バレーボール

【バレー】春季関東大学男子1部リーグ戦 対日体大 快勝!今季初のストレート勝利を収める

2015年度春季関東大学男子1部バレーボールリーグ戦
2015年5月10日(日)
日本体育大学健志台キャンパス米本記念館

今季第7戦の相手は、9位と下位に沈む日体大。法大は濱口純一監督が不在の中、山田快コーチが指揮を執り試合に臨んだ。U23に選出された長谷川優太(法4)に変わりコートに入った神谷翔(法2)は丁寧なトス回しを披露。安定した試合運びで今季初のストレート勝ち。3勝目を挙げた。

10
ガッツポーズを見せる神谷

試合結果

トータル試合結果

3
法政大学
26 1セット 24 0
日本体育大学
25 2セット 20
25 3セット 21
- 4セット -
- 5セット -

法政大学スターティングメンバー

背番号選手名学部/学年ポジション
17 神谷翔 法2 S
9 緒方賢史 法3 WS
4 田中尚 法4 MB
14 榎本京祐 法2 OP
3 千住治 営4 WS
2 小粥圭祐 営4 MB
19 小林慎平 営2 L
11 伊藤正義 法3 L
 ※S…セッター、WS…ウィングスパイカー(サイドアタッカー)、MB…ミドルブロッカー(センター)、OP…オポジット、L…リベロ

途中出場選手

背番号選手名学部/学年
10 藤本幸運 営3
26 渡邊和馬 文1

戦評

 第1セットは緒方賢史(法3)のアタックポイントで幕を開ける。その後もスパイクで点を重ねるが日体大に4連続得点を許し、序盤からリードされる展開に。たまらずタイムアウトを取ると、相手の流れを断ち切ることに成功し、一気に4点を取り返す。8-10の場面から田中尚(法4)や榎本京祐(法2)がスパイクを決め、徐々に点差を縮めていき、20-19と遂にリードする。そこからはアタックポイントを取り合ったが最後は相手のミスにより得点し、26-24と接戦を制した。

 勢いに乗りたい第2セットだったが、1点目は相手のスパイクによって決められてしまう。そこから両者ともにミスが頻発。10-11で初スタメンの神谷が得点すると、日体大の連続ミスを誘い、法大が巻き返す。リリーフサーバーとして渡邊和馬(文1)が入り、神谷と藤本幸運(営3)が交代すると、早速藤本がアタックポイントを獲得。その後もリードを保ったまま最後に千住治(営4)がスパイクを決め、連続でセットをものにした。

11
相手の攻撃をシャットアウト(神谷(奥)小粥)

 第3セットも流れは法大側にあった。ブロックで順調に点を重ねるがブロックアウト取られてしまう場面もあり、同点まで追いつかれる。しかし、逆転を許すことはなく、17-13で相手がタイムアウトを取るも法大の勢いは止まらない。田中や榎本がスパイクを量産し、小粥圭祐(営4)がアタックポイントを獲得するなど追い打ちをかける。最終的には25-21でこのセットも獲得。セットカウント3-0で、今季初のストレート勝ちを決めた。

 この試合から主将の長谷川がU-23で17日の東海大戦まで不在となる。そのため、他のセッターとコンビを正確にできるかどうかが今後の勝利の鍵を握る。何としても欲しかった3勝目を挙げた法大にとって、今日の結果はチームを勢いづけるものとなったに違いない。来週の相手は全日本代表の石川祐希を擁する中大と、昨年の秋季リーグで優勝した東海大。手強い相手だが、今日のような勢いで行けば勝機は十分ある。残りの試合で勝利を重ね、今季もリーグ上位に進出してほしい。(安藤優花)

監督・選手コメント

千住治

ー今日の試合を振り返って
今日はセッターの神谷くんが緊張せずにいつも通りやってくれたので良かったと思います。

ー長谷川主将がU-23で不在の中、キャプテン代理としてどのようなことをされましたか
前の試合に出てない選手が二人いたので、その二人に声をかけるようにしました。そうしたら普通にやってくれるので、そこだけを自分はやってました。

ー連敗中と今とでチーム内はどう違いますか
相手がどうだと考えるより、自分たちのバレーをできるかどうかということを考えているので、そこを来週もやっていきます。

ー次の試合に向けて
勝ちます。

7
長谷川不在の中、チームを引っ張る千住

田中尚

-今日の試合を振り返って
取りあえず勝てて良かったです。

-空き週にしたことは
自分たちが弱かったサーブ強化とレシーブ関係を強化しました。

-セッターが変わったことについては
多少コンビが合わなかったんですけど、そこは助けてもらいましたね。

-チームの雰囲気は
今日はちょっと切羽詰まってて、勝たないとだめな試合だったので多少緊張感はあったんですけど、やっているうちに良くなってきました。良い雰囲気で勝てたんで良かったです。

-今季初のストレート勝ちですね
そうですね(笑)。まさかストレートで勝てると思ってなかったので嬉しいですね。

-自身の調子は
セッターがいないのでちょっとコンビが合わないんですけど、そこは周りの選手に助けてもらってるんで、来週も頑張ります。

-次の試合に向けて
うちが今日のような感じで行けば勝てるんで、この1週間練習します。

8
クイックを打つ田中

神谷翔

ー今日の試合を振り返って
周りに助けてもらって、周りの人に感謝です。

ー初スタメンでしたが緊張などは
しましたけど、周りに声をかけてもらって頑張りました。

ー今年はコンビバレーの念頭に置いていますが、意識することはありましたか
とりあえず、打たせることが目標だったので、コンビというよりはスパイカーが気持ちよく打てるトスを上げられるように意識してやりました。
スパイカーに合わせることに意識して、榎本を中心で上げられるように練習をしてきました。

ー今日の相手は日体大ということで、ラリーが続く場面が多くありましたが
キツかったですけど、大事なところで千住さんとか榎本が切ってくれたので、感謝です。

ー今日の試合で課題などは見つかりましたか
もう少しコンビを意識してブロックを振れるようにしたいですね。

ー来週に向けて意気込みを
勝ちます。

9
今後に大きな期待が懸る神谷

フォトギャラリー

  • 2今季初スタメンの緒方
  • 3頼れるエース榎本
  • 4ピンチサーバーとして出場した渡邊
  • 5調子を取り戻した千住
  • 6ディグをする小林
  • 12スーパーレシーブを見せた伊藤
  • 1監督代行を務めた山田コーチ
  • 13今季初のストレート勝利!
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み