バレーボール

【バレー】秋季リーグ戦 対国士大 力の差を見せつけ完勝 

秋季関東男子1部リーグ 対 国士舘大学
2014年9月28日(日)
日本体育大学健志台キャンパス米本記念体育館

今季9カード目の相手は国士大。法大は終始落ち着いたプレーで盤石な試合運びを見せ、ストレート勝利。今季を5勝4敗とした。

20140928hasegawa
監督も信頼を寄せる、セッター長谷川

試合結果

トータル試合結果

3
法政大学
25 1セット 18
国士舘大学
26 2セット 24
25 3セット 20
4セット
5セット

法政大学スターティングメンバー

選手名学部/学年ポジション
#4 鈴木 克 法4 レフト
#1 村上 竜也 営4 センター
#7 木村 築 デ工4 ライト
#5 久保田 雅人 営4 レフト
#11 田中 尚 法3 センター
#12 長谷川 優太 法3 セッター
#27 小林 慎平 営1 リベロ

戦評

 前のカードで東日本インカレ優勝の専大を下し、勢いに乗る法大。今回の相手は今リーグ最下位と波に乗り切れていない国士大。リーグ戦も終盤に差し掛かり、上位を目指すためにも負けられない法大は、勢いそのままにストレートで勝利し、連勝を4に伸ばした。 
 第1セットの序盤は点の取り合いとなった。1点目を国士大に奪われるが、すかさず田中尚(法3)のブロックで取り返し、続けて久保田雅人(営4)がスパイクを決め、いきなり連続ポイント。さらに木村築(デザ工4)や田中を中心にポイントを重ねていくが、国士大の攻撃をなかなか止めることができぬまま、試合は14-14の同点のまま中盤戦へ。ここで流れを変えたのは鈴木克(営4)だった。鈴木のフェイントから一気に3連続ポイントを奪うと国士大はたまらずタイムアウト。それでも攻撃の手を緩めない法大は、さらに4連続ポイントと3連続ポイントを続けて奪い国士大を突き放し25-18でこのセットをものにした。  
 第2セットは打って変わって大接戦となった。中盤までお互い一歩も引かぬ攻防で15-14となるが、そこから国士大の猛攻で5連続ポイントを奪われる。しかし、ここで慌てないのが今の法大。木村のスパイクによる連続ポイントを皮切りに徐々に点差を縮め、ついに22-23の1点差まで追い上げる。しかし、ここで相手のブロックにスパイクをふさがれ、セットポイントとされる。もう1点も譲れない緊張の展開が続く中、リベロの小林慎平(営1)が相手のスパイクを粘り強く拾い上げ、長谷川優太(法2)がブレイクの起点を作り、同点へと追いついた。これで勢いに乗った法大は、26-24の逆転でこのセットを制した。
 一気に決めたい第3セットは、いきなり3ポイントをリードする優位な展開になった。法大は木村、田中を中心にスパイクをことごとく決め、流れを相手に渡さない。すると、法大のプレッシャーに押されたのか、相手チームにミスが目立ち始め、じわじわとリードが広がり、完全に法大ペースに。村上竜也(営4)のフェイントで20点に乗せると、続いて木村がスパイクを決め4点差に。そのまま、リズムを崩すことなくゲームを運び、最後は田中の速攻で締め試合終了。3-0のストレートで完勝した。 
 法大はこの4連勝で、通算5勝4敗となり6位につけた。来週の筑波大戦、慶大戦で共に勝利を収め、1部上位でこのリーグを締めくくりたい。(宮田祐子)

 

コメント

濱口純一 監督

-今日の試合を振り返って
昨日いかに相手に付き合わないか、と言ったと思うんですけど中盤まで相手のペースにお付き合いしてしまったので、そこを気を付けて次週戦っていければなと思います。2セット目は木村くんのミスから連続失点するという苦しい場面になったので、来週しっかり修正して残り2戦連勝したいですね。

-2セット目は終盤の連続得点での逆転勝利でしたが
相手のミスにも助けられましたけど、自分らもしっかり準備していたと思うのでそこは、はまったと思います。

-相手のライトからのブロード攻撃が目立っていましたが
ミーティングでもその攻撃が多いといのはわかっていたので、ブロックを最初からライト側で広めにとる、という感じでブロックしてあとは抜けたところをしっかりと拾うという指示を出していましたね。

-途中で千住選手を入れたのもレシーブ強化のためですか
そうですね。あとは鈴木がボールを追いかけたときに肩を負傷したとの本人からの打診もあったので。千住は元々レシーブが良い選手ですし春も出ているのでそこは問題ないかなと思います。

-今日の試合ではトスが分散していましたが
木村がマークされているというのはわかっていたと思いますし、ブロックもそんなに高くなかったので長谷川くんのトス回しが良かったと思います。

-次の筑波戦に向けて
こっちがサーブで崩して良い展開をつくり、拾って木村につなげるというパターンができれば勝てると思います。

村上竜也 主将

―今日の試合を振り返って
相手が下の相手だったのでちょっと相手のペースに合わせる部分があって、途中2セット目とか危ないところもあったんですけど、最後の方に木村とかが決めてくれてそこは助かった感じですね。

―何か対策など立てられましたか
ブロード攻撃など相手の移動攻撃が多いんで、そういう部分でやっぱりブロックの確認をしていこうっていうのは言ってました。

―4連勝中ですがチームの状態などは
チーム自体は調子はあがってきていて、個人的にもまあ変わらずっていう感じです。

―今のところ勝ち越し中ですが
春は最後の最後で負け越したんで、今季は勝ち越しが出来るように頑張っていきたいです。

―ジャンプサーブはなさらないのですか
本当はやる予定だったんですけど、チーム自体のサーブミスが多い状況だったので、それならちょっとミスを減らしていこうということになって、僕はジャンプフローターになりました。

―次の試合に向けて一言
次も勝てる相手だと思うので、しっかり自分たちのバレーをして2連勝出来たらいいなと思います。

久保田雅人

-今日の試合の感想
最初は国士舘のペースに合わせていった部分がありました。ただ、自分たちのバレーをすれば必ず勝てるチームだったので、最後は自分たちのバレーができたかなと思います。

-国士舘とは2部リーグ以来の対戦となったがその時と比較して相手に大きな変化はあったか
去年は大きなエースがいたのですが、今回はおらず時間差攻撃やブロード攻撃など細かいスパイクが多かったのでそこが違ったと思います。

-相手をどのように攻略したか
とりあえず、ブロード攻撃を止めることと、時間差攻撃をつくことを意識してやりましたね。

-4連勝したあとのチームの雰囲気は
勝つと雰囲気がよくなりますね。ただ、4連勝している中でみんなが意識を高く持ってこれからあと2戦頑張っていけたらいいなと思います。

-来週の筑波大戦に向けて 
しっかり自分たちのバレーをして雰囲気良くして頑張りたいと思います。

鈴木克

今日の試合を振り返って

勝てる相手に勝てたのは良かったですけど途中気が抜けてミスとかあったんで、そういうところで気を引き締めて、無駄な失点がないように残りの試合やんなきゃなって改めて実感しました。

相手の印象は
他のチームと違って高さがなく動いてくる攻撃が多いので、そこをデータとかで見てマークしてこうって言っていました。時間差は何本かやられたのもあったけど、しっかりブロックついていけたのもありました。高さの無いチームだけに動いてくるんで、拾い負けしないのと、サーブなどをしっかり受けるようにしてました。

勝因は
実力ではこっちが勝ってると思うので、自分たちのやることをやれたのが勝因かなと思います。

今日まで4連勝中ですが、鈴木選手ご自身はその事実をどう認識していらっしゃいますか
3連敗終わってから次の週いきなり、初めて俺がスタメンになって出た試合から勝ち続けて4連勝となって、本来ならベストコンディションの池田が出られれば1番いいんですけど、ケガで思うプレーもできてないみたいだし、そこで俺が出てプレーだけじゃなく雰囲気づくりやプレーだったら特にサーブとか。そういうところでチームに貢献できたかなと思うんで、チームにいい影響を与えられて良かったと思います。

―4連勝してから、チームの雰囲気はどうですか
十何年くらい勝ってなかった順天に逆転勝ちしたっていうのと、俺らの代に入ってから1回も勝ったことない学芸にストレート勝ちしたっていうのが、チームとしても勢いになったし、勝つための良いきっかけになったと思います。そういう面ではゲーム中もいい雰囲気でやってるなって思います。

次の試合に向けて一言お願いします
2つとも勝ちます。

長谷川優太

―今日の試合を振り返って
今日はとりあえず3‐0で勝ててストレートだったので良かったです。

―昨日の後半、木村選手とトスが合わない場面が見受けられました
昨日は僕のトスの精度が悪かったので、そこだけは少し意識して、木村さんには丁寧にあげるようにしました。

―今日はカットが良く上がっていましたね
そうですね。全然上がっていたので、(トスも)上げやすいです。

―田中選手には厳しい位置からもクイックを使いますよね
大体尚が入っている位置ってなんとなく僕は分かるし、尚もトスが上がってくるところが分かっていると思うので、1番信頼しているスパイカーではあると思います。

―小林選手がディグを良くあげてくれた試合でした
拾ってくれるとこっちも上げなきゃなと思いますし、それが決まると流れも良くなるのでその辺は本当に助かっています。

―今日で4連勝です
そうですね。チームの雰囲気もいいです。

―次戦に向けて
あまり気負わずに気楽にいきます。

小林慎平

-今日の試合を振り返って
今日は、相手が2部から上がってきたばっかりのチームだったので、たぶん力の差はあったと思うんですけど、しっかりチームで気を引き締めて油断せずがんばろうって言ってたんですけど、多少油断した場面があって点数を取られすぎたかなと思います。

-戦ってみての、国士舘の印象は
常に力いっぱい打ってくるチームで、自分にとっては抜けてきたら、拾いがいがあったチームでした。今日はよくブロックが出てたんで、国士舘の印象はけっこうオフェンスのチームかなという印象をもちました。

-第2セットは相手に4点リードされる展開になりましたが
そんなに焦んなかったですね。やっぱり、なめていたわけじゃないんですけど、普通にやっいてれば絶対に負けないと思っていたので、最後の最後まで、まずは自分のやるべきことをやり、平常心保ってプレーしていました。

-来週の試合に向けて
筑波はけっこうメンバーが変わってきて春より全然強くなってたんで、この勢い殺さないように勝ちにこだわってしっかり順位あげていきたいと思います。慶應はエースが抜けてる分、多少は力が下がるんですけど、それでも残ってるメンバーでそれなりにやってくるんで、今日の国士舘戦のように油断しないでしっかりとストレートで勝ちたいなと思います。

フォトギャラリー

  • 20140928hasegawa監督も信頼を寄せるセッター長谷川
  • 20140928suzuki4連勝に大きく貢献している鈴木
  • 20140928kimura強力なジャンプサーブを打つ木村
  • 20140928kamiyaリリーフサーバー神谷翔(法1)
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み