バレーボール
 

春季バレーボールリーグ vs中央学院大 1部昇格へ!白星発進も課題残す

関東大学バレーボールリーグ戦 対中央学院大
4月15日(日)
会場:駒沢大学玉川キャンパス体育館
 

昨年の秋季リーグで1部から2部へと自動降格してしまった法大。しかし年末の全日本インカレでは4回戦で明大にフルセットの末敗れるも、ベスト16という結果を残した。そこから約3カ月。それぞれがレベルアップし、新戦力も加わった。濱口純一監督が新たに指揮をとり、1部昇格へ負けられない戦いが始まる。

811
主将となった#1早瀬

試合結果

トータル試合結果

3
法政大学
25 1セット 17 1
中央学院大学
19 2セット 25
25 3セット 20
25 4セット 19
5セット

法政大学スターティングメンバー

選手名学部/学年ポジション
#2 金澤秀幸 営4 レフト
#17 村上竜也 営2 センター
#27 長谷川優太 法1 セッター
#16 池田隼平 営2 レフト
#26 田中尚 法1 センター
#9 小川貴大 法3 ライト
#1 早瀬省吾 営4 リベロ

第1セットはまず法大が流れをつかむ。#16池田のジャンプサーブで相手のカットを乱し、今季ゲームキャプテンを務める#2金澤が決め、3連続ポイント。その後2点を返されるが#9小川の速いジャンプサーブが効果的に決まり#17村上が速攻を決め、再び連続ポイントを奪う。またルーキー#26田中のキレのあるクイックなどで中盤15-7までリードを広げた法大は、一気に相手を引き離したいところだったが、ここで相手も粘りを見せサイドアウトが続く。嫌な雰囲気のまま22-17まで迫られるも、#9小川のブロックでなんとか流れを引き戻した法大はそのまま25-17で第一セットを先取する。

第2セットはこのまま勢いに乗りたい法大だったが、#2金澤や#16池田がスパイクを決めるも、相手の縦の速攻をなかなか止めることが出来ずに、序盤はサイドアウトの応酬となる。さらにここから法大にミスが出はじめ、相手にリードを許すと徐々に差を広げられていく。連続ポイントを奪われ9-13でタイムアウトをとりその後#16池田のバックアタックや#17村上の速攻で、流れを断ち切ったように思えたが相手の勢いは止まらず。その後再び連続得点を奪われ13-19と差を広げられると、大事なところでのミスがまた出てしまい、終盤に3連続ポイントを許し、まさかの格下相手に19点しかとれず、第2セットを奪われてしまう。

第3セットも嫌な流れは続く。スパイクがなかなか決まらず相手に連続得点を許し、相手に速攻にはなかなか対応出来ず、7-9とまたリードされる展開。しかしここで奮起したのが新エース#16池田だ。苦しいラリー中に1本、強烈なスパイクを相手コートに叩きこみ、逆転に成功するとその後も得点を重ねる。また#1早瀬を中心にサーブカットも安定感が出だすと、#27長谷川と#17村上のコンビも効果的に決まり、最後まで相手の追走を振り切り、25-20で第三セットを奪う。

第4セットは#9小川に変えて#22木村(デ工2)、#2金澤に変えて#25千住(営1)がスタメン起用される。すると#22木村が高い打点から強力なスパイクを決めると#25千住もそれに続き得点をあげ、監督の器用に見事応える。#17村上のブロックなども決まり、1-2から怒涛の8連続得点をあげる。その後も#22木村のサービスエース、#26田中のブロックポイントなどで相手に流れを与えず、20-12と大きくリード。終盤相手に連続ポイントを奪われ詰め寄られるも、勢いそのままに最後は#25千住がスパイクを決め、25-19と第4セットも奪取した。

なんとか初戦を白星で飾った法大だったが、格下相手に苦戦を強いられるという結果となった。要所でのミスやサーブカットの乱れなど、相手に楽をさせてしまった部分が多く、そこで相手に流れを渡してしまった。しかし新入生をはじめ下級生中心のチームだけに脆さが目立ったものの、安定感や爆発力が感じられる部分もあった。ブロックやカットの部分を修正しつつ、より多彩な攻撃に磨きをかけこのリーグ戦を駆け抜けてほしい。

選手、監督の試合後のコメント

濱口純一監督

―今日の試合を振り返っていかがでしたか
出だし1セット目はお互い固かったんですけど、うちのほうがミスが少なくて勝たしてもらったという感じだったんですけど、2セット目は1セット目取ってから選手たちに油断っていうんですかね、必ず点数を取らなくちゃいけないところで取れなかったという感じで。(残りは)相手のミスに助けられたっていう感じですね。

―開幕1戦目を終えてみて気持ち的にはいかがですか
1部から降格して2部の一発目ってことで、選手たちも私も含めて固かったかなっていう印象は受けましたね。勝ってよかったなってのは今の気持ちですけど、これからもっと強いチームと当たるんで、このままじゃやばいなってことはさっき選手たちには伝えました。

―中央学院大学はサーブカットが非常に良く、苦しめられたと思いますが
そうですね、サーブレシーブもそうなんですけど、縦のクイックというんですかね、そういうセンター線を使われたときにこっちの対応が遅れて、必ずとらなくちゃいけないレシーブもとれないがために、相手にちょっと調子に乗らせてしまったかなって感じです。

―逆に法大もセンター線は良く機能していたように思えましたが
長谷川がうまく使ってくれたって感じですね。

―今日のスタメンの意図とは
練習をやってきた中で試合に出れる能力のある選手を使ったということですね。

―第4セット目の#22木村選手、#25千住選手の先発は
もともと2人のポジションを変えてやるっていうのを練習でやっていたので、来週も試合があるんで試合感を、練習ゲームではなく実際の試合でやっといた方がいいかなという感じです。

―今日見えてきた課題は
練習でやったことが半分ぐらい、半分以下ですかね、でていなかったんで、練習でやった成果が試合で出せるように、練習からやっていかなきゃなという、まあまだ今日1試合やっただけなんですけどそう思いました。

―来週に向けて
リーグ戦はまだまだ続きますし、目標は1部に上がることなんですけど、目先の試合を大事に戦って、法政らしい勝ち方をしたいと思います。

金澤秀幸選手(営4)

―今日の試合を全体的に振り返って
練習でできてた部分ができてなかったり拾えるボールが拾えなかったり、そういう部分が多かったなと思います。

―個人的に振り返って
自分的には2セット目とられてチームが暗くなってるときにゲームキャプテンとして声を出してやっていけたら良かったなって思ってます。ファイナルセットは出なかった分下級生が頑張ってくれて、そういうところはチームの力になります。

―悪い流れも見られたが、どのように絶とうとしたのか
やっぱり下級生が多いので上級生が声だして やってけたらなって…

―監督から何かアドバイスはあったか
2部でやるのは初めてで、相手が勢いに乗って、守りになってると勝てないということを言われました。

―ゲームキャプテンとして試合に出ていたが…
リベロの早瀬と一緒に4年生2人で引っ張っていきたいですね。2人で一緒に盛り上げていきたいです。

―最後に次の試合の意気込みを
今日できなかったところをチーム全体が自覚しているので、レシーブのつなぎとか決めきるスパイクとかこの1週間練習してきっちりつめて来週も勝ちたいです。

 

フォトギャラリー

  • 811主将となった#1早瀬
  • 812ゲームキャプテン#2金澤
  • 813新エース#16池田
  • 814安定感のでてきた#17村上
  • 815ルーキー#25千住
  • 816キレのあるクイックを打つ#26田中
  • 817得点に喜ぶ選手たち
  • 818濱口純一監督
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み