テニス
 

【テニス】関東学生テニスリーグ 対慶大 ライバル・慶大の壁厚く...痛い1敗

平成25年度関東大学テニスリーグ 対 慶應義塾大学
2013年9月6日(金)
有明テニスの森公園

大逆転の明大戦から2日後。明大戦が一つの山だとするなら、二つ目の山が慶大戦だ。これまで王座の二つ目の出場権を分け合ってきたライバル。ここで勝たなければ明日はない。まさに大一番。お互いの死力を尽くした戦いが幕を開けた。

09061
悔しい…あと一歩及ばず…

試合結果

ダブルス

 勝敗選手名スコア対戦相手
D1 松森裕大(社3)・大友優馬(スポ2) 5-7,4-6 志賀正人・近藤大基
D2 伊藤祐樹(経4)・中島佑介(スポ2) 0-6,2-6 高田航輝・矢野隆志
D3 戸田義人(経3)・塚越雄人(経1) 6(5)-7,4-6 井上善文・谷本真人

シングルス

 勝敗選手名スコア対戦相手
S1 戸田義人 6(5)-7,0-6 志賀正人
S2 竹内遥丞(社3) 6-3,5-7,4-6 近藤大基
S3 大友優馬 6-3,6-4 谷本真人
S4 小村拓也(経2) 6-3,6-4 高田航輝
S5 大塚拳之助(経3) 6-3,2-6,2-6 権大亮
S6 中島佑介 7-6(3),3-6,6-3 渡邊将司

戦評

今リーグ戦、植村監督が「重要。鍵になる」と話していたダブルスだったが、D2は相手の攻撃を封じ込めることができずに完敗。D1とD3はタイブレークにもつれ込むなど熱い戦いとなったが、どちらもチャンスをものにできず敗戦した。法大はダブルスを0-3とし、厳しい出だしとなった。

勝利するにはシングルス6本中5本以上勝つことが条件となる。まずはS4の小村が盤石の試合運びで法大に初勝利をもたらす。S5の大塚はファーストセットを6‐3と奪取し、いいスタートを切るが、調子を上げてきた権のショットについて行くことができない。デュースを制することもできず、ずるずるとゲームを奪われ、ファイナルへ。明大戦では、弓立との死闘を演じたが、そこでも勝ちきることができなかった。今日も勝負所で消極的になってしまい、2-6で落とし、痛い1敗。この時点で法大は負けが許されない状態となる。S6の中島は「ダブルスの分も挽回しようと思った」と、フルセットの勝負をものにした。S3大友も続いて勝利し、残るはS1とS2のみとなる。S1で出場した戸田は志賀正人との勝負に挑んだ。ストロークプレーヤーである志賀に対し、「ラリーでは勝つのは難しい」とストローク勝負を避ける。バックに来た球をスライスで返し、チャンス球が来たらしっかりと攻める―。その作戦は見事にはまり、勝負どころでフォアの強打、さらにはスピードあるサービスで得点を重ねる。しかし、志賀の正確なストロークにミスを誘い出され思うように得点を奪えない。お互い譲らない勝負はタイブレークにもつれ込んだ。序盤、戸田が積極的に前へ出て絶妙なボレーを決めるなどし、流れに乗る。4‐2とリードし、コートチェンジ。このままの勢いで試合を展開したいところだったが、連続でミスが出てしまった。逆転を許し、接戦だったファーストセットを落とす。セカンドは完全に試合を支配され、0‐6で1ゲームも取ることができず、これで法大の負けが決定。残る竹内もファーストは危なげなく奪うものの、次第にストロークがネットにかかるなどミスが目立ち始める。また、相手の威力あるサーブに押される場面もあり、逆転負けを喫した。

チーム成績3勝6敗とし、王座進出をかけた大一番を制すことができなかった法大。しかし、リーグ戦はまだ2試合残っている。「法政らしいテニス」(戸田主将)で堂々と戦い抜いてほしい。(松村寿々子) 

監督・選手コメント

植村直己 監督

―今日の試合をふりかえって
御覧の通り、ダブルスが0-3でなってしまったということで逆転するのは非常に厳しい。という、正直なところでしたね。ただ、シングルスはもしダブルスで1つでもとれていればシングルスは非常に良くて、あきらめなくて、互角以上だったので、もしかしたら勝つチャンスがあったかな、という感じで、敗因としてはダブルスが0-3になってしまったことですね。ただみんながあきらめないで頑張って、最後まであきらめなかったということは負けたんだけど収穫で、シングルスのトレーニングとか厳しい練習やってきたという成果は出たかなと思いますね。やっぱり、インカレを見てもシングルスはベスト8が1人、 16が2人、32が2人、とみんな成績が出て、出てる人は勝てるんです。ダブルスは慶応はベスト4が2組で準優勝もいて、うちはベスト16が2組であとは32だからそこで差が出てしまったんだと思います。これを打破するには実力以上のものを出すしかないんだけど、ダブルスのほうは逆に向こう側に勢いがあって、一気にとられてしまったんでそれは実力の差かな、と。敗因はダブルスだということですね。残念ですけどね。

―戸田主将を出場について
志賀君と竹内だとちょっと厳しいかなと思ったので、竹内を近藤君に当てて、下で取りにいく、という感じで、上はキャプテンの意地でなんとかやってくれと(笑)。大事な試合ではキャプテンが出ないとチームとして、チー ムのために出て、それで意地を見せてくれ、と。負けたらしょうがないと。あるいは竹内のような実力者、今日は負けてしまったけども。または大友も上で出せば強いし、小村も中くらいで出せば強いし、下は中島、調子のいい選手を使ってみましたけど、まぁ、半分はよかったんですけどね。頑張ってきたし、うーん、しょうがない部分はあるのかなと。大塚が誤算というか、見てみると相手がギアをあげたときにちょっと対応できてない。自分が引いてしまった、ここがいけないところですね。これは反省点なんで次やるときは相手がギアをあげてきても自分も同じようにやって、対応できるように練習してきてるんで。小村、大友については実力が出てきたかな。彼は実力を出せば当然勝つだろうと。そこがよ かったですね。中島は内容はひどかったんだけど、相手(渡邉)も内容がひどくて、2人は同じ東海地区で高校の時は勝ってるから、当然勝たなきゃいけない相手なんだけど、彼もそれを思ってやってたと思うんだけど、サーブが不調で、でも、粘って泥試合みたいな感じで勝って、調子が悪いときでも勝つということは必要でそれができてて、勝ったことはよかったと思いますね。サーブの調子が悪いので、ダブルスが内容が、不安が的中しまう形になってしまって、それは残念です。中島の持ち味のサーブですけど、調子悪いから伊藤もついつい無理をしてしまって、悪循環になってしまい、伊藤が前で決めてキープが出来て、リターンを思いっきりするのが彼らのパターンなので、それが大変調子が悪く、でき なくて、こっちが思っていた不安が出てしまったということですね。

―チーム全体は見てみてはどうですか
チーム全体としては、試合出た人もサポートの人も一生懸命やってたと思うんで、ベンチコーチの指示もよかったし、シングルスでもう少しってところまでいけたんですけどね。相手を「ヤバい」と思わせたところはよかったです。そこは評価したいです。ダブルスがなかなかやりたいことできなくて、去年出来たことが今年の選手が出来なくて、去年はこういう風にやれってことを何か月かでマスターして、今年は出来ないんですね。まだ能力が足りないんですよね。去年の山田とか西尾は出来たから勝てて、今年の選手は練習の時、ボレーなんですが、なかなかできなくて、こ れは選手の能力の差が出てると思いますね。やってるんだけど時間がかかることなので、技術の習得については。それでも時々出来てるときはあって、大友とはだいぶ出来てますね。でも、もっともっとネットプレーのレベルを上げていかないと厳しいなと。逆にやりたいことは慶応にやられましたね。

―やるべきことは慶応にやられてしまったということですね
そうですね。試合を見ててなかなかミスをしない、浮いたボールがこない、1球2球返ってきちゃう、本当は去年うちがやったんだけど、ちょっと今回は先を越されたかな、ダブルスに関してはそうです。そこが悔しい。なかなか毎年毎年いいダブルス作るの難しくて、ただ、頑張ってやってるのは分かってますし、真面目に やってる、だからこそ悔しいですね。なんとか勝たしてあげたい、とう気持ちはあるんだけど結局まだ追いついていなかったということです。やっぱり、インカレで勝たないとダメだと。インカレの結果がそのまま出ちゃった。ダブルスについてはそうです

―シングルスは育ってきましたね
そうですね。塚越もいるし、内容もよかったし、当然調子がいいから出したわけでもあるし、8人インカレ選手がいて、その8人をシングルスのレギュラーにして、インカレ出るだけでも大変ですけどね。あとエースと呼べる選手、竹内が出てきたの非常に大きいし、あとそういう選手が2、3人でてくればいいんですけどね(笑)。ダブルスもインカレで決勝までいったペアは負けてないし、や っぱ、インカレ、個人タイトルの成績って結構重要で、チーム力も必要だけど、最後には志賀君みたいなインカレベスト4、もしくは決勝まで行くような選手は大きいですね。去年はそれがあって、今年はそれがなかったということですね。

―今後のリーグ戦へ向けて
チームとしてはやってることは間違ってないので。ちょっと話し合って、オーダーをどうするかとか、ダブルスで小林・長田を使いたいなとか、インカレでベスト16だし、出してあげたいから話し合って、いい選手を早稲田戦にもっていく形にしないとなので、ベストメンバーでいかないといけないので、ちょっとこれからミーティングをしていきたいです。本当はもっと成績をあげてくれないと。難しいですけど。で も、それはしょうがないので。選手も一生懸命やってるけど、他のチームもやってて、なかなか選手を育てるのは大変だな(笑)。まぁ、これで経験積んで成長してくれればいいので。法政にはトップの次の選手が入ってきて、トップは早稲田だけど、それを頑張って一生懸命育てるというのは大事ですからね。チーム的にも雰囲気悪くないので勝たしてあげたいですね。明大戦後のミーティングしましたけど、急に選手を出すのはあれです。1回負けたくらいで引っ込めはしませんけど、2回負けちゃうとこれは変えざるをえないので、調子いい選手もいますし、いなかったらそのまま使うんだけど、やっぱり内容見て変えていかないと。だから、考えていかないといけないなと思います。変えられた方も次は奮起 してやってくれないと困るし、伊藤・中島は最初0-6で取られてしまうのを3試合。0-6の時点でもう負けなんですよね。いくらセカンドとっても、取られた方はギアをあげてくるし、こっちはホッとしちゃうんで、ファイナルで負けちゃう試合が多いんですよね。0-6で取られちゃうと。ダブルスをまず、あきらめちゃダメなので、もっかい奮起させて、ちゃんとみんなの意見を聞きながらやっていきます。

戸田義人

―まずダブルスの試合を振り返っていかがでしたか
結果は結果なんですけど、僕らが勝っていればまた結果は変わっていたんじゃないかなっていうのも思いますし、そういう意味ですごい悔しい気持ちです。精一杯(力を)出したし、実力が向こう(慶大)がやってきた一年間が上だったっていうことだと思います。

―内容としては満足していない部分もあるということですか
ファーストはタイブレークで運の部分もあるんですけど、セカンドは40‐0から落としてしまって…。あそこ取ってたらファイナルにもいけたと思うんで、勝ったかどうかはわからなかったですけど、ダブルスの結果が変わって、シングルスの結果も変わったと思うので、そういう意味ではもったいない試合でした。

―シングルスもファーストがタイブレークでしたが、振り返っていかがですか
いや、情けないとしか言いようがないんですけどね。惜しかったんですけど、あそこでしっかりと点を取るのが志賀君ですし、そこで取れないのが僕ですし、この1点を大事にするっていう気持ちのというか、明らかでしたね。

―試合の組み立てなどはなにか考えていましたか
僕はストロークプレーヤーじゃなくて、彼はストロークプレーヤーなので、ラリーしても勝てないので、自分のテニスをしようと。普通の人がしないようなことをするのが僕のテニスなので。戦術的にはなるべく彼にストロークを打たせないようにしましたね。

―戸田選手がシングルスの試合に入るときは勝たなければいけないという状況でしたが、そのときの心境は
みんなからしたら、志賀が勝つだろうっていう下馬評になってたと思うので、緊張はそんなにせずに、「やってやろうか」ぐらいの気持ちで入ったので、チームのみんなも応援してくれて、流れに乗って試合ができて、楽しく試合ができました。

―明大戦では竹内選手が好ゲームをしましたが、戸田選手からみた竹内選手というのは…
本当だったら去年リーグ戦に出てもおかしくないくらいの実力を持ってたんですけど、ケガで手術して、でも本当にリハビリ頑張って、ここまで走れるようになって、今日も近藤といい試合してくれて、ちょっとびっくりしました。

―慶大戦3勝6敗という結果についてはどうとらえてますか
すべてはダブルスだとは思うんですけど、しょうがないですね。法政がやってきた1年間と慶大がやってきた1年間は、実力を出していればっていうこともあるんですけど、それが今日の試合で出せなかったので、今日のこの結果が僕らの実力だと思っているので、それは素直に受け止めます。

―残りの試合に向けて意気込みをお願いします
今日負けてしまったことは仕方がないことだったので、しっかり切り替えて、明日の亜大、最後の早大は王者らしくさせないテニスをしていきたいと思います。どんちゃん騒ぎして、法政らしいテニスができたらと思います。

中島佑介

―今日の試合を振り返って
ダブルスは本当に申し訳ない試合をして、伊藤さんも4年生で最後のリーグ戦で、僕が2年という立場なのに盛り上げることもできなくて、チームにいい流れをもたらすこともできなくてチームに迷惑をかけたというか貢献できなかったのが本当に悔しくて、シングルスはそれを挽回しようと思って、臨んだんですけど、本当に今日は申し訳ないっていう気持ちが強いです。

―シングルスでは逆クロスの展開が多かったが作戦だったのですか
あまり作戦とかは今日はなくて、正直ダブルスであれだけ悪い試合をして、入りかたが難しくて、自分のなかでどう切り替えるかとかシングルスにちゃんと気持ちをもっていけるかが最初不安で、自分的には気持ちの切り替えでいっぱいいっぱいでした。

―慶應の強さというものはどこにありましたか
ダブルス3―0っていう差をつけられたのは実力的にまだまだ追いついていないだろうし、去年は4年生の力があって王座に行けたと思うし、来年は必ず差を埋めて勝って王座に行きたいです。

―リーグ戦だと隣のコートで仲間が試合していますが気になることはありませんか
大塚さんと小村が試合してて、小村は同期で頼りになる存在なので、同期が頑張ってると自分も頑張らないとと思いますし、大塚さんは日頃から一緒にいて、信頼している人なので、やってて心強いという気持ちで試合にはいっています

―リーグ戦残すは亜大と早大ですが
ダブルス悪い試合してしまって、出るかどうかわからないですけどシングルスとか出させてもらえるならば、全力で、なんとしても4年生を王座に連れていくには早稲田に勝たないといけないので、自分に任されたことをしっかりやって4年生のために明日以降頑張りたいと思います。

 

フォトギャラリー

  • 09061悔しい・・・あと一歩及ばず・・・
  • 09062法政の名のもとに奮闘したが・・・
  • 09063何とか粘りながら勝利を手にした中島
  • 09064今日も相手を寄せ付けなかった中島
  • 09065粘りのあるテニスを披露したが惜敗した竹内
  • 09066第1セットが響いた戸田
  • 09067試合に出ていない選手も全力で応援した
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み