バレーボール

【バレー】秋季リーグ戦 対慶大 連日におよぶフルセットを制す!6連勝を飾り今季リーグ戦を4位で終える。

秋季関東男子1部リーグ 対 慶應大学
2014年10月5日(日)
日本体育大学健志台キャンパス米本記念体育館

今季最終カードの相手は慶大。絶対的エース柳田を欠く慶大に対し、法大はストレート勝ちが予想されたが、相手の粘りに苦戦しフルセットまでもつれ込むも最後は意地を見せ勝利。リーグ戦を4位という好成績で終え、木村は2季連続でベストスコアラー賞に選出された。

20141005kimura
2季連続でベストスコアラーに選ばれた木村

試合結果

トータル試合結果

3
法政大学
25 1セット 17 2
慶應大学
23 2セット 25
22 3セット 25
25 4セット 21
15 5セット 12

法政大学スターティングメンバー

選手名学部/学年ポジション
#4 鈴木 克 法4 レフト
#1 村上 竜也 営4 センター
#7 木村 築 デ工4 ライト
#5 久保田 雅人 営4 レフト
#11 田中 尚 法3 センター
#12 長谷川 優太 法3 セッター
#27 小林 慎平 営1 リベロ

戦評

 順大戦以来、5連勝で勢いに乗る法大。6勝4敗で迎えた秋季リーグ最後の相手は、絶対的エース柳田不在の慶應大学であった。試合はフルセットまでもつれ込む混戦となった。
 第1セット、序盤から法大の攻撃がさく裂。久保田雅人(営4)のアタックで得点を重ねると、後半では木村築(デ4)と鈴木克(法4)も安定した攻撃を決め、24―17でこのセットを奪う。
 続く第2セット。両チームがアタックを決め、取っては取られてのシーソーゲームとなる。8―7の場面から法大の攻撃が上手く決まらず相手に5連続得点を奪われる。後半ではリリーフサーバーとして藤本幸運(営2)を起用するなど、全員奮闘を続けるが23―25で辛くもこのセットを失う。
 法大に暗雲が立ち込め始めた第3セット。やはり互いに譲らぬ均衡した試合展開に。勝負は互角に見えたが、雰囲気を崩された法大に対し流れを掴んだ慶大が、22―25でセットを連取。
 第4セット。もう負けられない法大と、このまま押し切りたい慶大の激しい攻防戦となる。木村、鈴木の攻撃が決まり始めた中、セッターの長谷川優太(法3)は強烈なサーブでサービスエースを奪いチームの士気を上げた。後半ではレシーブ力の強化を狙い、肩を負傷している鈴木に代わり千住治(営3)がコートに立ち、堅実なレシーブを見せる。23-21の場面に差し掛かると、主将の村上竜也(営4)と木村による連続得点で25―21に。このセットを制した。
 いよいよ第5セット。法大の雰囲気は完全に復活。第4セットで勢いをつけたスパイカー陣の攻撃、そしてリベロの小林慎平(営1)のレシーブが光った。最後はエース木村のスパイクで15―12。無事に勝利を収めた。

 この勝利を合わせ、法大は7勝4敗。総合順位は4位と、春季の9位から大幅なランクアップを果たした。課題を見つけながらも確かな成長が感じられる、実りあるリーグ戦となった。次はいよいよ全日本インカレだ。さらなる高みを目指し、より成長したチームの姿を見せてくれることを期待したい。(野口愛優)

コメン

濱口純一 監督

-今日の試合を振り返って
2、3セット目の終盤にまた連続失点をしてしまい、ストレートで終われるような試合だったんですけど、自分らで崩れて失点をしてしまったので、そこはインカレに向けての大きな課題だと思います。

-4、5セット目の巻き返した要因は
後半のリーグ戦で順大に2セット取られてから逆転勝ちしたことなどが自信になっていたと思うので、セットを取られても切り替えが上手くできたんじゃないかなと。

-慶大はサイド攻撃が多かったですが
左利きの選手がサイドの攻撃は速く、中盤強打ではなく弱い攻撃がけっこうあったので、レシーブの位置を前側にして、強打はある程度捨て、拾って木村につないでいこうという指示は出しました。

-リーグ戦を振り返って
初戦に明治と対戦しストレートで負けてしまって、このシーズンはどうなるのかと思ったのですが2試合目で日体大に勝って、いけるかと思ったら次に3連敗するという苦しいリーグ戦になるかなと思いましたが、4年生を中心にしっかりチームをまとめてくれたというのと長谷川くんが点を取るときは木村、というのが良くできていたので後半戦は良い形になりました。

-3連敗の後、6連勝となりましたが選手たちの中で何か変化などはありましたか
自分らがしっかりやれば、できるというのは本人たちが思っていたんだと思います。

-フルセットをものにできる試合が多かったですが
サーブレシーブで守れる小林と久保田、千住といった選手がしっかりしていたのと本人らの勝つという気持ちが全面に出たのだと思います。

-今季は順大、筑波大といった身長の高いチームから勝ち星を奪うことができましたが
サーブで崩していくということが効果的に決まったのかなと思います。逆に中大や東海大などサーブが良いときに連続で崩される部分があったので、そこを修正していきたいです。

-昨季に比べ選手層に厚みが増したように思われますが
まず池田くんが戻ってきたのは大きかったのかなと。その後はけがも含め試合に出られなかったりしたのですが、鈴木が上手くバックアップしてくれてある程度サイドの攻撃が速い攻撃に変わったので、そこが良かったのかなと思います。

-今季を通し課題などは
良い時と悪い時の差が激しいのでそこを。あとは自分らがしっかりできればどのチームと戦っても勝てる実力はあると思いますので、まずは自分らがしっかりしてレセプションから切り返していくとうことをやればインカレで結果を残せるかなと思います。

-全日本インカレに向けて
1つ1つ勝って頂点を取ろうと思います。

村上竜也 主将

今日の試合を振り返って
春は最終戦負けていて、秋は最後勝とうとみんなで言っていたんですけれど、そういう部分で少し硬くなってしまったところがあったかなと思います。

 試合開始前はストレート勝ちを予想されていましたか
そうですね。硬さがあったのと、最終戦だったので勝っても負けてもという部分があったので気持ちも入っていなかったところがあるかなと思います。

 慶大はエースを欠いた状態でしたが
その状態の分析とかは、アナリストが色々調べてくれていたので大丈夫だったんですけれど、春は柳田(将洋)をブロックで絞っていれば勝てたので、やりにくいという部分はありました。

 相手に合わせて試合をしてしまった部分はありましたか
最初は自分たちのペースでできたと思うんですけれど、1セット目を楽に取れたというところが余裕を持ちすぎてしまったかなと。そこから相手ペースに合わせてしまったかなと思います。

リーグ戦7勝4敗という結果でしたが
例年に比べたらかなり良い結果だと思うんですが、このチームなら優勝とかも狙えたと思うので、そういう部分では最初の明治戦だったり3連敗してしまったところは、チームがまとまるという意識が強かったらもっと上に行けたかなと感じています。満足いく結果ではなかったですね。

フルセットで勝てるチームになりましたね
そうですね、フルセットの時はエースの木村が絶対決めてくれるという信頼ができたので、木村に持っていくまでを1人ひとりがしっかり仕事をやるようになったので。そういう部分でフルセットでも勝てるようになったのかなと思います。

 全カレの目標は
優勝したいです。

それまでの課題は
負けてるチームとの試合では、まずサーブカットミスですよね。それと、勝ってる時も常に負けないようにという集中力を保てるようにしっかり練習をしていきたいと思います。

 全カレに向けて一言
やっぱり最後に向けて、今のチーム4年生が多いのでみんな最後を全力でやってくれると思います。あとはしっかりチームを作っていって、頑張っていきたいと思います。

木村築(ベストスコアラー賞)

-今日の試合を振り返って
内容的にはフルセットやるチームではなかったですね。1セット目がいい流れで取れてしまったことで、2、3セット目に気を抜いてしまった部分があるのだと思います。慶大は入替戦が決まっているということもあって、割り切って自分たちに向かってきていることは試合を通して非常に感じていましたし、実際その勢いに押されてしまいました。その後4、5セットはなんとか巻き返して取れたので、リーグ戦の最後を勝利で終わる事ができてよかったです。

-慶大の印象
柳田選手というエースが抜けてしまっている中で、メンバー全員が打ってくるチームという印象がありました。その分こちら側としては守備が分散してしまう部分がありました。春季と比べてワンマンチームから大きく成長していて非常に手強かったです。

-木村選手にとって最後のリーグ戦でしたが
今日の試合は秋季リーグ戦の順位が関わってくる試合だったので、ストレートで勝ちきろうと考えていました。結果的にフルセットまでもつれる試合展開になってしまいましたが、結果的に勝ちきることができたのでとても良かったです。7勝4敗という数字でみれば、4敗してしまったのですが、明大戦以外はどの試合も悪い負け方はしなかったので、今後全日本インカレにつながっていくという意味では、チームとしての力を出し切れた上での結果なのではないかと思います。

-6連勝できた要因は
1番に挙げられる事は鈴木が入ったことです。少なからず自分の打つ本数が減ったことで、負担が減りましたし、鈴木があげてきた球を自分が打ったりするパターンが何本か見られました。そういった相乗効果が生まれた事で再度チームとしても徐々にまとまってきたことが、6連勝できた最大の要因だと思います。

-課題に調子に波があることを挙げられていましたが秋季リーグ戦ではどのくらい維持できましたか
春季と比較すると秋季以上に自分のワンマンチームでやってきた部分があって、自分の調子が悪い時にはそれが結果に影響してしまう場面が多く見られました。秋季はそこをどう克服していくのかが課題でした。序盤は池田が入ったことで自分が打つ本数が減って、一本に集中するように意識をしたことである程度改善はされました。試合に対して悪い入り方をしてしまった時でも余裕が生まれた事で、試合中に自分のプレーを振り返ることができたり、濱口監督にも自分が悪いときには指摘して頂いて、改善する材料をくれる環境を周りに作ってもらったことで、課題に対して改善できた部分があるのではないかと思います。秋季リーグ戦後半からは下半身に疲労が溜まっていたので、そこにもどうやって向き合っていくのかも視野に入れつつ、状態が悪い中でどうコンディションを保っていくのかということも自分の中で課題にして、上手く課題に向き合いながら戦い抜けたのかなと思います。

-全日本インカレに向けての抱負
残り約2ヶ月という期間の中で、一度体を休めてから秋季リーグ戦で挙がったフェイントボールが上がらなかったり簡単なミスが多く見受けられたので、そういった反省点を改善することを重点的にやっていきたいです。全日本インカレは関東1部が上位にくると思うので、そこに対してトーナメントを眺めつつ、どう戦っていくのかを含めて考えていきたいです。目標は「優勝」です。秋季リーグを戦い抜いた上で、負けた相手に対して差も僅かな部分だと感じましたし、勝ったチームに対しても気を抜く事なくやれば優勝できる自信もあります。バレーはどっちにボールが落ちるかという意味で運のスポーツなので、そこは運に任せて一戦一戦勝ち上がっていければなと思います。

久保田雅人

―今日の試合を振り返って
慶應がエースの柳田選手がいなかったのであんまり強くないんですけど、やっぱり自分たちのミスが多かったので、そこが自分たちのセットを落とした原因かなと思います。

―自身の調子は
今日はもう最悪で、1番最後の試合なのに自分のミスが多くて、まあフルセットまでいったんですけどみんなが助けてくれたんで、そこは良かったと思います。

今日の勝因は
木村がよくて、みんなサーブも攻めていたんで、そこが良かったかなと思います。

―リーグ戦全体を振り返って
久しぶりの7勝4敗なので、まあ自分たち的には結構良い方かなと思います。

―見つかった課題などはありますか
自分は守備の要なのでサーブカットを中心に、そこからみんながスパイクに入るまでに打ちやすいようなキャッチをしっかり返せたらいいなと思います。

―最後の全日本インカレに向けて一言
全日本インカレは優勝しか見てないので、それを目指して頑張りたいと思います。

鈴木克

今日の試合を振り返って
反省のある試合でしたけれど、良い所もありました。リーグ戦最後の試合、勝って終われて良かったなと思います。

相手の印象はいかがでしたか
今、全日本に行ってるエースがいなくて、いつもはエース頼りになっているので、逆にチームワークが取れていたのかなと思うくらい、全員で必死になってやってるのが伝わってきました。みんなで勝とうみたいな、団結力のあるチームだなと。

対策などはありましたか
エースがいないので、ブロックと拾うのをしっかりやるというオーソドックスな対応の仕方ですね。

勝因は
終盤、4セット目と5セット目は粘り勝ちですかね

途中千住さんとの交代がありましたが、どういった理由での交代でしたか
俺が肩を痛めてるっていうのもあるし、千住はレシーブが良いので。あと、ロングサーブで雅人(久保田)と慎平(小林)が何本かやられてたんで、守備固めで千住を入れて、雅人は前衛なんでスパイクに専念させるっていう感じで。

肩を怪我されているということですが、ご自身の調子はいかがですか
いや、もう左肩上がらないんですよ。でも動ける位までは回復したんで、動ける限りは多少痛くても…。プレー面ではそんなに調子は悪くなくて、肩のせいでできない部分もあったんですけど、まあけがを言い訳にしないで頑張る感じでやってます。

今日のチームの雰囲気はいかがでしたが
1セット目は気持ちに余裕があってプレーにも余裕があったから、いつも通りにやってたんですけど。2セット目3セット目で気持ちの緩みが雰囲気にもプレーにも出てました。4セット目5セット目は、最後だから勝ちに行こうという感じで雰囲気も変わりました。1、4、5は良かったけど、2、3が課題ですね。

秋のリーグ戦を振り返って
初戦の明治と、あと早稲田のところの3連戦。4敗のうち勝てる試合もあったなって思います。日体に勝てたのは良かったんですけど、次の週3連戦で3連敗して。そこでもう1回、このままじゃダメだ。勝ちに行こうってチームの士気が出てきてからはこうやって6連勝できたんで、フルセットとか苦しい試合もあったけど終わってみては楽しかったかなという印象です。

今回のリーグ戦で何か課題などは見つかりましたか
セットの中盤などで気持ちが抜けたりするところが多々見られるので、要所要所で気持ちが切れるところがあるのでそこが課題です。

―12月の全日本インカレに向けて
秋リーグやってみてやっぱり一部でもやっていける力はあるって分かりました。全日本インカレでは上位目指して、優勝するつもりで臨みたいと思います。

田中尚

―今日の試合を振り返って
昨日と一緒で最後(のセット)までいったんですけど、今日は相手に合わせてしまったところがあったので、そこを今度は全カレまでに修正していけば良いかなと思いました。

―今日はストレートで勝ちたい試合でしたが
ストレートで勝ちたかったんですけど、1セット目勝って、2セット目相手に対して合わせてしまったところが大きかったので、ほんとそこだけですね。

―リーグ戦全体を振り返って
最初1勝4敗で負け越していたんですけど、後半戦全勝できてかつチームもどんどん良くなっていったんで、全カレが最後ですけど、そこでいい結果に繋げていければな、と感じます。

―今季はブロックを決める場面が多く見られましたが
ちょっと背が低いので、相手のセッターの癖を読んだりとか、ゲームでの流れでマークする選手を変えたりとかっていう工夫はすごいやっていたので、そこがよかったのかなと思います。

―今季は全体を通して好調でしたが
去年は2部に落ちたりとかいろいろあって、チーム的にもまとまってなかったんですけど、今回はやっぱりキャプテンを筆頭にまとまりがよかったな、っていうのと、下級生もチーム一丸となって勝ちに行くという目的でできたのがやっぱり1番大きいんじゃないかな、と感じました。

―今季を通して得られた収穫と見つかった課題はありますか
4年生に助けられたっていうのが正直なとこなので、来年ちょっと攻撃力は落ちてしまうんですけど、今回のリーグの経験を来年にもっていければな、という風に思います。

―チームの中での自分の役割は何だと思われますか
サイドアウトを切ること、スパイクで点を取るっていうことと、ブロックをするっていうことが、1番大事なことなので、そこでは少しは貢献できたかな、と感じますけど、あともう少し頑張りたいな、とは思いました。

―全日本インカレに向けて
インカレは大阪ということでチーム数も限られていて、トーナメントなんでやっぱり勝ちたいですし、去年ベスト8なんでそれ以上にいきたいです。

長谷川優太

-今日の試合の振り返り
とりあえず、勝ててよかったです。

-4セット目でサービスエースを決め流れが変わったが、長谷川選手自身はそれをどう思うか
監督が攻めろという指示をしていたので、攻めた結果がサービスエースになったのだと思います。

-柳田選手が不在の慶大に対しどのように戦ったか
柳田選手がいない分、コンビが多くなってくると思っていたので、1セット目にサーブで攻めてコンビを使えないようにしてそれが決まりました。ただ、2、3セット目は相手にコンビを組まれ、こっちのブロックも一枚になって決められて、流れがつかめませんでした。ただ、とりあえず、サーブで攻める作戦でいきました。

-リーグ戦の振り返り
自分自身いろいろな課題が見つかりました。あまり時間はないですけど、全日本インカレへ向けて練習していきたいです。

-具体的に修正していきたい点
中盤や木村さんにあげるトスの精度をもっとあげなきゃいけないということを痛感しました。もっとトスの練習量を増やしたいと思います。

-6連勝でリーグ戦を締めくくったが、これが全日本インカレへの自信へつながるか
そうですね。今まで勝てなかったチームにも勝っての6連勝なので、少なくとも自信にはなったと思います。

-全日本インカレへ向けて一言
頑張ります。

小林慎平

―今日の試合を振り返って
今日はちょっと油断した場面があってフルセットまでいってしまったんですけど、とりあえず1勝できたんで良かったです。

―慶大の印象は
エースがいなくてやっぱり力は落ちていたんですけど、その分他の選手も頑張ったんで、手こずったところはあります。

―今日で6連勝でしたね
自分の個人的な感想なんですけど、(6連勝する前の)あの3連敗の後に祖母が亡くなってそこから練習にあまり参加できなかったんですけど、そこから6連勝できたんで(祖母に)良い報告ができるかなと思います。

―リーグ戦を振り返って
あの3連敗がちょっともったいなかったかなと思いますね。特に初戦の明治と中央の試合は取れたかなと思います。2敗に抑えられたかなとは思うんですけど、ここ最近では多分1番良い成績なので、取りあえず今年初めての秋リーグだったんですけど、レギュラーで出て良い成績が残せたかなと思います。

―今後の課題は
まずやっぱりリーグ戦中けがが多かったので、これから全日本インカレに向けてしっかりと体をつくって筋トレとかもして、技術はもちろんなんですけど、特に筋トレをして体をつくり直すことがメインかなと思いました。

―全日本インカレに向けての意気込みを
去年はベスト8だったので、それ以上はいきたいです。

藤本幸運

―リーグ戦全体を振り返って
最初はベンチにも入れなかったのですが、最後ベンチに入れてもらって、ピンチサーバーかピンチブロッカーで使うとはいわれていたので練習もサーブとブロックを中心にやって、昨日、今日、最後は良い形でチームに貢献できたというのは良かったと思います。

―ピンチサーバーとワンポイントブロッカーとしての起用について
先週から入って、先週はほんとにミスばっかりだったので、先週を終えてここ一週間で、ピンチサーバーで出たんでチームの悪い雰囲気を変えられたらな、と思っていました。

―2年生で唯一試合に出場されていますが
ほぼ4年生主体のチームで、やっぱりまだ下級生のレベルが上級生のレベルと差があるので、そこをこれから全カレ、また来年に向けて上げていく必要があるなと思いました。

―下級生から見た現チームはどのようなチームですか
木村さんっていうエースがいて、それをみんなで支えて、周りもみんな4年生は上手い人が多いので、とても良いチームだなと思います。

―全日本インカレに向けて
去年はほぼ同じチームでベスト8という結果が残せているので、今年はベスト4、優勝を狙いたいと思います。

フォトギャラリー

  • 20141005kimura2季連続でベストスコアラーに選ばれた木村
  • 20141005tanakuboブロックする久保田(右)と田中
  • 20141005kobayashi1年生ながら全試合出場の小林
  • 20141005bチームをけん引する木村(手前)とキャプテン村上
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
  • now printing■■■■
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み