バレーボール

【バレー】 春季リーグ戦 対駒大 フルセットの熱戦制し、5勝5敗に

東京六大学野球春季リーグ戦 対駒澤大学
2014年5月18日(日)
駒澤大学駒沢キャンパス体育館

昨日専大相手にストレート勝ちを収め、勢いに乗る法大。今季のリーグ戦も残すところ2試合となった。第10戦の相手は昨春の入替戦で戦った、駒大。第1セットを落とし昨春の悪夢がよぎるが、なんとかフルセットにもちこむ。勝負の行方はいかに・・・

20140518all R
5勝目を挙げた法大

試合結果

トータル試合結果

3
法政大学
20 1セット 25 2
駒澤大学
25 2セット 23
22 3セット 25
25 4セット 15
15 5セット 9

法政大学スターティングメンバー

選手名学部/学年ポジション
#10 千住 治 営3 レフト
#1 村上 竜也 営4 センター
#7 木村 築 デ工4 ライト
#5 久保田 雅人 営4 レフト
#11 田中 尚 法3 センター
#12 長谷川 優太 法3 セッター
#27 小林 慎平 営1 リベロ

戦評

 第1セット、流れを引き寄せたのは駒大だった。相手の連続得点で序盤から一気に4点差を付けられると、法大はすかさずタイムアウト。そこから、センター陣を絡めエース・木村築(デ工4)が決めるという法大バレーを取り戻し、13-14まで点差を縮める。そのまま両者譲らず得点を重ね、19-19の同点に。しかし終盤粘り切れず、最後は4連続失点し、20-25で大事な第1セットを落とす。
 なんとかこのセットを取りたい法大は、必死に駒大に食らいついていく。シーソーゲームでセットは進み、連続得点をしても、連続失点を許す展開が続く。中盤、リベロ・小林慎平(営1)の粘りもあり、長いラリーを制すると、少しずつ流れは法大に。村上竜也(営4)、田中尚(法3)等センター陣も活躍し、25-23の接戦で2セット目を奪取。
 続く第3セット。序盤、このセットの主導権を握ったのは駒大。法大のミスも続き、連続失点。タイムアウト明けも、相手のブロックに阻まれる。しかし、ここから木村がエースの意地を見せる。乱れたレシーブを小林が2段トスを上げると、それを木村が決め、勢いに乗る。相手のミスにも助けられ、12-14の場面で相手がタイムアウト。その後も木村が2連続サーブポイントを決め、15-15の同点に。同点のまま試合は終盤へ。このセットをものにしたい法大だったが、粘り切れず22-25でこのセットを落とす。
 後がない第4セット。村上の速攻で先制すると、相手のミスが続き、10-6とリード。駒大はタイムアウトを取るも、法大の勢いは止まらない。久保田雅人(営4)が鋭いアタックとフェイントを器用に使い分け、2連続得点を決めると、17-8の場面で駒大が2度目のタイムアウト。タイムアウト明けは相手にスパイクを決められるも、田中のブロック、千住治(営3)のスパイクで流れを取り戻す。最後は木村が決め、25-15と大差で第4セットを取り、フルセットに持ち込んだ。
 4セット目の勢いをつなげたい、最終セット。村上の鋭い速攻が効き、4-1と差をつける。しかし、ここでタイムアウトを取られた後、木村のスパイクが決まらなくなり、3連続失点。追いつかれたところで、セッターの長谷川は一度久保田で点を取る。落ち着かせたところで再び木村。見事に打ち分け、7-4で相手にこのセット2度目のタイムアウトを取らせる。タイムアウト明けも流れを切らさず、最後は村上がブロック、速攻で躍動。15-9で5セット目を取り、フルセットを制した。
 今日で5勝5敗となったが、残す試合もあと1試合。1年ぶりの1部リーグだったが、確実に成長を遂げている法大バレー部。次戦の相手は東京学芸大だが、しっかり勝利を収め、今季を勝ち越しで終えてほしい。(村上紗規)
 

コメント

濱口 純一 監督

―今日の試合を振り返って
入りでちょっとつまずいてリズムが出ない中、よく選手たちも頑張ってくれたなと思います。特にキャプテンの村上が5セット目の最後に決めてくれたので、よかったなと思います。
 
―昨日1セット目を大事にしていきたいとおっしゃっていましたが、今日の展開についてはいかがですか
出だしがもたついて、そういう入りの時はうちはあまり状態がよくないことが多かったので、最後は勝てて本当によかったです。
 
―昨日から千住選手と久保田選手を逆にスタートさせていますが
2人の調子を考えて、久保田の方が調子がいいのかなと思って、そういう意図で変えました。前と後ろを変えてもそんなには変わらないので、それなら久保田の方が調子がいいからということで、セッターの長谷川くんとも相談して、ローテーションを変えました。
 
―相手の駒大の印象は
入替戦で去年負けて、こちらとしても普通にやれば(大丈夫だ)と思ったんですけど、若干相手のミスに合わせてしまったところもあったかなと思います。センターの攻撃が幅広く動くのでそれを注意しようという風には指示はしたんですけど、何本かそれをひっかけられてサイド攻撃になったので、よかったかなと思います。
 
―駒大はメンバー変更もかなり多く、試合が止まる場面が多い印象ですが
なんか相手の作戦なのかな、とは思いますけど。それにも動じず、選手たちが1セット目以降少し落ち着いてできたので、それは最後の5セット目につながったのではと思います。
 
―今日で5勝5敗となりましたが
ここまできたら最後も勝って、勝ち越しで終わりたいと選手も思っていると思うので、この週末に向けてしっかり準備だけして、勝って終わりたいなと思います。
 
 

村上 竜也 主将(営4)

―今日の試合を振り返って
入りの部分でこっちのミスがとても多くて、自分たちのプレーがなかなかできないという感じだったので、ちょっと皆が元に戻そうと意識しすぎて崩れてフルセットまでいってしまった試合かなと思います。
 
―相手の印象は
身長はわりと低いんですけど、レシーブであったりコンビであったりがすごい上手いチームだったので、そこをうまくブロックとかレシーブで対応していければと思っていました。
 
―試合では速攻がよく決まっている印象でしたが
やっぱり身長が低い分ブロックも低いので、その部分では監督からも真ん中で攻めていけば絶対決まるからって言われたので、今日は打数が多かったです。
 
―フルセットでキツい試合だったと思うのですが
そうですね、もう1部ってストレートで勝つことがあまりないので、フルセットってまあ当たり前じゃないですか。そういう感じになってしまったので、キツさというよりも楽しさの方が多いかなと思います。
 
―今日で5勝5敗ですが、チームの雰囲気は
久々に1部リーグで勝ち越すところまできてるので、来週も頑張ろう、とみんなで話しました。調子はあがってきてます。
 
―残り1試合ですが、来週への意気込みを
もうプレッシャーとか本当に何もないので、練習してきたことを全て出しきれるように頑張っていければなと思います。
 
 

木村 築(デ工=4)

―今日の試合を振り返って
今日は1セット目の入りの部分が悪かったという話が最後みんなで集まった時にありました。1セット目のことはあまりよく覚えていないですけど、やはり入りの流れが悪かったかなというのはありました。昨日とどうしても比べてしまうので、昨日よりは悪かったかなという印象があって、それがみんなチームの認識にありそういう形になってしまったのかなと。それで2セット目に確認して自分たちがやることをやろうと、切り替えてセットが取れたのは大きい部分かと思います。3セット目落としたのは、向こうの(相手の)ミスもあったんですけどこっちのミスもあって3セット目を取りきれず、守りに入ってしまった部分があったかなと思いした。それでも気持ちを切り替えてフルセットで勝とうという意識を持って4セット目に入って、最初に一気に(点を)離して楽にセットを取れたのは大きいかなというところです。最後の5セット目も4-1でタイムアウトを取らせて、8-4でコートチェンジして、それで続けて自分のサーブが入ったというのが自分のの中では大きいと思います。
 
―今日の試合でジャンプサーブを多用していましたが
リーグ戦中はジャンプサーブを控えていました。膝と足のことも考えてジャンプサーブを打つよりも、スパイクで自分が決定しないといけないので。相手が1部で、ジャンプサーブを打っても簡単に拾われてしまうことがあるので、そのリスクを考えるならばそんなにサーブでは攻めないでフローターで打っていくサーブにして、その分スパイクで自分が得点すればと考えていました。ただ今日に関しては、チームの雰囲気を考えて、2セット目からジャンプサーブに変えましたね。今日は試合やる前に入替戦がないと決まっていたんですけど、自分の中でこのあとの試合持たなくても大丈夫なのかなという気持ちはありました。ずっと、足のことを気にしながらやっていたんですけど、なんとか順位的には大丈夫な位置になって、自分の中で勝負して行こうという気持ちもあって、ジャンプサーブに切り替えたというのもあります。
 
―専大戦での快勝が今日の試合に影響を及ぼしましたか
昨日自分の中ではストレートで楽に勝てたのもあって自分の状態は良かったんですけど、逆にあっけなく勝ってしまったがゆえに今日の入り方が悪かったので、そこはこれからやっていく新たな課題であると思います。ただ、昨日のストレート勝ちは決して悪いことではなく、今日もこういう試合で勝ち切ることができるようになっているので、チームが成長したなと思いますね。
 
―現在リーグ最多得点で相手に警戒されていると思いますが
昨日の専大はそんなにブロックがなかったんですけど、今日の駒大は3セット目くらいまで自分のスパイクに合わせている部分がありましたね。3セット目悪かったのは、自分が調子悪かったからなんですけど、高いトスに自分のタイミングに合わせてブロッカーが飛んできていたりしていたので、マークされているなという意識はしていました。3セット目の終わりくらいから自分の中でタイミングを変えてみようと思って、やって4セット目に成功しましたね。相手のブロッカーを意識していたんですけど、逆に意識させて自分がタイミングを変えて決めにいくというパターンができたかなと。あとは得点決めなきゃいけないポジションにいるというのは確かなので、決めれる球を決めるだけという感じですね。
 
―最終戦に向けて一言
1日だけなので、できたらストレート勝ちで終わりたいです。順位が決まってくると思うので、勝ちで終わりたいというのがありますね。勝つことによって6勝で終わって勝ち越しで春の1部を終われたというのが関カレと秋季リーグ、全カレに繋がってくるんじゃないかなと思います。
 
 

久保田 雅人(営4)

―今日の試合を振り返って
入れ替え戦になるかどうかの試合だったので、駒澤とフルセットではあったんですけど勝ててよかったです。
 
―序盤から苦しい展開となりましたが
昨日の方が出だしがよかったので、今日はそこが違ったかなと思います。やっぱり出だしが悪いと、こういう展開になるのかなと考えています。
 
―ブロックをよく決められていましたが
昨日あまりブロックが飛べなかったので、ちょっと意識してブロック飛ぼうとしました。
 
―時間差攻撃も決められていましたが、普段から練習で取り組んでこられたのですか
そうです。自分の取り柄が時間差などの速い攻撃なので、そこをしっかり練習して、試合で出せたのでよかったです。
 
―今季はレフトとして定着されていますが、ポジションへのこだわりはありますか
いいえ。自分が与えられた仕事だったら全部こなせるように、いつも準備して待ってるので。
 
―次戦に向けて
来週はラストなので、しっかり最後良い締めくくりができるように、頑張っていきます。
 
 

長谷川 優太(法3)

―今日の試合を振り返って
フルセットだったんで疲れました。序盤に試合の入りを失敗してしまって、流れを掴めなかったんですけど、中盤から終盤にかけて流れを掴めたことが勝利に繋がったのかなと思います。
 
―序盤に入りが悪かった点について考えられることは
ミスが多かったので、そこかなと思います。
 
―その中でどのように試合を組み立てていこうと
とりあえずエースの木村さんにトスを集めて、自分が乗っていければなと。
 
―中盤から終盤にかけて上手くいった要因は
センター線の村上さんとかが(トスを)上げれば、決めてくれたので困ったときはコンビを組んで攻撃しました。
 
―駒沢大は速い攻撃を仕掛けてきましたが
(身長が)小さいのでワンタッチかけて、拾っていければなという感じですね。
 
―ここまで戦ってきて1部での手応えなどは
手応えもありますけどもったいない試合もあるので、そこで点を取り切れたらなと思います。
 
―それに向け今後取り組みたいことは
後半のミスを絶対にしないことです。
 
―現在のご自身の調子は
悪くないので、あと一戦頑張ります。
 
―最終戦に向け意気込みを
最終戦も勝ちます。
 
 

小林 慎平(営1)

―今日の試合を振り返って
1セット目とられてしまって危なかったのですが、ちょっと出だしが悪くて後半からやっと体が動いてきた感じでした。フルセットまでもっていけて、最後は個人個人がいいプレーをできたので勝てたのかなと思います。
 
―ご自身のプレーとしては
最後のセットの中盤に1本いいレシーブをあげることができて、あのプレーは今日はよかったかなと思います。
 
―第1、3セットの序盤に同じ選手からサーブポイントを奪われてしまいましたが
 ちょっと取りづらかったです。久保田さんとの間のレシーブの感覚がいつもと違っていて、でも最後の方は久保田さんが動いてとってくれていつも通りのプレーができました。
 
―駒大はピンチサーバーが多かったですね
そうですね、あまり情報が入ってこなかったのでわからなかったのですが、基本的にはやることは一緒なので、落ち着いていつも通りプレーしました。
 
―今後一週間で修正していきたい点は
一週間でとりあえずまずは疲れをぬいて、来週の試合は日曜で土曜も空くので、とにかく故障とかをしないように、普通に良い状態にもっていければ来週勝てると思うので、今後一週間しっかり調整していきたいと思います。
 
―最終戦に向けての意気込み
最後は学芸大で、今年はいつもとちょっと違うので、気を緩めずにいきたいと思います。あとはもっと良いプレーを出して、チームに貢献できればと思います。
 

フォトギャラリー

  • 20140518all R5勝目を挙げた法大
  • 20140518kubota R久保田
  • 20140518fujimura R2年セッター藤本と村上
  • 20140518ogata Rピンチサーバー緒方
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み