バレーボール
 

春季バレーボールリーグ戦 対日体大 強豪相手に惜敗

春季関東大学バレーボール1部リーグ戦 対日体大
日時:2013年4月14日(日)
会場:早稲田大学戸山キャンパス記念会堂

初戦はインカレ覇者の筑波大を相手にフルセットの末惜敗したものの、大健闘した法大。昨日フルセットの激闘で疲労もあるだろうが「1勝1敗で終えれば流れが変わると思う」と濱口監督が前回語ったように、早く勝利を手にしたいところだ。昨秋1部リーグ優勝を果たした日体大に、初勝利なるか!

621
初勝利へ!

試合結果

トータル試合結果


法政大学
25 1セット 23
日本体育大学
25 2セット 21
23 3セット 25
21 4セット 25
2 5セット 15

法政大学スターティングメンバー

選手名学部/学年ポジション
#9 池田 隼平 営3 レフト
#10 村上 竜也 営3 センター
#20 長谷川 優太 法2 セッター
#15 木村 築 デ工3 レフト
#19 田中 尚 法2 センター
#1 小川 貴大 法4 ライト
#6 神谷 昴紀 文4 リベロ

第1セット、序盤は日体大の拾ってつなぐバレーを見せつけられ、日体大ペースに。法大も攻撃の口火を切るものの、ブロックを崩しきれず失点を重ねる。中盤からは日体大のミスもあり、一進一退の戦いへ。#1小川のスパイクを皮切りにポイントを連取し、リードを取る。#20長谷川のトスを起点に、先発に名を連ねた#19田中に攻撃の幅を広げポイントを連取。ラリーが続いた回も主将#1小川が確実に決め、25-23で第1セットを先取する。
先手を取り流れに乗った法大は、その流れを掴んだまま第2セットを進める。日体大のブロックを前に#15木村の力強いスパイクは止められない。終始法大ペースで試合は進み、最大8点差まで離し25-21で王手をかける。
このままストレートで勝利を手にしたいところだが、疲労からかサーブミスが目立つように。立て直しを図り#20長谷川も#9小川にボールを集めるが、ミスも相次ぎこのセットを落とす。
どうにかして流れを取り戻したい法大。#20長谷川のトスフェイントで頭脳プレーを見せ、得点を重ねていく。しかしこれまで#15木村が得点源となっていたがブロックで狙われ、流れは日体ペースに。第4セットが手からこぼれ落ちた。
勝負は最終セットへ。日体大の田井中、山田の強烈なスパイクで失点をみるみる重ねていく。反撃を試みるも強靭な壁を前に打つ手なし。敗戦を喫し、勝利は次週以降へ持ち越しとなった。(松原 早紀)

試合後の監督と選手のコメント

濱口純一監督

―今日の試合を振り返って
また昨日と同じで、勝てる試合を逃して、残念だったと思います。

―昨日フルセットの疲労は
やっぱり遅くまで試合やったので、疲労感はあったと思います。

―起用について
いまいるメンバーで練習積んできたので、今回はほとんど自滅的な感じだったのでもう少し集中して出来れば良かったと思います。

―サーブミスが目立ちましたが

あのへんはこっちから指示してもね。サーブは唯一自分だけのプレーなのでそこはきっちりやってほしいと思いました。

―序盤のセット連取について
木村と池田と小川が3人が得点源で、チームの中でも分かってるはずなので、その中で木村がよく頑張ってくれたと思いますね。

―最終セットは終始圧倒されましたが
力を見せつけられた以上に僕たちが自滅して終わったという感じですね。

―勝利は次週以降に持ち越しとなりましたが
上位のチームと当たっているので、そのへんはきついんですけど1部に戻ってきた以上勝たないとまた同じ結果になってしまうので勝てるように頑張っていこうという気持ちがあるので、1つでも多く勝てるように頑張っていきます。

―次の試合へ向けて
まだ良いときと悪いときの差があるので、そこを埋めて、来週以降試合に臨みます。

久保田 雅人選手(営3)

―今日の試合のポイントは
そうですね、取れるで取り切れなかったのが、一番大きなところだったと思います。3セット目が勝負どころで、そこで取り切れなかったところですね。

―1、2セット目は連取しましたが、どこが機能しましたか

相手のサーブカットから返しを上手く切れたことが良かったですね。後は連続ポイントが獲れたところも大きかったです。

―一方で4、5セット目は相手に連取されましたが

相手に連続ポイントを与えてしまったことが一番の原因ですね。サーブカットを返してもそこを決めきれなかったこともありますね。

―5セット目入る前に何か声を掛けあいましたか

最後のセットだったので、入りをしっかりしようってことだったんですけど、入りを失敗してしまったことが5セット目ぼろぼろになったと思います。

―開幕から2試合を終えましたが、リベロとしてどんなプレーを心掛けていますか

一番後ろで、皆が見れるんで、やっぱり周りに声を掛けて、自分の役割をしっかり出来たら良いなと思います。

―この2試合で見つかった収穫と課題は

収穫としては、悪い試合ではなかったので、上がって初戦ですし、そこが一番良かった点だと思います。課題は終盤に集中力が切れるところが多かったので、そこをしっかり集中して、1試合1試合やっていきたいと思います。

―早大戦に向けて一言

早稲田戦は最初から全力で勝ちに行くつもりで、やっていけたらと思います。

長谷川 優太選手(法2)

―今日の試合を振り返って
前半良かったんですけど、後半プレーが荒くなってしまって集中力も切れていたと思います。

―日体大ペースになったとき、どう流れを取り戻そうとしましたか
とりあえず(小川)キャプテンに上げることを意識しました。

―昨日の疲れは
はい。きつかったです。

―どう試合に入りましたか
昨日はこんなにできると思わなかったので、自信はありました。試合前はみんな勝てると思っていたので自信はあったのでそれは良かったんですけど。法政らしい負け方でしたね。

―1部について
どこのチームもどこも強いじゃないですか。やっててすごく楽しいです。昨日とか寝れなかったです。ほんと楽しいです。

―チームの雰囲気は
いや、もう全然。次に向かって頑張ろうとしているので、雰囲気はいいです。

―勝利は次週以降に持ち越しとなりましたが
まあ次週ですね。

―次の試合へ向けて
早く勝ちたいです。

フォトギャラリー

  • 621初勝利へ!
  • 622#10村上#15木村
  • 623#13久保田
  • 624#1小川
  • 625#6神谷
  • 626#9池田
  • 627#19田中
  • 628#12鈴木
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み