バレーボール

【バレー】 第34回東日本バレーボール大学選手権大会予選リーグ戦 対平国大、富士大 両校ともストレート勝ちを収める!

第34回東日本バレーボール大学選手権大会 予選リーグ 対平国大、富士大
2015年6月25日(木)
花巻市総合体育館

1ヵ月振りの公式戦である東日本インカレ。初日は予選リーグ戦が行われ、平成国際大学と富士大学の2校と対戦。結果両校ともストレート勝ちを決め、予選リーグ第7組を1位で通過した。

8
圧倒的な力を見せつけ勝利

試合結果

トータル試合結果

2
法政大学
25 1セット 15 0
平成国際大学
25 2セット 21
3セット
4セット
5セット

 

2
法政大学
25 1セット 17 0
富士大学
25 2セット 19
3セット
4セット
5セット

法政大学スターティングメンバー

背番号選手名学部/学年ポジション
1  長谷川優太  法4 S
9  緒方賢史  法3 WS
4  田中尚  法4 MB
14  榎本京祐  法2 OP
3  千住治  営4 WS
2  小粥圭祐  営4 MB
19  小林慎平  営2 L
 ※S…セッター、WS…ウィングスパイカー(サイドアタッカー)、MB…ミドルブロッカー(センター)、OP…オポジット、L…リベロ
途中出場選手
背番号選手名学部/学年
6 進藤涼 文3
10 藤本幸運 営3
11 伊藤正義 法3
15 石ヶ森智哉 営2
17 神谷翔 法2

戦評

 初戦の相手は平国大。長谷川優太(法4)のサーブで始まった第1セットは、1度も相手にリードを許さなかった。田中尚(法4)が持ち味のクイックを決め3-0になると、平国大はタイムアウト。その影響からか、法大のミスが連発してしまう。5-5まで追いつかれたところで小粥圭祐(営4)が連続でスパイクポイントを決め、点差を広げる。その後も法大が優勢のまま25-15でこのセットを獲得する。
   続く2セット目はメンバーを大幅に変えてのスタートとなった。石ヶ森智哉(営2)のスパイクポイントで幕を開けるが、ここからシーソーゲームが長く続く。中盤までは法大がリードを保つも、15-11の場面で4連続得点を決められてしまう。同点まで巻き返されるも緒方賢史(法3)や藤本幸運(営3)がスパイクを決め、両者一歩も譲らない。最終的には相手のスパイクのミスを招き、25-21で2セット目も勝ち取り、セットカウント2-0で東日本インカレ初戦を白星で飾った。
 
 2戦目の相手は富士大学。1点目をスパイクポイントで取られると、すかさず榎本京祐(法2)が鋭いスパイクで点を取り返す。点の取り合いが続く中、その均衡を崩したのは緒方。5-5の場面でスパイクで得点したことを皮切りに法大は5連続得点する。その後も相手のミスを誘いながら、法大がリードしたまま試合が続く。終盤に田中がスパイクやダイレクトを決め連続で点を稼ぎ、緒方のサービスエースでこのセットを終えた。
 2セット目は序盤から富士大が勢いを見せる。ブロックポイントやサービスエースを決められ、2点と差は大きくないもののリードを許す。その点差のままシーソーゲームが繰り広げられていく。10-11まで続いたとき、田中のクイックや千住治(営4)のスパイクが決まり、巻き返しに成功。相手がタイムアウトを取るが、勢いを取り戻した法大の攻撃は止まらない。榎本がブロックアウトを狙い得点するなど順調に点差を広げていく。最後も千住のブロックや榎本のスパイクで点を獲得し、25-19でこの試合も勝利で幕を下ろした。
 
 予選リーグ戦第7組を1位で通過した法大。2日目は1戦目を順調に白星を挙げるとして、山場となるのは2戦目におそらく当たるであろう日体大。春季リーグ戦ではストレート勝ちを収めたが、今回はどのような結果になるか。この大会は2日目から決勝トーナメント戦となり、負けた時点で敗退となる。何としても明日の2試合で勝利を掴み、3日目までつなげてほしい。(安藤優花)

1
相手の攻撃をシャットアウト

コメント

長谷川優太 主将

-今日の試合を振り返って
相手に合わせて自分たちのやるべきことがあまりできなかったってとこですね。 

-東日本インカレに向けて重点的に練習したことは
つなぎですかね。リーグ戦が終わってつなぎ、レシーブ練習をしました。
 
-チームの雰囲気は
全然良いですよ。そんなに緩い訳でもないんで、いい感じじゃないですかね。
 
-ご自身の調子は
バッチリです。
 
-明日の試合に向けて一言
明日1回勝って、日体大戦が山場なんでそこに照準合わせて準備していきたいなと思います。
3

ジャンプサーブを打つ長谷川 

千住治
-今日の試合を振り返って
あんまり良ろしくないというか、ぐだってしまったので、明日は切り替えていきたいなと思ってます。体育館が違うので、そこも確認しながらやっていたので。点数とかは関係なしにやってました。
 
-ベスト4を目指し、チームを作り直していきたいとおっしゃっていましたが
特に変えたということはないのですが、フェイントやチャンスボールの意識は変わってきたかなと思います。そういうのを落としていると長谷川であったり、4年が激を飛ばす場面が増えてきたこともあり、意識の部分は変わったかなと思います。
 
-明日に向けて
明日はとにかく勝ちたいと思います。日体大には(リーグ戦で)勝ってるのですが、それでも油断せずにいきたいと思います。
12
副主将の千住

フォトギャラリー

  • 2安定したトス回しの長谷川
  • 4得点を量産した田中
  • 5高さのある小粥
  • 6スパイカーでの出場もした伊藤
  • 7フル出場の緒方
  • 9要所での得点を挙げた千住
  • 10レセプションをする小林
  • 11東日本インカレでも期待の懸る榎本
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み