テニス
 
 

【テニス】全日本学生テニス選手権大会 1日目 男女シングルス1回戦、男子ダブルス1回戦レポート

全日本学生テニス選手権大会 1日目 男女シングルス1回戦 男子ダブルス1回戦
2013年8月19日(月)
岐阜メモリアルセンター

有明につながる戦いが始まった。岐阜で行われている全日本学生テニス選手権大会、通称インカレで、法大は初日から男子シングルス5本、男子ダブルス3本、女子シングルス1本が登場し、暑さに負けずそれぞれの目標に向けて発進した。

191
インカレ、開幕!好発進小村!

試合結果

男子シングルス1回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
竹内遥丞(社3) 6-0,6-0 小枝明史(愛大) 
小村拓也(経2) 6-2,6-2 山本琢也(松山大)
中島佑介(スポ2) 7-5,6-3 谷口暢基(近大)
大友優馬(スポ2) 3-6,7-6(8),6-0 白井卓也(亜大) 
杉本椋亮(社2) 2-6,4-6 谷本真人(慶大)

女子シングルス1回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
川嶋知枝(社1) 6-2,6-2 松川祥子(広島大)

 

男子ダブルス1回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
松森祐大(社3)・大友優馬  6-2,6-2 加藤翔太・木下頌太(北海大) 
 山田晃大・村上彰吾  6-3,7-6(8) 鈴置朋也・菊本一輝(関学大)
小林理久・長田和典 6-1,4-6,6-4 鈴木眞魚・渡邊久司(東海大)

戦評

今大会勝利を決めたのは竹内(社3)だ。格下ながら相手にテニスらしいことをさせず、次々とポイントを奪い、1ゲームも取らせず、完勝。1ゲームの内容もラブゲームが多く格の違いを見せつけた。
逆に苦戦したのが大友(スポ2)だ。亜大の白井相手に序盤こそ得意のサーブで押すものの、中盤にブレイクを許すと、そのまま第1セットを落とす。その後もリードされる展開が続き、ついにマッチポイントを握られるが、ここで大友が目を覚ます。2度のマッチポイントを凌ぎ、勝負はタイブレークまでもつれる。最後は気迫でこのセットをもぎ取り、大きくガッツポーズ。ここから流れを掴んだ大友は相手の心が折れたのを見逃さず、一気に勝負を決め、最終セットは6-0で2回戦進出を決めた。試合後の顔には充実感があった。
そのほか小村(経2)、中島(スポ2)も順当に勝利、2回戦へ駒を進めた。中島は次戦で大塚(経3)と対戦する。小村は明大の中心選手である奥田と対戦し、それに勝利すると大塚、中島の勝者と対戦する。
杉本は序盤の判定で流れを掴み損ねると、そのままずるずるとミスを連発、ショットがアウトになってしまい得意の粘りのテニスができず、敗戦。

シングルスの日程が終了しダブルスに移ると、松森(社3)・大友(スポ2)ペア、山田(社1)・村上(経1)が安定したテニスを見せた。山田・村上ペアは強気のストロークを武器にネットに詰めてくる相手に立ち向かい勝利を収めた。
小林(スポ2)・長田(スポ1)は最終セット、相手にブレイクを許さずワンブレイクでもぎ取り、勝利。東海大のペアに苦戦したものの、2回戦への切符を手にした。
21日から行われる2回戦はシードの選手も登場し、さらにインカレのボルテージは上がっていく。まだまだ岐阜での戦いは始まったばかりだ。(一戸 亮佑)

試合後の選手のコメント

竹内遥丞

―法大1勝一番乗りおめでとうございます
勝てて一安心です。

―インカレに向けてやってきたことはありますか
手術明けであんまり調子がいい時期がなかったので、インカレまでには間に合わせたいな、それだけで必死に練習してきました。

―今日の試合でよかったところはなんですか
よかったところというか、自分らしいテニスができたかな、という感じですね。

―暑さ対策とかしてますか
今日よりも暑い日に練習してきたんで、暑さはそこまで感じませんでしたね。

―今後への意気込みお願いします
次の相手はインカレでベスト8とかに入れる強い選手なので、山場なので。そこを勝って波ののりたいなと思います。

小村拓也

―今日の試合を振り返って
去年は初戦で負けてるんで今年はランキング上げたいと思ってました。結構大事にいってスコア的にもリスクを少なくして、これを明日にもつなげられるようにしたいです。

―長いラリーを心がけたということですか
そうですね、単発で終わるのではなくてしっかりラリーを続けるような。

―長いデュースがありましたが
これを落とすと相手も気持ち的に乗ってくるし暑かったんで気持ちで乗り切りました。

―何か暑さ対策はしてますか
暑いですよね(笑)けどまあ毎年こんな感じなんで慣れてはいるんですけど、やっぱり水分取って氷とかで冷やしながらこまめにやっています。

―この大会の意気込みは
夏関がベスト8だったんで、この大会でも最低8は行きたくて、目標は優勝です。

―ドローを見て山だと思うところは
次の明治の奥田さんですね。それ勝ったら次は法政のどっちかなので。そこもやりづらいですけど、試合なんで。

―去年からの成長点は
やっぱり去年は攻めすぎてのミスが多くて悔しい思いをしていたんで、今年はミスなく続けていけたのが今年の成長点だと思います。

―去年のリーグ戦や手術を乗り越えて心境の変化等はありましたか
手術した後の特に春関とかは不安があったんですけど、今は全然動けるし、手術したからと言って負けるわけにもいかないんでこっからリーグでも勝てるようにどんどん上げていっていきたいです。

―明後日に向けての意気込みを
手強いですけど、倒して上に行けるように頑張ります。

杉本椋亮

―今日を振り返って
…まあ暑かったですね。それが一番ですね。

―アウトが目立ちましたが
そうですね、今大会はフォアがあまりいい調子ではなかったので。けど予選からしっかり勝ち上がれたのは自分の中ではプラスじゃないかなと思います。

―今大会の感想は
うーん…。まあ来年はもっと勝ち上がれるように練習していきたいです。

―この夏に取り組んできたことは
走り込みですね。暑さに負けないように。(成果とかは)今日とかはまだ…でも走ってなかったら今日はもっと簡単に負けてたんで、少し成果は感じました。

―リーグ戦に向けての意気込みは
王座にいけるように頑張ります。個人としてもしっかりメンバーとして出て貢献できるように頑張ります。

大友優馬

―試合をふりかえって
すごい暑さで、相手も粘り強くて、どんあプレースタイルかは同じ地域で知っていて、何回かやったこともあって、まぁ、苦しい試合になることは最初から分かっていたんですけど、セカンドで何回か相手にマッチポイントをとられて、「これまでか」と思ったんですけど、なんとか勝てました。嬉しかったです(笑)

―セカンドのタイブレークの場面はいかがでしたか
もうあんまり覚えてないです。結構舞い上がっていて。

―ファイナルセットは相手を圧倒しました
相手も同じように疲れていたので、僕は攻めるタイプ、相手は守るタイプなんで、疲れて相手の足が動かなくなればこっちのもんなので、予想以上に動けなくなっていたのでよかったです。

―暑さ対策はいかがですか
いつも以上に飲み物は用意しているんですが、ちょっと対策できないくらい暑いです(笑)

―インカレに向けてやってきたことはありますか
シングルスは僕のスタイルが攻撃的なので、ミスが出ちゃうと今日みたいな粘り強い相手に簡単に負けてしまうことがあるので、この中でも粘り強く攻めるテニスというものを思いながらやっていたんですけど、今日、少しは出せました。

―ダブルスについてはいかがでしょう
夏関で負けてしまったので、もうインカレしかないので、2人で気合い入れてしっかり練習してきたんで、しっかり力が出せるように頑張りたいと思います。

―シングルスの意気込みお願いします
次の相手はシードで、地方の選手なので気を抜かず、今日以上に辛い試合はないと思うので(笑)。しっかり明日練習して頑張りたいと思います。

山田晃大・村上彰吾

―今日の試合をふりかえって
山田:最初は1回戦ということもあって、二人とも緊張してんですけど、僕たちは1年生ペアなので思いっきりやるだけと考えてました。

―セカンドのタイブレークの場面はいかがでした
山田:夏関とかタイブレークばっかで、それで勝ってきてるんで、タイブレークで自信がありましたし、タイブレークで弱気でやって後で後悔するなら強気にやろうと考えてました。
村上:追いつかれたりしましたが、そのなかでも思いきってプレーすることができました。

―インカレへ向けて夏にやってきたことはありますか
2人:とにかくダブルスの練習しかしてないです(笑)

―今日よかったプレーはなんですか
山田: 相手を見て、ロブとか。ポジションを見てププレーできたのがよかったと思います。

―試合を通じて課題点はみつかりましたか

山田:僕は凡ミスというか簡単なミスが多いのでそこを直せばもっといいプレーができると思います。
村上:リターンとサービスです。サーブを強化したいです。

―お二人で目指していきたいところはありますか
2人:一戦一戦、頑張るだけです。

―今後への意気込みお願いします
山田:思いきってやるだけです。1年生なんで。
村上:次は格上なのでしっかりやりたいです。

小林理久・長田和典

―今日の試合を振り返って
小林:ファーストは上手く流れに乗れたんですけどセカンドはブレイクできずに競った場面で相手がいいプレーしてきたんで、でもファイナルはどうなるか分からない展開で強気にいけたのが勝因かなと思います。
長田:セカンドで4-5の時にこっちサーブで落として嫌な流れで入ったんですけど、ファイナルは一回もブレイクされずワンブレイクで勝てたんで僕たちらしい勝ち方だなと思います。

―組み立て等はどう考えていましたか
小林:相手がセカンドセット以降リターンとかを変えてきて、ファーストサーブとかも入れてくるようにしてきたんで、それに対して僕たちが上手く対応できずにブレイクできなかったのがそういう風になってしまったのだと思います。

―小林選手のサーブがかなり決まっていましたが
小林:取らなきゃいけないゲームだし相手も苦手に思っていることが分かったんでしっかりサーブを入れて相手にプレッシャーをかけられているなっていうのは感じていました。左利きのサーブをいやがる人は多いので。

―このペアの理想的な勝ち方とは
小林:今日みたいなキープキープの中で一つブレイクして勝つというほんとに今日のファイナルみたいな、長田も言っていたんですけど。

―目標は
小林:とりあえず次は勝ちたいですね。その次は強いのでそこに対して自分たちのキープしながら勝つっていうのがどれだけ通用するのかっていうのを試してみたいです。
長田:優勝っすね(笑)

フォトギャラリー

  • 191インカレ、開幕!好発進の小村
  • 192格下相手ながら圧勝スタートの竹内
  • 1933安定した強さの中島
  • 194大逆転勝利を収めた大友
  • 195惜しくも1回戦敗退の杉本
  • 1961年生ながらインカレ出場ペアの山田・村上ペア
  • 197小林・長田ペアも苦しみながら2回戦へ
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み