テニス
 

【テニス】関東学生テニスリーグ 対明大 土壇場からの明大撃破!王座へ望み繋ぐ

平成25年度関東大学テニスリーグ 対 明治大学
2013年9月3日(火)
有明テニスの森公園

迎えたリーグ戦第2戦目。有明に場所を移し、いよいよリーグ戦も本格味を増してきた。今日の相手の明大と言えばシングルスには小野、ダブルスでは小野・古橋と言ったエースが存在するが、法大はどのように立ち向かったのか―。

09031
チームの勝利を決めたS1の竹内

試合結果

ダブルス

 勝敗選手名スコア対戦相手
D1 伊藤祐樹(経4)・中島佑介(スポ2) 0-6,6-1,2-6 小野陽平・古橋弘章
D2 松森裕大(社3)・大友優馬(スポ2) 3-6,2-6 奥田圭都・弓立祐生
D3 戸田義人(経3)・塚越雄人(経1) 7-6(4),6-4 深田楓平・諱五貴

シングルス

 勝敗選手名スコア対戦相手
S1 竹内遥丞(社3) 2-6,7-5,6-1 小野陽平
S2 大友優馬 6-2,6-4 奥田圭都
S3 小村拓也(経2) 6-2,6-4 諱五貴
S4 大塚拳之助(経3) 7-6(3),5-7,4-6 弓立祐生
S5 杉本椋亮(社2) 6-3,4-6,1-6 熊倉周作
S6 中島佑介 6-2,6-1 上野泰弘

戦評

ダブルスではD1伊藤・中島ペアがインカレベスト4の小野・古橋ペアと対戦。1セットは明大ペア、2セット目は法大ペアがゲームを完璧に支配し、お互い1セットずつとってファイナルセットへ。しかし、序盤でいきなりブレイクを許すと、自分達のペースに持って行けずに破れた。松森・大友も相手ペアに主導権を握られるとストレートで敗北。いきなり全敗スタートの危機であったが、戸田・塚越ペアが初勝利を収め、1勝2敗で折り返す。

シングルスで4勝2敗以上の成績でなければ明大の勝率を超えることができない法大。厳しい状況で始まったシングルスはまず、中島が完勝。それに続きたいところであるが、この日S5で出場した杉本が逆転負け。それでも小村がストレ ートで勝利。この時点で3勝3敗のタイとなる。が、先に白星を奪ったのは明大だった。大塚がファイナルまでの激戦を競り負け、3勝4敗。もうあとはなくなるが、大友がなんとか踏みとどまって、4勝4敗。残る対戦はS1。勝った方がチームの勝利を決める大一番に竹内が明治のエース・小野に立ち向かう。

第1セットをあっけなく取られてしまうが、第2セットは始まるとともにコートチェンジ。両チームの選手がS1の試合に注目する独特な雰囲気の中、先に動いたのは小野。強いストロークで攻め込んでいく。そのまま試合のは進み、3‐5と竹内は追い込まれる。しかし、竹内はなんとか粘り調子の悪かったバックハンドをいったん諦め、途中からよくなったと言うフォアで勝負。低いボールで小野を翻弄すると 、粘り強くこれを続けていき、キープ、ブレイクと5‐5。タイに戻すと一気に竹内の流れ。質の高いショットで小野を追いつめて、ついに7‐5と逆転でセットを奪う。
迎えたファイナルセット。第2セットに勢いそのままに竹内は躍動。ドロップショットに対して強烈なバックハンドでのストレート、ポーチに入ってからの冷静なボレー、ラリーで崩してからの緩い球のスマッシュ、随所で光るサービスエース、そして、緩急自在のラリーで相手に流れを渡さない。小野も後半になるにつれ、ミスが増えていく。そして、迎えた第7ゲーム、40‐0.激しいストロークの打ち合いの中、小野のショットがネットにかかるその瞬間、竹内は両手をかかげ、ガッツポーズ。それとともに沸き立つ法大ベンチが勝利を表した。

まさに、ギリギリのところで踏みとどまった法大。2連勝となったが、次は王座進出へ向け最大のライバルであろう慶大。明大戦のような、もしくはそれを越す苦しい試合になるのは間違いないだろう。しかし、この勝利を自信とし、チーム一丸で王座への扉をこじ開けてほしい。(芳野史征)

監督・選手コメント

竹内遥丞

―今日の試合を振り返って
負けられない試合の中で、4年生の引退をこんなところで決めたくないって事で、気持ちの差で勝てた試合だったんじゃなかったのかなと思います。

―ファーストセットでコートチェンジがありましたがそこで切り替えた点は
そこでコートが替わったことでチームの皆と接せられて、声をかけてくれたりとかそういう所で冷静になれたりとか自分に対するチームの思いみたいなものも伝わってきて、せっかくシングルス1に選ばれていたんで、ここで仕事をしないと選ばれた意味がないというか。コートチェンジがあってよかったです。

―応援の力は自分の中でプラスになりましたか
そうですね、皆が応援してくれなかったらセカンドセット3-5のところでブレイクできなくて終わっていたと思います。そこが団体戦の面白さっていうか醍醐味だと思います。セカンドセットはただもうがむしゃらに食らいつくしかないと思っていたんで。出だしはちょっと雰囲気的にも相手の方が試合慣れしていたというか、ずっとS1でやっていたんで引いてしまった部分があったんですけど。

―自分がミスしなかった点についてはどのようにお考えですか
今日は自分の中ではあまり納得のいくテニスじゃなかったっていうか、インカレとかに比べたら100%の実力を出せたとは思わないんですけど、それでも勝たなきゃいけない試合はたくさんありますし、そういったときにその自分が今できる中で、一番いいショットを探すというか、それが相手よりもできたからミスせず、結果的に勝てたんじゃないかなと思います。

―今日の試合の中ではいいショットはなんでしたか
最初は、僕はバックが武器なんで、バックからの組み立てと思っていたんですけど、そのバックがあまりにも調子が悪くて。得意なストレートは1本も入らなくて、カウンターのクロスも全部ネットにひっかかってしまってバックが使えなかったんで、バックは徹底してミスらないように。あとはアングルをつけたりとか、コースを突くことだけはできたんでコースで向こうを走らせるように。後はフォアが途中からよくなってきたんで、向こうがフォアのストレートをミスるようになっていたんで、そこはずっと狙わせるように意識してました。

―自分の結果でチームの結果も決まる状況はどう思っていましたか
すごいプレッシャーっていうか…僕が入る前からだいたい雰囲気で僕で決まるって分かっていたんで、そう思って入っちゃった分、硬さもあったりとか、そわそわした感が抜けなくて、今日負けたら王座も何もなかったと思うんで。なかなか大きなプレッシャーでした。

―今日が終わった今の気分はいかがですか
うれし泣きしそうな(笑)やっぱり先輩達が大好きなんで、少しでもいられる時間を延ばしたいので、その力になれたことはすごく嬉しいです。

―慶応戦に向けて意気込みを
今日も慶大は勝ってたし、慶應は明治に6-3っていう僕たちよりも一つ余裕を持ったスコアで勝ってるんできっと今日みたいに接戦になると思うんで気持ちとかチームの思いで慶應よりは法政が上回れると思うんで、倒して王座行きを近づけたいです。

大塚拳之助

―今日の試合を振り返って
ファーストセットを7-6でとって、セカンドも5-3でサービスゲームをキープできなくて相手にリズムを与えてしまったかなと思います。それでファイナルセットは気持ち切り替えていこうとしたら、相手がリターンから攻撃的に攻めてきて自分が守りに入って、「勝たなきゃ」だとか「自分が1勝とらなきゃ」って思って堅くなって3-3からデュースがずっと続いたところを取り切れずそのままズルズルいってしまったかなと思います。そこでしっかり4-3にできていれば勝敗は逆だったかもしれないし、一番の反省点です。

―試合中に他の人の結果は気になるものですか
気になりますね。横見て「いくつなんだろう」とか「勝ってるから俺も頑張ろう」とか思いながらやっている感じですね。本当は意識しないほうがいいんでしょうけど、やっぱり気になりますね(笑)

―明大と競った試合展開のなかで竹内さんが勝って法大も勝ちました。同期として竹内さんの活躍はいかがですか
うれしいですね。自分が勝てていればっていうのがすごくあって、悔しくて迷惑かけたなって思いますし、よく頑張ったなって感動しました。

―次は慶應戦ですが
毎年慶應とはライバル意識があると思うし、あっちも全力でくると思うしこっちも全力で向かっていかなければいけないなと思います。あと、今日みたいにチームが助け合うっていうのがすごく大切だなと思います。一戦一戦をチームみんなで応援も含めたみんなで勝ちたいですね。

 

フォトギャラリー

  • 09031チームの勝利を決めたS1の竹内
  • 09032D1にはいった伊藤(右)・中島(左)ペアだったが勝利とはならなかった
  • 09033ダブルスで唯一の白星を挙げた戸田(右)・塚越(左)ペア
  • 09034S5に入った杉本がファイナルは悔しい結果に
  • 090354時間ゲームの末、惜しくも敗れた大塚
  • 09036大友が勝利し勝負はS1にもつれこんだ
  • 09037バックハンドの調子がいまいちだったが切り替えに成功
  • 09038勝利後、チームメイトにもみくちゃにされる竹内(中央)
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み