全勝が絶対条件になった。

09071
望み繋いだ!王座を諦めるな!

試合結果

ダブルス

 勝敗選手名スコア対戦相手
D1 松森裕大(社3)・大友優馬(スポ2) 7-5,7-5 小堺遠馬・高山和也
D2 小林理久(スポ2)・長田和典(スポ1) 7-5,7-6(2) 白井卓也・秋山和潤
D3 戸田義人(経3)・塚越雄人(経1) 6-3,6-2 田村亮・安藤嘉晃

シングルス

 勝敗選手名スコア対戦相手
S1 戸田義人 1-6,6-4,7-5 白井卓也
S2 竹内遥丞(社3) 6-3,6-0 小林浩貴
S3 大友優馬 6-2,6-3 小堺遠馬
S4 小村拓也(経2) 6-2,6-1 秋山和潤
S5 大塚拳之助(経3) 6-2,6-1 高山和也
S6 中島佑介(スポ2) 6-1,6-4 成松智希

戦評

ダブルスでは一つ、変更があった。このところ3試合続けてファーストセット0-6で取られていた伊藤祐樹・中島佑介ペアに変わって小林理久・長田和典ペアがD2に入った。「早大戦では調子のいい方を使う」とのことだが、果たして。

その小林・長田はともにリーグ戦初出場。固さが見られるかと思われたが、それほど緊張した姿を見せることなくファーストを競りながらも先取すると、セカンドは後半、長田の前衛の横を抜くショットが上手く決まりはじめ、ラリーを優位に進める。それでも粘る相手に苦しめられ、タイブレークにもつれるが、そこで気持ちを切り替えることに成功した二人はこのセットを取り、ストレート勝ちを収めた。
D1、D3も冷静な試合運びで実力を発揮し、亜大ペアを手玉に取ってストレート勝ち。ダブルス3つは全勝。まずは一つ、望みを繋ぐ。

20分程度の休憩を挟み、始まったシングルスの試合も法大選手が躍動。S1以外は1セットも取られることなく完勝。それぞれ内容は異なるものの、隙を与えず勝利した。戸田だけは思わぬ苦戦。ファーストセット、相手のペースに呑まれ1-6と一気に勝負を決められる。セカンドセットからは本来のプレーが戻りつつあったが、それでもミスが少ない相手選手にキープを許し、ブレイクしてもブレイクバックされる展開が続く。最後には自力を見せ、追いすがる相手を振り払いシングルスでも全勝。なんとか早大戦まで王座への望みを残した。

明後日行われるリーグ最終戦、その相手は絶対王者の早大。下馬評では「果たして何勝で早大が勝つだろう?」とかそんなところだろう。しかし法大はもう負けられない。慶大戦後、戸田が話したように最後のリーグ戦、法政らしい「どんちゃん騒ぎ」を起こし、下馬評なんて吹き飛ばすほどの活躍に期待したい。(一戸亮佑)

 

選手コメント

戸田義人

―今日の試合を振り返って
ダブルスは結構楽でした。慶応戦とかと違ってプレッシャーを感じるところがなかったので、やりやすくリラックスしながら試合ができました。シングルスは逆に主将としてS1で出て、自分が負けるとすごい嫌な雰囲気になって、一番最後の試合が負けて終わるのは本当にないなと思っていたので。最後勝ててホッとしています。

―昨日の敗戦から切り替えはできていましたか
本当に1日しか空いてないですけど皆切り替えてくれて、正直今日は負けるような相手がいなかったんで、そこにしっかり勝ちきって。しかも亜細亜に9-0で勝って、早稲田に5-4で勝てば確か勝ち数で王座にいけるので、そういう意味でも僕が負けるわけにはいきませんでしたし、他はストレートで僕がファイナルまでいって一番危なかったですけど、その話を聞いて早稲田戦やる気になっているんで、逆によかったかもしれないですね。

―早大戦までどんな調整をしたいですか
もうここまで来たら変わらないので、技術的なことは。あとはメンタル的な部分が大きいので、本当にできることは全てやって早稲田戦に臨みたいと思います。あとは本当に法政の皆は仲がいいので。一緒にご飯食べに行ったりもするので、そういう意味でしっかりと整えてチーム全員でいい試合になるようにしたいです。

―改めて意気込みを
そうですね、下手すれば最後になってしまうかもしれないし、今まで10年近くテニスをやってきて、最後って決まったわけじゃないですけど、王座にいったとしても相手は早稲田なんで、団体戦の相手が早稲田ということでやっぱり嬉しいですよね。あれだけテニスに対して一生懸命やって紳士的な彼らと最後に団体戦戦えるって事が嬉しいし楽しみでもあるので、悔いのない試合をしたいです。

小村拓也

―今日の試合を振り返って
今日は正直、他の大学に比べて強くないというのもあるんですけど、その中でもチームとしての1勝をあげられるように臨んで、結果も6-2,6-1で上手く試合できたんでよかったと思います。

―昨日慶應に負けてしまいましたがどんなことを考えてましたか
悔しいし、慶應には勝ちたかったんですけど、悔しい思いしてるのもこれがリーグだなって感じで、個人戦とは違う物もあって、その中でも前を向くしかないって思って。まあ早稲田に勝てばまだ王座にいけるんで、早稲田戦にむけてこれから頑張っていきたいなと思ってました。

―去年からリーグ戦に関しては負けてないですが
まあ高校の時は全然団体とか出たことなくて、こういう風に団体戦に大学でできて、本当に嬉しいし、楽しいですね。試合を楽しめているっていうか、プレッシャーももちろんありますけど、苦しい中でも自分のいいプレーをしようとかチームとしても1勝をあげようとかそういうことを考えて自然と勝ちに繋がっているんで、このまま早稲田に勝って全勝できたら嬉しいですけど、チームとして1勝あげられるように考えています。

―今の調子は
試合を重ねるごとによくなっているんで、調子としては悪くはないんで早稲田戦は最大限上げられるように頑張ります。

―早稲田に対してどんなことを考えながらやっていきたいですか
一人一人強いし、1勝あげるのは難しいですけど、可能性はあると思うし、そこで勝てればチームとしても大きいし、自分の中でも大きいことなんで、チームとしても個人としても成長できるように1勝をあげたいと思います。

―個人的に戦いたい選手とかはいますか
(しばらく考えた後)あー、そうですね、今井にはインカレで負けてるし、同世代なんで、今井は。まあ田川さんはS1なんで当たることはできないですけど、やっぱり一番やりたいのは今井ですね。何回も負けるのは悔しいんで。

―意気込みを
最後に1勝あげて個人としても10勝してチームに貢献できればと思っているんで頑張ります。

小林理久・長田和典

―リーグ戦初出場でしたが
小林:控えのダブルスペアとしていたので出る機会が一つでも与えていただけたのでうれしくてこのチャンスを生かそうっていう意気込みでいました。
長田:思ったより勝たなきゃいけないみたいな雰囲気ではなかったし先輩達も勝ってくれていたのでいつも通りできたと思います。

―今日の試合を振り返って
小林:何度かブレイクされてしまって苦しい、乗りきれない場面があったんですけど競った場面で思い切ってできたことが結果的にストレートで勝てた要因だと思います。
長田:2ndセット6-5でマッチポイントがあったにもかかわらず取り切れなくて、でもそこで切り替えられてタイブレークはあっさりとれたのがよかったと思います。

―昨日のミーティングでどんなことを言われたんですか
2人:特にないですけど、試合にでなかった伊藤さんと中島のぶんまで勝たないといけないと自分達のなかで思いました。

―リーグ戦最後の早大戦に向けて
小林:悔いの残らないようなリーグ戦に全員でしたいなと思います。
長田:早稲田に勝ったら王座の可能性があるので早稲田を倒して王座に行きたいです。

フォトギャラリー

  • 09071望み繋いだ!王座をあきらめるな!
  • 09072jpgリーグ戦初出場の小林(右)・長田(左)ペア
  • 09073リラックスして臨めたというダブルス戦
  • 09074大塚は連敗から脱出
  • 09075いまだに去年からリーグ戦全勝を続ける小村
  • 09076フルセットにもつれるもしっかり勝利した戸田
  • 09077ストレート勝ちを収めた竹内
  • 09078大友も今リーグ戦では全勝をキープ
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み