テニス
 
 

【テニス】全日本学生テニス選手権大会 3日目 男女シングルス3回戦、男女ダブルス2回戦レポート

全日本学生テニス選手権大会 3日目 男女シングルス3回戦 男女ダブルス2回戦
2013年8月22日(木)
岐阜メモリアルセンター

大会も中盤に差しかかる。岐阜では容赦なく照りつける太陽の下、今日も試合が行われる。選手の体力も徐々に疲れが見え始める頃だが、選手はそれでも好勝負を繰り広げた。

08221
ボレーを決める塚越

試合結果

男子シングルス3回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
竹内遥丞(社3) 7-6(4),6-4 中島啓(早大) 
小村拓也(経2) 7-6(10),7-5 大塚拳之助(経3)
塚越雄人(経1) 6-4,6-1 沼野孝彰(甲南大)
大友優馬(スポ2) 4-6,6-4,4-6 岡村一成(早大) 

女子シングルス3回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
青木柚里香(現2) 5-7,2-6 梶谷桜舞(早大) 
川島知枝(社1) 6-1,5-7,0-6 内田望允(関大)

 

男子ダブルス2回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
伊藤祐樹(経4)・中島佑介(スポ2)  4-6,6-3,6-1 国吉大輝・佐藤真(早大) 
 小林理久(スポ2)・長田和典(スポ1)  6-2,7-6(3) 佐伯直政・佐伯卓郎(鹿屋体育大)
松森祐大(社3)・大友優馬 3-6,5-7 西村友貴・井上実(同大)
山田晃大(社1)・村上彰吾(経1) 2-6,1-6 古田陸人・今井慎太郎(早大)

 

女子ダブルス2回戦

勝敗選手名スコア対戦相手
水沼茉子(スポ3)・青木柚里香 6-4,6-2 円谷彩也香・北浦朱紗(神戸親和女子大)

戦評

まず、最初の試合に登場したのは女子シングルス。2年連続のベスト16を狙う青木(現2)の相手は、前日水沼(スポ3)を破った新進覇者・梶谷。ファーストセットから自慢の粘りのテニスで3ゲーム目をブレイク。このまま一気にいきたいところであったが、梶谷も徐々に調子を上げてくる。正確なボールコントロールに翻弄されて、逆転を許してしまう。5-7でファーストを落とすと、セカンドセットも自身のミスも重なり、敗北となってしまった。川島(社1)はフレッシュさと勢いで今日も幸先よくファーストセットを奪うことに成功。しかし、相手の粘りと灼熱の太陽が川島の体力をむしばみ始める。このセットを奪われると、試合の流れは完璧に相手へ。ファイナルは1ゲームもとれないままゲームセット。 3回戦で涙を呑んだ。川島の敗戦により女子シングルスは全選手敗退となった。


男子シングルスは大友(スポ2)がコートへあがる。相手は第12シードの岡村。お互いフォアハンドで激しい打ち合いが続く中、大友はバックスライスやネットプレーで対抗する試合展開。お互い1セットずつとってファイナルセット。キープが続いて、6ゲーム目、ついに大友がブレイク。一気に優位になったが、「考えすぎてしまった」と話すように突然プレーのキレを失うと岡村の猛反撃を浴び、逆転負け。ベスト16とはならなかった。前日、第7シードの古田を破り、金星をあげた竹内(社3)は今日も健在。粘る相手を振り切り、ストレートで4回戦へ。そして、2日連続の同校対決となる、大塚(経3)―小村(経2)の試合が幕を開けた。サービスゲームはお互いまったく譲らない。タイブレークまで進むが小村が粘り切って先手をとる。セカンドセットも追いつつ追い越されの展開が続いていく。ストローク、ラリー、サーブ、どの精度も高く、来年も法大を引っ張っていく2人の意地を感じた。最後は小村がバックハンドからのストレートを逆サイドへ決め、激戦は幕を下ろした。7-6,7-5で小村が勝利したが、大塚が話した「魅せられるテニス」になったのは間違いないだろう。

ダブルスは今大会第8シードの伊藤(経4)・中島(スポ2)ペアは初登場。第1セットを取られる、まさかの展開も試合巧者はここからしっかり立て直し、逆転勝利で4回戦へ。小林(スポ2)・長田(スポ1)ペアはタイブレークを制すなど、ストレートで完勝。水沼・青木も順当にストレート勝ちを収めた。しかし、松森(社3)・大友ペアは相手の攻撃的テニスに主導権に握られ、劣勢となる。第2セットで若干立て直すも、粘り強い攻めに耐え切れず、ストレート負け。まさかの2回戦敗退となってしまった。

3日目、シード選手の登場で熱さを増すインカレ。シングルスはベスト8、ダブルスはベスト16をかけ熱戦がまだまだ続く。さらなる高みを目指して法大選手の躍進に期待が高まる。(芳野 史征)

 

試合後の選手のコメント

大友優馬

―試合をふりかえって
悔しいです。なんとか勝てそうだったのですが。ファイナルセット、先にリードしてサービスをキープすればいいところでキープできなくて、粘られて…。もったいない内容だったと思います。

―岡村選手の印象はいかがでしたか
対抗戦でも何回かやったことはあって、そのときにもおしい試合をやっていて、そこまでの特別な感じはなかったですね。

―試合前に戦略とかはあったんですか
相手はフォアハンドは強いんですけど、バックハンドはそんな強くないので、バックハンドを狙いながら、サービスダッシュだったり、ネットプレーを上手く混ぜてやろうとは思ってました。

―試合のキーポイントはなんでしたか
ファイナルのサービスゲーム(第7ゲーム)とファイナルセットでサービスダッシュをするのか、サーブ打って後ろにいるのか、の判断で結果、「逆だったらよかったのに」。というところがあったんで、そこですね。

―この試合で自分に足りなかったものはなんですか
判断だったり、先にファイナル、リードしたのに冷静に相手が嫌がるプレーを考えられていれば、もうちょっといい選択ができたかなと思います。

―シングルスの総括をお願いします
1回戦で負けたみたいな感じだったんで(苦笑)。1回負けた感じのところからギリギリ生き残れた試合だったので、まぁ、もうちょっと勝ちたかったですけど、反省してダブルス頑張って、これから3年4年もあるんで練習していきます。

伊藤祐樹・中島佑介

―今日の試合を振り返って
伊藤:えーと、中島はシングルス昨日もやってて、動きは別に悪くなくて、僕がインカレのシングルスの予選から試合やってなくて期間空いちゃったんで、試合勘っていうかダブルス勘がなくてファースト苦しかったんですけど、呼吸が合いだしてからはもう大丈夫でした。
中島:動き自体は悪くなかったんですけど、お互いの調子がよくない中でセカンドからしっかり自分のペースでできたことがよかったと思います。

―ファースト落としたのはそのダブルス勘が戻らなかったからですか
伊藤:なんかよく分からないまま取られてました最初はずっとキープして、ワンブレイクしていい展開だったんですけど、なんか…サービスゲームがちょっと今日は…かみ合ってなかったですね、お互いが別の動きしてて。
中島:そうですね、サービスが。

―春関の時に伊藤選手がサーブを直している話を聞きましたが
伊藤:今回からは段々よくなってきて、確率も合宿以降上がってきたんで悪くないと思います。

―他の面で合宿の成果は出ていますか
伊藤:直後はよかったんですけど、空いちゃったんでダブルスも合宿以降組んでないんで、今日が久しぶりのダブルスでした。
中島:そうですねめっちゃ久しぶりでしたね。

―昨日で中島選手はシングルスは終わってしまいましたがダブルスに何か活かせそうですか
シングルスでは結構集中できていたんでダブルスについてはリーグ戦に向けていい試合ができればと思います。

―ダブルスの候補がたくさんあがってきましたがどうお考えですか
伊藤:ちょっと前まではダブルスのペアが出てくるのがいなくて、監督とかにも候補に挙げてもらっていたんですけど、最近は夏関も同士討ちで負けちゃって、インカレ勝たないと危ないと思ってるんで頑張ります。
中島:候補があがってきていろいろプレッシャーはあるんですけど、譲る気はないんでリーグに出たい気持ちは変わりません。

―今回中島選手の同期の2年生が活躍していますが
中島:(通りすがった小村選手を見て)いやまあ、すごい嬉しいっす(笑)僕はもうダブルスしかないんで。シングルスは他の選手に頑張ってもらって、ダブルスは僕と伊藤さんでしっかり勝って、リーグに勢いをつけたいと思います。

―次に向けての意気込みを
伊藤:次はどっちが来ても、松森・大友が来てもリーグどっちが入るか、どっちも入るかみたいな感じなんでお互い負けないつもりで頑張ります。
中島:次はベスト8もかかっているんで勝ちたいと思います。

川島知枝

―今日の試合を振り返って
悔しいです。ファーストあっさり取って、セカンドも5-3までいってマッチポイントもあったのにそれ取れなくて、そのままずるずる行っちゃったのが悔しいです。

―昨日ベスト16までいきたいとおっしゃっていましたが
そうですね…今日の相手は4年生だったらしくて、粘りもあったし、体力負けもあります。

―今年初のインカレでしたがふりかえってみていかがでしたか
2回戦までいけたのはよかったし来年は今年より成績が上がるように頑張りたいと思います。

―これからに向けて意気込みを
帰ってから、リーグ戦は3部昇格に向けてチームに貢献したいと思います。

フォトギャラリー

  • 08221ボレーを決める塚越
  • 082221年生ながら快進撃を見せた川島
  • 082232年連続ベスト16はならなかった青木
  • 08224フルセットを制した伊藤(右)・中島(左)ペア
  • 08225大塚との同士討ちに勝利した小村
  • 08226昨日に続き早大選手を撃破した竹内
  • 08227ストレート勝ちの小林(右)・長田(左)ペア
  • 08228ダブルスでは快勝した水沼(左)・青木(右)ペア
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み