テニス
 
 

【テニス】関東学生テニスリーグ 対日大 リーグ戦スタート!全勝で前半の山場、明大戦へ!

平成25年度関東大学テニスリーグ 対 日本大学
2013年8月30日(金)
亜細亜大学テニスコート

王座に向けて好発進だ。今日から始まった関東学生テニスリーグで法大は日大と対戦。格の違いを見せつけ、全勝スタートした。2年連続の王座出場に向けてこの上ないスタートを切った。

08301
チーム一丸で王座へ!

試合結果

ダブルス

 勝敗選手名スコア対戦相手
D1 松森裕大(社3)・大友優馬(スポ2) 6-2,4-6,6-4 堀切啓貴・細田凱
D2 伊藤祐樹(経4)・中島佑介(スポ2) 0-6,6-1,6-1 堀上大地・丹野翔太
D3 戸田義人(経3)・塚越雄人(経1) 7-5,6(4)-7,6-2 神谷涼太・及川生来

シングルス

 勝敗選手名スコア対戦相手
S1 竹内遥丞(社3) 6-3,6-3 堀切大地
S2 大友優馬 7-6(5),6-4 丹野翔太
S3 小村拓也(経2) 6-4,6-0 神谷涼太
S4 大塚拳之助(経3) 6-1,6-1 上原玄輝
S5 中島佑介 6-2,6-3 及川生来
S6 塚越雄人 6-2,5-7,6-1 細田凱

戦評

ダブルスは思わぬ苦戦。登場した全ペアが1セットを落としフルセットの戦いに。中でもD2の伊藤・中島ペアはファーストセットを0-6で落とした。そこから立て直しセカンドからは6-1,6-1で逆転勝利を収め、チーム勝利一番乗りとなる。これに続き、松森・大友ペア、戸田・塚越ペアそれぞれ緊張しながらも勝利し、ダブルスを3-0でシングルスへ。

大塚、中島が実力を見せ、順当に勝ち星を挙げると、法大の勝利が確定。ここからは全勝できるかどうかが見所になる。
1年生で唯一の出場を果たしている塚越はS6で出場。ダブルスの時から緊張していたルーキーは加えてダブルスのフルセットの疲れが見え始めていた。ファーストセットを取るも、セカンドを取りかえされ、またもやフルセットの勝負に。何とか試合には勝ったものの、リーグ戦の厳しさを知る1日となった。
小村が勝利し、残ったのはS2の大友とS1の竹内。大友は相手との壮絶な打ち合い。得意なフォアが今日は調子がよくなかったのもあり、バックハンドで相手選手のミスを誘い、接戦を制した。竹内は任されたS1で責任感を感じながらプレー。それでもミスなく、持ち味のカウンターが決まり、危なげなくポイントを奪い、ストレート勝ち。これで法大の全勝が決まり、リーグ戦初戦を調子よく滑り出した。(一戸亮佑)

監督・選手コメント

戸田義人・塚越雄人

―今日のダブルスを振り返って
戸田:初戦でしかもコートが亜細亜大学の滑るコートで、いつものリーグとは大分違う出だしだったんですけど、塚越が緊張しながらもよくやってくれて、勝てる相手に負けて、負ける相手に勝てるのがリーグ戦なのでいい番狂わせが起きるように、逆に悪い番狂わせが起きないようにして、結果的に法政のダブルスはすべて1セット取られてしまいましたけど内容はよかったし、自分達も最後のセットはいいテニスができたので大丈夫ですね
塚越:初めてのリーグ戦で緊張してしまって最初思うようなプレーができなかったんですけど、途中から緊張も解れてきてファイナルセットとかはいつものプレーができたのでよかったです。

―序盤堅さが見えたのは緊張からということですか
塚越:そうですね(笑)

―セカンドセット5-3からサービスゲームを落として結果的にセカンドセットも落としてしまいましたが、ファイナルセットに向けて何か気持ち等入れ替えたのですか
戸田:5-3のときは、僕のファーストが入らなかっただけですし、しっかりファーストサービスが入ってるゲームはキープできていたのでキープさえすれば負ける相手ではないなと思っていて、逆にファイナルセットのときはキープだけしようと思ったら気が楽になって、いつも通りのテニスができました。

―調子はいかがですか
戸田:亜細亜大学のコートで日大相手で何とも言えないんですけど、リーグ戦はここからなので調子は悪くはないので、有明行ったときにそこで始めからトップギアでやれるように集中してやっていきたいです。
塚越:これから有明で、まだどんな雰囲気かわからないですけど、とりあえず調子がどうこうというより全力でプレー出来るようにしたいです。

―塚越選手、シングルスはいかがでしたか
出だし悪かったですけど、どんどん上がっていってセカンドセットにちょっと気が緩んで声も出なくってそれにつれて足も動かなくなってもったいなかったです。2-0で勝たないといけない試合だったので反省ですね。

―1年生ながらダブルス、シングルス両方の試合に出場となりましたが
塚越:予想以上にキツかったです。

―リーグ戦での意気込みをお願いします
戸田:リーグも4年目ですし、最後の年なので、勝ちたいですしここ6年間は1年おきに法政と慶應が王座に行ってて順番的に今年は慶應で、もうそろそろその流れをかえてもいいんじゃないかっていうのは周りから言われてるんですけど自分が一番そう思ってますし負けたくないです。
塚越:4年生が最後というのもありますし、戸田さんと組ませてもらっている以上ダブルスでは絶対負けないで、そこでいい流れ作ってシングルス出る人を勢いづけられたらと思います。

松森裕大・大友優馬

―ダブルスを振り返って
松森:ファイナルまではいってしまいましたが、勝ったんで。団体戦で、いくら背負おうが勝てばOKかなって思います。
大友:初めてのリーグということでとても緊張したんですけど、それでファーストセットいい感じにとれちゃって、セカンド、取りきれない感じで取られて、ファイナルもリードされてて、苦しかったんですけど、なんとか気合でもっていきました(笑)で、シングルスも勝ったんで勢いもついたと思います。

―法政のD1ということですが
松森:D3とかで出ると取らなきゃいけない、っていうプレッシャーがあるんですけど、1で出て、思いっきりできるのはとてもいい環境にい るのではないかと思いますね。
大友:格上相手に対する爆発を期待されていると思って、いつも以上の力が発揮できるように頑張りたいと思います。

―ゲームの中でなにか考えをもってプレーはしていたんですか
2人:作戦です。(笑)他のチームに明かせないような。3日前くらいに急に思いついたんで。

―リーグ戦に始まるにあたっての心持はいかがですか
大友:とても責任感を感じます。今日試合に出てみても、ダブルス、シングルス出て、もし、両方とも負けてしまったら、チームの中の9分の2はなくなってしまうので、そういう意味では責任が求められると思います。
松森:そうですね。チームのための。今までは個人のために戦ったんですけど、リーグはそれとはまったく別で、チームのために戦って勝たなきゃいけないので、まぁ、大友と同じでとても責任感を感じて試合をしています。でも、有明ではなかったので少し緊張感がマシで、思いっきりプレーできたなと思います。

―といいますとやはり有明は特別なのでしょうか
松森:そうですね。みんなも有明になると雰囲気が別のものになるって言ってたので、けど、まず有明じゃないとこで初戦やれて、緊張感は味わえたので、有明になってもそんなに緊張しないでできると思いますね。

―大友さんはシングルスはいかがでした
大友:相手の丹野さんが夏関で同校の杉本に勝っていたのと、その試合も見てて強い印象があったので、今日も厳しい試合になるなと思っていたんですけど、プレースタイル的には相手がフォアハンドで攻めてくるので、僕はバックハンドスライスで低いとこで打たせればミスが出せる かな、と思って、自分もあまりフォアハンドの調子がよくなかったので、バックで相手のミスを誘ったりと作戦をたてていて、それが上手くいったりいかなかったり、自分のほうにポイントが転がってきて、接戦もモノにできたのかと思います。

―ファーストセットのタイブレークの場面はいかがでしたか
大友:先にブレイクして次キープすれば、6-4でとれるゲームだったんですけど、それでブレイクされちゃって5-6で相手のサーブになってしまって、もう落としてもおかしくなかったところで、勢いにのってタイブレに持ち込んで、タイブレも5-0まで持って行けたんで、そこで足踏みしてしまったんですけど、5-0があった分、7-5で押し切れたんで。タイブレはあんま得意じゃないですけど、そんな中で5-0になったんで、自分としては信じられなかったです。

―今後へのリーグ戦への意気込みお願いします
松森:次の明治戦はしっかり勝って、1年間、慶応に勝って王座に行くことを目標にしてきたので、慶応戦でもダブルスしっかり勝利して、チームの勝利に貢献したいですね。
大友:去年は僕はリーグ戦出てなくて、1年生で応援だったり、サポートしたりしていたんで、王座に行きたいという、明確な気持ちがなかったんですけど、今回は試合にも出てて、王座に自分も行きたいし、最後のリーグの4年生を連れてってあげたいという気持ちがあるので。そんな中、僕らもチームの勝敗が委ねられてると思うので、明治、 慶応と次続きますが、全勝でいきたいと思います。

竹内遥丞

―まずはS1に選ばれた心境を
チームに法政のS1を任せてもらえるっていうのはすごく光栄なことだと思うしそれと同時にプレッシャーもあります。これからは法政のS1としてみられていくと思うんで。これからはどういう試合をしていかないといけないのか考えないといけないので大きなプレッシャーでもあります。

―今日の試合については
今日はもう勝ちが決まっていたんでプレッシャーなくやれるかなと思っていたんですけど、やっぱりそれでもプレッシャーはありましたし、相手ももう負けが決まってて自由に自分がやりたいことをどんどんやってきてやりづらかったですけど、それでも安定したスコアで倒せたのはいい締め方だったんでじゃないかと思います。

―今日は組み立て等は考えていましたか
相手とのやりとりは考えていたんですけど、今日は自分のテニスをやってしっかり勝って次につなげられたらと思っていたんで。相手の球的にそれをやりきれない点があったんで、所々考えたって感じですね。

―インカレとリーグ戦での違いはありましたか
団体戦と個人戦ってのはありますね。背負っている物も違いますし。個人戦はどんな結果であれ自分にしか返ってこないですけど、僕が勝ったり負けたりすることがチームに関わってくるところが違いじゃないかと思います。

―リーグ戦初出場がS1でしたがそれを踏まえ今日はどうだったでしょうか
去年出れる出れるって言って怪我してそれで初めての出場がS1って事で緊張はしたんですけど、自分のテニスをすることがチームに貢献する唯一の方法なんでこれからもしっかり自分のテニスをやってチームのために勝ちたいと思います。

―次の明治のS1の小野選手に対してどの様に戦っていきたいと思っていますか
S1で出ることになったら、まあ相手は強いですけどインカレもあまり本調子ではなかったし、どっかにきっと穴だったりつけいる隙があると思うんでちゃんとそこを見逃さないで向こうが嫌がるテニスをしていきたいです。

フォトギャラリー

  • 08301チーム一丸で王座へ
  • 08302D3の戸田・塚越ペア
  • 08303D1の松森・大友ペア
  • 08304圧勝のS4大塚
  • 08305S6に名をつられた塚越
  • 08306S3で快勝した小村
  • 08307S2大友はバックハンドをうまく使い勝利
  • 08308竹内はS1の誇りと責任を胸に
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み