バレーボール
 

秋季リーグ明大戦 連敗止められず

秋季関東大学男子1部バレーボールリーグ戦 対明大
9月17日(土)
会場:専修大学生田キャンパス総合体育館

 秋季リーグ戦いまだに勝ち星を挙げられずにいる法大は17日、同じくリーグ2連敗中の明大と対戦。決して勝てない相手ではなかったが、チームワークの乱れによってまたしてもこの一戦を落とす。

911
連敗止めたい法大

試合結果

トータル試合結果

1
法政大学
26 1セット 24 3
明治大学
23 2セット 25
17 3セット 25
23 4セット 25
5セット

法政大学スターティングメンバー

選手名学部/学年ポジション
#1 田中 紀幸主将 法4 レフト
#9 平良 俊介 営3 センター
#10 佐々木 克弥 法3 セッター
#17 吉田 駿也 営2 レフト
#22 池田 隼平 営1 センター
#23 村上 竜也 営1 ライト
#12 早瀬 省吾 営3 リベロ

 第1セットは序盤から法大のペース。#1田中が強烈なスパイクで先手を打つと、#17吉田はサービスエースを決めるなど得点を稼いでいく。終始チームはいい雰囲気に包まれ、選手の間には笑顔も見られた。そんな法大の雰囲気に圧倒された明大にはミスも生まれる。そこに付け入り大量得点を挙げたいところだったが、1年生#22池田のスパイクがなかなか決まらない。21-19としてから4ポイント連取され21-22と逆転されてしまう。しかし、ここはやはり頼れる主将の#1田中がスパイクを確実に決めていき、#10佐々木も難しい所に打ち込まれた球をよく拾った。26-24の僅差で第1セットを奪うことに成功する。
 第2セットはスパイクを決めに行こうとするが、明大の強固な3枚ブロックを破れずに少しもどかしさを感じる試合展開となる。それでも、ギリギリのところでリードを保ち22-19。しかし、あと少しというところで明大の反撃を受け5連続失点を喫する。すると、法大は連携に乱れが生じ、結局23-25で第2セットは奪われてしまった。
 第3セットでは第2セットの悪い流れを断ち切れず、ブロックアウトやサービスミスなどで得点を奪われる。17-25でこのセットも落としてしまう。
 第4セットでは#23村上も果敢にスパイクを打ち込み相手ブロックを破りにかかったが、そう簡単には崩せない。逆に相手のスパイクはブロックで止めきれずにコートに打ちつけられた。16-17までは僅差を保っていたが、その後すぐに突き放され16-21とされ、ここで1年生コンビの息が合わず痛恨のミス。連携が上手く取れずにそのまま23-25で第4セットも奪われ試合終了。なんともやりきれない試合内容となってしまった。
 先週の2連敗から迎えた三連戦の初日を落とし、明日からの二戦では格上相手との対戦が待っている。しかし、どんな相手が立ちはだかろうとも、そろそろリーグ初白星を挙げなければならない局面に立たされた。
 

選手の試合後のコメント

 

吉田選手(営2)


ー今日の試合を振り返っていかがですか
最初勝っていたので勝ちきれなかったのが残念です。

ー明治はよくブロックが機能していましたよね
結構二段トスで決められていて、こっちはブロックがよく止められなくてブロックで負けたという感じです。

ー第1セットはチームの雰囲気もいいように感じましたが
笑顔でやれて、勝てる気でいたんですけど…。

ーリーグ戦未だに一勝を挙げられずにいますが、何か大きな要因はありますか
最後まで勝ち切る力を持っていないところです。

ー個人的に先週の二連敗からどんなところを改善して臨みましたか
今まではスパイクを下の方に打ちつけていたのですが、今日は泥臭くてもいいからブロックに当てたりして1点でも多く稼ごうとスパイクを打ち込みました。

ー今日は負けてしまいましたが、三連戦のあと二戦をどのように戦っていきますか
当たって砕けろという感じで向かって行くしかないと思います。

 

 

田中主将(法4)

ー試合を振り返っていかがですか
能力的には負けてなかったと思うんですけど、勝ってるときに気がゆるんでしまったので、集中して試合をしなきゃと、反省が残る試合でした。
(後半追い付かれて逆転を許すセットが多かったのも、集中力の問題ですか?)
はい。

ー明治戦への対策は
(明治は)コンビバレーを多く使うバレーなので、コンビに対応して、ブロックをつこうと思ったんですけど…。

ー明日への課題は
試合を通して25点取って勝ち切る。試合内容どうのこうのよりも、勝つことだけに集中しようと思います。

 

フォトギャラリー

  • 911連敗を止めたい法大
  • 912しぶとくスパイクを打ち込む#17吉田
  • 913確実にサーブを決める#10佐々木
  • 914
  • 915
  • 916
  • 917チーム随一の得点率を誇る#1田中のスパイク
  • now printing
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み